歴女について

歴女の種類

文字サイズ

「仏像女子」、「武将萌え」、「城ガール」という言葉があるように、「歴女」と呼ばれるファン・マニアのなかにも、様々なジャンルがあります。彼女達はどこを入口として歴史の世界へアプローチし、どんな楽しみ方をしているのでしょうか。
ここでは、その想いや行動パターンに触れ、歴史を楽しむヒントを探っていきます。自分ならではの視点で歴史にアプローチをして、新たなジャンルを作ってみるのも一興です。

歴史ファンへの入口を検証

最初に、歴女に限らず歴史好きの人達が歴史に興味を持ったきっかけを見ていきます。ネットメディアでのアンケート調査によると、男性の1位は「小説」で、2位が「大河ドラマ」です。女性の場合は、これが逆転して1位が大河ドラマで2位が小説でした。

この結果を見ていると、昔も今も歴史通への王道として、小説と大河ドラマが君臨していることが分かります。

次に、年代別に見てみましょう。30代、40代の場合は、1位が小説、2位が大河ドラマですが、20代になると1位が「ゲーム」で、2位が「マンガ」です。「アニメ」については、30代、40代が10%台であるの対して、20代では20%以上をマーク。時代と共に、歴史の世界への入口が大きく変化していることを示しています。

また、同じ武将や歴史上のエピソードであっても、作品によって描かれ方や解釈が違い、それらを比べることで、自分なりの歴史観が育まれることも。一番感情移入できるコンテンツを見付けることが、歴史を楽しむコツと言えます。

歴女のジャンルとは

歴女に人気の戦国武将!武将萌えの極意に迫る

織田信長

織田信長

歴女に最も人気のある時代は、戦国時代。では、人気のある戦国武将は誰なのでしょうか。

様々なアンケート結果で多少の違いはあるようですが、1位「織田信長」、2位「伊達政宗」、3位「真田幸村(真田信繁)」が、ほぼ常連。いずれも大河ドラマの主役となった名将ばかりです。

一方、ベスト3には入らないものの、悲運の武将や一般的には名前の知られていない武将達も、根強い人気で支持されています。

例えば、伊達政宗の側近だった「片倉小十郎」(かたくらこじゅうろう)は、主君へのけなげな忠誠心が歴女の心を揺さぶり、伊達政宗と片倉小十郎ゆかりの史跡を巡るツアーは大人気とのこと。

また、「豊臣秀吉」が統治する以前の四国を治めていた「長宗我部元親」(ちょうそかべもとちか)は、ゲームやアニメで人気の「戦国BASARA」を通して、一躍知名度を上げた武将のひとりです。作品の中では、長宗我部元親が長身でイケメンのアニキタイプに描かれたことから、ファンクラブが発足したほどの人気ぶり。「高知県立歴史民俗資料館」はファンの声に応えて、長宗我部家に関する常設展示コーナーを設けました。

この流れのなかには、歴女の志向のひとつが表れており、ただミーハー的にキャラクターを追いかけるのではなく、きちんと史実や背景も知りたいという姿勢が見られます。

悲運の武将として人気が高いのは、「石田三成」(いしだみつなり)や「前田慶次」(まえだけいじ)、「直江兼続」(なおえかねつぐ)など。その悲運をどのように受け入れたのかに歴女は注目し、さらには、どんな女性と出会い、愛したのかといった「恋バナ」も、歴史を楽しむエッセンスになります。

好きになる入口は何であっても、気になる武将を見付けたらその生涯を追いかけて理解しようとする、歴女達の「もっと知りたい」は、武将への愛の証なのです。

  • 戦国武将
    歴史を動かした有名な戦国武将を取り上げ、人物や戦い(合戦)をご紹介します。
  • 武将・歴史人の日本刀
    武将・歴史人のエピソードや、関連のある刀剣・日本刀をご紹介します。

城ガールの目で歴史を遊ぶ

城ガール(歴女)

城ガール(歴女)

「城」と呼ばれる建造物の多くは、17世紀頃の近世に建てられ、当時の建築技術や彫刻、絵画などの芸術の粋が集められています。

現在、近世の天主が残っているのはわずか12ヵ所のみですが、国の史跡に指定されている城や城趾は約170ヵ所です。

このお城に着目して全国を旅する歴女を「城ガール」と呼び、城ガールのなかには建物好きだけではなく、内部の装飾や庭園を愛でるタイプの人もおり、各々着眼点が違います。

ひとつのお城をきちんと知って理解するだけでもかなりの時間がかかりますが、だからこそお城に着目すると、とりこになってしまうのです。

知れば知るほど謎が生まれ、ひとつの謎を解明すると、次の謎が浮かび上がる、そのワクワク感を知ったらやめられません。様々なお城のガイドブックが出ていますが、最初はお住まいの地域にあるお城を訪れてみるのも良いでしょう。

刀剣・甲冑展示の城・城郭刀剣・甲冑展示の城・城郭
刀剣や甲冑を観ることができる城郭を地域別にご紹介します。
刀剣ワールド 城刀剣ワールド 城
日本全国のお城や城跡を検索できる国内最大級の情報サイト。日本の城(城郭)にまつわる各種コンテンツなど多数掲載!

グルメ女子が歴史を楽しむなら城下町巡りへ

グルメ好きな女子に人気の歴史旅は、城下町巡り。お城のあるほとんどの町は、城下町として整備された場所なので、歩いていると古い町並みや古民家に出会えることが多いのです。

そして、城下町は地元のソウルフードを発見できるスポット。その土地でしか味わえないグルメを頬張りながら城下の歴史に触れてみれば、自然体で歴史の世界を探訪できます。城下町としてその町を見直すことで、気付かなかった町の魅力が発見できるのです。

歴女に人気の城下町歴女に人気の城下町
当時の建物や町並みが楽しめる日本各地の城下町をご紹介!

生涯をかけて楽しめる仏像女子の道はいかが?

興福寺

興福寺

歴女という言葉が生まれた2009年(平成21年)前後、「仏像女子」という言葉も同時に生まれました。仏像女子は、略して「仏女」(ぶつじょ)とも呼ばれます。

この言葉を生むきっかけとなったのは、2009年(平成21年)に、東京と福岡で開催された「国宝阿修羅展」(こくほうあしゅらてん)。ここに多くの若い女性が列をなして、世の中を驚かせたのです。

仏像女子は、宗教や宗派にはあまり深く入り込むことなく、アートとして楽しむのが一般的。

近年では、「イケメン仏像」という言葉も使われるようになり、紹介されている仏像を観ると「なるほど」と納得の、美しい表情の仏様が多いことに驚かされます。

イケメン仏像の筆頭は、奈良県興福寺」の「阿修羅像」ですが、京都府東寺」の「帝釈天」(たいしゃくてん)、奈良県「秋篠寺」(あきしのでら)の「技芸天」(ぎげいてん)なども常連です。

また、仏像は掘り下げるポイントの多いところが歴女に人気の理由となっています。ポーズの意味や、「如来」(にょらい)、「菩薩」(ぼさつ)、「明王」(みょうおう)、「○○天」という名称の違い、時代による彫刻技術や素材の違い、そして、納められている寺院の由来などが注目点。

国宝級の仏像が集まる代表的エリアは、都のあった奈良と京都ですが、インターネットなどで調べてみると、お住まいの地域の寺院や博物館にも、一見の価値がある仏像を見付けることができます。

刀剣奉納 神社・仏閣の日本刀刀剣奉納 神社・仏閣の日本刀
刀剣が奉納・展示されている主な神社・仏閣や宝物館などを一覧でご紹介。

人気急上昇中!刀剣女子の始め方

アニメ・ゲームから入る刀剣女子

アニメ・ゲームから入る刀剣女子

仏像女子と同様に、想定以上に若い女性の来訪者が多く、主催者を驚かせたのが、2018年(平成30年)に奈良県「薬師寺」で開かれた「噂の刀展」(うわさのかたなてん)でした。

その数年前に登場したオンラインゲーム「刀剣乱舞」(とうけんらんぶ:略称とうらぶ)がブームとなり、若い女性達が刀剣に熱い視線を注ぐようになったのです。

ゲームに登場するのは、刀剣を擬人化したイケメンの刀剣男士。刀剣乱舞はミュージカルやアニメ、映画作品などにも展開され、人気が続いています。

かつて、本物の刀剣を観て、知識を蓄え、理解していった人達からすれば、ゲームで感情移入してから本物を観る「刀剣女子」のスタイルは、刀剣への理解をショートカットしているように見えるとも言われました。

しかし、彼女達の知識欲や作品と精神性への尊敬の念、審美眼は学芸員も舌を巻くほどで、単なるブームでないことを物語っています。小説よりも具体的なイメージを持って刀剣の世界を知る刀剣乱舞は、歴史にアプローチする良い題材なのです。

また、刀剣が納められていることの多い場所として、各地の神社が挙げられます。身近にある神社の宝物殿に思わぬ名刀が奉納されていることも珍しくありません。ホームページなどを調べてから、実際に訪ねてみるのもおすすめです。

形から入るなら、コスプレ系歴女にチャレンジ

時代背景や人間模様には興味がないけれど、時代劇の衣装だけは妙に惹かれてしまうという歴女なら、史跡のある観光地でコスプレを楽しんでみてはいかがでしょう。

最近では、着物で城下町を巡ることができたり、甲冑を身に着けてお城をバックに記念撮影できたりするスポットが増えています。衣装を纏って、往時の人々の暮らしぶりに想いを馳せるのも、歴女の醍醐味です。

一方、ゲームやアニメに登場するキャラクターになりきりたいときは、衣装を自作して、各地で開催されているコスプレイベントに参加してみましょう。

また、着物で古い町並みを歩くと、資料館の入館料やグルメの代金を割引してくれる観光地もあるので、お出かけ前にはぜひリサーチを。現地で浴衣の貸し出しをしてくれるスポットでは、気軽にいにしえの時代を体験できます。

刀剣コスプレ刀剣コスプレ

コスプレの基本知識をはじめ、衣装や小道具、メイク術など、コスプレ関連の情報をご紹介します。

自分でジャンルを作ってみよう!

ひと口に歴女と言っても、ジャンルは無限。興味のポイントで細分化していけば、歴女の数だけジャンルが存在することになるのです。

例えば、仏像女子の中で、特に「阿修羅像」が好きな人は「アシュラー」と呼ばれています。この考え方であれば、「武将萌え」のジャンルに入る歴女でも、伊達政宗からスタートして歴史探訪の範囲を広げていく人のジャンルは伊達政宗。伊達政宗の側近の片倉小十郎の視点で戦国時代を掘り下げようとしている人であれば、ジャンルは片倉小十郎です。

また、伊達政宗を追求していたら、いつの間にか「徳川家康」というジャンルの住人になっていたとしても不思議ではありません。歴史は広く、深く重なっている地層のように楽しみが重層的に連なっている分野なので、予想もしていなかった出口に辿り着くことにも期待感がふくらみます。

好奇心が刺激されるキーワードを見付けたら、それを自分だけのジャンルに設定して楽しんでみてはいかがでしょう。キーワードは、無限に広がる歴史の世界の道標になります。歴女の歴史探訪にルールはありません。あえて言うのなら、興味の赴くまま、目移りしたときには寄り道しながら楽しみ続けることが、唯一のルールと言えるのです。

歴女の種類

歴女の種類をSNSでシェアする

「歴女について」の記事を読む


歴女におすすめのお祭り

歴女におすすめのお祭り
勇壮な合戦絵巻に鉄砲隊の演武、甲冑姿の武者達や、姫を乗せた輿(こし)の行列など、歴女の心を躍らせるイベントが目白押し。それが、戦国武将ゆかりのお祭りです。現在、全国各地で戦国武将にまつわるお祭りが開催され、毎年多くの観客を集めています。お祭りでは、歴史の教科書や時代劇でしか観ることのできなかった戦国時代の風景が、まさに目の前で再現されるのです。歴女のみなさんもその世界へいざなわれ、迫力に圧倒されることでしょう。そんな全国の名だたるお祭りのなかから、山梨県甲府市の「信玄公祭り」、京都府京都市の「時代祭」(じだいまつり)、愛知県名古屋市の「名古屋まつり」、福島県相馬市の「相馬野馬追」(そうまのまおい)の4つをピックアップ。歴女におすすめのお祭りとして、特徴や見どころをご紹介します。

歴女におすすめのお祭り

歴女におすすめの浮世絵

歴女におすすめの浮世絵
「浮世絵」とは、江戸時代に発達した風俗画のことです。江戸時代には、木版印刷が普及して本や木版画が身近な物となり、歴女が好きな武将を描いた「武者絵」や「偽名絵」(にせなえ)が数多く描かれました。また、浮世絵は観賞するだけではなく、切り抜いて遊ぶなど「おもちゃ」としても活用されたのです。新たな浮世絵の魅力に気付ける、歴女におすすめの浮世絵についてご紹介します。

歴女におすすめの浮世絵

歴女に人気の戦国武将

歴女に人気の戦国武将
戦国武将と言えば、「織田信長」、「豊臣秀吉」、「徳川家康」の三英傑を思い浮かべる人も多いことでしょう。しかし、戦国時代には三英傑だけでなく、多くの武将が戦乱の時代を鮮烈に生き、足跡を残しました。憧れとなるその生き様は日本人の心に刻まれ、その史跡は多く残されているのです。そんな歴女に人気の戦国武将達を、ゆかりの地や食べ物と共にご紹介していきます。

歴女に人気の戦国武将

歴女におすすめの城

歴女におすすめの城
「日本の城」という言葉でイメージする物と言えば、美しく積まれた石垣や高くそびえる天守(てんしゅ:城郭建築の中心となる高く造った建物のこと)ではないでしょうか。実は、城の起源は弥生時代にまで遡り、日本国内には分かっているだけでも50,000もの城跡があると言われています。戦乱が増加した南北朝時代から江戸時代までの城についての解説と、歴女におすすめの城をご紹介します。

歴女におすすめの城

新撰組とは

新撰組とは
江戸時代末期、京都治安維持のために結成された「新撰組」(しんせんぐみ)。新撰組は、「尊皇攘夷思想」(そんのうじょういしそう:天皇を敬い、外国人を打ち払う考え)を持ち、京都で乱暴狼藉を行なっていた、不逞浪士の取り締まりをするために結成されました。この組織のリーダーに「近藤勇」、副長「土方歳三」、隊士「沖田総司」らがいます。 彼らは様々なドラマや小説、漫画やゲームなどの登場人物として取り上げられ、今なお歴史ファンや歴女を魅了してやみません。そんな新撰組と、近藤勇、土方歳三、沖田総司の3人についてご紹介します。

新撰組とは

歴女におすすめの甲冑

歴女におすすめの甲冑
戦国武将の姿をイメージするとき、甲冑をまとった勇姿を思い浮かべる歴女の方も多いのではないでしょうか。現代でも馴染み深い、日本独自の甲冑スタイルである「大鎧」(おおよろい)が登場したのは平安時代のこと。以降、日本の甲冑は、「日本式甲冑」として世界でも類を見ない進化・発展を遂げることとなります。 そのなかでも、戦国時代後期の安土桃山時代から江戸時代にかけて主流となった「当世具足」(とうせいぐそく)は、大規模な集団戦や鉄砲戦に対応できる機能を備えていたばかりでなく、着用する武将の思想や世界観がデザインに反映され、個性が際立っていました。戦国武将が身に付けていた甲冑にはどのような個性が表れていたのか、歴女人気の高い名将を中心に見ていきましょう。さらに、歴史的に貴重な甲冑の名品もご紹介します。

歴女におすすめの甲冑

歴女におすすめの古戦場

歴女におすすめの古戦場
歴史を感じることができる場所のなかでも、近年、注目度が高まっている「古戦場」。古戦場の魅力とは、どんなところにあるのでしょうか。古戦場の解説に加え、全国にある古戦場から歴女におすすめの地をピックアップしてご紹介します。

歴女におすすめの古戦場

御城印とは

御城印とは
近年の日本では、神社仏閣を参拝した証しに頂ける「御朱印」がブームになっていますが、そのお城バージョンとも言える、「御城印」(ごじょういん)をご存じでしょうか。最近の戦国武将人気により、ゆかりのあるお城を巡る人達が増え、「登城証明」である御城印を集めることが、ブームの兆しを見せています。御城印について解説しながら、御城印という言葉を初めて聞いたという人にも分かりやすく、オススメの御城印のある日本全国のお城についてご紹介します。

御城印とは

城ガールとは

城ガールとは
近年、若い女性を中心に「〇〇ガール」や「〇〇女子」、「〇女」といった造語が生まれていますが、そのひとつである「城ガール」とは、「お城女子」とも呼ばれるお城が好きな女性のこと。城ガールはフットワークが軽いため、様々なお城を巡り、楽しんでいます。 そんな城ガールの特徴と、人気のお城をご紹介します。

城ガールとは

注目ワード
注目ワード