歴史上の実力者

井伊直政 ~徳川家康の右腕~

文字サイズ

徳川四天王や徳川三傑に数えられ、徳川家康の天下取り、最大の功労者とも言われる井伊直政(いいなおまさ)。絶世の美男子でありながら、戦での勇猛な姿は「伊井の赤鬼」とも言われたとか。その素顔と功績をたどってみましょう。

徳川家康との出会い

井伊直政(いいなおまさ)が生まれたのは1561年(永禄4年)。幼名を井伊虎松(いいとらまつ)と言います。父は井伊家19代当主、井伊直親(いいなおちか)。2017年に放送されたNHK大河ドラマ「おんな城主 直虎」の主役、井伊直虎(いいなおとら)は、井伊直政の養母にあたります。

井伊家は今川家に仕えていました。井伊直政の祖父にあたる井伊直盛(いいなおもり)は、桶狭間の戦い今川義元とともに討ち死にしています。

井伊直政が1歳の時に父、井伊直親が松平元康(のちの徳川家康)との内通嫌疑をかけられて、今川氏真(いまがわうじざね)に誅殺されてしまいました。

そののち、井伊家を守るため、井伊直虎が女城主として奮闘しますが、今川家の謀略により井伊家は滅亡してしまいます。井伊家再興の期待を背負った井伊直政は、その生命を守るため三河国の鳳来寺に預けられて出家し、幼少期を過ごしました。

時を経て、1575年(天正3年)、井伊直虎は14歳になった井伊直政を徳川家康に出仕させることにします。

ある時、徳川家康が浜松城から鷹狩に出かけると、井伊直政が跪いて名乗り出たのです。徳川家康は、ひと目で井伊直政を気に入りました。そして井伊直政の出自を知ると、井伊家の再興を許し、井伊家の旧領を与え、小姓としてそばに置くことにしたとか。一説には、男色の気のない徳川家康も魅了されるほどの美少年だったと言われています。

また、かつて桶狭間の戦いのおり、徳川家康とともに先鋒を務めた井伊直盛(祖父)の親類であったこと、井伊直親(父)が徳川家康との内通を疑われて誅殺されたことを不憫に思ったため、仕官を認めたとの見方もあります。

この年、井伊直政は井伊虎松の名を徳川家康の幼名・竹千代にちなんで井伊万千代(いいまんちよ)と改めました。

  • 徳川家康

    徳川家康

  • 井伊直政

    井伊直政

  • 徳川家康のエピソードや、関連のある刀剣・日本刀をご紹介します。

  • 歴史を動かした有名な戦国武将や戦い(合戦)をご紹介!

  • 歴史を動かした有名な戦国武将や戦い(合戦)をご紹介!

  • 歴史を動かした有名な戦国武将や戦い(合戦)をご紹介!

徳川家康を守り抜いた井伊直政の華麗なる軌跡

初陣でお手柄

井伊直政の初陣は、徳川家康の小姓となった翌年の1576年(天正4年)、徳川家康と武田勝頼(たけだかつより)が戦った「芝原の戦い」(しばはらのたたかい)です。

井伊直政は「突き掛かり戦法」という作戦で、先鋒として無心に敵陣を突き進み、おおいに活躍したと伝わります。

また、武田勝頼が徳川家康の寝所に送り込んだ間者を、井伊直政が討ち取ったとも言われています。

神君伊賀越え

1582年(天正10年)、「本能寺の変」が起きたとき、徳川家康は織田信長に招かれて京都に向かうため、にいました。

織田信長と同盟関係にあった徳川家康は一報を聞いて取り乱し、自分も京に上り明智光秀と戦って自害すると言います。

そんな徳川家康を本多忠勝ら家臣達は、「明智光秀を討つことこそ、織田信長殿への最大の供養」とひとまず国に戻り、態勢を立て直すよう説得。明智光秀の息のかかった敵がどこにいてもおかしくない状況のなか、徳川家康は伊賀を経由して、命からがら三河国に戻りました。

この「神君伊賀越え」(しんくんいがごえ)にも、井伊直政は同行しており、徳川家康を献身的に守りました。後日、褒美に孔雀の羽で織った「孔雀尾具足陣羽織」(くじゃくおぐそくじんばおり)が与えられています。

同年、井伊直政は22歳で元服を迎え、名を井伊万千代から井伊直政に改めます。この年、長年、井伊家を守ってきた井伊直虎がこの世を去りました。

天正壬午の乱で外交能力を発揮

織田信長が横死したあと、織田信長の遺臣達は織田信長の後継者を決める「清洲会議」を開催しましたが、徳川家康はこの会議には参加できませんでした。

なぜなら旧武田家の領地を巡って争いが起きていたからです。それが「天正壬午の乱」(てんしょうじんごのらん)です。主に徳川家北条家との争いでした。

井伊直政はここでも活躍します。芝原の戦いでは敵陣に突き進み、武勇を馳せた井伊直政でしたが、今度は北条家との講和の使者をつとめ、外交能力の高さを見せます。

これは幼少の頃から鳳来寺で過ごした経験に由来すると考えられます。当時の寺は現代で言う大学のような役割を果たしており、その中でも鳳来寺は最高峰であったと考えられています。

これ以後、井伊直政は合戦後の調停役などを任せられるようになりました。

小牧・長久手の戦い

伊井の赤備え

井伊の赤備え

天正壬午の乱が終わったあと、徳川家康は武田家の旧領地と武田家遺臣団の両方を得ることになりました。

徳川家康は武田家遺臣団を井伊直政に預けました。武田家遺臣団は武田の兵法と、武田家の猛将・山県昌景(やまがたまさかげ)の赤備えの軍装を引き継いでいました。

1584年(天正12年)、織田信長の後継を争って、豊臣秀吉と、徳川家康・織田信雄(おだのぶかつ)が対立します。

この「小牧・長久手の戦い」で井伊直政は初めて、赤い軍装を身に着けた部隊「伊井の赤備え」を率いて出陣しました。

井伊直政はの角のような脇立(わきだて)の付いた赤い兜を被って敵陣に斬り込み、槍を振り回して、敵を蹴散らす姿がまるで鬼のようだったことから「伊井の赤鬼」と呼ばれるようになります。

ちなみに井伊直政は先頭を切って敵陣に突っ込むのが常であったようで「関ヶ原の合戦」や「小田原攻め」も同様の戦い方をしています。

小牧・長久手の戦い YouTube動画

小牧・長久手の戦い

関ヶ原の戦い

関ヶ原の戦い

関ヶ原の戦い

井伊直政は関ヶ原の合戦が始まる前、西軍(石田三成側)の武将に調略(相手を自陣に寝返らせる計略)を仕掛けています。懇意にしている黒田長政(くろだながまさ)を通じて小早川秀秋(こばやかわひであき)に裏切りを約束させ、毛利軍の武将・吉川広家(きっかわひろいえ)には軍を動かさないよう、約束させました。その他、多数の西軍武将に裏切りを約束させています。

そして1600年(慶長5年)の「関ヶ原の戦い」は、井伊直政が抜け駆けして火蓋を切ったと言われています。

東軍の先鋒は福島正則(ふくしままさのり)と決まっていたにもかかわらず、井伊直政は「物見のため」と、徳川家康の四男で娘婿の松平忠吉(まつだいらただよし)の隊列を連れて前に出て、西軍の宇喜多秀家(うきたひでいえ)隊に発砲したのです。

井伊直政のこの行動の意味には、諸説あります。当時の戦において抜け駆けは厳禁。本当に物見のために霧の中を進んでいたところ、偶発的に敵に遭遇してしまったのだろうという説。

実はこの抜け駆けは徳川家康の指示であり、天下を狙う徳川家康にとって、名誉ある先鋒を直属の家臣に取らせることに意味があったのだろうという説。

福島正則は、もともと豊臣秀吉の子飼いの武将だったことや、抜け駆けという井伊直政のルール違反に対して徳川家康が処罰しなかったことなどを考えると、すべて徳川家康の計算のもとで行なわれたと考えるのが自然であるようにも思えます。

そして小早川秀秋の裏切りによって関ヶ原の合戦の大勢が決した頃、「島津の退き口」が始まります。島津義弘(しまづよしひろ)は東軍の真っ只中を正面突破すべく向かってきたのです。これを井伊直政と松平忠吉が迎え撃ちます。このときも井伊直政は家臣が追いつけないほど島津軍を追撃しましたが、銃撃を受けて落馬してしまいます。島津義弘をあと一歩のところまで追い詰めましたが、島津義弘の撤退を許すことになりました。

しかし、この関ヶ原の戦いの功績によって井伊直政は石田三成(いしだみつなり)の領地であった近江国佐和山18万石(のちの彦根藩)を与えられ、初代佐和山藩主となります。佐和山は西国を監視し、天皇の御所を守護する重要な土地であるため、徳川家康の井伊直政に対する信頼の高さがうかがえます。

井伊直政は傷の癒えぬまま、戦後処理にあたります。毛利家の取り潰しを回避し、長宗我部盛親(ちょうそかべもりちか)の取次ぎ、手傷を負わされた島津義弘との交渉も行なっていました。また、真田昌幸(さなだまさゆき)・真田信繁(さなだのぶしげ)親子の助命嘆願を本多忠勝とともに行なっています。この助命嘆願は真田昌幸の嫡子・真田信之(さなだのぶゆき)が徳川家により忠義を尽くすようになることを見越してのことでした。

そして、関ヶ原の戦いの2年後、1602年(慶長7年)、井伊直政は関ヶ原の戦いで受けた傷が原因で死去。享年42歳でした。

井伊直政の死後、彦根城が築城され、本拠地が彦根に移ります。彦根藩井伊家は明治まで続きます。

  • 歴史上の人物が活躍した合戦をご紹介!

  • 武将達が戦った全国各地の古戦場をご紹介!

  • 江戸時代の代表的な100藩を治世などのエピソードをまじえて解説します。

  • 合戦の街 関ヶ原
    「関ヶ原の戦い」の経緯や結末、関ヶ原の現在についてご紹介します。

ひこにゃんも受け継ぐ「井伊の赤備え」とは?

彦根市のゆるキャラとしてお馴染みの「ひこにゃん」が被っている赤い兜は、井伊の赤備えからきています。

もともと赤備えが井伊家のシンボルになったきっかけは、井伊直政が元服した1582年(天正10年)までさかのぼります。この頃、武田氏の旧領をめぐって北条氏と争っていた徳川家康は、井伊直政に講和交渉役を命じました(天正壬午の乱)。

井伊直政は見事これを遂行、その褒美として徳川家康は、武田家の旧臣を与えました。そのなかには武田家最強の武将と言われた山県昌景の遺臣もいたことから、山県昌景が率いていた部隊「赤備え」を引き継いで井伊の赤備えを編成することにしたのです。

井伊直政が死去したあとも伊井家は徳川家の重臣であり続けました。

ちなみにひこにゃんが白い猫なのは、井伊直政の次男で2代彦根藩主井伊直孝(いいなおたか)の逸話によるもの。

井伊直孝が豪徳寺(現在の世田谷区)の木の下で雨宿りをしていると、白猫が手招きします。その手招きに誘われるように白猫に近づくと、先ほどまで雨宿りをしていた木に落雷がありました。そんな白猫が落雷から井伊直孝を救ったという「招き猫伝説」にちなんでいます。

歴キャラ歴キャラ
刀剣や城、歴史にまつわる歴史キャラクター(歴キャラ)をご紹介します。

井伊直政 ~徳川家康の右腕~

井伊直政 ~徳川家康の右腕~をSNSでシェアする

「歴史上の実力者」の記事を読む


高杉晋作 ~吉田松陰の愛弟子~

高杉晋作 ~吉田松陰の愛弟子~
久坂玄瑞(くさかげんずい)とともに「松下村塾の双璧」と呼ばれる吉田松陰(よしだしょういん)の愛弟子、高杉晋作(たかすぎしんさく)。尊王攘夷の志士として討幕を成し遂げた功績の影には、師の教えと、師をして「余の及ぶところではない」と言わしめた精識さがありました。

高杉晋作 ~吉田松陰の愛弟子~

坂本龍馬 ~勝海舟の1番弟子~

坂本龍馬 ~勝海舟の1番弟子~
幕末の志士、坂本龍馬が師とあおいだ勝海舟。勝海舟と出会うことによって世界の大きさを知った坂本龍馬は、1862年(文久2年)から1867年(慶応3年)までのわずか5年の間に、薩長同盟の締結や大政奉還に貢献し、亀山社中(海援隊)を組織。そして31歳の若さで散っていきました。

坂本龍馬 ~勝海舟の1番弟子~

小松帯刀 ~維新十傑のひとり~

小松帯刀 ~維新十傑のひとり~
「西郷隆盛」、「大久保利通」、「坂本龍馬」、「桂小五郎」らと並び、明治維新の十傑のひとりでありながら、表には出てこない陰の存在、「小松帯刀」(こまつたてわき)。幕末動乱期において「英明の君主」(英明とは、優れて賢いこと)と称された「島津斉彬」(しまづなりあきら)の死後、小松帯刀は若干27歳にして薩摩藩を背負って立ちます。そして「薩摩の小松、小松の薩摩」と言われるほど活躍し、幕末から明治維新にかけて薩摩藩の躍進を支えました。しかし、小松帯刀は明治維新後わずか3年、病によりこの世を去ります。もし生きていれば、西郷隆盛、大久保利通らを超える歴史的知名度があったと言っても過言ではない、有能すぎるナンバー2・小松帯刀を紹介します。

小松帯刀 ~維新十傑のひとり~

大岡越前守忠相 ~徳川吉宗を名君にした名奉行~

大岡越前守忠相 ~徳川吉宗を名君にした名奉行~
お白州(おしらす)で繰り広げられる「大岡裁き」は、テレビ時代劇ではお馴染み。数々の名俳優が演じ、天下の名裁きで視聴者を魅了する大岡越前守忠相(おおおかえちぜんのかみただすけ)は、実在した人物です。 名君・徳川吉宗(とくがわよしむね)の側近として、40歳という異例の若さで南町奉行に就任。そして8代将軍・徳川吉宗の治世、最大の出来事「享保の改革」では、徳川吉宗を支えたナンバー2として多大な功績を残しました。

大岡越前守忠相 ~徳川吉宗を名君にした名奉行~

新井白石 ~6代将軍徳川家宣の侍講~

新井白石 ~6代将軍徳川家宣の侍講~
徳川第6代将軍「徳川家宣」(とくがわいえのぶ)に仕えた江戸時代中期の朱子学者「新井白石」(あらいはくせき)。幕政を実質的に主導し、側用人「間部詮房」(まなべあきふさ)とともに「正徳の治」(しょうとくのち)を行なった政治家としても活躍しました。並みの儒学者では太刀打ちできない学識と理想を貫き通す信念を持ち、理想の政治を行なうためなら将軍にも屈しない「鬼のナンバー2」として幕政を牽引していました。日本医学の基礎を築いた天才「杉田玄白」(すぎたげんぱく)からも「生まれながらの天才」と絶賛された新井白石とは一体どんな人物だったのでしょうか。

新井白石 ~6代将軍徳川家宣の侍講~

本多正信 ~水魚の交わりと言われた徳川家康の参謀~

本多正信 ~水魚の交わりと言われた徳川家康の参謀~
徳川家康の三大好物と言われる「佐渡殿、鷹殿、お六殿」の佐渡殿とは、江戸幕府の老中で佐渡守の本多正信(ほんだまさのぶ)のこと。愛してやまない鷹狩や側室のお六の方(おろくのかた)に匹敵するほど、徳川家康にとって大切な存在「本多正信」とは?

本多正信 ~水魚の交わりと言われた徳川家康の参謀~

大石内蔵助 ~主君への忠義を貫いた武士~

大石内蔵助 ~主君への忠義を貫いた武士~
日本の師走の風物詩と言えば「忠臣蔵」。薄暗い夜明け前、雪が降り積もる江戸の町を行く揃いの半被…、この隊列を率いるのは赤穂藩のナンバー2、大石内蔵助。 主君の汚名を返上するために戦った家臣達の物語は、人形浄瑠璃や歌舞伎の題材にもなり、様々な脚色を加えられながら時代を超えて語り継がれています。

大石内蔵助 ~主君への忠義を貫いた武士~

直江兼続 ~上杉家を支えた知将~

直江兼続 ~上杉家を支えた知将~
最強のナンバー2と呼び声も高い「直江兼続」(なおえかねつぐ)。幼い頃から「上杉謙信」のもとで、兄弟のように育った「上杉景勝」(うえすぎかげかつ)とはまるで一心同体!?上杉景勝が「徳川家康」から謀反の疑いをかけられたときには、まるで自分のことにように怒ることもありました。

直江兼続 ~上杉家を支えた知将~

片倉小十郎景綱 ~伊達政宗の右目となった男~

片倉小十郎景綱 ~伊達政宗の右目となった男~
独眼竜・伊達政宗のために一生をささげた男、片倉小十郎景綱(かたくらこじゅうろうかげつな)。名参謀でありながら、ときには師のように、ときには父や兄のように、公私から伊達政宗を支え、豊臣秀吉や徳川家康も欲しがった人物です。

片倉小十郎景綱 ~伊達政宗の右目となった男~

注目ワード
注目ワード