歴女のためのお城見学ポイント

城の歴史

文字サイズ

現在、私達がイメージする日本のお城とは、どんな建造物でしょうか。豪華な天守に立派な石垣に堀、その周囲には家臣や職人が住む城下町が広がる。そんな風景が思い浮かんだのではないでしょうか。実はこれは、「織田信長」が作り上げたと言われているイメージなのです。
ここでは、日本におけるお城の歴史や、「戦国三英傑」による築城についてご紹介します。お城めぐりは、歴女の「聖地巡礼」の中で定番とも言えるイベント。知識が増えれば、お城めぐりがより一層楽しくなること間違いなしです。

浮世絵ワールド城浮世絵ワールド城
景色・背景に「城」が描かれた浮世絵の作品をご覧いただけます。

お城の成り立ち

日本全国には、分かっているだけでも50,000もの城跡があると言われています。その成り立ちは古く、力によって領土を争うようになった古代までさかのぼります。やがて大がかりな軍事拠点となり、築城、戦闘、奪還、取り壊し、廃城を繰り返しました。

まずは、お城の歴史を見てみましょう。

紀元前3世紀~3世紀(弥生時代)

環濠集落

環濠集落

日本のお城の起源は、弥生時代と言われています。きっかけは、農耕のはじまりです。

各地で農耕がはじまると貧富の差が生まれ、各地で紛争が勃発しました。

当時の人々は侵略や略奪から身を守るために、自分達の住む集落のまわりに「濠」(ごう)と呼ばれる溝を掘り、その外に土を盛り上げて土塁を築き、「環濠集落」(かんごうしゅうらく)を生み出したのです。

7~8世紀

中国や朝鮮の来襲に備えて、博多湾奥に築かれた日本最初のお城「水城」(みずき)や、太宰府の防衛施設として百済人らによって造られたお城「大野城」(おおのき)が生まれました。

これらのお城は、百済人の指導を受けたことから「朝鮮式山城」と呼ばれています。他にも東北蝦夷地への侵略のため、東北に19の城柵を設置。

しかし、このようなお城は、結局侵略のないまま時が過ぎ、平安時代に入ると、海外に対する防衛の必要性がなくなってしまいました。その後、多賀城や秋田城は、陸奥鎮守府や出羽国府となり、政治・経済の中心部として機能することになったのです。

11~14世紀

千早城

千早城

10世紀、平安時代半ばになると、武士が出現。次第に武士中心の世に突入していきます。

そうした中で、平時の居住地への防護と共に、戦時に使用する防護施設の必要性が生じて、小規模ながらも防御能力の高いお城が発達していきました。

この形態のお城を普及させたきっかけは、「楠木正成」(くすのきまさしげ)率いる軍勢による「赤坂城」、「千早城」の籠城戦です。

約100日間立てこもった楠木正成軍は、鎌倉幕府の大軍を撃退。以後、武将の間に籠城による戦法が浸透していきます。そのため、当時のお城のほとんどが険しい山に建てられた山城で、軍事的拠点という要素が強くなっていきました。

山城の建造では、自然の山を削ったり、掘ったりしながら、堀や土塁(どるい:土を高く積み上げ、敵を簡単に城に入り込ませないようにする)、曲輪(くるわ: 城や砦の周囲にめぐらして築いた土石の囲い)などを築いていくのが一般的。

この時代の城はほとんどが土で築かれ、建物は木造で簡易的に作られていました。それゆえほとんど現存していませんが、南北朝時代や戦国時代には相当な数のお城が造られたと言われています。

15~16世紀

平山城の例「岡山城」

平山城の例「岡山城」

攻めにくく守りやすいお城にするには、堀が重要です。堀の幅は、およそ五間(約10m)前後が一般的だとされています。これは当時の弓矢の射程距離と関係がありました。

もっとも、戦国時代半ばになると、弓矢の倍以上の射程距離を持つ鉄砲が登場。これにより、それまで以上に広い堀が必要となったのです。

また、この時期になると、お城は軍事拠点に止まらず、行政の拠点などでも使われるようになります。お城を中心として、武士、町人などが生活する城下町が形成されるなど、お城は領国の経済の中心でもありました。

こうした流れの中で、お城は次第に、なだらかな山や丘、平野に築かれるようになっていきました。これが「平山城」です。

16世紀後半

織田信長」や「豊臣秀吉」らによって天下統一の機運が醸成されると、大きな天守を持ち、規模の大きなお城が築かれるようになりました。その目的は戦いのためだけでなく、領主による権力の誇示へと変化。

戦国大名達は、諸国で様々なお城を築き、自らが有する権力・権威を領民に見せ付け、統治しようとしたのです。

1615年(元和1年)

徳川幕府によって「一国一城令」が出されると、お城(日本式城郭)発展の歴史は終焉を迎えました。

戦国時代以降に造られたお城や城跡として、分かっているだけでも数千はあると言われており、お城を見上げると、歴女ならずとも、人々が抱いた憧れを思い浮かべることができます。

戦国三英傑に見る近世城郭の造り方

お城(日本式城郭)の象徴と言えば、織田信長、豊臣秀吉、徳川家康のいわゆる「戦国三英傑」が築いた近世城郭ではないでしょうか。それまでは領主の居宅や行政の拠点、防衛拠点としての意味合いが大きかったお城を、自らの権威・権力の象徴としても利用したのです。

織田信長の「安土城」、豊臣秀吉の「大坂城」、徳川家康の「江戸城」は、いずれも天下人にふさわしいスケールのお城。これらのお城を中心にした城下町は、活気に満ち溢れていました。

戦国三英傑
戦国時代の三英傑、織田信長・豊臣秀吉・徳川家康についてご紹介します。
刀剣ワールド 城
日本全国のお城や城跡を検索できる国内最大級の情報サイト。日本の城(城郭)にまつわる各種コンテンツなど多数掲載!
大阪城・大阪歴史博物館・石切劔箭神社で刀剣巡りをしよう!
刀剣巡りができる大阪城などに加え、大阪府周辺の地域で刀剣を所蔵・展示している施設も合わせてご紹介します。
大阪城の桜を見に行こう!
春と言えばお花見!桜の名所、大阪城で春と歴史を堪能しよう!

織田信長の城造り

織田信長

織田信長

織田信長と言えば、父「織田信秀」(おだのぶひで)と同様に、本拠のお城をいくつも移していたことでも有名です。

戦国武将は、領地を広げても、本拠のお城は変えないのが一般的。

織田信長が、他の大名に先駆けて天下を獲れた理由は、このように本拠のお城を頻繁に変えたことにあるとも言われています。

「勝幡城」(しょばたじょう)に生まれ、「那古野城」、「清州城」、「小牧山城」、「岐阜城」、安土城と居城を変える中で、織田信長は築城の技術とまちづくりの理想を追求していきました。若い織田信長が、何もないところからはじめて手掛けたのが、小牧山城。

小牧山城は、岐阜城、安土城へと続く「原点」として、重要な位置付けにあるお城です。小牧山城では、見上げるような総石垣を築き、まっすぐな「大手道」(おおてみち)を造りました。

そこでは、「楽市楽座」(らくいちらくざ:戦国時代から近世初期にかけて、戦国大名が城下町を繁栄させるための商業政策。それまでの座商人の特権廃止や市場税の廃止、また、座そのものの廃止によって、新興商人の自由営業を許した)を導入し、商人や工人を配置した城下町を形成。織田信長の天下構想が、お城や城下町という形で表現されていました。

古くからの権威であった清須の守護や守護代の狭間を抜け出し、小牧の地に理想とするお城を造り上げた行動力が、その後の岐阜城、安土城へとつながり、織田信長を天下人まであと1歩のところまで押し上げたのです。

小牧山城・岐阜城・安土城を巡礼し、織田信長の「天下統一ロード」を体感することも、歴女ならではのお城巡りだと言えます。

織田信長とお城の歴史
1555年(天文24年/弘治1年) 清州城
一族間の内紛を鎮めて、尾張統一を果たした織田信長は、尾張の中心地である清州城に移り住みました。
1563年(永禄6年) 小牧山城
小牧山城

小牧山城

1560年(永禄3年)に、「桶狭間の戦い」で「今川義元」を下し、天下にその名を知らしめた織田信長は、三河の徳川家康と手を組みます。

そして、美濃攻めの準備の一環として、美濃に近い小牧山に城を築いて拠点としました。

1567年(永禄10年) 岐阜城
斎藤氏が籠っていた美濃の中心地・稲葉山城を4年かけて制し、岐阜城の大改修を行ないました。合わせて地名を「井ノ口」(いのくち)から「岐阜」へと変更します。
1569年(永禄12年) 二条城
足利義昭を擁して上洛を果たした織田信長は、京都に滞在する際の拠点として城館を築きました。現存する二条城とは別の建造物です。
1576年(天正4年) 安土城
東海・北陸を結ぶ交通の要衝であり、都にも近かった近江国(おうみのくに:現在の滋賀県)琵琶湖のほとりに築城。

最上階は金色、下階は朱色の八角形の5層7階の建造物で、織田信長が住み、来賓を迎えるための城として贅を尽くしたと言われています。

豊臣秀吉の城造り

豊臣秀吉

豊臣秀吉

織田信長の手法を受け継ぎ、発展させた豊臣秀吉のお城造り。

織田信長の死後、次なる天下を狙う者として、織田信長同様、大坂城の築城によって権威を誇示しました。

このお城を訪れたイエズス会宣教師「ルイス・フロイス」は、「すべてにおいて織田信長の建造物を上回る」と驚く人々の評判を書き留めています。

不便であっても安土城の天守に住んで、天上人であることを意識させた織田信長と違い、豊臣秀吉にとって、大坂城の天守は生活の場ではありませんでした。金銀や高価な武具、茶道具などの財宝でこれでもかというほどに飾り立て、賓客を招いては、自ら説明し財宝を見せびらかしたと言います。

これは、ただ単に成金趣味の自慢という訳ではありません。表御殿の黄金の茶室から、「三国無双」と呼ばれた天守、洋風ベッドを置いたという奥御殿の寝室へ連れて行き、また日を改めて茅葺(かやぶき)の茶室へと接待する、というように豊臣秀吉自らゲストをもてなしていたのです。

「人たらし」と呼ばれた豊臣秀吉であれば、客との会話を盛り上げながら、飾り立てられた財宝をより魅力的に観せ、自らの権力の大きさを十分に誇示することができたでしょう。潔癖な性格から、絶対的権力として君臨しようとした織田信長に対して、成り上がりの豊臣秀吉は、天下統一をすすめるために大名の心をほぐし、良好な関係を築こうとしました。豊臣秀吉のお城とは、最上級のもてなしをするための迎賓館だったのです。

現在の大坂城(大阪城)は戦後に再建された建造物ですが、その雄大な姿から、豊臣秀吉が築いた往時の大坂城に思いを馳せる歴女もいることでしょう。

豊臣秀吉とお城の歴史
1566年(永禄9年) 墨俣城
斎藤軍の妨害で失敗を重ねていた中、豊臣秀吉が名乗り出て、数十日間で小さな城を完成させて、美濃攻略に大きく前進したとされます。
1574年(天正2年) 長浜城
長浜城は、浅井長政を制し、織田信長から与えられた土地に町を移転させて築城。城下町を形成し統治するという政治手腕を発揮しました。
1580年(天正8年) 姫路城
織田信長に中国地方の攻略を命じられて、播磨へ進出。黒田官兵衛姫路城を大改修して、毛利家との闘いに備えました。
1583年(天正11年) 大坂城
大坂城(大阪城)

大坂城(大阪城)

豊臣秀吉は、京都や経済の中心地・堺に近い大坂(現在の大阪)に注目し、三重の堀と運河に守られた要塞を造りました。

また、城内には山里のような風情を持つ「山里曲輪」(やまざとくるわ:城内に、 戦闘面を考慮せず、庭や池、茶室を設けた曲輪)という一角も造り、大名や有力商人達を招き茶会や花見を楽しみました。

政治的要素をかねた茶会の場で、豊臣秀吉は政治経済を友好に動かしたのです。

1586年(天正14年) 聚楽第(じゅらくだい)
京都における滞在所。天皇などを迎えるための、政庁の役割も担っていました。
1590年(天正18年) 石垣山城
小田原から約3km離れた山に築城した石垣山城は、完成後に周囲の木を伐採したため、敵からは一夜で築城したように見えたという驚くべき演出。この年、小田原城を落として、豊臣秀吉は天下統一を果たしました。
1591年(天正19年) 名護屋城
海外を見ていた豊臣秀吉は、8ヵ月の突貫工事で肥前(佐賀県長野県の一部)に名護屋城を築城。朝鮮半島へ出兵する本陣や前線への補給拠点となりました。
1594年(文禄3年) 伏見城
隠居所として聚楽第の一部を解体して築城しました。しかし地震で倒壊したため、木幡山に移築。そして、豊臣秀吉はこの伏見城で病死したのです。

徳川家康の城造り

徳川家康

徳川家康

徳川家康が築城した代表的な城は江戸城ですが、それより前の江戸城は、石垣ではなく芝土手で、板葺きの粗末な屋敷があるばかりの荒れた場所だったと言われています。

豊臣秀吉からの褒美として与えられた領地ですが、田舎に追いやられたも同然の扱い。

しかし、台地が多く、港もある江戸の可能性を見抜いた徳川家康は、1603年(慶長8年)に征夷大将軍となると、ここを天下の政庁とすることにしたのです。

その当時の江戸城の姿は、2017年(平成29年)に発見されて「松江歴史館」に所蔵されている「江戸始図」(えどはじめず)によって知るところとなりました。それに描かれたところでは、現存する江戸城跡(改修後)の姿と、徳川家康が築城したと推定される江戸城の姿は全く異なっているのです。

徳川家康が造った江戸城の姿は、姫路城に類似した、大天守と小天守を組み合わせた連立式天守。大天守も圧倒的な大きさで、石垣を含めた城全体の大きさは、およそ68m(ビルに換算するとおよそ23階)と推定され、織田信長の安土城、豊臣秀吉の大坂城の高さをゆうに超える建造物であったと言います。

これまでに見たことのないほど圧倒的な規模のお城の完成に、諸大名は、徳川の世のはじまりを実感したに違いありません。

江戸城

江戸城

さらに、複雑で防御性の高い天守曲輪(詰丸)を備えるだけでなく、南側の大手には五連続の外桝形を連ね、かつ北側には三連続の「馬出し」を配置。戦国時代を生き抜いてきた徳川家康は慎重な性格で、お城を要塞と考えていました。

例えば「小牧・長久手の戦い」では、廃城であった織田信長の小牧山城に手を加え、何重にも曲輪を造って全く違う城にして戦いに備えたように、その慎重さは若い頃から並外れていたのです。

同様に、江戸城においても完全なる要塞を求めました。徳川家康は、お城及び城下町を整備することによって、江戸の一極集中を進めます。目指したのは、大坂城下・伏見城下のように、諸大名が住む都市空間。すべての武家を自分の居城下に集め、行政の頂点である幕府が完全に支配する体制を構築したのです。

江戸城跡は現在、皇居として使用されていますが、敷地をぐるりと囲んでいる堀に沿った外周は、市民ランナーのジョギングコースとしても知られています。

ジョギングをする歴女も、しない歴女も、往時の江戸城のスケールを感じることができるポイントです。

徳川家康とお城の歴史
1560年(永禄3年) 岡崎城
徳川家康生誕の地。人質として身を寄せていた今川義元が桶狭間の戦いで戦死したのを機に、岡崎城に戻りました。
1570年(元亀1年) 浜松城
今川家の居城だった浜松城を、徳川家康が攻略。甲斐国(かいのくに:現在の山梨県)の武将・武田信玄の侵攻に備えるために、本拠地を移しました。
1586年(天正14年) 駿府城
駿河(現在の静岡県)の支配を目指して築城。1616年(元和2年)に隠居し、「大御所」となった徳川家康は、駿府城で病死しました。
1602年(慶長7年) 伏見城(改築)二条城
1600年に「関ヶ原の戦い」で勝利し、天下取りに成功。伏見城を経て、二条城を造営します。
1604年(慶長9年) 江戸城
1603年(慶長8年)に征夷大将軍に任命され、江戸幕府を開府しました。
1610年(慶長15年) 名古屋城
尾張国統治の拠点を名古屋に制定。名古屋城を築城し、清州城を破却して、城下町ごと引越しさせました。

城の歴史

城の歴史をSNSでシェアする

「歴女のためのお城見学ポイント」の記事を読む


土塁・堀

土塁・堀
お城造りの達人達は、敵が侵入するのを防ぐため、入念な防御策を施しました。門や櫓はもちろんのこと、お城の周囲に「堀」を張り巡らせ、さらに土を高く盛って斜面を付けた「土塁」(どるい)を造り上げたのです。土塁と堀はセットで、お城を守る最前線に置かれました。 敵の侵入を防ぐ最強の土塁・堀とはどういう物で、一体誰が築いたのでしょうか。地味に思えて知れば知るほど面白い、土塁・堀の世界。歴女必見のコンテンツです。

土塁・堀

馬出・狭間

馬出・狭間
軍事拠点であるお城には、橋、壁、堀など、すべての構造に様々な工夫が凝らされています。敵軍にとっては突破が難しく、自軍にとって有利に戦を運ぶことができるように考え尽くされたその工夫は、歴女ならずとも思わず唸ってしまうこと間違いなしです。 ここでは、「虎口」(こぐち:城郭や陣営などの要所にある出入り口)の進化に合わせて造られた「馬出」(うまだし:お城の虎口や城門を掩護するために、その前に設ける土塁や石塁)、塀に仕込まれた「狭間」などのお城の工夫や、こうした難攻不落の構造を突破するために編み出された戦術をご紹介します。

馬出・狭間

城郭

城郭
「城郭」(じょうかく)とは、お城のことです。日本には数千ものお城があると言われますが、歴女でも意外と基本的なことを知らずにいるのではないでしょうか。お城にはどんな種類があり、どんな目的で作られたのか。なぜこれだけ多くのお城があるのか。どこから材料を調達して、誰がどのように作ったのか。歴女必見、城郭の基礎知識をご紹介します。

城郭

御殿

御殿
「御殿」(ごてん)と言うと、江戸城本丸御殿内にある私邸(大奥)を舞台に繰り広げられた女性達の愛憎ドラマ「大奥」が、歴女にも人気です。大奥に入ると鈴が鳴り、両端に、かしずく女中の間を将軍様以下御台所、側室らが悠然と歩いていく、あの総触れのシーンは大奥の世界観を示すお馴染みの光景。大奥に限らず、御殿は城主の権力の象徴として造られた物であり、どこを観てもため息が出るほど贅を尽くした造りです。現存の御殿は4城ある他、復元された御殿が全国各地に点在。ここでは、歴女なら誰もが憧れる御殿の基礎知識と、日本全国の有名な御殿をご紹介します。

御殿

櫓・門

櫓・門
城郭防衛の要となっていた「櫓」(やぐら)や「門」には、先人達の知恵と工夫が詰まっています。櫓と門は切っても切り離せない関係にあり、城の正面玄関となる「大手門」(おおてもん)は、格式と防御力の高さが重要視されていました。江戸時代の城郭には、両脇に石垣を伴い、上層が櫓となった強固な「櫓門」が多く採用されていたことから、その重要性が分かるとのこと。 ここでは、櫓や門が生まれた経緯や、その名称と種類をご紹介します。歴女ならではのこだわりの視点で、個性豊かな櫓・門の隠れた面白さを見付けてみましょう。

櫓・門

石垣

石垣
歴女が胸をときめかせるお城の魅力のひとつに、「石垣」の美しさがあります。優美な天守も捨てがたいですが、そびえ立つ石垣の力強さもまた、人を引き付けているのです。いろいろなお城の石垣をよく観てみると、どのお城も石垣の加工の仕方や積み方に、個性があるのに気付くでしょう。面白いのは、石垣に用いられている技術によって、築かれた時代をある程度推測することができること。石垣の構造や見方を知ると、さらに楽しいお城鑑賞となるに違いありません。ここでは、そんなお城の石垣について、詳しくご説明します。

石垣

天守

天守
城主の権威を見せ付ける「天守」は、まさにお城の顔。どれも同じように見えますが、それぞれの城主の思いや考えのもとに造られており、外観が似ることはあっても、そっくり同じ天守は存在しないと言われています。天守の種類や形式を知れば、「築城主」や「時代背景」、「文化」、「風習」など、様々なものが見えてくるのです。 そして、歴女とお城は切っても切り離せない関係にあります。なぜなら、お城と言えば名のある戦国武将達が居住した他、数々の合戦が繰り広げられた舞台でもあるからです。

天守

注目ワード
注目ワード