偉人を祭った神社

徳川家康を祀る日光東照宮(栃木県日光市)

文字サイズ

「応仁の乱」(おうにんのらん)から始まった戦国時代に終止符を打ち、徳川幕府の初代将軍として約260年に及ぶ江戸時代の礎を築いた「徳川家康」。「織田信長」、「豊臣秀吉」と並ぶ「戦国三英傑」と称され、三河国(みかわのくに:現在の愛知県東部)の小大名から天下人となった武勇や知略で、歴女のみならず高い人気を有する武将です。
「織田がつき 羽柴がこねし 天下餅 座して食らうは 徳の川」と、徳川家康の天下取りを揶揄した狂歌もありますが、幼少期には織田家、その後19歳まで今川家の人質として過ごし、戦国大名となってからも領内の平定や隣国の脅威など、苦労を乗り越えて上り詰めていきました。そして、死後は「東照大権現」(とうしょうだいごんげん)の神号を授けられ、絢爛豪華な「日光東照宮」(にっこうとうしょうぐう)に祀られています。

戦国三英傑戦国三英傑
戦国時代の三英傑、織田信長・豊臣秀吉・徳川家康についてご紹介します。

日光山内の中心・日光東照宮

日光東照宮

日光東照宮

華厳の滝」(けごんのたき)のある「中禅寺湖」(ちゅうぜんじこ)や奥日光など、豊かな自然が広がり、日光山内をはじめとした恵まれた観光資源があることから、日光は歴女はもちろん、海外でも観光スポットとして知られています。

明治時代に外国人向けの旅館がオープンすると、西洋料理店やベーカリーなどもでき、国際的な避暑地となりました。

その中心となる「日光東照宮」と「日光山輪王寺」(にっこうさんりんのうじ)、「二荒山神社」(ふたらさんじんじゃ)を合わせた二社一寺は、周辺の山林と合わせて世界遺産に登録され、近年では海外からの観光客も増加。2017年(平成29年)の日光市の外国人宿泊者数は、10万人を超えています。

古くからの霊場

歴女にも人気の日光東照宮が鎮座する日光の歴史は、奈良時代の「勝道上人」(しょうどうしょうにん)による開山にはじまります。日光連山のひとつ「二荒山」(ふたらさん)に登り、中禅寺湖畔に神宮寺を建立しました。

「日光」という名前は、二荒山が音読みの「にっこうさん」に転じたとされています。以来、有数の山岳信仰の霊場として栄え、鎌倉時代には500以上の寺院が立ち並びました。

ところが、戦国時代に日光の社寺は北条氏に与したため、「豊臣秀吉」に所領の大部分を没収されてしまいます。その後しばらく衰微の時代が続きますが、「徳川家康」が自分の亡骸を日光に祀るように遺言したことで、再び脚光を浴びることになったのです。

徳川幕府の礎を築いた将軍達

徳川家康

徳川家康

徳川家康は、1616年(元和2年)に亡くなる前に、「遺体は駿河の久能山に葬り、一周忌を過ぎたら下野の日光山に小堂を建てて勧請せよ」と遺言しました。

日光は、江戸から見て真北にあり、不動の北辰(北極星)の位置から幕府と日本の恒久平和を守ろうとしたと伝えられています。

翌年、遺言に基づいた2代将軍「徳川秀忠」(とくがわひでただ)が日光東照宮を創建しましたが、当時の日光東照宮は簡素な造りでした。

歴女にも人気のある今日のような絢爛豪華な姿になったのは、3代将軍「徳川家光」(とくがわいえみつ)が、1634年(寛永11年)から1636年(寛永13年)の21年神忌に向けて、大規模な造替を行なったことによります。

徳川家光は、祖父・徳川家康によって徳川秀忠の後継者に指名されたとされています。そのため徳川家康を敬愛。このときの大造営は、約1年5ヵ月の工期で延べ168万人もの大工が動員され、総工費にして金56万8,000両・銀100貫匁・米1,000石、現在の貨幣価値で200億円とも400億円とも伝えられる巨額が投じられたのです。

特に「陽明門」や社殿などの彫刻は、江戸だけでなく京都や大坂からも宮大工が呼ばれ、江戸時代初期における匠の技の粋を集めて施されました。その素晴らしさは、「日光を見ずして結構と言うなかれ」という格言があるほど。

徳川家光は、日光東照宮に10回も参拝し、その後、将軍家が日光に大行列を従えて詣でる「日光社参」(にっこうしゃさん)が行なわれるようになりました。

日光東照宮を象徴する2つの門

陽明門

陽明門

日光東照宮のシンボル的な存在として知られているのが、陽明門です。

全面に龍や唐獅子などの神獣や、鯉や鳥、牡丹などの動植物、中国の偉人など500余りもの彫刻が施され、彩色、飾り金具など、華麗な装飾のあまりの美しさに、日が暮れるのも忘れて見惚れてしまうことから、「日暮門」(ひぐらしのもん)とも呼ばれています。

2017年(平成29年)には、今後100年はないとされる約4年に亘る大修繕を終え、建設当時と変わらぬ輝きを取り戻したことで、さらに歴女人気が高まりました。

またこの陽明門には、「グリ紋」という渦巻き模様が施された12本の柱があるのですが、1本だけ逆さになっています。これは「魔除けの逆柱」と呼ばれ、「満つれば欠ける、世の習い」のことわざから、未完成であることを表現。陽明門がいつまでも残るように願ってあえてそうしていると伝えられています。訪れた際に、自分の目で探し当てるのも歴女らしい楽しみ方です。

本殿の正面には、もうひとつ注目しておくべき門があります。それが四方へ葺かれた唐破風の屋根が目をひく唐門です。

唐門は桁行3m、梁間2m弱と、それほど大きな門ではありませんが、陽明門よりも多い611体もの緻密な彫刻が施されており、特に屋根の下にある寄木細工の昇り龍と降り龍や、正面上部の「舜帝朝見の儀」(しゅんていちょうけんのぎ)などが見どころ。

かつては勅使や大名、旗本など、将軍に謁見できる身分の者だけが通ることが許されたと言われる門。現在も、正月や大祭などのときと国賓相当の人が参拝するときのみ開放され、通常は閉ざされています。

強力なパワースポット

日光東照宮を中心とした日光は、社寺全体が大きなパワースポット。歴女だけでなく、女性人気の高いスポットです。なかでも、特に強いパワーがあるとされるポイントがあります。

ひとつ目は、「北辰の道の起点」(ほくしんのみちのきてん)。古代中国の思想で、不動の北極星は宇宙の中心である天帝に例えられ、日本でも陰陽道などにおいて、大きな力を持つと考えられました。

「北辰の道」とは、北極星へ向かう道という意味で、江戸から日光を通って北極星を結ぶラインのこと。奥宮から本殿、陽明門を通り、南の江戸へパワーが集結するのが北辰の道の起点とされるポイントで、二の鳥居である唐銅鳥居と御水舎の間、唐銅鳥居の中に陽明門がすっぽり収まって観えるあたりと言われています。知らずに通り過ぎてしまいそうですが、せっかくなら、ちょっと立ち止まって観たいところです。

日光東照宮 奥社宝塔

日光東照宮 奥社宝塔

2つ目は、東照大権現の霊廟、つまり徳川家康のお墓がある「奥宮」(おくみや)というエリア。本殿の裏側にあり、日光東照宮のパワーの源とされています。

唐門や拝殿を正面にみて右手側、眠り猫のある東廻廊の坂下門を通って207段の石段を登った先にあるのが、拝殿・鋳抜門・宝塔。この奥宮へ続く道も、龍道というパワーの通り道です。

そして、金・銀・銅の合金で制作された宝塔が徳川家康のお墓で、周囲をぐるりと回ることができます。宝塔の前には鶴と亀の像があるのですが、童謡「かごめかごめ」に出てくる鶴と亀はこれを表しているという説があり、徳川の末永い治世を祈るものだとか、埋蔵金のありかを暗示しているという都市伝説もあるので、こうした様々な伝説を検証してみるのも楽しいかもしれません。

脇には、樹齢約600年の「叶杉」(かなえすぎ)があり、ほこらに向かって諸々の願い事を唱えると、願い事が叶うと伝えられています。こちらでは御霊分けとして「叶鈴」(かなえすず)のお守りも授与して頂けるので、歴女ならずとも要チェックです。

3つ目が、「上神道」(かみしんみち)。日光東照宮の表門を出て五重塔の手前を右に行く、二荒山神社へ続く参道で、ここも龍道とされています。日光東照宮から二荒山神社へ向かって歩くとよりパワーをもらえるとされており、日光山内を巡る際には、輪王寺から日光東照宮、二荒山神社という順番がおすすめです。

徳川ゆかりの歴史資料がいっぱいの宝物館

日光東照宮宝物館

日光東照宮宝物館

日光東照宮宝物館」では、徳川家康の遺愛品の他にも、朝廷や将軍家、大名家からの奉納品、祭祀具などを展示公開しています。

徳川家康が「関ヶ原の戦い」で着用したとされ、国の重要文化財に指定されている「南蛮胴具足」(なんばんどうぐそく)や、「勝光宗光」(かつみつむねみつ)などの刀剣の他、国宝に指定されている儀式用の大工道具、江戸時代初期の日本画家「狩野探幽」(かのうたんゆう)が徳川家康の生涯を描いた「東照宮縁起」など、貴重な品々を観ることができます。

さらに、陽明門を細密に記録して、建設当初の姿や修復の過程をCGで描いたバーチャルリアリティ映像や、幼年期・青年期を中心に徳川家康の生涯を描いたアニメーションなどが観られる東照宮シアターもあり、徳川家康や日光東照宮についてより深く理解することが可能。歴女の「徳川ざんまい」にはぴったりの場所だと言えます。

また、「日光東照宮美術館」では、「横山大観」(よこやまたいかん)が手がけた「朝陽之図」(ちょうようのず)や「堅山南風」(かたやまなんぷう)の「鯉と額紫陽花」(こいとがくあじさい)など、100点余りの日本画を収蔵・展示。旧社務所を再利用した杉並木の古材を利用した昭和初期の近代和風建築で、歴女好みの建物です。

盛大に執り行なわれる例大祭

日光東照宮春季例大祭

日光東照宮春季例大祭

日光東照宮をはじめ、山内の二社一寺では、120を超える年中行事が開催されます。なかでも、5月17・18日に日光東照宮で行なわれる春季例大祭は特に盛大。17日には石鳥居手前の山内表参道の特別馬場で、小笠原流の「神事流鏑馬」(しんじやぶさめ)が奉納されます。

馬を駆って馬上から矢を射る様子は、勇壮で迫力満点。写真撮影も可能ですが、フラッシュ撮影などは馬が興奮してしまうおそれがあるため、配慮が必要です。

翌18日の午前11時からは、例大祭のハイライトと言える「百物揃千人武者行列」(ひゃくものぞろいせんにんむしゃぎょうれつ)を奉納。徳川家康が最初に埋葬された久能山(くのうざん)から、日光へ改葬されたときの行列を再現した行事で、三基の神輿と華やかな装束姿の武者が約1kmもの隊列を組んで境内の御旅所へ練り歩きます。鎧武者など1,200人ほどの絢爛豪華な大行列は、一見の価値あり。

10月16・17日の秋季例大祭でも、流鏑馬や千人行列などが行なわれます。歴女でなくとも、江戸時代にタイムスリップした気分に浸ることができそうです。

日光東照宮と合わせて巡る!日光山内の神社・仏閣

日光山は元々、神仏一体(神仏習合)とされていましたが、明治維新以降の神仏分離によって二社一寺に分かれることになり、輪王寺、日光東照宮以外の神道建築物を総称して二荒山神社と呼ぶようになりました。

徳川家光の威光を今に伝える日光山輪王寺

日光山輪王寺

日光山輪王寺

日光山輪王寺は、766年(天平神護2年)、勝道上人が建立したことに始まり、平安時代には征夷大将軍「坂上田村麻呂」(さかのうえのたむらまろ)や「弘法大師空海」(こうぼうだいしくうかい)が来山、鎌倉時代には「源頼朝」からも信仰された名刹です。

江戸時代には、徳川家康の側近「天海大僧正」(てんかいだいそうじょう)や、3代将軍・徳川家光の庇護を受けて発展。

日光山輪王寺の本尊である阿弥陀如来、千手観音、馬頭観音の仏像を収める三仏堂と、内部に1,000部に及ぶ経典が収められ、日光東照宮の鬼門除けとして建てられた高さ13.2mの相輪橖(そうりんとう:仏塔の一種)は、いずれも徳川家光によって再建・建立されました。

これら江戸時代初期の技術の粋を集めた建築物は、歴女ならずとも一見の価値ありです。

日光山内最古の建物を残す二荒山神社

日光二荒山神社

日光二荒山神社

二荒山神社も、勝道上人が開いた山岳信仰の霊場。下野国一之宮として信仰を集めました。鎌倉時代には、熊野三山信仰が導入され、日光連山のうち男体山、女峰山、太郎山を日光三山として、それぞれに新宮権現、滝尾権現、本宮権現の三社が祭祀されたのです。

日光東照宮の西に位置する本社・社殿は、1619年(元和5年)に2代将軍・徳川秀忠によって造営され、日光山内に残る建物の中で最古。徳川家光が建てた日光東照宮のような絢爛豪華な造りではありませんが、神社の境内らしい清々しく厳かな雰囲気が漂う神社です。

歴女として見逃せないのが、「二荒霊泉」(ふたられいせん)です。神苑の奥の一角にある霊験あらたかな湧き水を集めた池で、眼病や若返りにご利益があるとされ、隣接するおやすみ処では二荒霊泉の水を使った抹茶やコーヒーを飲むことができる他、霊水を持ち帰るための容器も販売しています。

徳川家光の霊廟・輪王寺大猷院

輪王寺大猷院

輪王寺大猷院

日光東照宮からみて二荒山神社のさらに奥にあるのが、徳川家光が眠る「輪王寺大猷院」(りんのうじたいゆういん)。

黒と金を基調とした重厚な雰囲気の霊廟で、「家光の死後も東照大権現にお仕えする」という遺言を受けて造られました。

規模も装飾も華美な物ではありませんが、細部にいたるまで職人の技術を凝らした装飾や彫刻を観ることができます。

日光ではJR日光駅、東武日光駅から、日光東照宮やその他の社寺をめぐるバスに自由に乗り降りできるフリーパスを販売。上手に活用して、世界遺産・日光を満喫するのが歴女のたしなみかもしれません。

徳川家康を祀る日光東照宮(栃木県日光市)

徳川家康を祀る日光東照宮(栃木県日光市)をSNSでシェアする

「偉人を祭った神社」の記事を読む


楠木正成を祀る湊川神社(兵庫県神戸市)

楠木正成を祀る湊川神社(兵庫県神戸市)
兵庫県神戸市にある「湊川神社」(みなとがわじんじゃ)は、鎌倉幕府を滅亡させ、「後醍醐天皇」(ごだいごてんのう)に忠義を尽くして戦い果てた武将、「楠木正成」(くすのきまさしげ)を祀った神社です。南北朝時代を代表する英雄として語られることの多い彼は、猛将でありながら戦術家としても名高く、「南北朝一の知将」とも称されてきました。 時代を超えて多くの偉人達に影響を与え、後世に語り継がれてきた楠木正成は、歴女にとって興味深い存在です。地元では「楠公さん」(なんこうさん)の愛称で親しまれている湊川神社が、どのような歴史的背景で創建されたのか、見どころと合わせてご紹介します。

楠木正成を祀る湊川神社(兵庫県神戸市)

武田信玄を祀る武田神社(山梨県甲府市)

武田信玄を祀る武田神社(山梨県甲府市)
「甲斐の虎」(かいのとら)の異名を持ち、勇猛果敢な騎馬隊を率いて「徳川家康」や「上杉謙信」にも怖れられた戦国時代きっての名将「武田信玄」。恰幅のいい肖像画が有名で、猛々しく戦うイメージが強い一方、法律の制定や当時としては珍しい合議制政治の導入など、内政においても手腕を発揮したことで知られ、高い人気を誇る武将です。 また「清和源氏」(せいわげんじ)を祖とする名門「甲斐源氏」の流れをくみ、鎌倉幕府を開いた「源頼朝」(みなもとのよりとも)や室町幕府の足利将軍家とも血縁関係にあったこと、さらには「川中島の戦い」で鎬を削った上杉謙信とのライバル関係など、物語性の高い武将であることも歴女心をくすぐるところ。 そんな武田信玄を祭神として祀る「武田神社」は、武田信玄が本拠地とした山梨県甲府市に鎮座しています。

武田信玄を祀る武田神社(山梨県甲府市)

伊達政宗を祀る青葉神社(仙台市青葉区)

伊達政宗を祀る青葉神社(仙台市青葉区)
「伊達政宗」(だてまさむね)と言えば、独眼竜の異名で知られる戦国時代の大名です。戦国の世に名を馳せ、「豊臣秀吉」や「徳川家康」に仕えながら東北の覇者となったことで知られる伊達政宗は、戦国武将としてのたくましさに加え、隻眼というミステリアスな風貌を併せ持っていたことから、現代でも絶大な人気を誇っています。伊達政宗は、近年の歴女ブームを牽引する中心的人物と言っても過言ではありません。そんな伊達政宗ゆかりの地として名高い宮城県仙台市は、伊達政宗にまつわる神社仏閣が多く存在します。

伊達政宗を祀る青葉神社(仙台市青葉区)

前田利家と妻まつを祀る尾山神社(石川県金沢市)

前田利家と妻まつを祀る尾山神社(石川県金沢市)
「前田利家」は、「織田信長」や「豊臣秀吉」のもとで武功を挙げ、戦国の世にその名を轟かせた名将です。当時では珍しい182cmの高身長で容姿端麗だったと言われている前田利家は、歴女人気が高い武将のひとり。また、前田利家が女性ファンの心を掴む理由に、正室「芳春院」(ほうしゅんいん)こと通称「まつ」との夫婦愛も挙げられます。 2002年(平成14年)には、大河ドラマでも2人の夫婦愛が描かれたことから、共に認知度が高くなりました。そして、加賀藩祖として前田利家が礎を築いた石川県金沢市には、前田利家とまつを祭神として祀る「尾山神社」(おやまじんじゃ)があります。

前田利家と妻まつを祀る尾山神社(石川県金沢市)

吉田松陰を祀る松陰神社(東京都世田谷区/山口県萩市)

吉田松陰を祀る松陰神社(東京都世田谷区/山口県萩市)
数多くの戦国武将が活躍した戦国時代。そして、新しい時代に向けて多くの志士が歴史に名を残した幕末。大きな転換期となったこの2つの時代は、日本史のなかでも圧倒的な熱情と輝きを放っています。昨今の歴女ブームを語る上でも、戦国武将と幕末維新の志士達は欠かせない存在。 今回は、激動の幕末を駆け抜けた偉大な思想家「吉田松陰」(よしだしょういん)と共に、吉田松陰を祭神とする2つの「松陰神社」(しょういんじんじゃ)についてご紹介します。

吉田松陰を祀る松陰神社(東京都世田谷区/山口県萩市)

上杉謙信を祀る上杉神社(山形県米沢市)

上杉謙信を祀る上杉神社(山形県米沢市)
2017年(平成29年)に、「続日本100名城」にも選ばれた山形県の米沢城跡。桜の名所としても知られる城跡には、熱狂的な歴女ファンが多い「上杉謙信」(うえすぎけんしん)を祭神として祭る「上杉神社」が鎮座しています。 戦国時代に越後国(えちごのくに:現在の新潟県)を統一し、米沢藩上杉家の礎を築いた上杉謙信。「軍神」と称され、「義」を重んじる名将として語られてきました。 ここでは、上杉謙信ゆかりの聖地であり、米沢市の観光名所でもある上杉神社についてご紹介します。

上杉謙信を祀る上杉神社(山形県米沢市)

織田信長を祀る建勲神社(京都市北区)

織田信長を祀る建勲神社(京都市北区)
尾張の守護代だった織田氏の一族に生まれ、「天下布武」の旗印のもと天下統一を目指してまい進した「織田信長」。織田信長は苛烈な性格で知られていますが、戦においても政治においても、既存の価値観にとらわれない革新的な考えの持ち主でもありました。ドラマチックな生涯とも相まって、歴女にも人気が高い戦国武将です。 「本能寺の変」によって志半ばでこの世を去った織田信長ですが、その亡骸が見付からなかったことから、織田信長の墓は各地に存在。明治になると、政府によって織田信長を祀る「建織田社」(たけしおりたのやしろ)が建立され、のちに「建勲神社」(たけいさおじんじゃ)の社号が下賜されました。

織田信長を祀る建勲神社(京都市北区)

豊臣秀吉を祀る豊国神社(名古屋市中村区)

豊臣秀吉を祀る豊国神社(名古屋市中村区)
愛知県名古屋市中村区にある「豊國神社」(豊国神社)は、農民の家に生まれながら数々の功績を挙げ、ついには天下人にまで登りつめた三英傑のひとり「豊臣秀吉」を主祭神とする神社。豊臣秀吉は、当時としては珍しく「寧々」(ねね)と恋愛結婚をしたことや、織田信長の姪で浅井長政の娘「茶々」(ちゃちゃ:淀殿[よどどの])を側室として迎え入れたことなど、女性関係の逸話が多いことでも有名です。 今回は、豊臣秀吉ゆかりの豊國神社(豊国神社)と、「加藤清正」を祀る熊本県熊本市「加藤神社」の意外な関係、そしてご縁を結びたい歴女必見!「常泉寺」(じょうせんじ)の「むすびの輪」などをご紹介します。

豊臣秀吉を祀る豊国神社(名古屋市中村区)