戦国時代の姫・女武将一覧

細川ガラシャ

文字サイズ

「細川ガラシャ」は、「織田信長」に謀反を起こした「明智光秀」の娘です。細川ガラシャは、3人の子供に恵まれ幸せな日々を過ごしていましたが、一転して壮絶な最期を遂げます。熱心なキリシタンとしても知られる細川ガラシャに、一体何が起きたのでしょうか。そこには2度の転機がありました。ここでは、細川ガラシャの波乱の生涯を振り返ります。

第1の転機・本能寺の変

細川ガラシャは、「明智光秀」の娘として生まれ育ち、「細川忠興」(ほそかわただおき)に嫁ぎます。子宝にも恵まれ、順風満帆な人生を歩んでいた矢先に、父・明智光秀が「本能寺の変」を起こし、主君「織田信長」を討ったことで、逆臣の娘となってしまいました。

明智光秀の娘

細川ガラシャ

細川ガラシャ

細川ガラシャは1563年(永禄6年)、明智光秀と妻・煕子(ひろこ)の間に3女として生まれました。

出生地は越前国(現在の福井県北部)。細川ガラシャの本名は、「明智玉」(あけちたま:または玉子)。

1578年(天正6年)、15歳のときに、父・明智光秀の主君である織田信長の勧めにより、「細川藤孝」(ほそかわふじたか)の嫡男、細川忠興に嫁ぎました。

1579(天正7年)には長女、1580年(天正8年)には長男「細川忠隆」(ほそかわただたか)が生まれています。

細川忠興と細川ガラシャは美男美女で、織田信長からも「人形のようにかわいい夫婦」と称されるほど、お似合いの夫婦でした。

子どもにも恵まれ、夫婦仲も良く順調に思われた結婚生活でしたが、細川ガラシャが嫁いだ4年後、事態は一変します。

逆臣の娘

明智光秀

明智光秀

1582年(天正10年)6月、父・明智光秀が織田信長を討つ本能寺の変が起こります。

本能寺の変のあと、明智光秀は細川藤孝、細川忠興親子に支援要請をしますが、親子は応じませんでした。

その後、明智光秀は「豊臣秀吉」との「山崎の戦い」で敗れ、細川ガラシャの母や姉達は「坂本城」で自害。細川ガラシャは、「逆臣の娘」となってしまったのです。

逆臣の娘・細川ガラシャは、本来であれば細川家から離縁されて当然の立場でした。本能寺の変から3ヵ月後、細川家に嫌疑がかからないよう、また旧織田家の者から細川ガラシャの命が狙われないようにするため、細川忠興は細川ガラシャと離縁することを決断します。

もっとも、これは表面上の措置で、実際は帰るところのない細川ガラシャを、丹後国(たんごのくに:現在の京都府)味土野(みどの)にある御殿屋敷に隠棲させました。こうして事実上、細川家によって保護された細川ガラシャは、この地で2年に亘る隠棲生活を送ります。

細川ガラシャが隠棲したのは、「味土野城」の「女城」(めじろ)。周りに数軒の家のみが並ぶ寂しい場所でした。隠棲中は、細川ガラシャが結婚する際に付けられた小侍従(こじじゅう)や、細川家の親戚筋にあたる清原家の「清原マリア」ら侍女によって支えられていたと言われています。

1584年(天正12年)、細川忠興と細川ガラシャの別居生活を聞いた豊臣秀吉は、細川ガラシャを許し、細川家へ戻すよう細川忠興に伝えます。こうして細川ガラシャは、ようやく細川家に戻ることができました。

しかし、逆臣の娘というレッテルを覆すことはできないため、常に行動を制約、監視される軟禁状態の生活を余儀なくされます。

  • 武将・歴史人のエピソードや、関連のある刀剣をご紹介!

  • 歴史を動かした有名な戦国武将や戦い(合戦)をご紹介!

  • 歴史上の人物が活躍した合戦をご紹介!

  • 武将達が戦った全国各地の古戦場をご紹介!

第2の転機・キリスト教への改宗

こうした生活が続いてくうちに、細川ガラシャは、キリスト教へ救いを求めるようになりました。

しかし当時、キリスト教を広めることが禁止されていたため、当初、細川ガラシャはキリシタンになったことを夫・細川忠興にも隠していました。

キリスト教との出会い

細川ガラシャがキリスト教と出会うきっかけは、夫・細川忠興との会話だったと言われています。

細川忠興が、キリシタン大名「高山右近」(たかやまうこん)から伝え聞いたカトリックにまつわる話をしたところ、当時、禅宗を信仰していたと言われている細川ガラシャが興味を抱いたのです。

1587年(天正15年)、夫の細川忠興が九州へ出陣します。細川ガラシャは、夫の不在と彼岸の時期であることを利用し、侍女数人に囲んでもらい、身を隠すようにして教会へ行きました。

そのとき、教会では復活祭の説教を行なっている最中。細川ガラシャは、日本人のコスメ修道士に様々な質問をしました。のちにコスメ修道士は、「これほど明晰で果敢な判断のできる日本女性と話したことはなかった」と、述べたと言われています。

洗礼名・ガラシャ

このとき、細川ガラシャはすぐに洗礼を受けることを望みました。しかし、教会側は細川ガラシャの正体が不明なことに加え、身なりなどから身分の高い女性であると推察。洗礼は見合わされます。

他方、細川家でも、侍女の帰りが遅いことに不審を抱いた家中の者によって、細川ガラシャの外出が明るみに出ました。この一件によって、細川ガラシャへの「監視」はより厳重になります。

外出がままならなくなった細川ガラシャは、洗礼を受けることはできていませんでしたが、侍女を通じて教会とやりとりし、書物を読み、信仰に励みました。この間、細川ガラシャは、清原マリアをはじめとする侍女達を教会へ行かせ、洗礼を受けさせています。

細川ガラシャが洗礼を受けたのは、九州に滞在していた豊臣秀吉が「バテレン追放令」を発布したのと同時期でした。細川ガラシャは外出もままならなかったため、洗礼の儀式を行なったのは、当時大坂に滞在していたイエズス会の神父から許可を受けた清原マリア。洗礼名の「ガラシャ」は、ラテン語で「神の恵み」という意味です。

こうして「細川玉」は、「細川ガラシャ」としての人生を歩み始めました。

キリシタンゆえの試練

バテレン追放令が出されて以降、細川ガラシャはキリシタンになったことを隠し続けます。もっとも、夫・細川忠興には改宗したことを告白しました。これを聞いた細川忠興は激怒。幸せだった結婚生活は一変しました。

夫・細川忠興に改宗を告白

細川ガラシャが洗礼を受けたことで、細川忠興との間に生まれた子ども達や側近の入信も相次ぎました。

九州から戻った細川忠興は、妻や侍女達がキリスト教の洗礼を受けたことを知ります。

激怒した細川忠興は、家中の改宗した侍女達の鼻や耳をそぎ、追い出すなど、荒れた行動に出ました。

しかし、効果はなく、細川ガラシャは一層信仰を深める結果となったのです。

キリシタンの掟

細川ガラシャがキリシタンであることは、広く知れ渡ることはありませんでした。しかし、細川忠興からは「5人の側室を持つ」と言い出されるなど、辛くあたられるようになります。

心の拠り所をなくした細川ガラシャは、細川忠興との離縁を考え、宣教師へ相談をしました。ところが、宣教師は「誘惑に負けてはなりません」、「困難に立ち向かってこそ徳は磨かれます」などとガラシャに伝え、離婚を思いとどまるよう説得したのです。

これは、キリスト教(カトリック)が原則、離婚を認めていないためでした。

細川ガラシャの最期

天下人・豊臣秀吉の死により、世の中は不穏な空気に包まれます。1600年(慶長5年)には、「関ヶ原の戦い」が勃発。その一環として、事実上、西軍を率いていた「石田三成」は、「徳川家康」に与していた武将の妻らを人質に取るべく行動に出ました。

夫・細川忠興が徳川家康(東軍)に付いていたため、石田三成の手が細川ガラシャにも伸びることになるのです。

石田三成と対峙

石田三成

石田三成

日本が不穏な空気に包まれたのは、1598年(慶長3年)、豊臣秀吉の死がきっかけでした。

その後、石田三成を中心とする「豊臣派」と、徳川家康を中心とした「徳川派」という天下を二分する争いが勃発します。細川ガラシャの夫・細川忠興は徳川家康に従い、上杉征伐へと出陣しました。

細川忠興は、屋敷を離れる際、常に「もし自分が不在のとき、妻の名誉に危険が生じたなら、日本の習慣に従い、まず妻を殺し、全員切腹して我が妻と共に死ぬように」と、家臣達に命じています。上杉征伐の際も同様でした。

細川忠興が出陣した隙に、豊臣側の中心人物だった石田三成は、大名の家族を人質にして豊臣側に引き込むべく画策します。最初に標的となった人物が、大坂玉造の細川邸にいた細川ガラシャでした。

石田三成は使者を送り、細川ガラシャを人質に取ろうとしましたが、拒否されます。

  • 武将・歴史人のエピソードや、関連のある刀剣をご紹介!

  • 歴史を動かした有名な戦国武将や戦い(合戦)をご紹介!

キリシタンとしての最期

これを受けた石田三成は、翌日、屋敷の周りを兵に囲ませ、実力行使に出ました。家臣達から報告を聞いた細川ガラシャは、少し祈り、屋敷内の侍女らを全員集めます。そして「我が夫の命令通り、自分だけ死にたい」と伝え、集めた侍女や夫人達を外へ逃がしました。

キリスト教において、自らの命を絶つことは大罪。そのため、細川ガラシャは家老の「小笠原秀清」(おがさわらひできよ)に槍で胸を突かせます。介錯した小笠原秀清も、細川ガラシャの遺体が残らないよう、屋敷に爆薬を仕掛けて火を放ち、他の家臣達と共に自害しました。享年37歳。

細川ガラシャは、順風満帆だった人生から一転、逆臣の娘となり、バテレン追放令が出されている中でのキリシタンへの改宗など、逆風にさらされた波乱万丈の人生に幕を下ろしたのです。

細川ガラシャ辞世の句

「散りぬべき 時知りてこそ 世の中の 花も花なれ 人も人なれ」

これは細川ガラシャが残した辞世の句です。意味は、「花も人も散り時を心得るからこそ美しいのでしょう。花には花の美しさ、人には人の価値があります」。

元々、気性の激しい一面もあったとされる細川ガラシャですが、キリスト教を信仰したことによって、謙虚で穏やかな性格になったとも言われています。

細川ガラシャの影響力

細川ガラシャの死は、石田三成に以後、諸大名の妻子を人質に取る戦略をやめさせるなど、大きな影響を及ぼしました。夫・細川忠興も、細川ガラシャの教会葬に参列するなど、一定程度の歩み寄りを見せます。

細川ガラシャの存在感は、死後においても細川家に大きな影響力を持っていたのです。

細川ガラシャの死後

崇禅寺

崇禅寺

細川ガラシャの死を知った「グネッキ・ソルディ・オルガンティノ」神父は、細川屋敷の焼け跡へ行き、細川ガラシャの骨を拾って、堺のキリシタン墓地に葬ります。

また、細川忠興は妻の死を大変悲しみ、教会葬をグネッキ・ソルディ・オルガンティノに依頼。

キリスト教が主宰する教会葬にもかかわらず、細川忠興も参列しました。そして、細川ガラシャの遺骨を大坂の崇禅寺へ改葬します。

細川ガラシャの死は、細川家の家督相続問題へと発展していきました。細川ガラシャが死亡した際、屋敷から逃れた婦人の中に、細川家の嫡男である「細川忠隆」(ほそかわただたか)の正室・千世(ちよ)がいたのです。

これを聞いて激怒した細川忠興は、細川忠隆に千世と離縁するよう命じます。細川忠隆が抵抗したことで、細川忠興は細川忠隆を廃嫡としました。

代わって家督を継いだのが、徳川家との繋がりのあった3男「細川忠利」(ほそかわただとし)。これに反抗した次男「細川興秋」(ほそかわおきあき)は、「大坂冬の陣・夏の陣」では豊臣方に付き、父と敵対関係となったのです。

細川興秋は、大坂冬の陣・夏の陣からは生還しましたが、細川忠興の怒りは収まらず、父から切腹を申し付けられます。細川ガラシャの死から家騒動に発展したことから、彼女の影響力の大きさを推し量ることができると言えます。

細川ガラシャが洗礼を受けさせた子供

1586年(天正14年)に誕生した3男・細川忠利は、幼少時に病弱だったことから、先行きを心配した細川ガラシャがキリスト教の洗礼を受けさせたと言われています。

前述のように、細川忠利は嫡男・細川忠隆が廃嫡となったことで関ヶ原の戦いのあと、細川家の当主となりました。その後、幕府の命により、小倉から肥後熊本に国替えとなり、熊本藩主となります。細川忠利は、細川家が大大名として生き残っていけるように尽力しました。

また、次男・細川興秋については、重病にかかった際に、細川ガラシャによって洗礼が行なわれ、「ジョアン」の洗礼名を与えられたとする説もあります。

もっとも、イエズス会の日本年報に掲載された細川ガラシャに関する書簡では、重病により洗礼を受けた2番目の息子を3歳と記述。当時、数えで5歳だった細川興秋とは一致しないため、細川忠利が洗礼を受けたとする説が濃厚です。

  • 歴史上の人物が活躍した合戦をご紹介!

  • 戦国大名の来歴をはじめ、ゆかりの武具などを紹介します。

  • 戦国大名の来歴をはじめ、ゆかりの武具などを紹介します。


細川ガラシャ

細川ガラシャをSNSでシェアする

「戦国時代の姫・女武将一覧」の記事を読む


望月千代女

望月千代女
甲斐の虎「武田信玄」の命で、身寄りのない子供を引き取り、歩き巫女として育成した「望月千代女」(もちづきちよじょ)。一説では甲賀流の「くノ一」、いわゆる女忍者だったのではないかと言われていますが、真相は分かっていません。ここでは、戦乱の時代に翻弄されながらも武田家に尽くし、間諜(かんちょう:破壊工作や、ひそかに敵の様子を探って味方に報告する者)を育成した、望月千代女についてご紹介します。

望月千代女

妙玖

妙玖
「妙玖」(みょうきゅう)は、戦国時代に智将としてその名を轟かせた「毛利元就」(もうりもとなり)の正室となった女性。良妻賢母として夫・毛利元就を内助の功で支え、のちに中国地方を席巻する3人の息子を生みました。戦国時代きっての名将を支えた、妙玖の生涯と人物像を紹介します。

妙玖

愛姫

愛姫
「独眼竜」の異名を持つ「伊達政宗」は、今の時代も人気の高い戦国武将のひとりです。そして、この伊達政宗のもとへ嫁いだのが「愛姫」(めごひめ)でした。しかし、愛姫が嫁いだ矢先に、夫・伊達政宗の暗殺未遂事件が起きます。さらに生涯のほとんどを「伊達政宗の正室」として、天下人「豊臣秀吉」や「徳川家康」のもとで過ごす人質生活。悲運な生活を送っているかのように見えますが、夫婦仲は良好でした。伊達家のことを重んじながらも、夫を思い「心の支え」となり続けた、愛姫の生涯をご紹介します。

愛姫

妙林尼

妙林尼
戦国時代において、もっとも勇敢な女武将だったと言われる「妙林尼」(みょうりんに)。豊後国(ぶんごのくに:現在の大分県)を中心とした大友氏の家臣「吉岡鑑興」(よしおかあきおき)の正室で、夫の死後、智謀に長けた戦果を挙げたことで有名です。妙林尼の居城であった「鶴崎城」(つるさきじょう)で起こった戦では、妙林尼自らが指揮を執り、幾度となく攻撃を受けながらも敵軍を退け、奪還したことが伝わっています。

妙林尼

松姫

松姫
「武田信玄」の娘として生まれ、幼くして織田家の継嗣「織田信忠」(おだのぶただ)の婚約者となった「松姫」(まつひめ)。政略結婚でありながらも、お互いに思いを寄せ合っていた2人は、「甲尾同盟」(こうびどうめい)の破綻によって引き裂かれることとなります。武田家が滅ぼされることになっても、織田信忠に思いを寄せていた松姫は、生涯独身を貫き通しました。ここでは戦乱の世で純愛を育み、戦国時代のロミオとジュリエットを体現した、松姫の生涯をご紹介します。

松姫

振姫(正清院)

振姫(正清院)
江戸幕府を開いた「徳川家康」は、男子11人、女子5人の子沢山でした。そんな徳川家康の子と言えば、長男の「松平信康」(まつだいらのぶやす)や次男の「結城秀康」(ゆうきひでやす)、三男で2代将軍となった「徳川秀忠」(とくがわひでただ)など、男子についてはよく知られているものの、女子についてはほとんど知られていません。 徳川家康には5人の姫君がいましたが、四女の「松姫」(まつひめ)と五女の「市姫」(いちひめ)の2人は幼くして逝去。長女の「亀姫」(かめひめ)、次女の「督姫」(とくひめ)、三女の「振姫」(ふりひめ)の3人は無事成人し、それぞれに波乱の生涯を送りました。ここでは、振姫の母と徳川家康の馴れ初めなどについても触れながら、三女である振姫のちの「正清院」(しょうせいいん)の生涯を紐解いていきます。

振姫(正清院)

冬姫

冬姫
「織田信長」を父に持ち、会津若松の礎を築いた「蒲生氏郷」(がもううじさと)に嫁いだ「冬姫」(ふゆひめ)。織田家の血を引き、明晰な判断力を持った冬姫は、乱世の波に揉まれながらも蒲生家に大きく貢献しました。ここでは、冬姫の生涯をご紹介します。

冬姫

早川殿

早川殿
「早川殿」(はやかわどの)は「海道一の弓取り」と称され、駿河国(するがのくに:現在の静岡県中部、北東部)を中心に勢力を拡大した「今川義元」(いまがわよしもと)の嫡男「今川氏真」(いまがわうじざね)の正室です。今川家と北条家における政略結婚でありながら、両家が決裂しても離縁することなく、最期まで添い遂げた2人は、戦国時代のおしどり夫婦として知られています。愛を貫き、戦国の世を生き抜いた早川殿の生涯を史実と共にご紹介します。

早川殿

ねね(高台院)

ねね(高台院)
農民出身でありながら天下人となった「豊臣秀吉」。その背景には、豊臣秀吉の正室「高台院」(こうだいいん)通称「ねね」の内助の功が大きかったと言われています。2人の間に子どもはいませんでしたが、親族などを養子として迎え入れ、豊臣政権を支える立派な武将に育て上げました。ここでは、ねねの生涯と豊臣政権での役割、夫・豊臣秀吉没後の行動などについてご紹介します。

ねね(高台院)

注目ワード

注目ワード