関ヶ原の戦いの結末

改易・減封となった大名

文字サイズ

「天下分け目の戦い」と言われる「関ヶ原の戦い」(せきがはらのたたかい)は、敗者となった西軍の大名達に過酷な運命をもたらしました。関ケ原で散った者や、捕らえられた末に斬首となった者、また子々孫々に至るまで、その責め苦を負わされた大名もいます。
関ヶ原の戦いのあとに行なわれた戦後処理によって、どのような処罰を受けたのか。改易・減封された西軍諸将をご紹介します。

石田三成:斬首/西軍の実質的リーダー

石田三成

石田三成

石田三成」(いしだみつなり)は、官僚的才能で「豊臣秀吉」(とよとみひでよし)を支えていたため、豊臣政権下で敵対していた武功派の面々からは、「命を賭して戦っていないへつらい者」と揶揄されていました。

しかし、「関ヶ原の戦い」(せきがはらのたたかい)において、最後まで戦い続けたのは、石田三成です。

開戦当初、東軍が集中的に攻撃したのも、石田三成隊がいた笹尾山(ささおやま)。石田三成は、家臣「島左近」(しまさこん)らと共に、大軍を率いていた東軍勢に自ら立ち向かったのです。

しかし、結果的に西軍は敗れ、石田三成は敗走を経て捕まります。そして、1600年(慶長5年)10月1日に「小西行長」(こにしゆきなが)、「安国寺恵瓊」(あんこくじえけい)らと共に、京の鴨川河川敷六条河原で処刑されました。

なお、石田三成は「豊臣家[とよとみけ]に殉じた忠臣」として知られていますが、古くは「冷酷非情で打算的な人物」、あるいは「豊臣家を滅亡に導いた奸臣[かんしん:邪悪な悪だくみをする家来]」と酷評されています。

一方で、当時の石田三成の評価は、決して悪いものではありませんでした。それは、石田三成の最後の姿が、見る者の心に残ったためではないかと言われており、石田三成を終始徹底して貶める内容で知られる「石田軍記」(いしだぐんき:江戸時代の俗書)でさえ、「石田三成の最後は立派だった」と記しているほどです。

また、石田三成に対する評価は「常山紀談」(じょうざんきだん:戦国時代から江戸時代初期に亘る約50年間の名将諸士の言行などを集めた逸話集)に見ることができます。

徳川家康」(とくがわいえやす)は、捕らえられた石田三成がみすぼらしい姿だったと聞き、次のように語りました。

「石田三成は、日本の政務を行なっていた者だ。合戦に敗れた大将の居場所がなくなることは、日本の歴史において珍しいことではない。むしろ、命を無駄に捨てることなく生きようとするのは、武士において大切な心構えと言える。それは、中国の武将などを見れば分かることだ。何も恥じることではない。」

また、近江国大津(おうみのくにおおつ:現在の滋賀県大津市)で石田三成と対面したあとも「石田三成は、平宗盛[たいらのむねもり]とは違い、さすがに大将の器を持った武将だ」と言い、死罪に処される間際に命乞いをした平宗盛(平清盛[たいらのきよもり]の三男)と比較して讃えたとも言われています。

そして、石田三成の胆力を示す逸話で特に有名なのは、処刑直前の「柿の話」。

柿の話

石田三成は、刑場に向かう途中で「喉が渇いた」と湯を所望します。

しかし、警備の者は湯が用意できなかったため、代わりに持ち合わせていた渋柿を渡そうとしました。

すると、石田三成は「柿は体に障るため食べられない」と答えます。

これを聞いて「これから処刑される人間が体を気遣うのか」と警備の者が笑うと、石田三成は「私のように大義を抱く者は、最期の瞬間まで命を大切にする。何とかして願いを叶えたいと言う思いがあるからだ」と答えました。

最後のときまで希望を捨てなかった石田三成が、戦国の世で掲げた旗印は「大一大万大吉」(だいいちだいまんだいきち)。これは、「ひとりは万人のために、万人はひとりのために尽くせば、天下の人々は幸せになれる」という意味です。石田三成は、その生真面目さゆえに様々な武将から恨まれていました。しかしそれは、豊臣家、ひいては世のためにと言う信念があったからです。

石田三成には、現代においても多くのファンが存在します。その生き様は、まさに戦国時代の武将としてあるべき姿だったと言えるのです。

宇喜多秀家:流罪/子々孫々、八丈島での暮らしを余儀なくされた

宇喜多秀家

宇喜多秀家

宇喜多秀家」(うきたひでいえ)は、関ヶ原の戦いにおいて西軍の副将を務めた武将。

幼い頃に豊臣秀吉の養子となり、豊臣秀吉から大変可愛がられ、その扱いは豊臣政権下の諸大名のなかでも別格だったと言われています。

豊臣秀吉が没する直前に制度化した「五大老・五奉行」においても、最年少で五大老のひとりに名を連ねました。

そして、宇喜多秀家とその一族は、関ヶ原の戦いに西軍として参戦したゆえに、数奇な運命を辿ることになるのです。

関ヶ原の合戦のあと、宇喜多秀家は長らく逃亡生活を続けました。最終的に向かった先は、薩摩国(さつまのくに:現在の鹿児島県)。同じく西軍に与した「島津義弘」(しまづよしひろ)の領国です。宇喜多秀家は、「島津氏」(しまづし)に助けを乞う形で潜伏を続けたのです。

一方で島津氏は、徳川家康が西軍の敗将のなかで、最後の最後までその処遇を悩んだ相手でした。1602年(慶長7年)7月、島津義弘の子で家督を継いだ「島津忠恒」(しまづただつね)が上洛し、徳川家康と謁見。徳川家康は、島津氏との全面対決を避けるために島津氏の本領安堵を正式に告げます。

そして、これを好機と見た島津氏は、宇喜多秀家の助命交渉を開始。12月下旬、島津忠恒は宇喜多秀家が薩摩に亡命している旨を徳川家康に伝え、徳川方との取次役「山口直友」(やまぐちなおとも)に、宇喜多秀家を助けるための方策を求めたと言われています。

1603年(慶長8年)8月27日、宇喜多秀家は伏見の徳川家康のもとへ出頭しました。徳川家康が下した裁定は「流罪」。死罪は逃れたものの、それに次ぐ重刑でした。宇喜多秀家は、はじめに「駿府城」(すんぷじょう)の二の丸に移送されます。

八丈島

八丈島

そして、1606年(慶長11年)4月、嫡男の「宇喜多孫九郎」(うきたまごくろう)、及び末子の「宇喜多小平治」(うきたこへいじ)、そして「村田助六」(むらたすけろく)ら男女10人と共に絶海の孤島「八丈島」(はちじょうじま:現在の東京都八丈町)に赴きました。

「数奇な運命」と言われる理由は、徳川幕府が崩壊するまで、その子々孫々も生まれながらに罪人として生きることを宿命付けられ、八丈島を出ることが許されなかったためです。

宇喜多秀家は、1655年(明暦元年)に84歳で亡くなっています。ときはすでに4代将軍「徳川家綱」(とくがわいえつな)の時代。関ヶ原の戦いに参加した大名のなかで最も長く生きました。

なお、宇喜多秀家の正室「樹生院」(じゅしょういん)は、実兄「前田利長」(まえだとしなが)が徳川方に味方したことで、宇喜多秀家との間の娘達を含めて、追及の手は及びませんでした。しかし、八丈島の宇喜多秀家や2人の息子とは、生涯において再会を果たせず、ひたすらその息災を願う日々だったと言われています。樹生院にとって救いだったのは、自身の実家である「加賀藩前田家」(かがはんまえだけ)が、八丈島の宇喜多一族に対して、継続的な支援を続けてくれたことです。

そののち、八丈島の宇喜多家は、宇喜多秀家の嫡男である宇喜多孫九郎の子孫が2家、末子の宇喜多小平治の子孫が5家に分かれ、宇喜多孫九郎の直系のみが「宇喜多」と称し、他は「浮田」(うきた)を苗字としました。これら7家と、村田助六の子孫一家を合わせた8家が八丈島で暮らしたと言われています。

そして、宇喜多一族が八丈島に流されてから約260年が過ぎた頃。明治時代になって、ようやく赦免の沙汰が下り、本土への復帰が許されます。

しかし、長く住んでいたことで、故郷としての認識が育まれた宇喜多一族のなかには、そのまま八丈島に残った者もいました。現在でも宇喜多秀家の子孫は、宇喜多秀家の墓を守りながら八丈島で暮らしています。

上杉景勝:減封/関ヶ原の戦いから1年後の沙汰

上杉景勝

上杉景勝

上杉景勝」(うえすぎかげかつ)は、陸奥国会津(むつのくにあいづ:現在の福島県)120万石の大名。

戦国時代でも屈指の戦上手と言われる「上杉謙信」(うえすぎけんしん)の甥で、上杉謙信の養子となって「上杉家」(うえすぎけ)を継いだ武将としても知られており、豊臣政権下では五大老のひとりに名を連ねたことでも有名です。

徳川家康は豊臣秀吉亡きあと、諸大名に対して挑発を続けていました。これは、どこかで軍事行動が起きた際には、それを討伐する名目で事実上の天下人になろうという企みがあったためです。名目上は、「豊臣秀頼」(とよとみひでより)や豊臣家のためとして、次々と邪魔者の排除に奔走。その戦略のなか、前田利長の次に標的となったのが、上杉景勝でした。

上杉景勝は、豊臣秀吉の死の直前に、徳川家康や「伊達政宗」(だてまさむね)に睨みを利かせる役割を任されたことから、越後国(えちごのくに:現在の新潟県)から会津へ転封となります。この転封に伴い、豊臣秀吉の葬儀を済ませたあとは、新領国の国づくりに着手しますが、対立する者達から「上杉景勝に不穏な動きがある」という密告が、次々と徳川家康に送られました。

徳川家康は、上杉景勝に対して「釈明せよ」と上洛を求めましたが、上杉景勝は「そのような事実はない」と突っぱねてしまいます。徳川家康は、これを好機と見て「豊臣政権として、上杉景勝を討つ」という大義名分を立てると、諸大名を率いて会津攻めを決行。このとき、徳川家康の動向を見て好機と思ったのが石田三成でした。

「徳川家康が上方にいない今こそ挙兵するべきだ」と兵を動かし、1600年(慶長5年)9月15日の関ヶ原の戦いへ突入するのです。

上杉景勝は、こうした事情から「反徳川派」となりましたが、関ヶ原の地にその姿はありません。理由は、上杉景勝を支えた家老の「直江兼続」(なおえかねつぐ)と共に、東軍に与した伊達政宗や「最上義光」(もがみよしあき)らと東北で戦っていたためです。そして、その最中に関ヶ原の地で西軍が敗れたことを知ります。

関ヶ原の戦い自体には参戦していなかった上杉景勝は、一体どのような処分が下ったのか。関ヶ原の戦いの翌年、1601年(慶長6年)正月、「大坂城」(おおさかじょう:現在の大阪城)西の丸で上杉景勝の処遇を巡る評議が行なわれました。

このとき、徳川家康の次男「結城秀康」(ゆうきひでやす)は、「上杉氏は名門であり、上杉景勝に叛意[はんい:謀反を起こそうとする気持ち]があったかも定かではない。そのため、改易ではなく減封にするべきだ」と発言。同席していた諸大名はこれに同意し、上杉景勝への減封処分が決定したのです。

改易を免れた上杉景勝は、1601年(慶長6年)8月24日、陸奥国会津120万石を没収された代わりに、出羽国米沢(でわのくによねざわ:現在の山形県)30万石の国持ち大名になります。

そののち、「米沢藩」(よねざわはん)の藩政確立に尽力しただけではなく「徳川家」(とくがわけ)への忠義を尽くし、米沢藩上杉家は幕末時代までその名を残しました。

長宗我部盛親:改易/寺子屋の先生に?

「長宗我部盛親」(ちょうそかべもりちか)は、土佐国(とさのくに:現在の高知県)の大名。石田三成ら西軍が関ヶ原の戦いへと向かう最初の戦いとなった「伏見城の戦い」(ふしみじょうのたたかい)のときから西軍で活躍した武将です。

なお、長宗我部盛親は石田三成が挙兵した当初は、まだ東西どちらに与するか迷っていましたが、関ヶ原の戦いにおいては、主力隊を率いるひとりとして参戦し、西軍としての交戦意欲があったと言われています。

一方で、合戦の最中に長宗我部盛親の交戦意欲を失わせてしまったのが、秘密裏に徳川家康と内応し、「動かないことが毛利氏のため」と関ヶ原の戦いが始まっても一歩も動かなかった毛利勢のひとり「吉川広家」(きっかわひろいえ)の動向。長宗我部盛親は、毛利勢と共に南宮山方面に陣を取っており、この毛利勢の不穏すぎる動きに、もし毛利勢が東軍に寝返ったらと考え、動くに動けずにいたのです。

その結果、長宗我部盛親は戦闘に一切参加しないまま、関ヶ原の戦いを終えてしまいます。

長宗我部盛親は、領国の土佐に帰国後、懇意にしていた徳川氏の重臣「井伊直政」(いいなおまさ)を通じて徳川家康に謝罪。一旦は土佐を没収される代わりに、替地を与えられる予定でしたが、国替えに不満な家臣や吉良・津野などの遺臣が国元で一揆を起こしたため、その責任を問われ、さらに処分の重い改易処分となっています。

改易とは、領地も屋敷もすべて没収されるという、一国の大名であった者にとってはあまりに残酷な処分のこと。また、改易となればその藩の武士全員が職を失うことになります。

そののち、長宗我部盛親は京へ送られ、京都所司代「板倉勝重」(いたくらかつしげ)の監視下にて謹慎。一説には、寺子屋の先生をしていたとも言われています。その後、1615年(元和元年)に起きた「大阪夏の陣」(おおさかなつのじん)に豊臣方として参戦して敗走。同年5月15日に京の六条河原で斬首され、その生涯を閉じます。

小西行長:斬首/最後までキリシタン大名として生きた

小西行長

小西行長

小西行長は、肥後国(ひごのくに:現在の熊本県)「宇土城」(うとじょう)の城主。キリシタン大名としても知られる武将です。

豊臣政権下では、石田三成、「大谷吉継」(おおたによしつぐ)と同じく「吏僚派」(りりょうは:政務を行なう役人)として活躍し、関ヶ原の戦いでは西軍として参戦します。

関ヶ原の戦い後は、伊吹山(いぶきやま:現在の岐阜県と滋賀県にまたがる山)の山中に逃れましたが、落人狩りを指揮していた者と行き合い、「徳川家康のもとに私を連行し、褒美を貰うと良い」と述べて、捕らえさせたと言われています。小西行長は、キリシタンであったため自害できず、捕らえられることを選んだのです。

そのあと、同じく捕らえられた石田三成と安国寺恵瓊と共に、大坂、及び堺の町を引き廻されたのち、1600年(慶長5年)10月1日、京の六条河原にて処刑。その首は、三条河原で晒されました。

また、同じく盟友であった大谷吉継は、関ヶ原の戦いの場で自刃しています。

なお、小西行長が入会していた「イエズス会」の史料によると、小西行長の遺骸は教会に引き取られたと記されていますが、その埋葬先は不明です。小西行長はその死後も、西軍に与したことやキリシタン大名であったことなどから、国内ではあまり正当な評価を受けませんでした。

一方で、小西行長の元領国であった熊本県宇土市の調査によって、ある事実が判明します。それは、小西行長が亡くなった7年後の1607年(慶長12年)、イタリアのジェノバで小西行長を主人公とする音楽劇が作られていたこと。また、1640年(寛永17年)のフランス製日本地図には、「宇土」と「八代」の地名が見られること。

こうした逸話から、小西行長はヨーロッパにおいては、信仰に厚く忠義を重んじる武将として有名であったことが窺えます。

改易・減封となった大名

改易・減封となった大名をSNSでシェアする

「関ヶ原の戦いの結末」の記事を読む


大坂冬の陣・夏の陣

大坂冬の陣・夏の陣
1614年(慶長19年)11~12月と、1615年(慶長20年)4~5月。大坂で豊臣軍と徳川軍(幕府)が対峙する合戦が発生しました。「大坂冬の陣・夏の陣」です。戦いに敗れた豊臣宗家は滅亡し、徳川家を頂点とした長期安定的な政権が本格化することになりました。なお、「大阪」は明治以前「大坂」と表記されており、本稿では大坂と表記します。

大坂冬の陣・夏の陣

領地を加増・安堵された大名

領地を加増・安堵された大名
「関ヶ原の戦い」(せきがはらのたたかい)は、1600年(慶長5年)9月15日に東軍が勝利。大将「徳川家康」(とくがわいえやす)は、12日後の9月27日に「大坂城」(おおさかじょう)の西の丸に入り、論功行賞(ろんこうこうしょう:功績の程度により賞を与えること)のため、勲功の調査へと動きました。 担当は、「井伊直政」(いいなおまさ)、「本多忠勝」(ほんだただかつ)、「榊原康政」(さかきばらやすまさ)、「本多正信」(ほんだまさのぶ)、「大久保忠隣」(おおくぼただちか)、「徳永寿昌」(とくながながまさ)の6名。彼らによる精力的な調査・査定活動によって、徳川家康から論功行賞が発表されたのが、10月15日のことです。 戦いぶりを評価され、領地を加増・安堵された大名についてご紹介します。

領地を加増・安堵された大名

江戸幕府の成立

江戸幕府の成立
豊臣政権最大の内紛「関ヶ原の戦い」(せきがはらのたたかい)。「東軍」も「西軍」も共に、「豊臣家」(とよとみけ)のための戦いという大義名分を掲げて戦っており、東軍も初めから「徳川家康」(とくがわいえやす)を征夷大将軍にし、江戸幕府を開かせるために参戦したわけではありません。 しかし、東軍の大将である徳川家康は、関ヶ原の戦いの結果得た莫大な所領によって、これまでの封建制支配を覆す「幕藩体制」(ばくはんたいせい:幕府の支配下に置きながら、独立の領地をもつ諸藩を統治する政治体制)を確立します。表向きは「豊臣秀頼」(とよとみひでより)の後見役という立場を利用し、一方では着々と徳川の世に遷す(うつす)準備をしていました。

江戸幕府の成立