歴史上の実力者

田沼意次 ~黒もまた真なり~

文字サイズ

「賄賂政治家」と聞いて思い浮かべる歴史上の人物と言えば、この男、「田沼意次」(たぬまおきつぐ)ではないでしょうか。10代将軍「徳川家治」(とくがわいえはる)の右腕として活躍し、江戸の貨幣経済の礎を築いた人物です。田沼意次が行った改革には黒い部分もありますが、その経済観念に優れた政治手腕は、今日高く評価されています。

将軍徳川家重が大抜擢!側用人から江戸幕府を動かす老中の座へ

田沼意次

田沼意次

1719年(享保4年)、「田沼意次」(たぬまおきつぐ)は紀州藩(現在の和歌山県)の足軽の生まれから幕府旗本になった「田沼意行」(たぬまおきゆき)の長男として、江戸の本郷弓町で生まれます。

1735年(享保20年)に父のあとを継ぎ、「徳川家重」(とくがわいえしげ)の親衛隊として西の丸を守る西丸小姓として仕えました。

1745年(延享2年)、徳川家重は9代将軍に就任すると田沼意次の有能さを見抜き、将軍の住まいである本丸を守る本丸仕えに大抜擢。政治の表舞台への第一歩を歩み出します。

田沼意次が如何に優秀な人物だったかは、その出世街道を見れば一目瞭然。1748年(寛延元年)には1,400石を、4年後には3,000石を加増され、1758年(宝暦8年)に起きた美濃国郡上藩(現在の岐阜県郡上市)の百姓一揆「郡上一揆」(ぐじょういっき)の裁判にあたらせるため、将軍と老中を取り次ぐ御側御用取次から10,000石の大名に取り立てられます。

徳川家重が死去したあとも10代将軍「徳川家治」(とくがわいえはる)からの信頼は厚く、1767年(明和4年)には将軍の側近として最高職の側用人へと出世し、5,000石を加増されます。さらに20,000石の「相良城」(現在の静岡県牧之原市)の城主となり、1772年(安永元年)には相良藩57,000石の大名に取り立てられ、将軍の右腕として幕政を行う老中を兼任します。わずか600石の旗本から57,000石の大名にまで昇進し、側用人から老中になった初めての人物でした。

また、田沼意次が異例の出世を遂げたのは、イケメンだったことも理由のひとつと言われています。田沼意次が仕えた徳川家重は、生来虚弱の上、障害により言語が不明瞭であったため、幼少から大奥に籠りがちでした。しかも、大奥は徳川の世を存続させるには欠かせない場所。田沼意次にとって大奥は重要な存在だったのでしょう。

そこで田沼意次は、その美貌で大奥の女中達の注目を集めるだけでなく、彼女達にまめに贈り物を届けます。さらに徳川家治の世になると、徳川家治の側室であった「お知保の方」(おちほのかた)にも贈り物を届け、大奥を味方に付けます。手強い大奥の女中達ですらすっかり心を奪われ、大奥では田沼意次に反対する者はいなかったそうです。

江戸文化が花開く!江戸の繁栄と黒い政治

徳川家治

徳川家治

田沼意次が最も活躍したのは、10代将軍・徳川家治の時代です。

老中のなかで最高の権力を持っている老中首座である「松平武元」(まつだいらたけちか)らと斬新な幕政改革を行いました。

当時の幕府は財政赤字が膨らみ、経済は悪化の一途。武士よりも町人が力を持っていました。

そこで田沼意次は、商業を重んじた貨幣経済中心の国作りを推し進めます。貨幣経済が発展して江戸の町は豊かになり、歌舞伎浮世絵等の江戸文化が花開きました。

その他にも、市場を独占し、安定した営業を行うために同業者同士で結成された組合「株仲間」の結成や、銅の取引や鋳造をする場所「銅座」などの専売制の実施、鉱山の開発、下総国(現在の茨城県古河市)の印旛沼や手賀沼の干拓、蝦夷地の開発計画、対清貿易のための干し鮑やふかひれなどの産品開発、外国貿易の拡大など、次々に斬新な改革を行います。

田沼意次が行った数々の改革の中でも特に評価されたのが、「徳川家康」の命日に合わせて行われた48年ぶりの日光社参(徳川将軍家日光東照宮を参拝すること)でした。

日光社参後、権勢を欲しいままにしていた田沼意次。同時に幕府の役人の間で賄賂や縁故による人事が横行し、幕府の利益や都合を優先させる田沼意次の政策は、諸国の大名や庶民の反発を浴びます。

華やかな江戸の町人文化が発展する一方、利益の薄い農業で困窮した農民が田畑を放棄して都市部へ流れ込み、農村は荒廃。江戸幕府始まって以来の強い権力を握った田沼意次に衰退の陰が忍び寄ります。

ナンバー2の座、危うし!天に見放された田沼意次

松平定信

松平定信

田沼政治絶頂のとき、江戸は天災に襲われます。明和の大火、浅間山の大噴火など未曾有の災害が勃発。疲弊した農村部は食糧難や疫病に見舞われます。世にいう「天明の大飢饉」です。

このとき、田沼意次に代わりナンバー2としての頭角を現し始めたのが、のちに倹約令で知られる「寛政の改革」を行った「松平定信」(まつだいらさだのぶ)です。

当時、白河藩(現在の福島県白河市)の藩主になったばかりの松平定信でしたが、白河藩の危機を救うため、様々な対策を講じます。

まず、凶作を免れた越後にある白河藩の飛び地から10,000俵の米を送らせ、江戸では食料品や日用品を買い集め、白河に送らせました。また、不況の白河藩民に仕事を与えるための公共事業を考え、庶民の収入源を確保。さらに特産品を次々に考案し、新たな商売のチャンスを作りました。これらの対策を推し進めるために必要な資金は、松平定信自らが借金を負い確保していました。

ひとりの餓死者も出さず、白河藩の危機を救った松平定信の武勇伝は江戸で噂になり、あっという間に評判はうなぎ上り。

それに反し、大飢饉への対策が遅れた田沼意次。年貢減免などを領主に訴える「百姓一揆」や、都市の民衆が大商人や米屋などを襲う「打ちこわし」などが多発し、田沼意次の政治生命に暗雲が立ち込め始めます。

さらに不幸なことに、田沼意次の嫡男「田沼意知」(たぬまおきとも)が殺害されてしまいます。田沼意知は、若くして若年寄に就任するなど父同様異例の出世を果たした有能な人物でした。
田沼意知を殺した犯人は「佐野善左衛門」(さのぜんざえもん)とされていますが、実は裏で糸を引いていたのは松平定信ではないかとも言われています。

田沼意次の政治は「黒」ではなかった!?

天明の大飢饉での大失態をきっかけに、田沼意次は転げ落ちるように老中の職を追われることになります。

さらに、元々身分が低い家柄の田沼意次にとって唯一の後ろ盾だった徳川家治の意思を継ぐ嫡子「徳川家基」(とくがわいえもと)が17歳の若さでこの世を去ります。代わりに世継ぎとして、10代将軍徳川家治に養子入りしたのが、「徳川家斉」(とくがわいえなり)でした。

徳川家斉が11代将軍となると、松平定信が老中として実権を握ります。そして松平定信は、田沼意次を通常の処分よりもはるかに厳しい、生涯屋敷に幽閉する永蟄居(えいちっきょ)を課した上、田沼意次の政策に加担した者を徹底的に処罰します。松平定信は8代将軍「徳川吉宗」の孫。自分が将軍になれなかったのは田沼意次のせいだと恨んでいたため、厳しい処分をしたとも言われています。

失脚後、田沼意次は将軍にある手紙を送ります。その手紙には、「すべては自分のためではなく、老中として天下のために身を捧げたこと。自分が少しも偽りを行わなかったこと」が書かれていました。

これだけ賄賂を受け取っていながらよく言えたものだ、と思う人も多いかもしれません。実は、江戸時代では賄賂は当たり前のことだったとも伝わっています。人にものを頼むのに手ぶらではいけない。そのための賄賂は挨拶代わり。田沼意次に頼みごとをする人は非常に多かったため、たくさんの賄賂が集まっただけであり、その賄賂は自らのためではなく、部下に酒やごちそうを振る舞うために使っていたのだそう。それも江戸幕府の繁栄を願い、庶民が豊かに暮らすための政治を円滑に進めるための手段であったのかもしれません。

1788年(天明8年)、田沼意次は70歳でこの世を去ります。賄賂政治家としてのレッテルを貼られた田沼意次ですが、すべては将軍のため、幕府のために尽くしたナンバー2人生でした。その真偽は定かではありませんが、真実であることを祈りたいものです。

田沼意次 ~黒もまた真なり~

田沼意次 ~黒もまた真なり~をSNSでシェアする

「歴史上の実力者」の記事を読む


高杉晋作 ~吉田松陰の愛弟子~

高杉晋作 ~吉田松陰の愛弟子~
久坂玄瑞(くさかげんずい)とともに「松下村塾の双璧」と呼ばれる吉田松陰(よしだしょういん)の愛弟子、高杉晋作(たかすぎしんさく)。尊王攘夷の志士として討幕を成し遂げた功績の影には、師の教えと、師をして「余の及ぶところではない」と言わしめた精識さがありました。

高杉晋作 ~吉田松陰の愛弟子~

坂本龍馬 ~勝海舟の1番弟子~

坂本龍馬 ~勝海舟の1番弟子~
幕末の志士、坂本龍馬が師とあおいだ勝海舟。勝海舟と出会うことによって世界の大きさを知った坂本龍馬は、1862年(文久2年)から1867年(慶応3年)までのわずか5年の間に、薩長同盟の締結や大政奉還に貢献し、亀山社中(海援隊)を組織。そして31歳の若さで散っていきました。

坂本龍馬 ~勝海舟の1番弟子~

小松帯刀 ~維新十傑のひとり~

小松帯刀 ~維新十傑のひとり~
「西郷隆盛」、「大久保利通」、「坂本龍馬」、「桂小五郎」らと並び、明治維新の十傑のひとりでありながら、表には出てこない陰の存在、「小松帯刀」(こまつたてわき)。幕末動乱期において「英明の君主」(英明とは、優れて賢いこと)と称された「島津斉彬」(しまづなりあきら)の死後、小松帯刀は若干27歳にして薩摩藩を背負って立ちます。そして「薩摩の小松、小松の薩摩」と言われるほど活躍し、幕末から明治維新にかけて薩摩藩の躍進を支えました。しかし、小松帯刀は明治維新後わずか3年、病によりこの世を去ります。もし生きていれば、西郷隆盛、大久保利通らを超える歴史的知名度があったと言っても過言ではない、有能すぎるナンバー2・小松帯刀を紹介します。

小松帯刀 ~維新十傑のひとり~

大岡越前守忠相 ~徳川吉宗を名君にした名奉行~

大岡越前守忠相 ~徳川吉宗を名君にした名奉行~
お白州(おしらす)で繰り広げられる「大岡裁き」は、テレビ時代劇ではお馴染み。数々の名俳優が演じ、天下の名裁きで視聴者を魅了する大岡越前守忠相(おおおかえちぜんのかみただすけ)は、実在した人物です。 名君・徳川吉宗(とくがわよしむね)の側近として、40歳という異例の若さで南町奉行に就任。そして8代将軍・徳川吉宗の治世、最大の出来事「享保の改革」では、徳川吉宗を支えたナンバー2として多大な功績を残しました。

大岡越前守忠相 ~徳川吉宗を名君にした名奉行~

本多正信 ~水魚の交わりと言われた徳川家康の参謀~

本多正信 ~水魚の交わりと言われた徳川家康の参謀~
徳川家康の三大好物と言われる「佐渡殿、鷹殿、お六殿」の佐渡殿とは、江戸幕府の老中で佐渡守の本多正信(ほんだまさのぶ)のこと。愛してやまない鷹狩や側室のお六の方(おろくのかた)に匹敵するほど、徳川家康にとって大切な存在「本多正信」とは?

本多正信 ~水魚の交わりと言われた徳川家康の参謀~

新井白石 ~6代将軍徳川家宣の侍講~

新井白石 ~6代将軍徳川家宣の侍講~
徳川第6代将軍「徳川家宣」(とくがわいえのぶ)に仕えた江戸時代中期の朱子学者「新井白石」(あらいはくせき)。幕政を実質的に主導し、側用人「間部詮房」(まなべあきふさ)とともに「正徳の治」(しょうとくのち)を行なった政治家としても活躍しました。並みの儒学者では太刀打ちできない学識と理想を貫き通す信念を持ち、理想の政治を行なうためなら将軍にも屈しない「鬼のナンバー2」として幕政を牽引していました。日本医学の基礎を築いた天才「杉田玄白」(すぎたげんぱく)からも「生まれながらの天才」と絶賛された新井白石とは一体どんな人物だったのでしょうか。

新井白石 ~6代将軍徳川家宣の侍講~

大石内蔵助 ~主君への忠義を貫いた武士~

大石内蔵助 ~主君への忠義を貫いた武士~
日本の師走の風物詩と言えば「忠臣蔵」。薄暗い夜明け前、雪が降り積もる江戸の町を行く揃いの半被…、この隊列を率いるのは赤穂藩のナンバー2、大石内蔵助。 主君の汚名を返上するために戦った家臣達の物語は、人形浄瑠璃や歌舞伎の題材にもなり、様々な脚色を加えられながら時代を超えて語り継がれています。

大石内蔵助 ~主君への忠義を貫いた武士~

直江兼続 ~上杉家を支えた知将~

直江兼続 ~上杉家を支えた知将~
最強のナンバー2と呼び声も高い「直江兼続」(なおえかねつぐ)。幼い頃から「上杉謙信」のもとで、兄弟のように育った「上杉景勝」(うえすぎかげかつ)とはまるで一心同体!?上杉景勝が「徳川家康」から謀反の疑いをかけられたときには、まるで自分のことにように怒ることもありました。

直江兼続 ~上杉家を支えた知将~

井伊直政 ~徳川家康の右腕~

井伊直政 ~徳川家康の右腕~
徳川四天王や徳川三傑に数えられ、徳川家康の天下取り、最大の功労者とも言われる井伊直政(いいなおまさ)。絶世の美男子でありながら、戦での勇猛な姿は「伊井の赤鬼」とも言われたとか。その素顔と功績をたどってみましょう。

井伊直政 ~徳川家康の右腕~

注目ワード
注目ワード