徳川十五代将軍

第5代将軍/徳川綱吉

文字サイズ

江戸幕府5代将軍「徳川綱吉」(とくがわつなよし)は、徳川15代将軍のなかでも「生類憐れみの令」(しょうるいあわれみのれい)を発していることから、特に知名度が高い将軍です。しかし、徳川綱吉の名前に「家」の1文字がありません。それは徳川綱吉が、将軍候補から外れていたことを意味します。 徳川綱吉が、悪法と名高い生類憐れみの令を発した背景には何があったのか。また、将軍候補ではなかった徳川綱吉が、なぜ5代将軍に就任したのか、その理由を掘り下げます。

徳川十五代将軍徳川十五代将軍
江戸時代を語る上で欠かせない徳川十五代将軍の姿を紐解きます。

将軍になる予定のなかった四男

徳川綱吉

徳川綱吉

「徳川綱吉」(とくがわつなよし)は1646年(正保3年)に、3代将軍「徳川家光」(とくがわいえみつ)の四男として誕生しました。幼名は「徳松」(とくまつ)。

そののち、徳川家光が亡くなり、兄「徳川家綱」(とくがわいえつな)が4代将軍に就任しました。

1653年(承応2年)、元服した徳川綱吉は「従三位左近衛中将右馬頭」(じゅさんみさこんえのちゅうじょううまのかみ)の叙任(じょにん:位を賜り官職に就任すること)を受け、「松平綱吉」(まつだいらつなよし)に改名。1661年(寛文元年)には、25万石の「上野国館林藩」(こうずけのくにたてばやしはん)の藩主となり、参議(さんぎ:官職名)に任命された頃に「徳川」の姓に戻したと言われています。

この頃の徳川綱吉は江戸に住んでおり、館林藩には全く出入りしておらず、徳川綱吉が館林に立ち寄ったのは、生涯でたった一度。1663年(寛文3年)に、兄である徳川家綱に随伴(ずいはん)した初代将軍「徳川家康」(とくがわいえやす)を祀る「日光東照宮」(にっこうとうしょうぐう)へ参拝する「日光詣」(にっこうもうで)の帰り道に、通りかかったときだけと言われています。

儒学への傾倒

徳川綱吉は、父の徳川家光の指示で「儒学」(じゅがく)を学んでいました。例え将軍家であっても兄弟の序列を守り、兄の徳川家綱を尊ぶように躾たかったのです。また、徳川家光自身が弟と家督争いをした苦い経験から、跡継ぎとして早々に徳川家綱を指名。

こうしたことから、弟である徳川綱吉は、兄の補佐役としての活躍を期待されていました。徳川綱吉は、父の期待通り儒学に心酔。これがのちの幕臣にも儒学を奨励したという逸話へと繋がっていきます。

湯島聖堂

湯島聖堂

さらには、「湯島聖堂」(ゆしませいどう)の建立、儒学者を招いて討論会を催した他、「室鳩巣」(むろきゅうそう)、「荻生徂徠」(おぎゅうそらい)、「新井白石」(あらいはくせき)など、後世に名を残す儒学者を表舞台に輩出するきっかけにもなりました。

また、儒学における「孝」(こう:子が親に忠実に従う道徳観念)を体現するべく、母「桂昌院」(けいしょういん)に対して、女性最高位となる「従一位」(じゅいちい)を朝廷から賜ることも行なっています。そして、この儒学への傾倒が、「生類憐れみの令」(しょうるいあわれみのれい)の発令にも繋がっていくのです。

将軍への抜擢

儒学を学んだ徳川綱吉には、将軍職を簒奪(さんだつ:政治の実権を奪い取ること)するような野心はありませんでした。

しかし、4代将軍の徳川家綱は男子に恵まれず、さらに元々病弱だったこともあり、病に倒れて危篤状態に陥ります。徳川綱吉のもうひとりの兄「徳川綱重」(とくがわつなしげ)もすでに亡くなっていたため、徳川綱吉は急きょ徳川家綱の「養嗣子」(ようしし:家督後継者の養子)となり、将軍職を継ぐことになったのです。

徳川光圀

徳川光圀

1680年(延宝8年)、将軍職に就いた徳川綱吉ですが、将軍就任前にある問題が起きていたと言われています。

先代の徳川家綱時代の大老「酒井忠清」(さかいただきよ)が、徳川綱吉の将軍就任に反対して、「徳川家」(とくがわけ)と繋がりのある皇室「宮将軍」(みやしょうぐん)を擁立しようとしたのです。

この提案は、「水戸黄門」(みとこうもん)で有名な「徳川光圀」(とくがわみつくに)の反対により却下。徳川光圀は、あくまでも「徳川宗家」(とくがわそうけ)の血筋にこだわったため、徳川綱吉が将軍として抜擢されたのです。

生類憐れみの令とは

5代将軍となった徳川綱吉は、館林藩主の頃から重用してきた「牧野成貞」(まきのなりさだ)を江戸幕府初の側用人として抜擢。そののち、1684年(貞享元年)に大老「堀田正俊」(ほったまさとし)が刺殺されると、後継の大老職を置かず、さらに老中とも距離を取って独断で政治を行なっていくようになります。このなかで発令されたのが、生類憐れみの令です。

生類憐れみの令が誕生した背景

徳川綱吉には「犬公方」(いぬくぼう)というあだ名が付けられていました。「公方」とは、将軍の別称。そのため、生類憐れみの令と言えば「犬を優しく扱うことを命じた法令」というイメージが一般的。生類憐れみの令を発した理由については諸説ありますが、嫡男の徳松が早世したことがきっかけだったという説が有名です。

徳川綱吉は男子に恵まれていませんでした。男子がいないということは、跡継ぎが途絶えること。見かねた母の桂昌院が僧侶に相談します。すると僧侶は「将軍が男子に恵まれないのは、前世の行ないが良くなかったから。子が欲しければ動物を大事にすることです。将軍は戌年なので、特に犬を大事にすると良い」と助言。これを受けた徳川綱吉が、その言葉にしたがって生類憐れみの令を発することにしたのです。

生類憐れみの令が発せられた根底には、徳川綱吉が幼い頃から学んできた儒学の存在もありました。儒学の教えは「人を思いやり、誠実であること」です。徳川綱吉が将軍職に就任していた当時、長い戦乱の名残から暴力で問題を解決する他、放火や辻斬りといった物騒な事件も多発していました。また、重病人を見捨てたり、生まれたばかりの赤子を間引きしたりするなど、世の中は無秩序とも言うべき状態でもあったのです。

このような荒廃した世の中を一新するため、徳川綱吉が思い立ったのが儒学の教えを浸透させること。しかし、そう簡単に人々の価値観や素行は変わりません。そこで、人々に「思いやり、誠実であること」を強制するために導入したのが、生類憐れみの令でした。

生類憐れみの令は135回改定された

徳川綱吉の将軍在位期間は、1680~1709年(延宝8年~宝永6年)の約30年間。その間で生類憐れみの令が発せられていたのは約22年間だとされています。その間、135回もの内容改定が行なわれ、そのたびにお触れ書きが出されました。この回数の多さから、いわゆる生類憐れみの令の正式な開始日については諸説あります。

少なくとも1682年(天和2年)には、犬を虐殺した罪で極刑になったとする記録が存在。また、仁政を敷くために「鷹狩り」(たかがり)も禁じられました。

1684年(貞享元年)には「会津藩」(あいづはん)に対して、鷹の献上を禁止。生類憐れみの令を意識した政策が開始されたのは、この辺りの年代からであったと推測されます。

動物に対する禁制が顕著に提示されるようになるのは、1685年(貞享2年)頃からでした。この年に新たに出されたお触れ書きには、「将軍が御成りになった際にも、犬猫をつないでおかなくても良い」との記述があります。

翌1686年(貞享3年)には、「犬猫を誤って轢かないように気を付け、生類憐れみの志を持つように」とのお触れ書きが出され、ここで初めて生類憐れみという言葉が使われました。

中野御用御屋敷跡

中野御用御屋敷跡

犬の保護は特に手厚く行なわれ、1695年(元禄8年)、大久保や四谷(よつや)、中野に犬を保護する施設(御用屋敷)が作られます。

このとき、保護された犬は約10万頭。翌年には、犬の虐待を密告したら恩賞が出るようにしたのです。発令当初は、この法令を非難したり、わざと違反して犬を痛め付けたりする者もいましたが、そのつど厳格化されていきました。

生類憐れみの令の保護対象

生類憐れみの令が悪法と言われる大きな理由は、対象が犬や猫だけではなかったためです。鳥や魚の殺生禁止に始まり、釣りの禁止や鰻(うなぎ)、どじょうの売買も禁止されていきました。こうなると、当時の人達の食生活にも大きな影響を及ぼすことになります。

こうした状況のなか、禁を破ってでも肉を食べたいという人は少なくありませんでした。実際に、鳥を鉄砲で撃ったことが判明して、11人が切腹した事例もあります。また、病気の馬を遺棄したために、農民の多くが流罪になったと言う事例も。生類憐れみの令に基づいて69件の処罰が行なわれました。

なお、あまり知られていませんが、保護対象の動物に危害を加えた人すべてに対して、処罰が与えられた訳ではありません。荷車を押しているときに寝転がっている犬に気付かず、犬を轢いてしまったなど、やむを得ない事情があれば、罪に問われることはなかったのです。刑罰に処されるのは、保護対象の動物に、わざと危害を加えたとみなされた者のみでした。

江戸の平和維持への貢献

生類憐れみの令を中心とした統治は、徳川綱吉が亡くなるまで続けられます。老中を遠ざけ、側用人を重用していたため、誰も徳川綱吉に意見することもできなかったのです。

徳川綱吉は、息子である6代将軍「徳川家宣」(とくがわいえのぶ)に指示しましたが、徳川家宣は将軍就任後に、順次父が行なっていた規制を撤廃していきます。もっとも、徳川綱吉が望んでいた儒教思想は、ゆっくりとではありますが、少しずつ、確実に江戸庶民の間に根付いていきました。

生類憐れみの令の効果

生類憐れみの令が特に徹底されたのは、将軍のお膝元である江戸でした。地方においては、そこまで徹底することはできず、「尾張藩」(おわりはん)では、禁を破って釣りに76回も通ったという武士もいたと言われています。また、外国との窓口となった長崎県では、オランダ人や中国人も出入りしていることもあって、豚肉や鶏肉を使った料理を食べることができました。

生類憐れみの令は、動物に対しての保護が行き過ぎたため、悪法と見られがちですが、一方で、人々のなかに根付いていた命を軽んじる風習を薄れさせることに成功。諸説ありますが、江戸時代の犯罪件数は、現代の東京における年間の犯罪件数に比べても少なく、特に殺傷事件に関連する件数は、現代を下回ると言われています。

時代背景が異なるため一概には比較できませんが、江戸庶民の間に儒教思想を根付かせる効果はあったとも考えられるのです。

生類憐れみの令は悪法なのか

行き過ぎた動物保護を強要するイメージの強い生類憐れみの令は、後世の創作作品などのなかでも悪法扱いをされます。そのため徳川綱吉は、徳川15代将軍のなかでも特に低い評価を受けてきたのも事実です。しかし、近年ではその評価を見直す流れができています。

前述したように、当時の江戸市中は長い戦乱のため、人々の心は荒廃していました。それを変えるには、強い強制力が必要だったのです。このように思い切った「改革」に必要なのは、それまでのしがらみを断ち切ること。寵臣以外を排除して独裁体制を敷いた徳川綱吉だからこそ実行できたことでした。法令で禁止にしてしまえば、庶民や武家など身分に関係なく、皆平等に処罰を下すことができます。

すなわち、生類憐れみの令は儒学を重んじた結果生まれた、人権を守る法だったという評価もできるのです。

なお、生類憐れみの令は1709年(宝永6年)の徳川綱吉の没後すぐに、一部を残して廃止されました。捨て子の禁止、病人の保護など、直接的に人々の命を守るために制定された法令に関しては、6代将軍徳川家宣以後も継続されています。

徳川綱吉の新しい評価

徳川綱吉は、「忠臣蔵」(ちゅうしんぐら)のなかで「浅野内匠頭」(あさのたくみのかみ)に一方的に切腹を命じ、「赤穂藩」(あこうはん)を改易した将軍として描かれました。

また、時代劇・水戸黄門でも、生類憐れみの令を徳川光圀が軽んじて、徳川綱吉に動物の毛皮を贈るという皮肉に満ちた演出がされています。こういった創作の影響で悪役の印象が強い徳川綱吉ですが、近年では、江戸の秩序維持に貢献した、優れた将軍であったと言う見方が主流となりつつあるのです。

実際に、8代将軍「徳川吉宗」(とくがわよしむね)は「享保の改革」(きょうほうのかいかく)を実行する際に、徳川綱吉の「天和の治」(てんなのち)を参考にしたと言われています。また、生類憐れみの令のなかで、病人の保護や、捨て子の禁止を奨励したことで、道端に死体を放置するなどの非人道的な光景が次第になくなっていきました。

確かに、動物を極端に手厚く保護するという一点に焦点をあてれば、悪法と呼ばれても仕方ない面もあります。しかし同時に発した、人々の秩序を正す法令は、現代まで続く日本の平和を維持する礎になったという見方もできるのです。

徳川綱吉に対する評価は、当時から賛否両論ありました。徳川綱吉に謁見したドイツ人医師「エンゲルベルト・ケンペル」は、自著「日本誌」のなかで、徳川綱吉を「将軍・徳川綱吉は偉大で優れた君主である。儒学を尊び、国と人々を等しく尊重し、彼の下ではすべての人が対等に生活をしている」と評価。徳川綱吉と直接交流したことのあるケンペルのこうした評価は、決して軽視できない意見のひとつと言えるのです。

第5代将軍・徳川綱吉 YouTube動画

「第5代将軍・徳川綱吉」徳川十五代将軍|YouTube動画

第5代将軍/徳川綱吉

第5代将軍/徳川綱吉をSNSでシェアする

「徳川十五代将軍」の記事を読む


第15代最後の将軍/徳川慶喜

第15代最後の将軍/徳川慶喜
「徳川慶喜」(とくがわよしのぶ)は、徳川家歴代最後の征夷大将軍です。最後の将軍となったのは、水戸で育ち勤皇精神溢れる「一橋家」(ひとつばしけ)の養子「一橋慶喜」(ひとつばしよしのぶ)でした。15代将軍・徳川慶喜となったとき、怒濤の時代に何を思い、どのように向き合っていったでしょうか。約300年続いた江戸幕府の崩壊を、その中心で体験した最後の将軍・徳川慶喜の軌跡を辿ります。 第15代将軍・徳川慶喜 YouTube動画

第15代最後の将軍/徳川慶喜

初代将軍/徳川家康

初代将軍/徳川家康
戦国乱世に終止符を打ち、江戸幕府を開いた「徳川家康」。天下人として名高い家康ですが、幼い頃は「織田家」と「今川家」の人質として扱われ、家臣共々不遇な生活を送っていました。しかし、そののちは三河平定、そして天下分け目の「関ヶ原の戦い」を経て征夷大将軍となったのです。その生涯と共に、「徳川紋」と言われる徳川家の家紋、そして徳川家康が残した名言をご紹介します。

初代将軍/徳川家康

第2代将軍/徳川秀忠

第2代将軍/徳川秀忠
江戸幕府2代将軍「徳川秀忠」(とくがわひでただ)と言えば、「関ヶ原の戦い」に遅参したことで有名な人物。初代将軍「徳川家康」、3代将軍「徳川家光」に比べると地味なイメージがあるでしょうが、徳川秀忠は決して凡庸な人物ではありませんでした。今回は、知られざる徳川秀忠の生涯や、後世に繫がる幕府の支配体制を確立させた徳川秀忠の大きな功績についてご紹介していきます。

第2代将軍/徳川秀忠

第3代将軍/徳川家光

第3代将軍/徳川家光
「我は生まれながらの将軍である」と言ったのは、江戸幕府3代将軍「徳川家光」(とくがわいえみつ)。様々な政策を行ない、幕藩体制や幕府機構の確立に尽力しました。徳川家光が幕府の基礎を築かなければ、江戸幕府が約260年続くことはなかったと言われています。 徳川家光が行なった政策とは何か。徳川家光の幼少期や両親・弟・乳母「福」との関係、功績や人物像についてご紹介します。

第3代将軍/徳川家光

第4代将軍/徳川家綱

第4代将軍/徳川家綱
徳川幕府の新時代を築いた幼齢の4代将軍「徳川家綱」(とくがわいえつな)は、「徳川家康」(とくがわいえやす)、2代将軍「徳川秀忠」(とくがわひでただ)、3代将軍「徳川家光」(とくがわいえみつ)といった偉大な先祖の威光から脱却するべく、政治手腕を振るいましたが、どのような素顔を持っていたのでしょうか。 悠久の歴史を誇る日本の伝統は、確固たる継承者がその手腕を発揮したことで成り立っていると言え、徳川時代の安定をもたらした中核的な政権は、日本の史実に大きな足跡を残しました。 生まれながらにして、偉大な父親の背中を追うことになりながらも、4代将軍として任務を全うした徳川家綱の政治的指導力。また、「武断政治」(ぶだんせいじ:武力を背景にした専制政治)から「文治政治」(ぶんちせいじ:武力によらず、礼儀や法令による政治)への革新は、どのような判断で行なわれたのかに迫ります。

第4代将軍/徳川家綱

第6代将軍/徳川家宣

第6代将軍/徳川家宣
江戸幕府6代将軍を務めた「徳川家宣」(とくがわいえのぶ)は、5代将軍「徳川綱吉」(とくがわつなよし)が行なった「天和の治」(てんなのち)を踏襲しながらも、後期は、「生類憐れみの令」(しょうるいあわれみのれい)といった政策を次々と廃止するなど、政治の刷新を図りました。 しかし徳川家宣は、将軍に就任してわずか3年で亡くなってしまいます。そのため、徳川家宣の生涯や政策についてはあまり知られておらず、歴代の徳川将軍に比べると語られることが少ない人物です。徳川家宣の生涯や政策について掘り下げ、その実像を解き明かしていきます。

第6代将軍/徳川家宣

第7代将軍/徳川家継

第7代将軍/徳川家継
歴代最年少で江戸幕府7代将軍となった「徳川家継」(とくがわいえつぐ)は、就任時わずか5歳でした。そのあとの徳川家継は、3年の将軍職を経て夭逝(ようせい:若くして死ぬこと)。徳川家継の死により、江戸幕府2代将軍「徳川秀忠」(とくがわひでただ)の血統は失われてしまいました。一体なぜこのような幼すぎる将軍が擁立されることになったのか、将軍となるまでの経緯や、徳川家継の行なった政治についてご紹介します。

第7代将軍/徳川家継

第8代将軍/徳川吉宗

第8代将軍/徳川吉宗
江戸幕府を治めていた徳川家15代将軍のなかで人気があるのは、「暴れん坊将軍」で有名な8代将軍「徳川吉宗」(とくがわよしむね)。時代劇などの主役と言うだけでなく、大胆な財政改革「享保の改革」(きょうほうのかいかく)を行なった将軍として、現代でも抜群の知名度を誇りますが、徳川吉宗はどのような人物だったのか。また、手腕を発揮した享保の改革とは、どのような内容と成果があったのかを、徳川吉宗の生涯と共にご紹介します。

第8代将軍/徳川吉宗

第9代将軍/徳川家重

第9代将軍/徳川家重
「徳川家重」(とくがわいえしげ)が徳川幕府9代将軍となったのは、数えで36歳のときでした。しかし、将軍となったことで大きな困難に直面します。徳川家重は、生まれながら身体に障碍(しょうがい)があり、人とコミュニケーションを取ることが難しかったのです。それでも将軍としての職務を果たした徳川家重は、一体どのように仕事をこなしたのでしょうか。何よりもまず、彼自身の身体と戦わなければならなかった徳川家重の、将軍としての生き様をご紹介します。

第9代将軍/徳川家重

注目ワード
注目ワード