歴史上の実力者

加藤清正 ~豊臣秀吉の子飼い武将~

文字サイズ

少年の頃から豊臣秀吉に仕え、実の親子のように深い絆を感じていた加藤清正。石田三成との不仲により「関ヶ原の戦い」以降、徳川家康の配下に入っても、豊臣家への忠義を生涯忘れることはありませんでした。

刀鍛冶の息子から豊臣秀吉の子飼いになった加藤清正

加藤清正が生まれたのは1562年(永禄5年)、6月24日。尾張の刀鍛冶、加藤清忠(かとうきよただ)の次男として生まれました。

加藤清正は3歳のときに父を亡くし、1573年(天正元年)頃から豊臣秀吉の小姓になったと言われています。もともと加藤清正と豊臣秀吉は縁戚関係にあり、加藤清正の母と豊臣秀吉の母の大政所(おおまんどころ)が従妹同士でした。

この頃の豊臣秀吉は、越前朝倉氏討伐で功を立て、近江の長浜城主になったばかり。以降、数々の戦に勝利し天下統一に向かって進んで行きます。

そんな最も勢いのある豊臣秀吉を間近に見てきた若き加藤清正にとって、25歳ほど歳の離れた豊臣秀吉はあこがれの対象、あるいは父のような存在だったかもしれません。

そして加藤清正は、豊臣秀吉と豊臣家のために生涯をささげるようになります。豊臣秀吉もまた、正室ねねとの間に子がなかったこともあり、加藤清正を我が子のように可愛がったと言います。

  • 豊臣秀吉

    豊臣秀吉

  • 加藤清正

    加藤清正

  • 歴史を動かした有名な戦国武将や戦い(合戦)をご紹介!

  • 豊臣秀吉のエピソードや、関連のある刀剣・日本刀をご紹介します。

  • 歴史を動かした有名な戦国武将や戦い(合戦)をご紹介!

  • 加藤清正のエピソードや、関連のある刀剣・日本刀をご紹介します。

「賤ヶ岳七本槍」と呼ばれた加藤清正

本能寺の変」を経て、明智光秀を討った「山崎の戦い」ののち、豊臣秀吉は天下統一に向けて突き進んで行きます。そんな豊臣秀吉の側近として加藤清正の名を有名にしたのは、1583年(天正11年)の「賤ヶ岳の戦い」(しずがたけのたたかい)です。豊臣秀吉と宿敵の柴田勝家が戦ったこの戦で、加藤清正は山路正国(やまじまさくに)を討ち取ります。

山路正国は柴田勝家の家臣で、柴田勝家の養子である柴田勝豊(しばたかつとよ)の代わりに柴田軍を率いていた人物。この功績により加藤清正は豊臣秀吉から3,000石を与えられ、福島正則や加藤嘉明らとともに賤ヶ岳の七本槍(しずがたけのしちほんやり)と呼ばれるようになりました。

しかし、福島正則が5,000石を与えられたことから、豊臣秀吉に不服申し立てをしたとのエピソードも残っているとか。

以降、「小牧・長久手の戦い」、「四国攻め」、「九州平定」などの戦で活躍するとともに、豊臣政権の財務も担当。九州平定後は肥後国の北19万5,000石を与えられ、隈本城(くまもとじょう:のちの熊本城)城主となりました。

肥後国は前任の佐々成政(さっさなりまさ)の失政により一揆が頻発し不安定な状態。豊臣秀吉はこれを治めるために腹心の加藤清正を抜擢したのです。武闘派として知られる加藤清正ですが、加藤清正には政治力もありました。

また、肥後国はのちに「秀吉の唐入り」(朝鮮出兵)と呼ばれる「文禄の役慶長の役」(ぶんろくのえき・けいちょうのえき)の際にも、重要な位置にあるため、加藤清正はその戦いでの活躍を期待されていたようです。

豊臣秀吉に虎肉の塩漬けを送る

1592年(文禄元年/天正20年)の文禄の役で、加藤清正は二番隊の主将として朝鮮に出兵します。ここでも加藤清正は、最前線で大活躍しました。そして合戦に築城に、加藤清正の力は大いに発揮されます。

漢城(現在のソウル)を攻略後、咸鏡道(ハムギョンド)を平定し、2人の朝鮮の王子を捕らえるという大戦果を挙げました。慶長の役では左軍の先鋒・小西行長(こにしゆきなが)に対し、加藤清正が右軍の先鋒を務めます。文禄の役の際に加藤清正自身が築城した西生浦倭城‎(ソセンポウェソン)を拠点として、全羅道(チョルラド)の道都全州を占領しました。そして加藤清正自身の縄張(城の設計)により、蔚山(ウルサン)に新たな城が築かれます。

このころ明・朝鮮では加藤清正が日本軍中最強の武将であるとして、蔚山を攻めて加藤清正を討ち取ることができれば日本全軍の士気を低下させられると考えられていました。そのため、蔚山倭城(ウルサンウェソン)は明・朝鮮の大軍に攻められますが、第一次(兵力5万7,000)、第二次(兵力10万)ともにこれを打ち破っています。加藤清正の戦闘指揮能力と築城能力の高さがうかがえます。

このときの加藤清正のエピソードとして有名なのは「虎退治」。当時、朝鮮半島には虎が生息していて、度々部隊を襲うことがありました。加藤清正は虎を見つけ出すと、喉元に槍を突き刺し、その肉を塩漬けにして豊臣秀吉に贈ったと言います。

虎の肉は補薬(ほやく:精力増強の薬)として珍重されていたようで、豊臣秀吉はこれをたいそう喜びました。そして、朝鮮にいる他の武将達もこれを真似て虎を捕えては豊臣秀吉に贈り、ご機嫌を取るようになったとか。あまりの量にさすがの豊臣秀吉も「しばらく虎は不要」とお達しを出したと言います。

歌舞伎や落語にもなった「地震加藤」の逸話

歌舞伎や落語の「地震加藤」は、加藤清正と豊臣秀吉の逸話を題材にしています。

文禄の役で加藤清正は、一番隊を率いていた小西行長(こにしゆきなが)や総奉行であった石田三成との関係が悪化します。

小西行長とは日本国内での領地が隣同士であり、もともと争っていたと言われています。加藤清正は日蓮宗、小西行長はキリシタンであったことも影響していると考えられます。

文禄の役では2人が一番乗りを争い結果、小西行長が加藤清正を出し抜きました。文禄の役の後半、明(当時の中国)が参戦すると戦況は不利になって行きました。

そして小西行長は明との講和を考えます。しかし戦争を継続しようとする加藤清正は邪魔な存在。そのため、加藤清正が明の国境を越えて満州まで独断で軍を進め、軍評定に参加しなかったことを豊臣秀吉に訴えたのです。総奉行の石田三成も戦を早く終わらせたかったため、これに同調します。

これが結果的に加藤清正を訴える片棒を担ぐことになりました。加藤清正は彼らに訴えられ、豊臣秀吉の怒りを買ってしまいます。そして帰国命令が下り蟄居(ちっきょ:自宅等に閉じ込め謹慎させる刑罰)となりました。

そんな時、豊臣秀吉のいる伏見を慶長伏見大地震(けいちょうふしみだいじしん)が襲いました。深夜でしたが、加藤清正は取る物も取りあえず伏見城に駆け付け、動けない豊臣秀吉をおんぶして助けだしたところ、豊臣秀吉は感激して謹慎を解いたと言われています。

豊臣秀吉の死後も豊臣家のために忠義を貫いた加藤清正

熊本城

熊本城

1598年(慶長3年)に豊臣秀吉が没すると「会津征伐」、「関ヶ原の戦い」が起こります。石田三成との確執が最悪な状態になっていた加藤清正は徳川家康の東軍に付きますが、豊臣家への忠誠心を捨てたわけではありませんでした。

黒田如水(くろだじょすい:黒田官兵衛)とともに出陣した加藤清正は小西行長や立花宗茂(たちばなむねしげ)ら、九州の西軍勢を次々と破り東軍の勝利に大きく貢献しました。そして加藤清正は論功行賞(ろんこうこうしょう:手柄に見合った恩賞)により小西行長の旧領、肥後南半国を与えられ52万石の大名になりました。

この肥後国内にあった豊臣氏3万石の蔵入地(直轄領)は、江戸幕府成立後も残されており、大坂城豊臣秀頼(とよとみひでより)の下に年貢を送り続けられていたという記録が残っています。

加藤清正は「築城の名手」としても知られ、加藤清正が改修した熊本城の本丸御殿には、壁やふすまに中国、漢の時代の悲劇の美女、王昭君(おうしょうくん)の物語が描かれた「昭君之間」(しょうくんのま)と呼ばれる部屋があります。

ひときわ立派なこの部屋は、実は昭君之間ではなく「将軍之間」(しょうぐんのま)で、豊臣秀吉の遺児である豊臣秀頼を匿うために用意されたものではないかという説があるのです。

ちなみに熊本城の本丸御殿は1877年(明治10年)の西南戦争で焼失していましたが、2008年(平成20年)に復元され一般に公開されました。しかし2016年(平成28年)の熊本地震で再び被災。現在、修復工事がすすめられています。

また、1611年(慶長16年)に徳川家康が豊臣秀頼に二条城での会見を求めた際は、この要求に躊躇する豊臣秀頼とその母の淀君に応じるよう、必死に説得しました。これを断れば豊臣家の存続が危ういことを、加藤清正は知っていたのでしょう。

会見の場では豊臣秀頼に何かあれば刺し違える覚悟で、豊臣秀頼の隣に寄り添いました。そして無事に会見を終え、大坂城まで豊臣秀頼を送り届けると、ほっとしたのか加藤清正は肥後へ帰国する途中で、病気により急逝してしまいます。

加藤清正は遺言や辞世の句などを遺しておらず、あまりにも突然な死には暗殺説もあります。二条城の会見で豊臣秀頼暗殺のために用意された毒饅頭を身代わりとなって食べた、または、豊臣家への忠義に厚い加藤清正自身が邪魔で毒殺されたなど。どちらも根強く提唱される説で、小説などの創作物でもよく取り上げられています。

このような説があるのも加藤清正の豊臣秀吉、豊臣家への忠誠心が並々ならぬものであったからこそではないでしょうか。

戦国の世を生き抜いた武将の合戦戦略について解説します。

  • 加藤清正と城
    加藤清正の生涯と、ゆかりのある城について紹介します。
  • 葛飾北斎
    天才と呼ばれた葛飾北斎の生涯や作品について、様々なエピソードをご紹介します。

加藤清正 ~豊臣秀吉の子飼い武将~

加藤清正 ~豊臣秀吉の子飼い武将~をSNSでシェアする

「歴史上の実力者」の記事を読む


高杉晋作 ~吉田松陰の愛弟子~

高杉晋作 ~吉田松陰の愛弟子~
久坂玄瑞(くさかげんずい)とともに「松下村塾の双璧」と呼ばれる吉田松陰(よしだしょういん)の愛弟子、高杉晋作(たかすぎしんさく)。尊王攘夷の志士として討幕を成し遂げた功績の影には、師の教えと、師をして「余の及ぶところではない」と言わしめた精識さがありました。

高杉晋作 ~吉田松陰の愛弟子~

坂本龍馬 ~勝海舟の1番弟子~

坂本龍馬 ~勝海舟の1番弟子~
幕末の志士、坂本龍馬が師とあおいだ勝海舟。勝海舟と出会うことによって世界の大きさを知った坂本龍馬は、1862年(文久2年)から1867年(慶応3年)までのわずか5年の間に、薩長同盟の締結や大政奉還に貢献し、亀山社中(海援隊)を組織。そして31歳の若さで散っていきました。

坂本龍馬 ~勝海舟の1番弟子~

小松帯刀 ~維新十傑のひとり~

小松帯刀 ~維新十傑のひとり~
「西郷隆盛」、「大久保利通」、「坂本龍馬」、「桂小五郎」らと並び、明治維新の十傑のひとりでありながら、表には出てこない陰の存在、「小松帯刀」(こまつたてわき)。幕末動乱期において「英明の君主」(英明とは、優れて賢いこと)と称された「島津斉彬」(しまづなりあきら)の死後、小松帯刀は若干27歳にして薩摩藩を背負って立ちます。そして「薩摩の小松、小松の薩摩」と言われるほど活躍し、幕末から明治維新にかけて薩摩藩の躍進を支えました。しかし、小松帯刀は明治維新後わずか3年、病によりこの世を去ります。もし生きていれば、西郷隆盛、大久保利通らを超える歴史的知名度があったと言っても過言ではない、有能すぎるナンバー2・小松帯刀を紹介します。

小松帯刀 ~維新十傑のひとり~

田沼意次 ~黒もまた真なり~

田沼意次 ~黒もまた真なり~
「賄賂政治家」と聞いて思い浮かべる歴史上の人物と言えば、この男、「田沼意次」(たぬまおきつぐ)ではないでしょうか。10代将軍「徳川家治」(とくがわいえはる)の右腕として活躍し、江戸の貨幣経済の礎を築いた人物です。田沼意次が行った改革には黒い部分もありますが、その経済観念に優れた政治手腕は、今日高く評価されています。

田沼意次 ~黒もまた真なり~

大岡越前守忠相 ~徳川吉宗を名君にした名奉行~

大岡越前守忠相 ~徳川吉宗を名君にした名奉行~
お白州(おしらす)で繰り広げられる「大岡裁き」は、テレビ時代劇ではお馴染み。数々の名俳優が演じ、天下の名裁きで視聴者を魅了する大岡越前守忠相(おおおかえちぜんのかみただすけ)は、実在した人物です。 名君・徳川吉宗(とくがわよしむね)の側近として、40歳という異例の若さで南町奉行に就任。そして8代将軍・徳川吉宗の治世、最大の出来事「享保の改革」では、徳川吉宗を支えたナンバー2として多大な功績を残しました。

大岡越前守忠相 ~徳川吉宗を名君にした名奉行~

新井白石 ~6代将軍徳川家宣の侍講~

新井白石 ~6代将軍徳川家宣の侍講~
徳川第6代将軍「徳川家宣」(とくがわいえのぶ)に仕えた江戸時代中期の朱子学者「新井白石」(あらいはくせき)。幕政を実質的に主導し、側用人「間部詮房」(まなべあきふさ)とともに「正徳の治」(しょうとくのち)を行なった政治家としても活躍しました。並みの儒学者では太刀打ちできない学識と理想を貫き通す信念を持ち、理想の政治を行なうためなら将軍にも屈しない「鬼のナンバー2」として幕政を牽引していました。日本医学の基礎を築いた天才「杉田玄白」(すぎたげんぱく)からも「生まれながらの天才」と絶賛された新井白石とは一体どんな人物だったのでしょうか。

新井白石 ~6代将軍徳川家宣の侍講~

本多正信 ~水魚の交わりと言われた徳川家康の参謀~

本多正信 ~水魚の交わりと言われた徳川家康の参謀~
徳川家康の三大好物と言われる「佐渡殿、鷹殿、お六殿」の佐渡殿とは、江戸幕府の老中で佐渡守の本多正信(ほんだまさのぶ)のこと。愛してやまない鷹狩や側室のお六の方(おろくのかた)に匹敵するほど、徳川家康にとって大切な存在「本多正信」とは?

本多正信 ~水魚の交わりと言われた徳川家康の参謀~

大石内蔵助 ~主君への忠義を貫いた武士~

大石内蔵助 ~主君への忠義を貫いた武士~
日本の師走の風物詩と言えば「忠臣蔵」。薄暗い夜明け前、雪が降り積もる江戸の町を行く揃いの半被…、この隊列を率いるのは赤穂藩のナンバー2、大石内蔵助。 主君の汚名を返上するために戦った家臣達の物語は、人形浄瑠璃や歌舞伎の題材にもなり、様々な脚色を加えられながら時代を超えて語り継がれています。

大石内蔵助 ~主君への忠義を貫いた武士~

直江兼続 ~上杉家を支えた知将~

直江兼続 ~上杉家を支えた知将~
最強のナンバー2と呼び声も高い「直江兼続」(なおえかねつぐ)。幼い頃から「上杉謙信」のもとで、兄弟のように育った「上杉景勝」(うえすぎかげかつ)とはまるで一心同体!?上杉景勝が「徳川家康」から謀反の疑いをかけられたときには、まるで自分のことにように怒ることもありました。

直江兼続 ~上杉家を支えた知将~

注目ワード
注目ワード