歴史上の実力者

楠木正成 ~後醍醐天皇の忠臣~

文字サイズ

日本の歴史上屈指の忠臣として名高い楠木正成(くすのきまさしげ)。鎌倉幕府討伐から南北朝時代突入までの激動の時代を、後醍醐天皇に寄り添いサポートし続けた楠木正成の生き様は、「忠臣蔵」の物語と混ざり合い、歌舞伎や浄瑠璃となって現在も人々に語り継がれています。

悪党!楠木正成

楠木正成の前半生は、実はよく判っていませんが、河内・和泉(現在の近畿地方)を本拠地とする「悪党」であったと言われています。

悪党と言うと犯罪者など、悪事をはたらく者というイメージがありますが、ここで言う悪党とは朝廷や幕府の支配下にない人々を指します。

そんな楠木正成がなぜ、後醍醐天皇の家臣になったのでしょうか?

後醍醐天皇、夢のお告げで楠木正成を家臣にする

楠木正成

楠木正成

楠木正成と後醍醐天皇との出会いについては、「太平記」に記された夢のお告げに関する逸話が有名です。

鎌倉時代後期、朝廷は持明院統(じみょういんとう)と大覚寺統(だいかくじとう)との間で皇位を巡るいざこざが絶えませんでした。

自らの子孫による天皇親政を目指す後醍醐天皇は、鎌倉幕府を打倒すべく、1331年(元弘元年)に「元弘の乱」(げんこうのらん)を起こしたのです。

しかし戦況は芳しくなく、笠置山(かさぎやま)に籠城。心細い日々を送っていたある日のこと、後醍醐天皇は夢を見ました。

広い庭の宴席で自分の席を探していると、上座が空いていた。すると美しい童子が現れて、「南に枝を伸ばした大きな木の下にある上座があなたの席です」と言う。目を覚ました後醍醐天皇は、「木」に「南」で「楠」という文字になることに気付き、楠という者を頼るべしという神のお告げに違いないと該当者を探させたところ、該当する者は楠木正成ただひとりだった。

笠置山に参内した楠木正成は「弓矢取る身の面目、これに過ぎるものはありません。」(武人としてこれほど名誉なことはない)と快諾しました。「戦いに敗れてもこの正成さえ生きていれば、必ずご運は開けるでしょう」と後醍醐天皇に忠誠を誓ったと言われています。そして楠木正成は赤坂城で挙兵しました。

楠木正成の活躍

笠置山での戦いは圧倒的に兵力が劣るものの、笠置山という天然の要害に守られた後醍醐天皇側が幕府軍を相手に善戦していました。

しかし、ある暴風雨の夜、幕府側の火計(山への放火)により、後醍醐天皇側は総崩れとなり、笠置山は陥落。後醍醐天皇とその側近は幕府軍に捕らえられてしまいましたが、後醍醐天皇の第三皇子である護良親王(もりよししんのう)は落ち延びて、楠木正成が挙兵した赤坂城に逃げ込みました。

赤坂城は幕府側の大軍に攻められますが、楠木正成の活躍により善戦します。太平記によれば、城外に伏せた伏兵との連携で幕府軍を挟み撃ちにしたり、塀を乗り越えようとしたりする幕府軍に「釣塀の罠」(塀が二重になっており、外側の塀は縄で支えられている。そして敵が塀を乗り越えようと、外側の塀に手を掛けたときに縄を切り落として、敵諸とも落下させる。)で大打撃を与え、それでも城に侵入しようとする幕府軍に熱湯を浴びせるなどして、何度も幕府軍を撃退しました。

そして、楠木正成と護良親王らは20日間ほど赤坂城に籠城し、兵糧が少なくなると、赤坂城を放棄して落ち延びました。

菊水紋が示す楠木正成の忠義

菊水紋

菊水紋

楠木正成が用いた菊水紋という家紋にも、後醍醐天皇への忠義が反映されています。

後醍醐天皇は元弘の乱に敗れて幕府軍に捕らえられたあと、隠岐に流罪となっていましたが、楠木正成は赤坂城を放棄・撤退したあと、改めて赤坂城を奪還し一大勢力を築きました。

そして、楠木正成は1333年(元弘3年/正慶2年)の「千早城の戦い」(ちはやじょうのたたかい)でも奮戦し大活躍します。

この奮戦に触発され、各地で反幕府勢力が挙兵、六波羅探題(ろくはらたんだい:幕府が六波羅に設置した京都[天皇]を監視する機関)が足利高氏(あしかがたかうじ:のちの足利尊氏)によって攻め落とされました。これにより千早城の幕府軍は撤退。楠木正成は千早城の戦いに勝利します。

最終的に鎌倉幕府は新田義貞(にったよしさだ)によって滅ぼされましたが、楠木正成の奮戦が討幕に大きく貢献したことは間違いありません。

そして後醍醐天皇は再び皇位に返り咲き、悲願の「建武の新政」を開始しました。

この功績により後醍醐天皇は楠木正成に菊花紋(きくかもん)を下賜しました。しかし、楠木正成は天皇と同じ紋は畏れ多いと、菊花紋の下半分に流れる水をあしらった菊水紋(きくすいもん)を用いるようになったと言います。

武将の家紋一覧検索武将の家紋一覧検索
菊水紋の他、有名武将や偉人、「主な江戸100藩(家紋イラスト)」に掲載している各藩(最終藩主)が使用していた家紋を一覧で掲載しております。

死ぬ間際まで主君を裏切らなかった楠木正成

建武の新政が始まり、ようやく世の中も安定するかと思われたのも束の間。天皇や貴族を優遇する後醍醐天皇の政治に不満を持った足利尊氏が反旗を翻しました。

知略に優れた楠木正成は足利尊氏を高く評価し、後醍醐天皇に足利尊氏と手を組むように進言したが受け入れられず、戦に突入してしまったのです。

楠木正成は正面からまともにぶつかれば負け戦になると察し、後醍醐天皇に、一旦を出て比叡山に隠れ、足利尊氏軍が入京したところで包囲し、兵糧攻めするよう提言しました。しかしメンツを気にした後醍醐天皇は、またしてもこれを却下してしまったのです。

それでも楠木正成は後醍醐天皇に従って負け戦覚悟で「湊川の戦い」を戦いました。そして「七生滅賊」(しちしょうめつぞく)、何度生まれ変わっても、天皇のために国賊を倒すことを誓って自害したと言われています。

楠木正成亡きあと、勝利した足利尊氏は後醍醐天皇から三種の神器を取り上げ、光明天皇を擁立して室町幕府を開府。一方、後醍醐天皇は渡した三種の神器はニセモノであると主張して吉野に朝廷を開き、混乱の南北朝時代へと突入していったのです。

しかし、南朝の初代天皇となって間もなく病に倒れ、自身の皇子の義良親王(のりよししんのう、のちの後村上天皇)に譲位し、その翌日に崩御しました。

後世に語り継がれる楠木正成の忠義

後醍醐天皇の度重なる判断ミスにもかかわらず、最期まで主君を裏切らなかった楠木正成。その美談は、時代を経ても語り継がれ、時流に応じて様々な解釈がされてきました。

大石内蔵助は楠木正成の生まれ変わり?

大石内蔵助

大石内蔵助

江戸時代になって「赤穂事件」(あこうじけん)が起きると、人々は主君のために討ち入りした大石内蔵助(おおいしくらのすけ)に、楠木正成の姿を重ね、「大石内蔵助は楠木正成の生まれ変わりでは?」と囁きました。

実は吉良上野介は足利一族の末裔であり、大石内蔵助が足利の血を断絶させたことも、この生まれ変わり説に説得力を与えたようです。

歌舞伎や浄瑠璃でお馴染みの「仮名手本忠臣蔵」は、赤穂事件をモチーフにしていますが、江戸城内で起きた事件をそのまま取り上げることはできなかったため、時代設定を南北朝時代に移し、登場人物は以下のように置き換えられました。

大石内蔵助⇒楠木正成をモデルにした大星由良之助(おおぼしゆらのすけ)
吉良上野介⇒足利尊氏の右腕として活躍した高師直(こうのもろなお)

戦意高揚に利用された楠木正成の忠義心

昭和になって太平洋戦争が始まると、楠木正成の忠義は戦意高揚にも利用され、楠木正成が最期に誓った言葉「七生滅賊」は、何度生まれ変わっても国のために戦うという意味の「七生報国」(しちしょうほうこく)と言い換えられました。

敗戦色が強まるなか沖縄周辺で繰り広げられた特攻作戦は、楠木正成の家紋にちなんで「菊水作戦」と名付けられ、多くの特攻隊員が七生報国をスローガンに死んでいきました。

<菊水作戦とは>
1945年(昭和20年)、米軍を始めとした連合国軍の沖縄攻撃に対して、日本帝国海軍航空部隊が行なった特別攻撃作戦。4月6日の菊水一号作戦に始まり、6月22日の菊水十号作戦に至るまで、特攻で2,000人が戦死しました。また、これに呼応して陸軍航空部隊も特攻を実施し、約1,000人が戦死したのです。

刀剣写真・日本刀画像刀剣写真・日本刀画像
銘に菊水紋が彫られた軍刀「菊水刀」の他、日本刀を種別にてご覧頂けます。

楠木正成 ~後醍醐天皇の忠臣~

楠木正成 ~後醍醐天皇の忠臣~をSNSでシェアする

「歴史上の実力者」の記事を読む


高杉晋作 ~吉田松陰の愛弟子~

高杉晋作 ~吉田松陰の愛弟子~
久坂玄瑞(くさかげんずい)とともに「松下村塾の双璧」と呼ばれる吉田松陰(よしだしょういん)の愛弟子、高杉晋作(たかすぎしんさく)。尊王攘夷の志士として討幕を成し遂げた功績の影には、師の教えと、師をして「余の及ぶところではない」と言わしめた精識さがありました。

高杉晋作 ~吉田松陰の愛弟子~

坂本龍馬 ~勝海舟の1番弟子~

坂本龍馬 ~勝海舟の1番弟子~
幕末の志士、坂本龍馬が師とあおいだ勝海舟。勝海舟と出会うことによって世界の大きさを知った坂本龍馬は、1862年(文久2年)から1867年(慶応3年)までのわずか5年の間に、薩長同盟の締結や大政奉還に貢献し、亀山社中(海援隊)を組織。そして31歳の若さで散っていきました。

坂本龍馬 ~勝海舟の1番弟子~

小松帯刀 ~維新十傑のひとり~

小松帯刀 ~維新十傑のひとり~
「西郷隆盛」、「大久保利通」、「坂本龍馬」、「桂小五郎」らと並び、明治維新の十傑のひとりでありながら、表には出てこない陰の存在、「小松帯刀」(こまつたてわき)。幕末動乱期において「英明の君主」(英明とは、優れて賢いこと)と称された「島津斉彬」(しまづなりあきら)の死後、小松帯刀は若干27歳にして薩摩藩を背負って立ちます。そして「薩摩の小松、小松の薩摩」と言われるほど活躍し、幕末から明治維新にかけて薩摩藩の躍進を支えました。しかし、小松帯刀は明治維新後わずか3年、病によりこの世を去ります。もし生きていれば、西郷隆盛、大久保利通らを超える歴史的知名度があったと言っても過言ではない、有能すぎるナンバー2・小松帯刀を紹介します。

小松帯刀 ~維新十傑のひとり~

田沼意次 ~黒もまた真なり~

田沼意次 ~黒もまた真なり~
「賄賂政治家」と聞いて思い浮かべる歴史上の人物と言えば、この男、「田沼意次」(たぬまおきつぐ)ではないでしょうか。10代将軍「徳川家治」(とくがわいえはる)の右腕として活躍し、江戸の貨幣経済の礎を築いた人物です。田沼意次が行った改革には黒い部分もありますが、その経済観念に優れた政治手腕は、今日高く評価されています。

田沼意次 ~黒もまた真なり~

大岡越前守忠相 ~徳川吉宗を名君にした名奉行~

大岡越前守忠相 ~徳川吉宗を名君にした名奉行~
お白州(おしらす)で繰り広げられる「大岡裁き」は、テレビ時代劇ではお馴染み。数々の名俳優が演じ、天下の名裁きで視聴者を魅了する大岡越前守忠相(おおおかえちぜんのかみただすけ)は、実在した人物です。 名君・徳川吉宗(とくがわよしむね)の側近として、40歳という異例の若さで南町奉行に就任。そして8代将軍・徳川吉宗の治世、最大の出来事「享保の改革」では、徳川吉宗を支えたナンバー2として多大な功績を残しました。

大岡越前守忠相 ~徳川吉宗を名君にした名奉行~

本多正信 ~水魚の交わりと言われた徳川家康の参謀~

本多正信 ~水魚の交わりと言われた徳川家康の参謀~
徳川家康の三大好物と言われる「佐渡殿、鷹殿、お六殿」の佐渡殿とは、江戸幕府の老中で佐渡守の本多正信(ほんだまさのぶ)のこと。愛してやまない鷹狩や側室のお六の方(おろくのかた)に匹敵するほど、徳川家康にとって大切な存在「本多正信」とは?

本多正信 ~水魚の交わりと言われた徳川家康の参謀~

新井白石 ~6代将軍徳川家宣の侍講~

新井白石 ~6代将軍徳川家宣の侍講~
徳川第6代将軍「徳川家宣」(とくがわいえのぶ)に仕えた江戸時代中期の朱子学者「新井白石」(あらいはくせき)。幕政を実質的に主導し、側用人「間部詮房」(まなべあきふさ)とともに「正徳の治」(しょうとくのち)を行なった政治家としても活躍しました。並みの儒学者では太刀打ちできない学識と理想を貫き通す信念を持ち、理想の政治を行なうためなら将軍にも屈しない「鬼のナンバー2」として幕政を牽引していました。日本医学の基礎を築いた天才「杉田玄白」(すぎたげんぱく)からも「生まれながらの天才」と絶賛された新井白石とは一体どんな人物だったのでしょうか。

新井白石 ~6代将軍徳川家宣の侍講~

大石内蔵助 ~主君への忠義を貫いた武士~

大石内蔵助 ~主君への忠義を貫いた武士~
日本の師走の風物詩と言えば「忠臣蔵」。薄暗い夜明け前、雪が降り積もる江戸の町を行く揃いの半被…、この隊列を率いるのは赤穂藩のナンバー2、大石内蔵助。 主君の汚名を返上するために戦った家臣達の物語は、人形浄瑠璃や歌舞伎の題材にもなり、様々な脚色を加えられながら時代を超えて語り継がれています。

大石内蔵助 ~主君への忠義を貫いた武士~

直江兼続 ~上杉家を支えた知将~

直江兼続 ~上杉家を支えた知将~
最強のナンバー2と呼び声も高い「直江兼続」(なおえかねつぐ)。幼い頃から「上杉謙信」のもとで、兄弟のように育った「上杉景勝」(うえすぎかげかつ)とはまるで一心同体!?上杉景勝が「徳川家康」から謀反の疑いをかけられたときには、まるで自分のことにように怒ることもありました。

直江兼続 ~上杉家を支えた知将~

注目ワード
注目ワード