歴女のためのお城見学ポイント

城郭

文字サイズ

「城郭」(じょうかく)とは、お城のことです。日本には数千ものお城があると言われますが、歴女でも意外と基本的なことを知らずにいるのではないでしょうか。お城にはどんな種類があり、どんな目的で作られたのか。なぜこれだけ多くのお城があるのか。どこから材料を調達して、誰がどのように作ったのか。歴女必見、城郭の基礎知識をご紹介します。

刀剣・甲冑展示の城・城郭刀剣・甲冑展示の城・城郭
刀剣や甲冑を観ることができる城郭を地域別に検索できます。

徹底解明:お城とは何だろう

外国のお城との違い~海外は石造り、日本は土・木造り

万里の長城

万里の長城

海外にも多くのお城がありますが、日本のお城とはどう違うのか、歴女の皆さんはご存知でしょうか。

海外の例を見ていくと、韓国では水原の華城、中国では万里の長城、インドのアグラ城など、それらは「石造り」の建築物です。

一方、日本のお城は主に「土」と「木」で造られています。また高い壁ではなく、深い「堀」を造りました。それは、日本は海外に比べて、地震や水害などが多かったからと言われています。

「城」という漢字は「土から成る」と書きますが、文字通り、土を掘って堀を造り、その土で壁を造っていたということです。

なお、どちらのお城にも共通するのは、狭間や石落としなど、敵を撃退する「防衛」の機能が附属していたこと。近代になると、防衛のためのお城ではなく、居住性や美観が重要視されるようになってきた点も同じです。防御から美しさへと進化したお城は、やがてまちのシンボルとなり、多くの人々に愛されてきました。

お城への思いは世界共通。これからもお城は、多くの人を魅了する存在であり続けるでしょう。

お城が果たす4つの役割(軍事・政治・象徴・生活)

では、お城は何のために造られたのでしょうか。築城の進化によって、お城は4つの顔を持つようになりました。大名達は、立派なお城を造ることで、その役割を最大限に利用したのです。

①軍事「自陣を守る軍事基地」

お城のそもそもの目的は、敵の侵攻を防ぐための軍事基地。お城が戦いの舞台になった場合には、籠もって戦うだけでなく、そのために必要な武器や食糧を備蓄するという役割もありました。

また、攻めにくそうなお城を建てると、それだけで敵国の侵攻意欲を削ぐというメリットもあったのです。

②政治「カリスマ性を高める装置」

織田信長

織田信長

歴女に人気が高い「織田信長」が築いた天守や石垣は、中世までの土城とは違い、圧倒的な存在感を放ちました。

これは、上下関係の曖昧な中世の人々にとって、城主と家来の格の違いを感じさせるのに十分な装置となったのです。

領民にとっても、きっと天上の存在に思えたことでしょう。

この心理効果は絶大で、それ以後の天下人達は、こぞって権力や経済力を誇示するお城を造りました。

③象徴「領内の政庁としての役割」

城内には、城主や領地に住む家臣達が集まり、政務を行なうための御殿が建てられました。

御殿とは、今で言う県庁や市役所のような場所。現在も、お城の敷地はそのまま市役所などに使用されている例もあります。

④生活「城主の住まい」

「お城に住む」とは言え、城主は天守に住んでいるのではありません。普段、天守や櫓は物置として使われ、生涯に一度も天守に上がったことのない城主もいたとのこと。

城内には、本丸や二の丸御殿といった建物が建てられ、そこに城主や家族の住まいがありました。他国からの使者を迎える応接間や会議を開く広間もそこに備えており、歴女もうっとりするような、豪華な造りとなっていったのです。

「お城を持つ」という意味:身分が低くてもお城持ちになれた

日本には、数千ものお城があったと言われますが、そこには一体誰が住んでいたのでしょうか。

戦国時代には、有力な大名はひとりでいくつものお城を持っており、自身の居城である「本城」、そして本城を取り囲むようにたくさんの「支城」を造っていました。支城には、信頼のおける家臣を城主として住まわせ、そのネットワークによって、効率よく領地の統治を行なっていたのです。さらには、部下も小規模なお城(又支城)を任されることがありました。

又支城の城主に選ばれたのは、普段は農業に従事し合戦になると戦うという、そんなに身分は高くない、出稼ぎ武士達。このシステムがあったからこそ、3,000~5,000というお城が生まれたのです。

ところが、江戸時代になると、江戸幕府が制定した「一国一城令」により、多くのお城が破却されてしまいました。お城をなくした大名達は、その代わりに代官の住居及び役所となった陣屋に住まうことになります。

陣屋に藩庁を置く大名は「無城大名」、あるいは「陣屋大名」と呼ばれ、 無城大名が城主格大名へ昇格しても、国許の陣屋をお城に転換することはできず、城門の構築を許されるのみでした。

お城の種類:地形による区分

要害山

要害山

江戸時代の軍学者による分類では、お城は「山城」(やまじろ)、「平山城」(ひらやまじろ)、「平城」(ひらじろ)の3つに分けられています。

戦国時代の幕開けに登場したのは、山の地形を活かして建てられた山城です。敵に攻められた場合に備えて、水の確保や、周辺の山々の高さも気にしながら、籠城戦にも備えたお城を建てました。

しかし、標高400m級の山城ともなると住むには不便なため、平時には、ふもとに建てた館に住んでいました。

例えば、甲斐武田氏の「躑躅ヶ崎館」(つつじがさきやかた)と「要害山城」(ようがいやまじょう)がその例です。

そのうちに、どちらの利点もかね備えた場所、つまり平地に挑む丘陵にお城を築き、平地には曲輪を配した平山城が誕生しました。

領地に山がない場所には、河川に面した水城や、周囲に堀を幾重もめぐらせた平城が築かれるようになり、そのときの状況や地形によって、最適な場所に最適な方法を選択していったと考えられます。

このように築城の場所が変わっていった理由としては、以下の3つが考えられます。

  • 銃が登場し戦いの仕方が変わった
    刀剣や槍で戦っていた時代から、射程距離の長い銃が使われるようになったことで、防御に必要な堀の幅が延びて、お城の周囲にも広い面積が必要になったからと言われています。
  • 権力の象徴として多くの人に見せ付ける必要があった
    天下統一の時代となると、各地で起こっていた戦いが減り、戦のための実践的なお城という目的よりも、権力を誇示する目的が重要視されました。そこでお城は、多くの人の目が触れる場所に置かれるようになったのです。
  • 家来が増えた
    権力が集中するようになると、多くの家臣がお城の周辺に住み、城下町を造りました。お城を中心に据え、その周囲をまちとして機能させるため、地形的利点のある場所が求められたのです。

地形を活かし、攻めにくい山城

竹田城

竹田城

比高(ひこう:盛り土や崖などの高さと、近くの平らな所の差のこと)100m以上の山地に建てられたお城の形態が山城です。

山城の場所は、高い所にあれば良いというものではなく、およそ標高400mまでに収めるのが理想。

これ以上高い山だと、山の麓が遠くて敵の侵入が見えませんし、食糧や水の確保も大変になります。周囲に高い山がないことも条件のひとつでした。

おもな時代
南北朝時代~戦国時代初期
おもな城
岩村城岐阜県)、岐阜城(岐阜県)、高取城奈良県)、竹田城兵庫県)、備中松山城岡山県

平城の利便性と山城の堅固さの良いところ取りの平山城

熊本城

熊本城

平山城は、山城よりは低い、およそ100m以下の丘や山と周辺の平地を利用して造られました。

城内に広い場所を確保したことにより多くの兵を収容することができ、大名の権威の象徴として利用されたのです。

防御力を確保するため、石垣を大規模に使い、その上に櫓や天守を建て、幅の広い水堀を建築。そのため、莫大な工事資金、人工の確保が必要でした。

おもな時代
戦国時代終盤
おもな城
仙台城宮城県)、安土城滋賀県)、彦根城(滋賀県)、姫路城(兵庫県)、熊本城熊本県

平地に築かれ、城下町の政庁となった平城

名古屋城

名古屋城

平城の原型となったのは、鎌倉時代から続く武家の館です。

防御力は山城や平山城には劣るため、川や沼など湿地帯などを利用して、敵の行動を制限し攻められる方向を限定したり、土塁や堀で囲んだりと、防御を堅固にする工夫が施されていました。

江戸時代になると石垣技術の向上により、強固なお城を築くことができるようになっていきます。

おもな時代
江戸時代初期
おもな城
江戸城東京都)、名古屋城愛知県)、二条城京都府)、大阪城大阪府)、広島城広島県

平城の仲間で、海や湖を堀とした水城(浮城)

中津城

中津城

湖や海岸、瀬戸内海の小さな島に築かれたお城。

湖や海に面しているため、防御を陸側にだけ集中させることができるというメリットがあります。

築城には、海岸や湖岸を埋め立てる必要があるため、多大な資金・職人が必要でした。

おもな時代
江戸時代初期
おもな城
高島城長野県)、大津城(滋賀県)、高松城香川県)、今治城愛媛県)、中津城大分県

お城の作り方

縄張:天下人に重用された築城名人&名工達

築城は、まずお城の構造(縄張)を考えて設計図を作り、それをもとに普請(土木工事)から作事(建築工事)の順番で工事が行なわれます。

まずは「どこにお城を建てるか」。領主のお城を築くなら交通の要衝が良いところでしょうし、支城を建てるなら敵との国境付近がふさわしいというように、用途によって最適な土地を選び、規模や大きさを決定します。

そこへ、建物や堀、石垣などの配置や曲輪の形をレイアウトしていくと設計図が完成。現在の建設でも、この作業は同様です。

加藤清正」(かとうきよまさ)や「藤堂高虎」(とうどうたかとら)といった「築城名人」と呼ばれた大名は、地形の良し悪しを見極め、都市計画を練り上げました。

彼らのもとには優れた城大工がおり、安土城を築いた「岡部又右衛門」(おかべまたえもん)や徳川家のお気に入りだった「中井正清」(なかいまさきよ)など、大名の地位が与えられるほど厚遇されました。

普請:巨石運びは祭りのような盛り上がり

「普請」(ふしん)では、お堀の掘削や曲輪の造成、石垣の積み上げが行なわれます。

山城では、斜面を削り平坦にするという作業が基本で、掘ったお堀の土を使って積み上げて土塁を造るというように、とても無駄のない方法で造られました。

しかし、地形を活かした山城に対して、平山城・平城では、土木作業も格段に増え、工事も困難。高い部分から斜面を崩していき、曲輪を造りましたが、平城の場合は、水が湧き出てくることもあったうえに、粘質で水分を含んでいる平地の土は造成に不向きだったため、掘った土を使わずに、わざわざ近隣の小山を崩して運び込んだ土を使用したのです。

現代のように、重機などない時代のこと。すべての工事は人手によって行なわれていたと思うと、途方もなく大変な作業だったということが分かります。

徳川家康」による「天下普請」(てんかぶしん:江戸幕府が全国の諸大名に命令し、行なわせた土木工事)では、特に巨石の運搬は築城の見せ場のひとつであり、パレードのように派手な衣装と音楽で人足(にんそく:力仕事をする労働者)達を盛り上げたり、大名が自ら石材の上に乗って音頭を取ったりするなど、まるで祭りのような賑やかさだったとのこと。

築城には、多くの人達の力が必要となるので、城下町には食事処や芝居小屋などが建ち並び、町も活気付いていました。

石垣積みというと、職人集団として有名だったのは、近江(滋賀県)出身の「穴太衆」(あのうしゅう)です。もともと古代に日本にやってきた百済の渡来系で、古墳の造営を中心に技術を伝えた人達。

延暦寺伽藍の石垣が壊れないのに感心した織田信長が、安土城の築城のために召し抱えたことで、多くの権力者達に重宝されるようになりました。彼らの活躍により、石垣の技術が格段に進化したのです。

作事:職人による仕上げ作業

普請が終わると、天守や門などを建てる建築工事「作事」(さくじ)が始まります。作事には、左官や大工など専門の職人が雇われました。

大勢の人足や技術者の手によって築き上げられたお城は、まぎれもなく人もお金も手間もかけた、壮大な芸術品だったと言えます。

材料はどう集めたのか

築城に使われた木材や石材はどのように運ばれてきたのか、歴女の皆さんならご存じでしょうか。

例えば、江戸城の場合は、築城地のそばでは採石できなかったため、伊豆(静岡県)から石を運びました。石は石材運搬用の船で運ばれますが、巨石を運ぶ船はバランスを取るのが難しく、江戸に辿り着くのは至難の業。運良く港に着いたとしても、陸上を運ぶのが一苦労でした。

さらに、運搬しているときに落としてしまった石は、「城が落ちる」(落城)につながるとして、築城には2度と使用できません。このような石は「残念石」と呼ばれて、その場で捨てられたのです。

また、天下普請のお城では、多くの藩が作業をしているため、苦労して運んだ石を強奪されることもあり、現場は常に一触即発状態。刻印を付けて他大名とのトラブルを防ぎました。

木材は、木曽(長野県)の山中から切り出され、川へ流して運搬。川の上流でいかだを組んで、江戸へと流されました。このように、材料の確保も運搬も大変なものだったことが分かるのです。

城郭

城郭をSNSでシェアする

「歴女のためのお城見学ポイント」の記事を読む


土塁・堀

土塁・堀
お城造りの達人達は、敵が侵入するのを防ぐため、入念な防御策を施しました。門や櫓はもちろんのこと、お城の周囲に「堀」を張り巡らせ、さらに土を高く盛って斜面を付けた「土塁」(どるい)を造り上げたのです。土塁と堀はセットで、お城を守る最前線に置かれました。 敵の侵入を防ぐ最強の土塁・堀とはどういう物で、一体誰が築いたのでしょうか。地味に思えて知れば知るほど面白い、土塁・堀の世界。歴女必見のコンテンツです。

土塁・堀

馬出・狭間

馬出・狭間
軍事拠点であるお城には、橋、壁、堀など、すべての構造に様々な工夫が凝らされています。敵軍にとっては突破が難しく、自軍にとって有利に戦を運ぶことができるように考え尽くされたその工夫は、歴女ならずとも思わず唸ってしまうこと間違いなしです。 ここでは、「虎口」(こぐち:城郭や陣営などの要所にある出入り口)の進化に合わせて造られた「馬出」(うまだし:お城の虎口や城門を掩護するために、その前に設ける土塁や石塁)、塀に仕込まれた「狭間」などのお城の工夫や、こうした難攻不落の構造を突破するために編み出された戦術をご紹介します。

馬出・狭間

御殿

御殿
「御殿」(ごてん)と言うと、江戸城本丸御殿内にある私邸(大奥)を舞台に繰り広げられた女性達の愛憎ドラマ「大奥」が、歴女にも人気です。大奥に入ると鈴が鳴り、両端に、かしずく女中の間を将軍様以下御台所、側室らが悠然と歩いていく、あの総触れのシーンは大奥の世界観を示すお馴染みの光景。大奥に限らず、御殿は城主の権力の象徴として造られた物であり、どこを観てもため息が出るほど贅を尽くした造りです。現存の御殿は4城ある他、復元された御殿が全国各地に点在。ここでは、歴女なら誰もが憧れる御殿の基礎知識と、日本全国の有名な御殿をご紹介します。

御殿

櫓・門

櫓・門
城郭防衛の要となっていた「櫓」(やぐら)や「門」には、先人達の知恵と工夫が詰まっています。櫓と門は切っても切り離せない関係にあり、城の正面玄関となる「大手門」(おおてもん)は、格式と防御力の高さが重要視されていました。江戸時代の城郭には、両脇に石垣を伴い、上層が櫓となった強固な「櫓門」が多く採用されていたことから、その重要性が分かるとのこと。 ここでは、櫓や門が生まれた経緯や、その名称と種類をご紹介します。歴女ならではのこだわりの視点で、個性豊かな櫓・門の隠れた面白さを見付けてみましょう。

櫓・門

石垣

石垣
歴女が胸をときめかせるお城の魅力のひとつに、「石垣」の美しさがあります。優美な天守も捨てがたいですが、そびえ立つ石垣の力強さもまた、人を引き付けているのです。いろいろなお城の石垣をよく観てみると、どのお城も石垣の加工の仕方や積み方に、個性があるのに気付くでしょう。面白いのは、石垣に用いられている技術によって、築かれた時代をある程度推測することができること。石垣の構造や見方を知ると、さらに楽しいお城鑑賞となるに違いありません。ここでは、そんなお城の石垣について、詳しくご説明します。

石垣

城の歴史

城の歴史
現在、私達がイメージする日本のお城とは、どんな建造物でしょうか。豪華な天守に立派な石垣に堀、その周囲には家臣や職人が住む城下町が広がる。そんな風景が思い浮かんだのではないでしょうか。実はこれは、「織田信長」が作り上げたと言われているイメージなのです。 ここでは、日本におけるお城の歴史や、「戦国三英傑」による築城についてご紹介します。お城めぐりは、歴女の「聖地巡礼」の中で定番とも言えるイベント。知識が増えれば、お城めぐりがより一層楽しくなること間違いなしです。

城の歴史

天守

天守
城主の権威を見せ付ける「天守」は、まさにお城の顔。どれも同じように見えますが、それぞれの城主の思いや考えのもとに造られており、外観が似ることはあっても、そっくり同じ天守は存在しないと言われています。天守の種類や形式を知れば、「築城主」や「時代背景」、「文化」、「風習」など、様々なものが見えてくるのです。 そして、歴女とお城は切っても切り離せない関係にあります。なぜなら、お城と言えば名のある戦国武将達が居住した他、数々の合戦が繰り広げられた舞台でもあるからです。

天守