徳川十五代将軍

第8代将軍/徳川吉宗

文字サイズ

江戸幕府を治めていた徳川家15代将軍のなかで人気があるのは、「暴れん坊将軍」で有名な8代将軍「徳川吉宗」(とくがわよしむね)。時代劇などの主役と言うだけでなく、大胆な財政改革「享保の改革」(きょうほうのかいかく)を行なった将軍として、現代でも抜群の知名度を誇りますが、徳川吉宗はどのような人物だったのか。また、手腕を発揮した享保の改革とは、どのような内容と成果があったのかを、徳川吉宗の生涯と共にご紹介します。

徳川十五代将軍徳川十五代将軍
江戸時代を語る上で欠かせない徳川十五代将軍の姿を紐解きます。

宗家出身ではない徳川吉宗が将軍になった経緯

御三家「紀州徳川家」の四男として誕生

徳川吉宗

徳川吉宗

徳川家」(とくがわけ)の当主で、将軍となった人物の名前には、「家」の1文字が入っていることが一般的。

初代将軍「徳川家康」(とくがわいえやす)から当主に受け継がれてきた1文字ですが、「徳川吉宗」(とくがわよしむね)にはありません。

これは、徳川吉宗が将軍になる予定がなかったことを意味しており、徳川吉宗は3万石の藩主として一生を過ごす予定でした。

徳川吉宗は、1684年(貞享元年)に「紀州藩」(きしゅうはん)の2代藩主「徳川光貞」(とくがわみつさだ)の四男として誕生。

徳川家康の血を受け継いでいるものの、「徳川宗家」(とくがわそうけ)となる「徳川秀忠」(とくがわひでただ)の男系の出身ではなく、「親藩」(しんぱん:徳川家の男系男子が務める藩のひとつ)である「徳川御三家」(とくがわごさんけ)の「紀州徳川家」(きしゅうとくがわけ)に生まれました。

徳川御三家とは、徳川将軍家に次ぐ地位を所有していた親藩では、最高位にあたる3家のこと。

徳川宗家の血筋が絶えた場合、徳川御三家から将軍を輩出することになっており、選定される順番は「尾張徳川家」(おわりとくがわけ)、紀州徳川家、「水戸徳川家」(みととくがわけ)となっています。尾張徳川家に男子が生まれなかった場合、次点で紀州徳川家の嫡男が将軍として選ばれることになっていました。

つまり徳川吉宗の場合、将軍職に就くどころか、四男であったため紀州徳川家の嫡男でもありませんので、紀州藩の当主になる予定もなかったのです。そのため、幼い頃は家老のもとで暮らしていました。そののち、徳川光貞の二男「徳川次郎吉」が病没した時期に、江戸の紀州藩邸へと移り住みます。

  • 歴史を動かした有名な戦国武将や戦い(合戦)をご紹介!

  • 徳川家康のエピソードや、関連のある刀剣・日本刀をご紹介します。

  • 歴史を動かした有名な戦国武将や戦い(合戦)をご紹介!

  • 戦国大名の来歴をはじめ、ゆかりの武具などを紹介します。

  • 歴史上の人物と日本刀にまつわるエピソードをまとめました。

  • 江戸時代の代表的な100藩を治世などのエピソードをまじえて解説します。

運命のいたずらで紀州藩主となる

1697年(元禄10年)徳川吉宗は、父と兄が5代将軍「徳川綱吉」(とくがわつなよし)への「御目見」(おめみえ:大名などが将軍と直接謁見すること)をする場に付いて行きました。このとき、徳川吉宗は謁見する場に居合わせておらず、別の部屋で待機していましたが、徳川綱吉の老中による計らいによって謁見が叶います。

和歌山城

和歌山城

そして、その場で徳川綱吉から越前国丹生郡(えちぜんのくににゅうぐん:現在の福井県)3万石の「葛野藩」(かずらのはん)の藩主を下賜(かし:身分の高い人が与えること)されました。

なお、徳川吉宗がこのような厚遇を受けた理由は明確にはなっていません。一説には、可愛げがある少年だったからではないかと言われています。

また、藩主となったことを機に、これまでの「松平頼久」(まつだいらよりひさ)から「松平頼方」(まつだいらよりかた)へと改名。しかし、徳川吉宗は藩主となったあとも和歌山城下に留まり、実際の統治は家臣が行なっていたと言います。

その頃の徳川吉宗はと言うと、お忍びで城下町を出歩いては庶民の暮らしを眺めるなど、自由気ままに生きていました。

徳川吉宗に転機が訪れるのは、1705年(宝永2年)に、紀州藩3代藩主であった兄「徳川綱教」(とくがわつなのり)が病没したときです。もうひとりの兄「徳川頼職」(とくがわよりもと)が4代藩主になりましたが、間もなく病没。2人の兄には跡継ぎの子がいなかったため、弟の徳川吉宗に1度目の白羽の矢が立ち、22歳にして紀州藩5代藩主に就任。5代将軍の徳川綱吉から「吉」の偏諱(へんき:君主から家臣に名前の1字を与えること)を拝し、松平頼方改め、徳川吉宗を正式に名乗ることになります。

江戸幕府を治めた徳川家15人の将軍についてご紹介します。

紀州藩における政策

当時の紀州藩は、10万両以上の借金を抱えており、さらに1707年(宝永4年)には「宝永地震」(ほうえいじしん)の被害を受け、その復旧にも莫大な費用が必要でした。そのため、徳川吉宗に課せられた使命は、紀州藩の財政改革だったのです。

徳川吉宗は、自ら木綿の服を着て「質素倹約」(しっそけんやく:節約して生活すること)を率先して実施。藩主がそのような服装をしているのですから、家臣達が贅沢な服装などできるはずもありません。収入を増やすのではなく、支出を減らすことの方が、迅速な財政改革を進められると考えたのです。

目安箱

目安箱

また、和歌山城大手門前には「訴訟箱」(そじょうばこ)を設置して、庶民の要望や不満などが直訴できる環境を整えました。

これは、のちに「江戸城」(えどじょう)に設置される「目安箱」(めやすばこ)の原型です。

徳川吉宗が身分の高い者達からの意見だけではなく、庶民の視点も採り入れようと考えたのは、ある経験があったためでした。

徳川吉宗がお忍びで紀州の街を歩いていたとき、夫婦喧嘩を目撃します。夫婦の隣家に住む住人が喧嘩の仲裁に入ったところ、夫婦は「お殿様でもない者の言葉など聞けるか」と罵りました。徳川吉宗はそれを聞き、その場では何もせずに帰ります。

その翌日、家臣に「殿様の四男坊の言葉では足らないだろうが、喧嘩などせず夫婦仲良くするように伝えよ」と言い、そのあと夫婦は徳川吉宗の言葉に従って仲良く暮らすようになりました。

こうしたできごとがあったからこそ、例え身分が低くとも、投書によって大名へ直接要望が出せる環境を作ったのです。訴訟箱の設置は、庶民と同じ目線に立っていた徳川吉宗だからこそできた政策でした。

徳川8代将軍に就任

将軍職最初の仕事は、新しい組織づくり

紀州藩主として財政再建の手腕をふるっている最中、徳川吉宗のもとに今度は将軍職を継ぐ話がもたらされます。1716年(享保元年)に7代将軍「徳川家継」(とくがわいえつぐ)が、わずか8歳の若さで病没したためです。

また本来であれば、徳川御三家筆頭の尾張徳川家から次の将軍を輩出するところですが、尾張徳川家は「尾張藩[おわりはん]は将軍位を争うべからず」と言う不文律(ふぶんりつ:明文化されていない規律や決まりのこと)が立ててあったため、積極的に将軍位就任運動を行ないませんでした。その結果、紀州藩で財政を立て直すことに尽力していた徳川吉宗が、8代将軍に就任することになったのです。

将軍となった徳川吉宗は、新しい組織づくりに着手しました。「正徳の治」(しょうとくのち)と呼ばれる、一時代を築いてきた側用人(そばようにん:将軍の命令を老中へ取り次ぐ役職のこと)の「新井白石」(あらいはくせき)や「間部詮房」(まなべあきふさ)を罷免(ひめん:解雇すること)。

そして、「水野忠之」(みずのただゆき)を老中に抜擢して、今度は幕府の財政改革に乗り出し、「御傍御用取次」(おそばごようとりつぎ)と言う側用人と同様の体制で、徳川吉宗自身が政治を主導していくようになりました。

徳川吉宗は、自らが将軍になったあとも紀州藩を廃藩することなく、従弟の「徳川宗直」(とくがわむねなお)に家督を譲ることで存続させています。徳川御三家であるために、そう簡単に紀州藩を潰す訳にはいかなかったのですが、紀州から江戸に引き連れる家臣にも限りがありました。そのため、紀州藩士のなかでも大役を担っておらず、能力や家柄を問わない40名余りを選出。

なお、たまたまその日に当番だった者を連れてきた説もありますが、そのなかには、将来の幕政の中心人物となる「田沼意次」(たぬまおきつぐ)の父「田沼意行」(たぬまおきゆき)もいました。田沼意行は紀州藩の足軽にすぎませんでしたが、江戸に来て旗本に出世。そののち、徳川吉宗亡きあとに田沼時代を迎えることになります。

江戸時代の代表的な100藩を治世などのエピソードをまじえて解説します。

質素倹約の徹底

徳川吉宗は紀州藩の財政改革同様、はじめに支出を抑える施策を行ないました。質素倹約の徹底として、将軍でありながらも食事は1日2食、しかも一汁一菜と言う質素さを徹底。当然のことながら、幕臣もまた贅沢を禁じられることになります。

大奥

大奥

そして、大奥の問題もありました。大奥は、贅沢の根源のような場所だったため、4,000人いた大奥女中を大量に解雇して、1,300人にまで減らしています。

なお、解雇の基準として、大奥を出ても暮らしていけるだろう美しい容姿の女性を率先して解雇したと言われており、この大奥の改革は、徳川吉宗にしかできない荒業でした。

こうして、幕府全体で質素倹約が徹底されますが、その余波は農民にも大きな影響を与えることになります。

享保の改革

幕府の財政を確保するための政策

徳川吉宗は、質素倹約をはじめ、多くの改革を実行していきました。そのすべてを合わせて「享保の改革」(きょうほうのかいかく)と呼び、「寛政の改革」(かんせいのかいかく)、「天保の改革」(てんぽうのかいかく)と並ぶ「江戸三大改革」(えどさんだいかいかく)のひとつです。

享保の改革は、江戸三大改革のなかで最も成果を出した改革であり、徳川吉宗が「中興の祖」(ちゅうこうのそ:統治者のうち、危機的な政権の回復といった功績があった者のこと)と呼ばれる所以でもあります。

財政難の幕府において、安定した財源を確保することが、徳川吉宗に与えられた一番の使命でした。幕府の財政は破綻寸前だったため、享保の改革は「いかに財政難を乗り越えるか」、「いかに幕府の権威を取り戻すか」を主題として取り組まれます。

質素倹約の次に行なったのは、「いかに収入を増やすか」の対策。「治水工事」や「新田開発」を奨励して、生産性を高めることを試みています。

1722年(享保7年)には、財政を潤わせるために「上米の制」(あげまいのせい)を導入。参勤交代の期間を1年間から半年に短縮する代わりに、1万石につき100石を献上米として幕府に納めると言う制度です。

しかし、上米の制は一時的に収入を増やすことができたものの、次第に各藩が幕末に向けての資金を確保できるようになり、結果的に幕府の権威失墜に繫がってしまいます。

次第に高まる農民の不満

徳川吉宗と言うと、後世では創作などの影響で「庶民の味方」と言う印象が強いですが、実は財政改革のために年貢を引き上げるなど、農民にも負担を強いています。

農民に重い負担を強いる制度は、大きく分けて2つあり、そのひとつが「定免法」(じょうめんほう)。定免法は、収穫高を問わず、常に一定の年貢を納めると言う制度です。分かりやすく、幕府の財源を安定させる利点がある一方で、凶作においても同じだけの年貢を納めなければならないため、生産がなかなか安定しないこの時代においては厳しい制度でした。

そしてもうひとつが、「五公五民」(ごこうごみん)。これまでは「四公六民」(しこうろくみん)と言って、全体の生産高のうち領主4割、農民6割を取り分としていたお米を、領主5割、農民5割の取り分に変更したのです。これにより、農民の負担は必然的に増加することになりました。

享保の大飢饉

享保の大飢饉

1732年(享保17年)、西日本を中心に凶作となります。「享保の大飢饉」(きょうほうのだいききん)と呼ばれる飢饉が発生し、餓死者は全国で1万人以上にのぼりました。

徳川吉宗はこの教訓を活かして、凶作に強いサツマイモの栽培研究を進めるように「青木昆陽」(あおきこんよう:幕臣御家人、蘭学者)に命じます。

また、飢饉による影響で人口は伸び悩み、全国的に一揆(いっき)が増加。1733年(享保18年)には、米価高騰の影響で江戸において「享保の打ちこわし」(きょうほうのうちこわし)が起こっています。

米価市場をコントロール

当時、西日本と東日本の市場は、金貨や銀貨の交換比率が異なるなどしていたため、米価が基軸通貨の役割を果たしていました。徳川吉宗は、この米価を上手に取り引きできるようにしようとします。1730年(享保15年)、大坂「堂島米会所」(どうじまこめかいしょ)を幕府公認の「先物取引市場」(さきものとりひきしじょう)として設置。大坂は当時、全国の年貢米を集める都市でした。

堂島米会所では現物取引だけではなく、証拠金による先物取引も行なえるようにしました。これは、現代で言う「証券化」(しょうけんか)と同じ意味を持つ取引方法。米の取引を証券化した理由は、重い米俵を持ち歩くのは大変だったため。米俵に代わり「米手形」(こめてがた)と言う、いわゆる「お米券」によって米の取引を行なうようになります。

徳川吉宗は、将軍職を「徳川家重」(とくがわいえしげ)に譲ったあとも、大御所として米価の調整に携わっていましたが、そのあとは、なかなか思うような成果は得られませんでした。

享保の改革で行なわれたその他の施策

6代将軍「徳川家宣」(とくがわいえのぶ)の家臣だった新井白石は学者でもあり、正徳の治のときには小判の金含有率を、江戸幕府初期に戻すと言う「改鋳」(かいちゅう)を行なっています。

「正徳金銀」(しょうとくきんぎん:江戸幕府が発行した金貨と銀貨)を鋳造・流通させますが、これがデフレ(物の値段[物価]が全体的に下がる現象)の原因になりました。そのため、1736年(元文元年)にそれまで使用していた小判を回収。また、金含有率を低下させる目的で、流通している貨幣も回収して鋳潰し(いつぶし)、再び市場へ流通させる「吹替え」を実施します。

吹替えにより、小判の流通量は1.5倍になり、インフレ(物の値段[物価]が上がる現象)も発生しましたが、そのあとは落ち着きを取り戻し経済状況は好転。この政策は「元文の改鋳」(げんぶんのかいちゅう)とも呼ばれ、日本史上でも経済全体に好影響を与えた数少ないリフレ政策(物の価格を安定させ、経済の安定化を促す政策)のひとつとして、現代でも高い評価を得ています。

旧小石川養生所に残る井戸

旧小石川養生所に残る井戸

徳川吉宗は、他にも様々な方面の問題解決を試みました。

1721年(享保6年)に設置した目安箱をはじめ、無料の医療施設「小石川養生所」(こいしかわようじょうしょ)現在の「東京大学大学院理学系研究科附属植物園」(とうきょうだいがくだいがくいんりがくけいけんきゅうかふぞくしょくぶつえん)を設立。

また、行政面だけでなく司法面でも、1742年(寛保2年)に「公事方御定書」(くじかたおさだめがき)を制定。

公事方御定書とは、上巻と下巻からなる江戸幕府の基本法典。実際の判例や慣習が記載されており、裁判の迅速化に成功した他、賄賂に関する取り締まりの強化については、将軍としては徳川吉宗が初めて手を付けて厳罰化しました。

江戸幕府を治めた徳川家15人の将軍についてご紹介します。

これからの時代に必要な力

数奇な運命の末に将軍となった徳川吉宗ですが、その人生は決して約束されたものではありませんでした。

将軍とはほとんど無縁と思われた家柄の生まれであったにもかかわらず、偶然が重なり征夷大将軍となった徳川吉宗による数々の大胆な政策は、後世でも高く評価されています。

紀州藩主の頃に培った経験から打ち出された財政改革は、現代にも通じるものがあり、これからの時代にも必要な力です。徳川吉宗のような柔軟な発想で、人々を引っ張り、型にはまらない政策を行なえる人材の登場が期待されています。

第8代将軍・徳川吉宗 YouTube動画

「第8代将軍・徳川吉宗」徳川十五代将軍|YouTube動画

第8代将軍/徳川吉宗

第8代将軍/徳川吉宗をSNSでシェアする

「徳川十五代将軍」の記事を読む


初代将軍/徳川家康

初代将軍/徳川家康
戦国乱世に終止符を打ち、江戸幕府を開いた「徳川家康」。天下人として名高い家康ですが、幼い頃は「織田家」と「今川家」の人質として扱われ、家臣共々不遇な生活を送っていました。しかし、そののちは三河平定、そして天下分け目の「関ヶ原の戦い」を経て征夷大将軍となったのです。その生涯と共に、「徳川紋」と言われる徳川家の家紋、そして徳川家康が残した名言をご紹介します。

初代将軍/徳川家康

第2代将軍/徳川秀忠

第2代将軍/徳川秀忠
江戸幕府2代将軍「徳川秀忠」(とくがわひでただ)と言えば、「関ヶ原の戦い」に遅参したことで有名な人物。初代将軍「徳川家康」、3代将軍「徳川家光」に比べると地味なイメージがあるでしょうが、徳川秀忠は決して凡庸な人物ではありませんでした。今回は、知られざる徳川秀忠の生涯や、後世に繫がる幕府の支配体制を確立させた徳川秀忠の大きな功績についてご紹介していきます。

第2代将軍/徳川秀忠

第3代将軍/徳川家光

第3代将軍/徳川家光
「我は生まれながらの将軍である」と言ったのは、江戸幕府3代将軍「徳川家光」(とくがわいえみつ)。様々な政策を行ない、幕藩体制や幕府機構の確立に尽力しました。徳川家光が幕府の基礎を築かなければ、江戸幕府が約260年続くことはなかったと言われています。 徳川家光が行なった政策とは何か。徳川家光の幼少期や両親・弟・乳母「福」との関係、功績や人物像についてご紹介します。

第3代将軍/徳川家光

第4代将軍/徳川家綱

第4代将軍/徳川家綱
徳川幕府の新時代を築いた幼齢の4代将軍「徳川家綱」(とくがわいえつな)は、「徳川家康」(とくがわいえやす)、2代将軍「徳川秀忠」(とくがわひでただ)、3代将軍「徳川家光」(とくがわいえみつ)といった偉大な先祖の威光から脱却するべく、政治手腕を振るいましたが、どのような素顔を持っていたのでしょうか。 悠久の歴史を誇る日本の伝統は、確固たる継承者がその手腕を発揮したことで成り立っていると言え、徳川時代の安定をもたらした中核的な政権は、日本の史実に大きな足跡を残しました。 生まれながらにして、偉大な父親の背中を追うことになりながらも、4代将軍として任務を全うした徳川家綱の政治的指導力。また、「武断政治」(ぶだんせいじ:武力を背景にした専制政治)から「文治政治」(ぶんちせいじ:武力によらず、礼儀や法令による政治)への革新は、どのような判断で行なわれたのかに迫ります。

第4代将軍/徳川家綱

第5代将軍/徳川綱吉

第5代将軍/徳川綱吉
江戸幕府5代将軍「徳川綱吉」(とくがわつなよし)は、徳川15代将軍のなかでも「生類憐れみの令」(しょうるいあわれみのれい)を発していることから、特に知名度が高い将軍です。しかし、徳川綱吉の名前に「家」の1文字がありません。それは徳川綱吉が、将軍候補から外れていたことを意味します。 徳川綱吉が、悪法と名高い生類憐れみの令を発した背景には何があったのか。また、将軍候補ではなかった徳川綱吉が、なぜ5代将軍に就任したのか、その理由を掘り下げます。

第5代将軍/徳川綱吉

第6代将軍/徳川家宣

第6代将軍/徳川家宣
江戸幕府6代将軍を務めた「徳川家宣」(とくがわいえのぶ)は、5代将軍「徳川綱吉」(とくがわつなよし)が行なった「天和の治」(てんなのち)を踏襲しながらも、後期は、「生類憐れみの令」(しょうるいあわれみのれい)といった政策を次々と廃止するなど、政治の刷新を図りました。 しかし徳川家宣は、将軍に就任してわずか3年で亡くなってしまいます。そのため、徳川家宣の生涯や政策についてはあまり知られておらず、歴代の徳川将軍に比べると語られることが少ない人物です。徳川家宣の生涯や政策について掘り下げ、その実像を解き明かしていきます。

第6代将軍/徳川家宣

第7代将軍/徳川家継

第7代将軍/徳川家継
歴代最年少で江戸幕府7代将軍となった「徳川家継」(とくがわいえつぐ)は、就任時わずか5歳でした。そのあとの徳川家継は、3年の将軍職を経て夭逝(ようせい:若くして死ぬこと)。徳川家継の死により、江戸幕府2代将軍「徳川秀忠」(とくがわひでただ)の血統は失われてしまいました。一体なぜこのような幼すぎる将軍が擁立されることになったのか、将軍となるまでの経緯や、徳川家継の行なった政治についてご紹介します。

第7代将軍/徳川家継

第9代将軍/徳川家重

第9代将軍/徳川家重
「徳川家重」(とくがわいえしげ)が徳川幕府9代将軍となったのは、数えで36歳のときでした。しかし、将軍となったことで大きな困難に直面します。徳川家重は、生まれながら身体に障碍(しょうがい)があり、人とコミュニケーションを取ることが難しかったのです。それでも将軍としての職務を果たした徳川家重は、一体どのように仕事をこなしたのでしょうか。何よりもまず、彼自身の身体と戦わなければならなかった徳川家重の、将軍としての生き様をご紹介します。

第9代将軍/徳川家重

第10代将軍/徳川家治

第10代将軍/徳川家治
徳川幕府10代将軍「徳川家治」(とくがわいえはる)は政治に興味がなく、賄賂政治家と評される「田沼意次」(たぬまおきつぐ)を重用した無能な君主だったと見る向きもあります。実際の徳川家治は、幼少期から才気にあふれ、誰もが将来を期待していました。また、人間的に優れていたことが分かる逸話も数多く伝えられているのです。徳川家治が暗君か名君かを判断する材料ともなり得る幼少期の逸話や、田沼意次を重用した理由などをご紹介します。

第10代将軍/徳川家治

注目ワード
注目ワード