甲冑(鎧兜)と武将

有馬忠頼と甲冑

文字サイズ

江戸時代、現在の福岡県久留米市近辺にあたる久留米藩の基礎を築いた「有馬忠頼」(ありまただより)。その有馬忠頼が身に付けたと伝わるのは、通称「大熊」と呼ばれる甲冑「熊毛植五枚胴具足」(くまげうえごまいどうぐそく)です。ここでは、有馬忠頼という人物を甲冑を通して見ていきます。

甲冑(鎧兜)写真/画像甲冑(鎧兜)写真/画像
歴史的に価値の高い甲冑(鎧兜)や面頬などを名前や種類から検索することができます。

有馬家御家流の始まり「大熊」の甲冑

熊毛植五枚胴具足

熊毛植五枚胴具足

熊毛植五枚胴具足の肩や胴、太腿まわりを守る部分を覆うのは「熊の毛」とされており、から伸びた大きな角と合わせて、大熊のような強さや迫力を表現。

正面の前立には「獅噛」(しかみ)というのような表情をした獅子の飾りが付いています。

獅噛は、霊獣とされた獅子が噛んでいる飾りのことで、力強さを表しており、甲冑や仏像、火鉢の脚などの飾りとしてよく用いられた物。大きな角と共に、戦場で威厳を放っていたのではないでしょうか。

戦国の乱世が終わり江戸時代になると、大名家にはその家らしい特徴を受け継いだ「御家流」の甲冑が作られるようになりました。有馬家も、この大熊の甲冑の特徴的な形が継承されています。

4代藩主である有馬頼元が身に付けたと伝わる甲冑は「小熊」と称され、有馬忠頼の甲冑を写した物。籠手に銀象嵌が施され、大熊よりも華美に作られています。

獅噛兜は、以降も有馬家に継承され、有馬家を特徴付ける物となったのです。
※2018年(平成30年)現在「熊毛植五枚胴具足」は、個人蔵とされています。

有馬家のルーツは神戸へと流れた赤松氏

1603年(慶長8年)、有馬忠頼は丹波国(現在の京都府福知山城主「有馬豊氏」(ありまとようじ)の次男として生まれます。母親の「連姫」(れんひめ)は、徳川家康の養女であったため、徳川家康は子の誕生をとても喜んだと言われています。

1637年(寛永14年)に起きた「島原の乱」では、父と共に参加。39歳のときに父が亡くなり、家督を継いで筑後国(現在の福岡県久留米藩主となりました。

そもそも有馬忠頼が継いだ有馬家は、もともと播磨国(現在の兵庫県西南部)などを支配した「赤松満祐」(あかまつみつすけ)氏がルーツとされています。15世紀に入ると、赤松氏の支配する播磨国で一揆が発生するなど、赤松氏の立場が揺らぎ始めます。

さらに6代将軍足利義教(あしかがよしのり)が赤松氏の本家を冷遇し庶流の血筋を優遇。それが原因で赤松満祐は、足利義教を暗殺します。

これが、1441年(嘉吉元年)に起きた「嘉吉の乱」(かきつのらん)と呼ばれる出来事で、赤松氏は幕府軍から追い討ちされるのです。

三つ巴

三つ巴

そして赤松氏は、播磨から摂津国有馬(現在の兵庫県神戸市北区)へと流れ、土地の名前から「有馬」と名乗りました。

その後「豊臣秀吉」に見出されて中央に戻され、有馬(有間)神社のご祭神への感謝を代々忘れないように、社紋の三つ巴を有馬家の家紋としたのです。

敬神の心を持ちながら家臣や民などには厳しい有馬忠頼

水天宮(福岡県久留米市)

水天宮(福岡県久留米市)

有馬家は1620年(元和6年)、筑後国久留米に21万石を拝領。有馬忠頼は父に次いで、久留米藩の第2代藩主として治水工事や学問奨励など藩政に務めます。

そして「水天宮」(すいてんぐう:当時は尼御前大明神と尊称)の社殿を造営するため、城下の筑後川近くの広大な土地を寄進した、と水天宮の由来に書かれているのです。

その後、第9代藩主の「有馬頼徳」(ありまよりのり)によって、参勤交代の最中も江戸で水天宮へとお参りできるよう、江戸にあった有馬藩邸に水天宮東京都)が作られました。

それ以降は当主と共に場所が移り、2018年(平成30年)現在は東京都中央区日本橋にあります。毎月5日に限り、お屋敷の門を開き、人々のお参りを許したことから「なさけありまの水天宮」と、その情け深さを慕われました。

城下に土地を用意して社殿の造営をしたという話だけであれば、信心深い心の持ち主だったという話で終わります。しかし、有馬忠頼は敬神の心を持つ半面で、性格はやや激しい面があったと言われているのです。

西本願寺のとある宗徒のふるまいを、有馬忠頼は無礼と感じました。すると領内の寺社へこぞって東本願寺への転派を強要。拒否した寺社は潰していったという逸話が残されています。

家臣や城下の百姓に対しても厳しい姿勢を取り、久留米藩主として基礎を築いたものの、太陽のような温かい政治だったとは言い難いようです。それは、有馬忠頼の最期についての諸説からも感じられます。

有馬忠頼が亡くなったのは、52歳の頃。参勤交代の最中に船内で病死したという説と、日頃から恨みを持っていた小姓の家族に斬殺されたという説も伝わっています。

様々な逸話の真相はよく分かりませんが、逸話から想像される有馬忠頼は気性の激しいイメージ。力強くインパクトのある甲冑が、よく似合う人物だったのかもしれません。

有馬忠頼と甲冑

有馬忠頼と甲冑をSNSでシェアする

「甲冑(鎧兜)と武将」の記事を読む


関ヶ原の個性的な甲冑(東軍)

関ヶ原の個性的な甲冑(東軍)
「徳川家康」率いる「東軍」が勝利を収めたのは、徳川家康が見事な采配を振るったのはもちろんのこと、「武官派」としてその名を轟かせた家臣団が付き従っていたことが、その大きな要因でした。ここでは、徳川家康をはじめ、「本多忠勝」、「井伊直政」、「榊原康政」などの家臣団や、「黒田長政」、「福島正則」、「加藤清正」、「細川忠興」、「伊達政宗」、「藤堂高虎」、「加藤嘉明」といった東軍の武将の強さについて、甲冑を通して見ていきます。

関ヶ原の個性的な甲冑(東軍)

戦国武将と甲冑

戦国武将と甲冑
甲冑とは、胴体を守る鎧と頭部を守る兜からなる防具のことで、古くは弥生時代から用いられたとされています。そして時代の流れと共に甲冑の形状は変わり、戦国時代では、武将の威厳や地位の高さを誇示する物としても活躍しました。名だたる戦国武将の中から、「武田信玄」、「森可成」、「明智光春」、「前田利家」、「立花宗茂」が愛用した甲冑と特徴について詳しくご紹介します。

戦国武将と甲冑

戦国武将と兜

戦国武将と兜
兜は頭部を守る防具としての役割の他、武将の威厳や地位を表す物として使用されました。特に個性的で目立つ兜を「変わり兜」と言い、数多くの戦国武将が自らの宗教観や人生観を反映させたと言われています。歴史に名を残す戦国武将から「上杉謙信」、「山中幸盛」、「豊臣秀吉」、「蒲生氏郷」、「黒田官兵衛」、「佐竹義重」が愛用した兜について、人物像と共にご紹介しましょう。

戦国武将と兜

織田信長と甲冑

織田信長と甲冑
「織田信長」は、宣教師「ルイス・フロイス」によってもたらされた地球儀など、新しい物に興味を示したり、城下町において「楽市楽座」政策を実施したりするなど、既成概念にとらわれず、新しい施策を積極的に取り入れていった人物です。したがって、開化的・進歩的というイメージが定着しています。 また、戦いにおいては「長篠の戦い」(ながしののたたかい)で組織的な鉄砲部隊を組成するなど、革新的な戦法を編み出したとも言われる人物です(異説あり)。 今回は、織田信長と甲冑にまつわる話をご紹介します。

織田信長と甲冑

豊臣秀吉と甲冑

豊臣秀吉と甲冑
派手好きというイメージが定着している「豊臣秀吉」。豊臣秀吉所用と伝わる甲冑についても、その多くに派手なデザインと色使いが用いられています。 安土・桃山時代は、意匠を凝らした甲冑(当世具足:とうせいぐそく)が多数制作された時代でしたが、中でも豊臣秀吉所用とされている甲冑は際立つ存在です。 今回は、豊臣秀吉と甲冑にまつわる話をご紹介します。

豊臣秀吉と甲冑

石田三成の甲冑

石田三成の甲冑
全国の大名の運命を左右した「天下分け目」の合戦である「関ヶ原の戦い」。「毛利輝元」(もうりてるもと)を総大将とし、「石田三成」(いしだみつなり)を中心に結成された西軍は、軍全体の結束力不足や、幾人もの武将による裏切りなどが要因となり、「徳川家康」(とくがわいえやす)率いる東軍に敗れる結果となりました。そんな中でも最後まで豊臣家に忠義を誓い、戦い抜いた武将、石田三成。ここでは、石田三成という武将の人となりを、彼が愛用していた甲冑を通して見ていきます。

石田三成の甲冑

徳川家康と甲冑

徳川家康と甲冑
「徳川家康」は、戦国時代における最後の勝者と言っても良いでしょう。戦国時代という激動の時代を生き抜いた徳川家康にとって、自らの身を守る甲冑は切っても切れない物でした。 若かりし頃から権力をその手に握ったときまで、戦場において徳川家康が運命を共にした甲冑を通してそのときの徳川家康に迫ります。また、徳川家康の兜について、イラストでご紹介しております。

徳川家康と甲冑

直江兼続と兜

直江兼続と兜
「直江兼続」(なおえかねつぐ)と言えば、大河ドラマの主役にもなった有名な武将。その直江兼続の代名詞とも言えるのが、前立に大きな「愛」の文字をあしらった兜です。 安土・桃山時代以降において、兜所用者の哲学や思想を託したとされる立物の中でも、一際目を引く斬新なデザイン。その由来には、大きく分けて3つの説がありました。今回は愛の立物に秘められた直江兼続の「想い」を探ります。

直江兼続と兜

真田幸村の甲冑(真田の赤備え)

真田幸村の甲冑(真田の赤備え)
江戸幕府と豊臣家の間で行なわれた合戦である大坂の陣は、「大坂夏の陣」と「大坂冬の陣」から成ります。その大坂夏の陣において、豊臣側の武将として「徳川家康」(とくがわいえやす)の本陣まで攻め込む活躍を見せた「真田幸村」(さなだゆきむら)。ここでは、真田幸村という武将の人となりを、彼が愛用していた甲冑を通して見ていきます。

真田幸村の甲冑(真田の赤備え)