歴史上の実力者

聖徳太子 ~推古天皇の摂政で、有能な甥~

文字サイズ

日本初の女性天皇、推古天皇のもとで数々の偉業をなしとげた聖徳太子(しょうとくたいし)。10人の声を同時に聞き分けるなどの超人的な伝説も多く、かつては1万円札の肖像にも選ばれた日本史上屈指のスーパースターですが、最近はその存在さえ否定されることもあります。主君である推古天皇との関係からその実像に迫ります。

推古天皇と聖徳太子との複雑な血縁関係

聖徳太子/厩戸皇子

聖徳太子/厩戸皇子

女性天皇として知られる推古天皇(すいこてんのう)は、554年(欽明天皇15年)生まれ。父は第29代欽明天皇(きんめいてんのう)、母は蘇我馬子(そがのうまこ)の姉の蘇我堅塩媛(そがのきたしひめ)です。

推古天皇は、蘇我氏が天皇と娘を結婚させることにより、権力の拡大を図るための政略結婚で誕生した皇女のひとりです。天皇になる前は炊屋姫(かしきやひめ)と呼ばれていました。

のちに夫となる第30代敏達天皇(びだつてんのう)は欽明天皇の皇子で、推古天皇にとっては異母兄でもあります。そして推古天皇は、敏達天皇との間に竹田皇子(たけだのみこ)をはじめ、5人の子をもうけました。

一方、聖徳太子(しょうとくたいし)は574年(敏達天皇3年)生まれ。父は推古天皇の同母兄にあたる第31代用明天皇(ようめいてんのう)。母は欽明天皇の娘で、推古天皇とは異母姉妹にあたる穴穂部間人皇女(あなほべのはしひとのひめみこ)。つまり聖徳太子の両親は異母兄弟であり、推古天皇は母方・父方両方の叔母。2人の間には濃い血縁関係がありました。

推古天皇が女性初の天皇になったわけ

推古天皇が女性初の天皇になった経緯については明らかになっていませんが、中継ぎ説が有力とされています。

585年(敏達天皇14年)、推古天皇が31歳のとき夫の第30代敏達天皇が崩御すると、第31代用明天皇が即位しますが、わずか2年で亡くなってしまいます。

蘇我氏と物部氏の対立

蘇我氏と物部氏の対立

すると当時、朝廷に影響力のあった豪族の蘇我氏と物部氏(もののべし)が、皇位継承を巡って激しく対立。蘇我馬子は物部氏が推す穴穂部皇子(あなほべのおうじ)を殺害し、自らが推す泊瀬部皇子(はつせべのおうじ)を第32代崇峻天皇(すしゅんてんのう)として即位させました。

しかし、崇峻天皇の在位もわずか5年で幕を閉じることになります。即位した崇峻天皇は政治を牛耳る蘇我氏の存在を、やがて疎ましく思うようになったのです。

ある日、献上されたイノシシを前に「いつかこのイノシシのように、嫌いな者の首を斬りたいものだ」とつぶやいた崇峻天皇。これを聞きつけた蘇我馬子は自分の立場が危ういことを察し、崇峻天皇を暗殺してしまったのです。

こうなると難しくなるのが第33代天皇の人選。皇位継承権のある男子は、敏達天皇の第一皇子である押坂彦人大兄皇子(おしさかのひこひとのおおえのみこ)や聖徳太子らがいましたが、誰が即位しても容易にまとまる状況ではありませんでした。そこで、朝廷での発言権があり、蘇我氏とも縁戚関係にある推古天皇に白羽の矢が立ったと考えられています。

一方で推古天皇も、将来は竹田皇子を天皇にしたいと考えていました。そこで、竹田皇子が成長するまでの中継ぎの天皇として即位することになったのです。しかし竹田皇子は、推古天皇の即位前後に亡くなってしまいました。

推古天皇と聖徳太子が行なった政治

四天王寺

四天王寺

推古天皇は聡明な女性だったと言われ、即位すると聖徳太子を摂政に取り立てました。推古天皇も、蘇我馬子の専横を快く思っていなかったのです。しかし蘇我馬子の協力がなければ国を治めることができないことも知っていました。

この人事には、蘇我氏との勢力バランスを保ちながら、天皇中心の中央集権国家を目指そうという意図があったようです。そして蘇我馬子と聖徳太子の二頭政治(最高権力者が2人いる政治形態)が始まりました。

聖徳太子もこの期待に応え、摂政として実権を握ると、遣隋使(けんずいし)を派遣して中国のすすんだ文化を積極的に取り入れ、603年(推古天皇11年)に「冠位十二階」を、翌604年に(推古天皇12年)「十七条憲法」を制定。聖徳太子は、天皇中心の国際国家を目指した政治を行ないました。

また仏教を奨励し、大阪四天王寺奈良法隆寺を建立したことでも知られています。

国際的な独立国家を目指した遣隋使派遣

聖徳太子は2つの目的を持って、先進国である「隋」(ずい:当時の中国)へ使者を派遣しました。

ひとつは、優れた文化や学問を学ぶこと。もうひとつは、途絶えていた中国との対等な立場での国交を再開することです。

2回目の派遣の際、聖徳太子が隋の皇帝「煬帝」(ようだい)に宛てた国書の「日出る処の天子、書を、日没する処の天子に致す。恙なきや。」(日の昇る国の天子から日が沈む国の天子に手紙を送ります。お変わりありませんか。)という書き出しを読んだ煬帝が激怒したというエピソードは有名です。

隋を「日が沈む国」と表現したことに怒った、日本の天皇が「天子」を名乗ったことに怒ったなど様々な解釈がありますが、この国書を運んだ遣隋使の小野妹子(おののいもこ)は、処刑されることなく国賓としてもてなされ帰国しています。

これは隋が高句麗(こうくり:当時の朝鮮半島北部)との戦争に苦戦しており、これ以上敵を作るわけにいかないという当時の国際情勢を知っていた聖徳太子の作戦であり、この国書により、日本は中国と対等の国であると認めさせることに成功しました。

日本初の人事評価システム「冠位十二階」

天皇のもとで働く臣下を12の階級に分けて、それぞれの位に応じて色の異なる冠を授けるという日本初の人事評価制度「冠位十二階」。

儒教の徳目である、五常の仁・礼・信・義・智から取り、大徳・小徳・大仁・小仁・大礼・小礼・大信・小信・大義・小義・大智・小智の冠位に分けられました。「徳」は五常をあわせたものとして、最上位とされています。

この制度の導入によって、貴族の出身でなくとも有能であれば登用され、昇進のチャンスも与えられるようになりました。

「冠位」という用語は日本独自のものであると言われていますが、中国をはじめ、高句麗(こうくり)や新羅(しらぎ)、百済(くだら)といった国々ではすでに似たような人事制度があったため、外交上、日本も諸外国に負けない制度の整った国であることを示す効果もあったと言います。

ちなみに、前出の小野妹子は隋から帰国したあと、「大礼」から最上位の「大徳」に昇進しています。

「十七条憲法」

十七条憲法は、憲法と言っても国民のためのものではなく、貴族や官僚に向けて道徳的な規範や心構えを説いた条文です。言わば、官人の心得です。

例えば第一条は「以和為貴、無忤為宗」(和をもって貴きとなし、さからうこと無きを宗とせよ)と始まります。

第一条 : 人と争わずに和を大切にしなさい。
第二条 : 三宝(釈迦・教義・僧侶)を深く尊敬し、尊び、礼を尽くしなさい。
第三条 : 天皇の命令は反論せず、畏まって聞きなさい。
第四条 : 役人達はつねに礼儀正しくしなさい。
第五条 : 道に外れた心を捨てて、公平な態度で裁きを行ないなさい。
第六条 : 悪いことはこらしめ、良いことはどんどん行ないなさい。
第七条 : 仕事はその役目が得意な人にさせなさい。
第八条 : 役人はサボることなく早朝から夜遅くまで一生懸命働きなさい。
第九条 : お互いを疑うことなく信じ合いなさい。
第十条 : 他人と意見が異なっても腹を立てないようにしなさい。
第十一条 : 優れた働きや成果、または過ちを明確にして、必ず賞罰を与えなさい。
第十二条 : 役人は勝手に民衆から税を取ってはいけません。
第十三条 : 役人は自分だけではなく、他の役人の仕事も知っておきなさい。
第十四条 : 役人は嫉妬の心をお互いにもってはいけません。
第十五条 : 国のことを大事にし、私利私欲に走ってはいけません。
第十六条 : 民衆を使うときは、その時期を見計らって使いなさい。
第十七条 : 大事なことは一人で決めずに、必ず皆と相談して決めなさい。

さらに仏教に帰依すること、天皇の命に従うこと、真心をもって民衆を治めることなどが続き、推古天皇と聖徳太子が目指した天皇中心の国造りの輪郭が見えてくるようです。

聖徳太子の実像とは?

近年の研究では、聖徳太子の功績とされる膨大な事柄すべてを、たったひとりで行なったという説は否定されており、「聖徳太子」の称号に値する「すべてをひとりで成し遂げた」人物ではなかったという見方がされています。そのため、歴史の教科書には死去して50年後に贈られた聖徳太子という「称号」ではなく、「厩戸王[聖徳太子]」(うまやとおう)とカッコ書きで記されるようになりました。

厩戸王の正式な名前は厩戸豊聡耳皇子(うまやとのとよとみみのみこ)。この名前から馬小屋の前で生まれたというキリストめいた伝説もありますが、真相は闇の中。しかし、厩戸王という有能な皇子がいて、推古天皇を補佐していたことは間違いないようです。

聖徳太子の予言書

戦国武将を主に、様々な珍説がご覧頂けます。

聖徳太子 ~推古天皇の摂政で、有能な甥~

聖徳太子 ~推古天皇の摂政で、有能な甥~をSNSでシェアする

「歴史上の実力者」の記事を読む


坂本龍馬 ~勝海舟の1番弟子~

坂本龍馬 ~勝海舟の1番弟子~
幕末の志士、坂本龍馬が師とあおいだ勝海舟。勝海舟と出会うことによって世界の大きさを知った坂本龍馬は、1862年(文久2年)から1867年(慶応3年)までのわずか5年の間に、薩長同盟の締結や大政奉還に貢献し、亀山社中(海援隊)を組織。そして31歳の若さで散っていきました。

坂本龍馬 ~勝海舟の1番弟子~

高杉晋作 ~吉田松陰の愛弟子~

高杉晋作 ~吉田松陰の愛弟子~
久坂玄瑞(くさかげんずい)とともに「松下村塾の双璧」と呼ばれる吉田松陰(よしだしょういん)の愛弟子、高杉晋作(たかすぎしんさく)。尊王攘夷の志士として討幕を成し遂げた功績の影には、師の教えと、師をして「余の及ぶところではない」と言わしめた精識さがありました。

高杉晋作 ~吉田松陰の愛弟子~

大岡越前守忠相 ~徳川吉宗を名君にした名奉行~

大岡越前守忠相 ~徳川吉宗を名君にした名奉行~
お白州(おしらす)で繰り広げられる「大岡裁き」は、テレビ時代劇ではお馴染み。数々の名俳優が演じ、天下の名裁きで視聴者を魅了する大岡越前守忠相(おおおかえちぜんのかみただすけ)は、実在した人物です。 名君・徳川吉宗(とくがわよしむね)の側近として、40歳という異例の若さで南町奉行に就任。そして8代将軍・徳川吉宗の治世、最大の出来事「享保の改革」では、徳川吉宗を支えたナンバー2として多大な功績を残しました。

大岡越前守忠相 ~徳川吉宗を名君にした名奉行~

大石内蔵助 ~主君への忠義を貫いた武士~

大石内蔵助 ~主君への忠義を貫いた武士~
日本の師走の風物詩と言えば「忠臣蔵」。薄暗い夜明け前、雪が降り積もる江戸の町を行く揃いの半被…、この隊列を率いるのは赤穂藩のナンバー2、大石内蔵助。 主君の汚名を返上するために戦った家臣達の物語は、人形浄瑠璃や歌舞伎の題材にもなり、様々な脚色を加えられながら時代を超えて語り継がれています。

大石内蔵助 ~主君への忠義を貫いた武士~

本多正信 ~水魚の交わりと言われた徳川家康の参謀~

本多正信 ~水魚の交わりと言われた徳川家康の参謀~
徳川家康の三大好物と言われる「佐渡殿、鷹殿、お六殿」の佐渡殿とは、江戸幕府の老中で佐渡守の本多正信(ほんだまさのぶ)のこと。愛してやまない鷹狩や側室のお六の方(おろくのかた)に匹敵するほど、徳川家康にとって大切な存在「本多正信」とは?

本多正信 ~水魚の交わりと言われた徳川家康の参謀~

井伊直政 ~徳川家康の右腕~

井伊直政 ~徳川家康の右腕~
徳川四天王や徳川三傑に数えられ、徳川家康の天下取り、最大の功労者とも言われる井伊直政(いいなおまさ)。絶世の美男子でありながら、戦での勇猛な姿は「伊井の赤鬼」とも言われたとか。その素顔と功績をたどってみましょう。

井伊直政 ~徳川家康の右腕~

片倉小十郎景綱 ~伊達政宗の右目となった男~

片倉小十郎景綱 ~伊達政宗の右目となった男~
独眼竜・伊達政宗のために一生をささげた男、片倉小十郎景綱(かたくらこじゅうろうかげつな)。名参謀でありながら、ときには師のように、ときには父や兄のように、公私から伊達政宗を支え、豊臣秀吉や徳川家康も欲しがった人物です。

片倉小十郎景綱 ~伊達政宗の右目となった男~

黒田官兵衛 ~豊臣秀吉を天下人にした名軍師~

黒田官兵衛 ~豊臣秀吉を天下人にした名軍師~
稀代の軍師と呼ばれ、豊臣秀吉がもっとも頼りにし、また恐れた男、黒田官兵衛(くろだかんべえ)。豊臣秀吉を天下人にすべく知略を巡らし数々の戦を勝利に導いたにもかかわらず、「次の天下人を狙っているのでは」と疑われ冷遇された、輝かしくも切ない激動の人生に迫ります。

黒田官兵衛 ~豊臣秀吉を天下人にした名軍師~

加藤清正 ~豊臣秀吉の子飼い武将~

加藤清正 ~豊臣秀吉の子飼い武将~
少年の頃から豊臣秀吉に仕え、実の親子のように深い絆を感じていた加藤清正。石田三成との不仲により「関ヶ原の戦い」以降、徳川家康の配下に入っても、豊臣家への忠義を生涯忘れることはありませんでした。

加藤清正 ~豊臣秀吉の子飼い武将~

注目ワード
注目ワード