武具の基礎知識

馬具の世界的ブランド

文字サイズ

馬具ブランドには、長い歴史のなかで培ってきた技術力と深みがあり、それらを活かした商品は現在に至るまで高い人気を誇っています。例えば、世界的な高級ブランド「グッチ」や「エルメス」などは、もともと馬具メーカーから始まったのです。
馬に乗ることは高等な嗜みでした。馬具は、上流階級の人々のニーズも適していたため、馬具メーカーはそのブランド力を基礎としてファッションの世界へも進出していきます。それら馬具ブランドの歴史について見ていきましょう。

「馬具(鞍・鐙)写真/画像」
芸術的価値を持つ馬の装具「鞍」や「鐙」を、解説・写真にてご覧頂けます。

馬具メーカーから始まった高級ブランドの歴史

グッチ(GUCCI)

世界的な人気を誇る高級ブランド「グッチ」も、もともと馬具メーカーでした。

ブランド名のグッチとは、創業者の「グッチオ・グッチ」に由来しています。グッチオは、1881年(明治14年)にイタリアのフィレンツェで誕生。

グッチオの父親は、帽子の会社を営んでいましたが、経営が悪化して倒産。このことがきっかけでグッチオは1898年(明治31年)、17歳でイギリスのロンドンに移り住むことになります。

当時のロンドンは、貴族が多く住む街でした。彼はホテルで下働きをしながら、イギリス貴族の衣服から色使い、ディテール、素材などを学んでいきます。

その後、1921年(大正10年)に故郷に帰ると、鞄と馬具の製造を行なう会社(現在のグッチ)を創業することになるのです。

グッチは、起業から数年で急成長して、ブランド名は故郷のフィレンツェからイタリア中に広がっていきます。急成長できた理由のひとつは、当時のイタリアでレザー製品が流行していたこと。グッチは、鞄や馬具だけでなく、靴や小物も手がけるようになります。

しかし、時代は20世紀初頭の戦乱のなかにありました。グッチの経営も戦争の影響を受けることになります。イタリアへの経済制裁により、レザーを使うことができなくなってしまったのです。

そこで、グッチは発想の転換でキャンパス素材(帆布)を使用したアイテムを考案して製造販売を始めます。

グッチは、このような経営の危機に陥っても、発想の転換で困難を乗り越え、斬新なアイデアで世界中のセレブの心をつかんでいきました。

こうして高級ブランド・グッチが誕生したのです。そして現在も、馬具からインスパイアされたアイテムを展開し、世界中で支持されています。

エルメス(Hermès)

フランスを代表するファッションブランド「エルメス」は、1837年(天保8年)に馬具メーカーとして誕生。

当時は、まだフランス国内で自動車や鉄道などの交通が発達していなかったため、昔ながらに馬が活躍していました。

現代において、高級車が運転手のステータスを表すように、19世紀当時では馬の装飾が持ち主のステータスを表していたのです。その装飾こそが馬具であり、重宝されていました。

エルメスの創業者である「ティエニー・エルメス」は、フランス・パリの「バス・デュ・ランパール通り」に工房を構えて、鞍とハーネスを作り始めます。

様々な馬具メーカーが競い合うなかで、ティエニーの馬具は優れた機能性だけではなく、「エルメスの鞍を付ける馬は、馬の持ち主よりも洒落ている」と称されるほど垢抜けていました。

ナポレオン3世の時代(19世紀中頃)になると、ティエニーは皇帝のお墨付きをもらい、皇帝御用達の馬具職人となります。

さらに、1867年(慶応3年)に開催された「パリ万国博覧会」では、エルメスの女性用の鞍が銀メダルを受賞、1878年(明治11年)のパリ万国博覧会ではグランプリを受賞しました。

これらの功績が認められ、エルメスの店舗は現在の本店がある高級ブランド街「フォーブル・サントノレ通り」に移ることになります。

世界最高峰の馬具を扱う高級ブランドとしての名声を得たエルメスは、馬具制作の技術力を活かして事業の多角化に着手。現在まで続く精巧でシックなブランドイメージが形成されていったのです。

ダンヒル(dunhill)

「ダンヒル」は、男性からの人気が高いファッションブランド。創業者の「アルフレッド・ダンヒル」が1887年(明治20年)に、父の経営するロンドンの馬具メーカーで働き始めたことからスタートしました。

その後、1893年(明治26年)に21歳で父の会社を継ぐと社名を現在のダンヒルに変更。アルフレッドは、たった半年で売上を倍増させるという偉業を成し遂げます。

当初は、馬具を中心として販売していましたが、自動車の普及により、オープンカーに対応したコートやゴーグルなどの自動車関連製品を手がけて成功。また、たばこ関連の事業も成功し、現在でも「ダンヒルパイプ」として根強い人気があります。

その後もダンヒルは万年筆、化粧品、ライターなどの商品をヒットさせ、男性を中心に多くの支持者を獲得していきました。

現代の馬具メーカーを紹介

日本唯一の馬具メーカー「ソメスサドル」

ソメスサドルは、北海道歌志内市で創業した馬具メーカーです。

歌志内市は、かつて炭鉱で栄えた町で、一時期は人口が4万6,000人ほどでしたが、1960年(昭和35年)代に入ると石油が石炭に代わる燃料となり、炭鉱は次々と閉山してしまいました。

炭鉱に従事していた炭鉱夫達が職を失い、炭鉱に支えられていた歌志内市も危機に瀕します。

そこで、地方再生を実現するために1964年(昭和39年)に創業されたのが、馬具メーカーのソメスサドル(当時の社名はオリエントレザー社)です。創業後は、北海道内の馬具職人や元炭鉱夫を歌志内に集めていきました。

馬具職人を集めることができたのには、理由があります。1960年(昭和35年)代前半の北海道には、馬具職人が多く残っていました。

それは、広い北海道内で荷物の運搬や農耕などに使用される「使役馬」(しえきば)が多かったため、馬具を作る職人が必要とされていたからです。

集められた馬具職人は、農耕系の使役馬の馬具作りに長けていました。この農耕馬具は、明治時代の北海道開拓以来、磨かれてきた優れた技術の賜物です。

このような技術を受け継ぎ、世界に通用する製品を目指して鞍など馬具の製造に着手します。

会社を創業した1964年(昭和39年)当時、1ドル360円の固定レートで、極度の円安状態でした。

これは輸出産業にとっては好機となります。輸出品の海外での価格が安くなり、売りやすくなるためです。

輸出産業は活性化し、企業にはお金が流れ込むようになります。ソメスサドルもこの円安のチャンスを逃さず、馬具のほとんどをアメリカへと輸出していました。

しかし、1973年(昭和48年)のオイルショックで打撃を受けたため、馬具の輸出を断念、国内での馬具販売へと切り替えます。

その後、ソメスサドルは自社の生き残りをかけて、馬具の製造ではなく革製品の生産に力を入れるようになりました。この時期に生産していたのは、ペンチケースや電工バンドなどの工業用品。

また、警官が装備するピストルホルスターの製造も手がけました。国内で会社が生き残れるように工夫を凝らし、革製品を生産していったのです。

1980年(昭和55年)代前半からは、馬具の鞍をモチーフとしたバッグを開発・販売するようになります。

1985年(昭和60年)には「最高の鞍を創りたい」という思いのもと、フランス語の「ソメス」(sommet:頂点)と英語の「サドル」(saddle:鞍)を組み合わせた現在の社名へと変更しました。

ソメスサドルは、生き残りをかけて革製品へとシフトしたのですが、「あくまで馬具メーカー」という誇りを忘れずに、現在も馬具メーカーとしてメイド・イン・ジャパンの質の高い馬具を生産しています。

フランス「Luc Childeric」(シルデリック)

障害鞍

障害鞍

「シルデリック」は1991年(平成3年)創業。トレーニング用の鞍や、馬術競技で使う障害飛越用の障害鞍(しょうがいあん)に力を入れている馬具メーカーです。

フランスを拠点に鞍をメインに生産して、初心者からプロ騎手までレベルに応じた様々な鞍を販売しています。

ベルギー「Dyon」(ディオン)

「ディオン」は、一部の馬具で特許を取得している馬具メーカー。ベルギーを拠点に、最高級のイングリッシュ・レザーをふんだんに使用した革の品質に定評のある世界的な馬具ブランドです。

フランス「HORSE PILOT」(ホースパイロット)

「ホースパイロット」は、乗馬ウェアメーカーで、ジャケットやキュロットが有名。フランスを中心に、自社の技術を活かした機能性とデザイン性の高さを追求し続けています。

カナダ「Oglivy」(オグルヴィ)

「オグルヴィ」は、カナダを中心に展開し、サドルパッドやゼッケンなどを生産しているメーカーです。馬が走る際に発生する鞍の動きを最小限にして、騎手への負荷を抑える技術が特徴的。

イタリア「KASK」(カスク)

乗馬用ヘルメット

乗馬用ヘルメット

「カスク」は、2004年(平成16年)にイタリアのベルガモで創業。

先進的で大胆なデザイン性と最善のフィット感を提供する乗馬用ヘルメットのメーカーです。

モデル開発から生産まで、すべてイタリアで行なっています。

イタリア「FRATELLI FABBRI」(ファブリ)

「ファブリ」は、イタリアの乗馬用ブーツメーカーです。1924年(大正13年)から世界中の騎手に愛用されるブーツを生み出しています。

馬具を取り扱うおすすめオンラインショップ

OZ HORSE INFO(オズ・ホース・インフォ)

「乗馬大国」とも呼ばれる、オーストラリアの馬具を取り扱うオンラインショップで、日本人が経営。問合せから注文まで日本語で対応してくれます。

高級馬具からお買い得な馬具まで取り揃えており、現地の適正な値段で購入可能です。支払いは日本円で決済することができ、銀行振り込みやクレジットカード決済にも対応しています。

スタッフがオーストラリアで見つけた選りすぐりの馬具など、海外の掘り出し物が欲しい方におすすめの馬具ショップです。

ジャパンギャロップス インポーター有限会社

茨城県稲敷郡美浦村にある馬具販売店舗。店頭販売や電話での販売がメインでしたが、近年オンラインショップがオープン。店舗での人気の品をオンラインで手に入れることができるようになったのです。豊富な馬具を取り揃えてあり、特別価格で提供してくれます。

U-ma japon(ウーマジャポン)

「ウーマジャポン」の魅力は、豊富なジャンル数とブランド数です。

馬具が必要になったら、まずこのウーマジャポンを見てみるのも良いでしょう。お目当ての品に巡り合えるサイトとなっています。

馬具の世界的ブランド

馬具の世界的ブランドをSNSでシェアする

「武具の基礎知識」の記事を読む


鞍(くら)と鐙(あぶみ)の基本

鞍(くら)と鐙(あぶみ)の基本
「鞍」(くら)も「鐙」(あぶみ)も馬具の一種で、馬に乗る際に必要な道具です。それらの歴史は長く、鞍と鐙が地名や寺院名の由来となることも多くありました。また現代でも、競馬や馬術競技には欠かせない道具でもあります。鞍と鐙は、日本人とどのようにかかわってきたのでしょうか。その基本と歴史、逸話について解説していきます。

鞍(くら)と鐙(あぶみ)の基本

馬具の種類と歴史

馬具の種類と歴史
馬を制御する道具「馬具」には多くの種類があり、歴史の中で様々に変化し、その時々における創意工夫は非常に優れています。馬具の誕生は紀元前にさかのぼり、乗馬の文化と共に日本に伝来しました。伝来した馬具は、日本国内の戦や長距離移動のなかで発展し、現在も競馬用や馬術競技用として、形も用途も変えながら進化を続けているのです。ここでは、馬具の名称と馬具ごとの歴史について迫っていきます。

馬具の種類と歴史

騎馬隊と流鏑馬

騎馬隊と流鏑馬
「騎馬隊」と言えば、「武田信玄」の「武田騎馬軍団」が有名で、戦国時代に活躍したと言われています。一方の「流鏑馬」は、「やぶさめ」と読み、疾走する馬上から矢が放たれるときの迫力は圧倒的です。 ここでは、流鏑馬をより楽しむことができるよう、騎馬隊と流鏑馬の歴史を詳しく解説していきます。

騎馬隊と流鏑馬

弓矢の歴史

弓矢の歴史
弓矢は、狩猟の道具として作られた武器です。間接的に遠方の標的を仕留められることから、霊力が宿る神聖な道具と見なされるようになり、祈祷や魔除けなどの道具として使われるようになりました。また、対人用の武器として合戦に導入されてからは、合戦の形態に合わせて弓矢も徐々に形状や構造が変わっていき、鉄砲が登場するまでは主要武器として長く使用されます。狩猟用武器として作り出されてから現代に至るまで、弓矢がどのような変化を遂げたのか。日本における弓矢の歴史をご紹介します。

弓矢の歴史

弓術とは

弓術とは
日本では、縄文時代から弓矢が使われていました。のちの戦国時代を経て、火縄銃が登場するまで武器の主流として戦術の要を担ってきたのです。その歴史の中で、様々な「弓術」(きゅうじゅつ)も誕生。流派や理念も多彩に広がっていきました。現代に伝えられる技術も少なくありません。 ここでは、日本の弓術における歴史を紐解き、理念や流派などを併せて解説します。

弓術とは

火縄銃とは

火縄銃とは
日本の戦のあり方を根本的に変えてしまった武器「火縄銃」(ひなわじゅう)。そもそも、火縄銃とはどのような火器で、他の鉄砲とどのような違いがあるのでしょうか。その伝来や銃の内部構造など、火縄銃の基本を見ていきます。

火縄銃とは

火縄銃の普及と甲冑の変化

火縄銃の普及と甲冑の変化
戦国時代に伝来した火縄銃。火縄銃が合戦に与えた影響は大きく、それまでの騎馬戦主流であった戦闘様式を大きく変えました。火縄銃の登場により、中世(平安時代から鎌倉時代)から戦国時代でどのように合戦が変化したのかをご紹介します。

火縄銃の普及と甲冑の変化

鉄砲伝来の諸説

鉄砲伝来の諸説
火縄銃は、1543年(天文12年)に種子島に漂流したポルトガル人によってもたらされた武器と言うのが定説です。一方で、種子島伝来以外にも様々な過程を経て日本にもたらされた説や、種子島へ伝来する以前から日本に伝わっていた説など、鉄砲伝来についてはいまだに議論の余地が残されています。日本における合戦のあり方を根本から塗り替えた火縄銃とは一体どのような物なのか。また、火縄銃伝来に関する諸説と、戦国時代に鉄砲が広く浸透した理由についてご紹介していきます。

鉄砲伝来の諸説

陣羽織とは

陣羽織とは
陣羽織は、戦国時代に登場したと言われ、戦場において武将が鎧の上から羽織りました。着物型の羽織やマント形式など、武将のセンスが光る陣羽織が数多く存在。その豪華絢爛さもあいまって、百花繚乱の様相を呈しました。ここでは、陣羽織について概要をご説明したあと、戦国武将がこだわり抜いたオリジナルの陣羽織の一部をご紹介します。

陣羽織とは

注目ワード
注目ワード