歴史上の実力者

島左近 ~石田三成の軍師~

文字サイズ

「島左近」(しまさこん)は石田三成配下のナンバー2で、「豊臣秀吉」が「治部少[じぶのしょう:石田三成]に過ぎたるものが2つあり、島の左近と佐和山の城」と羨んだほどの人物。義理と人情に厚く、融通のきかない石田三成の下でしばしば口惜しい思いをしつつも、けっして見限ることなく、軍師として参謀として石田三成を支え、関ヶ原に散っていきました。

石田三成に出会うまでの島左近

島左近

島左近

島左近」(しまさこん)の本名は「島清興」(しまきよおき)。

1540年(天文9年)、大和(現在の奈良県)の戦国武将、筒井氏に代々仕えた島氏の家系に生まれました。

のちに主君となる「石田三成」(いしだみつなり)は1560年(永禄3年)生まれですから、親子ほども年が離れていたことになります。

1577年(天正5年)の「信貴山城の戦い」(しぎさんじょうのたたかい)で「筒井順慶」(つついじゅんけい)が、宿敵である大和の戦国大名松永久秀」(まつながひさひで)を自害に追い込みます。

この筒井氏の勝利の背景には、島左近と「松倉重信」(まつくらしげのぶ)が「多聞城」(たもんじょう:現在の奈良県奈良市)に攻めようとした筒井順慶に、城を築きしばらく滞在し、「織田信長」に味方をして後詰をお願いするよう助言したというできごとがありました。

そののち、筒井順慶は織田信長の配下となります。この頃島左近は、「椿井城」(つばいじょう:現在の奈良県生駒郡)の主となり、「吐田城」(はんだじょう:現在の奈良県御所市)を接収するなど、内政面から筒井順慶を支えていたようです。

そののち、筒井順慶が亡くなり、甥の「筒井定次」(つついさだつぐ)が跡を継ぎますが、酒食におぼれ政治に身が入らないありさま。そんな筒井定次と島左近はあまり相性が良くなかったようで、「豊臣秀吉」の命により筒井氏が伊賀国(現在の三重県伊賀市)へ国替えすることになると、島左近は隠遁生活を送るようになります。

島左近は筒井家を去ったあとに、「蒲生氏郷」(がもううじさと)や豊臣秀吉の弟「豊臣秀長」(とよとみひでなが)、その息子「豊臣秀保」(とよとみひでやす)に仕えたと言われていますが長くは続かなかったようです。

  • 島左近のエピソードや、それに関係する人物、戦い(合戦)をご紹介します。
  • 蒲生氏郷のエピソードや、それに関係する人物、戦い(合戦)をご紹介します。
  • 豊臣秀吉のエピソードや、それに関係する人物、戦い(合戦)をご紹介します。
  • 織田信長のエピソードや、それに関係する人物、戦い(合戦)をご紹介します。
  • 豊臣秀吉のエピソードや、関連のある刀剣・日本刀をご紹介します。
  • 織田信長のエピソードや、関連のある刀剣・日本刀をご紹介します。
  • 松永久秀と刀のエピソードや、関連のある刀剣をご紹介!
  • 戦国武将
    歴史を動かした有名な戦国武将のエピソードや、それに関係する人物、戦い(合戦)をご紹介します。

三顧の礼にほだされた島左近

石田三成

石田三成

石田三成と島左近の出会った時期ははっきりしませんが、1586年(天正14年)頃と考えられています。

島左近の活躍は筒井氏のもとで世に轟き、主君のいなくなった島左近にスカウトの声が多数かかるようになりました。石田三成も島左近に声をかけたひとり。

しかしすでに40代後半になっていた島左近は、もう誰に仕える気もありませんでした。他のあらゆるオファーと同じように、石田三成からの申し出も断りましたが、石田三成は諦めませんでした。「三顧の礼」(さんこのれい:目上の者が格下の者のもとへ3度出向いてお願いをすること)をもって島左近のもとに出向き、自分の禄高40,000石の半分となる20,000石を提示し、口説き落とすことに成功したのです。

主君と家臣が同じ禄高なんて前代未聞のこと。しかも一介の浪人に20,000石など、破格を通り越した待遇でした。しかし、金や領地よりも義を重んずる島左近。実際に20,000石もの禄高を受け取ることはなかったのだとか。

豊臣秀吉は、石田三成が家来を得るために破格の禄を与えたと聞いて驚きますが、その家来が島左近だと知ると、「島左近ほどの男ならば当然」と納得。島左近に菊桐紋入りの羽織を与えたと言います。

そののち、島左近という有能な右腕を手に入れた石田三成は、190,000石となり「佐和山城」(現在の滋賀県)の主となります。そして、石田三成が島左近に加増しようとすると、「もう禄は十分だから代わりに下の人々に与えて下さい」と断ります。自分が褒美を貰うよりも、兵を雇って石田三成の軍を強くして欲しいと思ってのことだったのです。

島左近は軍師としてはもちろん、石田三成の参謀として年貢収納など内政でも力を発揮し、石田三成にとって欠かせない存在となっていきました。

薙刀 銘 丹波守吉道
薙刀 銘 丹波守吉道
丹波守吉道
鑑定区分
未鑑定
刃長
64.4
所蔵・伝来
石田三成→
佐竹家伝来→
刀剣ワールド財団
〔 東建コーポレーション 〕
  • 石田三成のエピソードや、それに関係する人物、戦い(合戦)をご紹介します。
  • 石田三成のエピソードや、関連のある刀剣・日本刀をご紹介します。

戦国武将「石田三成」 YouTube動画

戦国武将「石田三成」

徳川家康暗殺や夜襲を提案

徳川家康

徳川家康

1598年(慶長3年)に豊臣秀吉が没すると、豊臣政権の足元はにわかに揺らぎ始めます。

跡取りとなる「豊臣秀頼」(とよとみひでより)は、このときまだ6歳。急速に力を付ける「徳川家康」を脅威に感じた島左近は、たびたび徳川家康の暗殺計画を石田三成に提案しますが、石田三成はこれを却下しました。

石田三成もまた義を重んじる男。豊臣家のためという大義名分を掲げる徳川家康を、暗殺という狡猾な手段で討ち取ることに抵抗があったようです。

しかし、島左近が心配した通り事態は悪化。徳川家康に睨みを利かせていた「前田利家」(まえだとしいえ)が亡くなると、武断派の「加藤清正」(かとうきよまさ)や「福島正則」(ふくしままさのり)ら7将から石田三成が襲撃されかける事件が起きます。

島左近の献策で、石田三成は徳川家康の屋敷に逃げ込み九死に一生を得ますが、徳川家康は石田三成に身を引くよう諭しました。その結果、石田三成は佐和山城に蟄居することになり、「関ヶ原の戦い」へと突き進んでいきます。

関ヶ原の戦いの前日に起きた前哨戦「杭瀬川の戦い」(くいせがわのたたかい)で、島左近は奇襲攻撃をしかけて見事勝利します。勢いに乗った島左近は、さらに「島津義弘」(しまづよしひろ)、「小西行長」(こにしゆきなが)らと共に夜襲を計画しますが、またしても石田三成に却下され実行には至りませんでした。

  • 徳川家康のエピソードや、それに関係する人物、戦い(合戦)をご紹介します。
  • 豊臣秀頼のエピソードや、それに関係する人物、戦い(合戦)をご紹介します。
  • 前田利家のエピソードや、それに関係する人物、戦い(合戦)をご紹介します。
  • 加藤清正のエピソードや、それに関係する人物、戦い(合戦)をご紹介します。
  • 福島正則のエピソードや、それに関係する人物、戦い(合戦)をご紹介します。
  • 豊臣家の来歴をはじめ、ゆかりの武具などを紹介します。
  • 徳川家康のエピソードや、関連のある刀剣・日本刀をご紹介します。
  • 前田利家のエピソードや、関連のある刀剣・日本刀をご紹介します。
  • 加藤清正のエピソードや、関連のある刀剣・日本刀をご紹介します。

忠義のために徳川家康のスカウトを断る

島左近の有能ぶりは徳川家康の耳にも届き、関ヶ原の戦いの前には島左近を西軍に引き入れるべく、重臣の「柳生宗矩」(やぎゅうむねのり)を派遣したと言われています。

柳生宗矩の甥「柳生利厳」(やぎゅうとしとし/やぎゅうとしよし)と島左近の娘「珠」は婚姻関係にあり、柳生宗矩と島左近は気心の知れた仲。島左近は柳生宗矩に「殿[石田三成]は決断が遅くてね」とこぼしつつ「それでも裏切れないのだ」と徳川家康の誘いを断ったと言います。

この島左近と柳生宗矩との縁のおかげで、関ヶ原の戦いのあと、石田三成の庶子である「石田宗信」(いしだむねのぶ)は柳生家に保護され、生き延びることができたのです。

義を貫いた島左近の死

徳川家康を討つチャンスを2度潰されても、石田三成との関係が悪化して加藤清正や福島正則が徳川家康側に寝返っても、島左近は石田三成への忠義を貫き、勇敢に関ヶ原の戦いを戦いました。

戦開始直後は西軍有利。島左近も自ら陣頭に立って戦っていました。そののち、「小早川秀秋」(こばやかわひであき)の裏切りで西軍の敗北が決定的になると、島左近は西軍の「黒田長政」(くろだながまさ)軍に捨て身で突撃し、銃撃を浴びて討ち死にしました。島左近の人生は61歳で幕を閉じたのです。

その鬼気迫る姿は正視に耐えない恐ろしさだったことから、対峙した東軍の兵士達の記憶に残る島左近の姿は、人によってまったく違っていたと言います。また、島左近の強烈な姿が目に焼き付いて、時が経っても悪夢にうなされる者もいたとか。

やがて島左近は「鬼の左近」「鬼神をも欺く勇将」「日本第一の勇猛」と讃えられるようになります。歴史上の人気者には生存説が生み出されることがよくありますが、島左近もまた、関ヶ原の戦いで遺体が見付からなかったことから、様々な生存説が存在しています。多数ある生存説の一部をご紹介します。

  • 関ヶ原の戦いのあとに京都での目撃情報が相次いだため、京都に落ちのびて「立本寺」(りゅうほんじ:現在の京都市上京区)の僧として生き、関ヶ原の戦いから32年後の1632年(寛永9年)に死去したという説。
  • 関ヶ原の戦いで戦線離脱し、鎌倉の「光明寺」(こうみょうじ)で出家して「泰岩和尚」(たいがんおしょう)となり、「細川忠興」(ほそかわただおき)に仕え、小倉に「知足寺」(ちそくじ)を建立したという説。
  • 滋賀県の奥川並(おくこうなみ)というところに逃れて潜伏していたという説。
  • 静岡県在住の島左近の末裔によると、「島金八」と名を変えて静岡県浜松市で百姓暮らしをしたという説。

戦国武将らしく己の信念にしたがい、乱世を駆け抜けた島左近の死の真相は、謎に包まれています。

  • 黒田長政のエピソードや、それに関係する人物、戦い(合戦)をご紹介します。
  • 小早川秀秋のエピソードや、それに関係する人物、戦い(合戦)をご紹介します。
  • 細川忠興のエピソードや、それに関係する人物、戦い(合戦)をご紹介します。
  • 小早川秀秋のエピソードや、関連のある刀剣・日本刀をご紹介します。
  • 歴史上の人物が活躍した関ヶ原の戦いをご紹介!
  • 武将達が戦った関ヶ原の戦いの古戦場をご紹介!
  • 合戦の街 関ヶ原
    「関ヶ原の戦い」の経緯や結末、関ヶ原の現在についてご紹介します。
  • 岐阜関ケ原古戦場記念館がオープン!
    決戦の地「関ヶ原」ならではの体験型記念館「岐阜関ケ原古戦場記念館」をご紹介します。

島左近 ~石田三成の軍師~

島左近 ~石田三成の軍師~をSNSでシェアする

「歴史上の実力者」の記事を読む


高杉晋作 ~吉田松陰の愛弟子~

高杉晋作 ~吉田松陰の愛弟子~
久坂玄瑞(くさかげんずい)とともに「松下村塾の双璧」と呼ばれる吉田松陰(よしだしょういん)の愛弟子、高杉晋作(たかすぎしんさく)。尊王攘夷の志士として討幕を成し遂げた功績の影には、師の教えと、師をして「余の及ぶところではない」と言わしめた精識さがありました。

高杉晋作 ~吉田松陰の愛弟子~

坂本龍馬 ~勝海舟の1番弟子~

坂本龍馬 ~勝海舟の1番弟子~
幕末の志士、坂本龍馬が師とあおいだ勝海舟。勝海舟と出会うことによって世界の大きさを知った坂本龍馬は、1862年(文久2年)から1867年(慶応3年)までのわずか5年の間に、薩長同盟の締結や大政奉還に貢献し、亀山社中(海援隊)を組織。そして31歳の若さで散っていきました。

坂本龍馬 ~勝海舟の1番弟子~

小松帯刀 ~維新十傑のひとり~

小松帯刀 ~維新十傑のひとり~
「西郷隆盛」、「大久保利通」、「坂本龍馬」、「桂小五郎」らと並び、明治維新の十傑のひとりでありながら、表には出てこない陰の存在、「小松帯刀」(こまつたてわき)。幕末動乱期において「英明の君主」(英明とは、優れて賢いこと)と称された「島津斉彬」(しまづなりあきら)の死後、小松帯刀は若干27歳にして薩摩藩を背負って立ちます。そして「薩摩の小松、小松の薩摩」と言われるほど活躍し、幕末から明治維新にかけて薩摩藩の躍進を支えました。しかし、小松帯刀は明治維新後わずか3年、病によりこの世を去ります。もし生きていれば、西郷隆盛、大久保利通らを超える歴史的知名度があったと言っても過言ではない、有能すぎるナンバー2・小松帯刀を紹介します。

小松帯刀 ~維新十傑のひとり~

田沼意次 ~黒もまた真なり~

田沼意次 ~黒もまた真なり~
「賄賂政治家」と聞いて思い浮かべる歴史上の人物と言えば、この男、「田沼意次」(たぬまおきつぐ)ではないでしょうか。10代将軍「徳川家治」(とくがわいえはる)の右腕として活躍し、江戸の貨幣経済の礎を築いた人物です。田沼意次が行った改革には黒い部分もありますが、その経済観念に優れた政治手腕は、今日高く評価されています。

田沼意次 ~黒もまた真なり~

大岡越前守忠相 ~徳川吉宗を名君にした名奉行~

大岡越前守忠相 ~徳川吉宗を名君にした名奉行~
お白州(おしらす)で繰り広げられる「大岡裁き」は、テレビ時代劇ではお馴染み。数々の名俳優が演じ、天下の名裁きで視聴者を魅了する大岡越前守忠相(おおおかえちぜんのかみただすけ)は、実在した人物です。 名君・徳川吉宗(とくがわよしむね)の側近として、40歳という異例の若さで南町奉行に就任。そして8代将軍・徳川吉宗の治世、最大の出来事「享保の改革」では、徳川吉宗を支えたナンバー2として多大な功績を残しました。

大岡越前守忠相 ~徳川吉宗を名君にした名奉行~

新井白石 ~6代将軍徳川家宣の侍講~

新井白石 ~6代将軍徳川家宣の侍講~
徳川第6代将軍「徳川家宣」(とくがわいえのぶ)に仕えた江戸時代中期の朱子学者「新井白石」(あらいはくせき)。幕政を実質的に主導し、側用人「間部詮房」(まなべあきふさ)とともに「正徳の治」(しょうとくのち)を行なった政治家としても活躍しました。並みの儒学者では太刀打ちできない学識と理想を貫き通す信念を持ち、理想の政治を行なうためなら将軍にも屈しない「鬼のナンバー2」として幕政を牽引していました。日本医学の基礎を築いた天才「杉田玄白」(すぎたげんぱく)からも「生まれながらの天才」と絶賛された新井白石とは一体どんな人物だったのでしょうか。

新井白石 ~6代将軍徳川家宣の侍講~

本多正信 ~水魚の交わりと言われた徳川家康の参謀~

本多正信 ~水魚の交わりと言われた徳川家康の参謀~
徳川家康の三大好物と言われる「佐渡殿、鷹殿、お六殿」の佐渡殿とは、江戸幕府の老中で佐渡守の本多正信(ほんだまさのぶ)のこと。愛してやまない鷹狩や側室のお六の方(おろくのかた)に匹敵するほど、徳川家康にとって大切な存在「本多正信」とは?

本多正信 ~水魚の交わりと言われた徳川家康の参謀~

大石内蔵助 ~主君への忠義を貫いた武士~

大石内蔵助 ~主君への忠義を貫いた武士~
日本の師走の風物詩と言えば「忠臣蔵」。薄暗い夜明け前、雪が降り積もる江戸の町を行く揃いの半被…、この隊列を率いるのは赤穂藩のナンバー2、大石内蔵助。 主君の汚名を返上するために戦った家臣達の物語は、人形浄瑠璃や歌舞伎の題材にもなり、様々な脚色を加えられながら時代を超えて語り継がれています。

大石内蔵助 ~主君への忠義を貫いた武士~

直江兼続 ~上杉家を支えた知将~

直江兼続 ~上杉家を支えた知将~
最強のナンバー2と呼び声も高い「直江兼続」(なおえかねつぐ)。幼い頃から「上杉謙信」のもとで、兄弟のように育った「上杉景勝」(うえすぎかげかつ)とはまるで一心同体!?上杉景勝が「徳川家康」から謀反の疑いをかけられたときには、まるで自分のことにように怒ることもありました。

直江兼続 ~上杉家を支えた知将~

注目ワード
注目ワード