甲冑(鎧兜)と武将

直江兼続と兜

文字サイズ

「直江兼続」(なおえかねつぐ)と言えば、大河ドラマの主役にもなった有名な武将。その直江兼続の代名詞とも言えるのが、前立に大きな「愛」の文字をあしらった兜です。
安土・桃山時代以降において、兜所用者の哲学や思想を託したとされる立物の中でも、一際目を引く斬新なデザイン。その由来には、大きく分けて3つの説がありました。今回は愛の立物に秘められた直江兼続の「想い」を探ります。

甲冑(鎧兜)写真/画像甲冑(鎧兜)写真/画像
歴史的に価値の高い甲冑(鎧兜)や面頬などを名前や種類から検索することができます。

直江兼続の兜に秘められた想い①「仁愛の愛」

直江兼続

直江兼続

直江兼続と言えば、どのような相手に対しても誠実に接する人物。すなわち「義」を重んじる人物として知られています。

主君、家臣はもちろん、統治下にある領民に対しても、それは同じ。これらを守る気持ちが、ときには権力者に対する強い姿勢となって現れることもありました。

象徴的だったのが徳川家康に対する「直江状」。豊臣秀吉亡きあと、権力の頂点に最も近かった徳川家康による上杉景勝に向けた上洛要求への書簡に対し、家老の直江兼続は、毅然たる態度で拒絶の意思を示したと言われています。

そして、この書状が「関ヶ原の戦い」の引き金となったという見方もあるのです。

関ヶ原の戦い後、徳川家康は敵対した上杉景勝の所領を約30万石に減封。石高が従来の約4分の1となったことで、当然、直江兼続の収入も激減しました。しかし、直江兼続は質素な生活をするなど、自らの身を削ることで家臣をリストラすることはなかったと言われています。

これらの直江兼続のエピソードにかんがみると、情け深い心で人を思いやることを意味する仁愛の愛を、自らの哲学として立物に託したとしても不思議ではないと言えるのです。

  • 歴史を動かした有名な戦国武将や戦い(合戦)をご紹介!

  • 武将・歴史人のエピソードや、関連のある日本刀をご紹介!

  • 歴史上の人物が活躍した合戦をご紹介!

直江兼続の兜に秘められた想い②「愛染明王の愛」

直江兼続所用と伝わるをよく見てみると、愛の立物の下には雲を模したような立物があります。

当時は、この雲の上に仏の一文字を置くことで、名前を省略できるというルールがあったと言われており、愛の一文字が「愛染明王」(あいぜんみょうおう)を表しているという説があります。

愛染明王は、愛欲や欲望、執着などの煩悩を悟りに変え、菩提心(悟りの境地)に導く力を持つ仏だと言われており、直江兼続だけでなく、「源頼朝」や「お市の方」も守護神としていました。戦乱の世に生きる人達の心のよりどころであったとも言えるのです。

直江兼続の兜に秘められた想い③「愛宕権現の愛」

「愛宕権現」(あたごごんげん)とは、「勝軍地蔵」(しょうぐんじぞう)が垂迹(すいじゃく:仏や菩薩が仮の姿でこの世に現れること)した軍神。鎌倉時代から戦国時代にかけて武士の間で広く信仰されており、戦の前に「愛宕神社」を訪れることは、恒例行事のようになっていたのでした。

これを象徴するのが明智光秀。「本能寺の変」直前、明智光秀は愛宕神社での連歌会で「ときは今、天(あめ)が下(した)知る、五月哉(さつきかな)」という句を詠んでいたのです。

  • 上杉謙信

    上杉謙信

  • 明智光秀

    明智光秀

愛宕神社を信仰する武将には、直江兼続の主君・上杉景勝の養父、上杉謙信も含まれていました。

上杉謙信は、戦いの前には愛宕神社を訪れて参拝していたと言われています。

直江兼続と上杉謙信の間での交流については諸説ありますが、上杉景勝を通じて影響を受けた直江兼続が、武神たる毘沙門天の生まれ変わりを自称し、毘を旗印に用いていた上杉謙信に習って、愛宕権現の愛を兜の前立に施したとも考えられるのです。

  • 歴史を動かした有名な戦国武将や戦い(合戦)をご紹介!

  • 歴史を動かした有名な戦国武将や戦い(合戦)をご紹介!

  • 歴史上の人物が活躍した合戦をご紹介!

  • 直江兼続

    戦国武将を主に、様々な珍説をまとめました。

直江兼続と兜

直江兼続と兜をSNSでシェアする

「甲冑(鎧兜)と武将」の記事を読む


関ヶ原の個性的な甲冑対決(東軍)①

関ヶ原の個性的な甲冑対決(東軍)①
「徳川家康」を率いる「東軍」が勝利を収めたのは、家康が見事な采配を取ったのはもちろんのこと、「武官派」としてその名を轟かせた家臣団が付き従っていたことが、その大きな要因でした。ここでは家康を含め、そのような家臣団の中でも「最強」と評されていた「本多忠勝」(ほんだただかつ)と「井伊直政」(いいなおまさ)について、その強さの秘密を甲冑を通して見ていきます。

関ヶ原の個性的な甲冑対決(東軍)①

関ヶ原の個性的な甲冑対決(東軍)②

関ヶ原の個性的な甲冑対決(東軍)②
「関ヶ原の戦い」の「東軍」には、家康を勝利に導くため忠義の限りを尽くした「名将」達がいました。しかし、名将と称される武将は周囲を圧倒するような個性を持っているもの。それを戦場でもアピールし強さを自己演出するため、彼らは甲冑(鎧兜)に様々な装飾を施していたのです。特に兜には遠くからでもその存在を示すことができるように、奇抜な意匠が用いられた「変わり兜」が多く見られます。ここでは、関ヶ原で大いに武功を挙げた東軍の4人の武将が身に付けていた変わり兜を中心に、それぞれの甲冑(鎧兜)に込められた思いやエピソードを、甲冑(鎧兜)を通して見ていきます。

関ヶ原の個性的な甲冑対決(東軍)②

関ヶ原の個性的な甲冑対決(東軍)③

関ヶ原の個性的な甲冑対決(東軍)③
「徳川家康」が日本の天下人となることを決定付けた「関ヶ原の戦い」。その際に家康の「東軍」に属することをいち早く決めた武将達は、「先見の明」に優れていたと言えます。その決断の一助となっていたのは、彼らが持って生まれた性格や気質のみならず、身に付けてきた文化や教養を素地とした知性に富んでいたことにあったのかもしれません。そして、そんな武将達の個性は、彼らが戦の際に身に付けていた甲冑(鎧兜)にも現れていました。ここでは、関ヶ原において、武力はもちろん自身の知略を巡らせて東軍の勝利に貢献した4人の武将の生涯と、彼らが所用していた甲冑(鎧兜)についてご紹介します。

関ヶ原の個性的な甲冑対決(東軍)③

戦国武将と甲冑①

戦国武将と甲冑①
武将の甲冑(鎧兜)は「武具」であると共に、武将としての「威厳」や「地位」の高さを誇示する物でした。特に、個性的で目立つデザインの兜を「変わり兜」と言い、室町時代末期から始まり安土桃山時代に全盛期を迎えます。ここでは、戦国時代に活躍した「武田信玄」、「上杉謙信」、「森可成」(もりよしなり)、「山中幸盛」(やまなかゆきもり)の変わり兜と人物像について詳しくご紹介します。

戦国武将と甲冑①

戦国武将と甲冑②

戦国武将と甲冑②
集団の中で目立ち、頭ひとつ抜き出るためには、強い個性が必要でした。それを表現する物こそが、「甲冑」(鎧兜)。特に、前立、脇立、後立という立物に、自分の信条や信念を込め、敵はもちろん味方にも心理的な衝撃を与えたのです。ここでは、その勇猛さで恐れられた「立花宗茂」、「佐竹義重」、「明智光春」、「蒲生氏郷」の変わり兜と人物像について詳しくご紹介します。

戦国武将と甲冑②

戦国武将と甲冑③

戦国武将と甲冑③
甲冑は日本刀と同じく、戦功の贈答品として主君から家臣に下賜されることが多かったようです。家臣はそれを誇りに思い、主君は戦場で変わり兜を身に付けた家臣を見付けやすく、その活躍ぶりを伝聞し、恩賞を与える判断にしたのかもしれません。ここでは「豊臣秀吉」、「黒田官兵衛」、「前田利家」が所有し、家臣に贈ったことが伝わる変わり兜について詳しくご紹介します。

戦国武将と甲冑③

織田信長と甲冑

織田信長と甲冑
「織田信長」は、宣教師「ルイス・フロイス」によってもたらされた地球儀など、新しい物に興味を示したり、城下町において「楽市楽座」政策を実施したりするなど、既成概念にとらわれず、新しい施策を積極的に取り入れていった人物です。したがって、開化的・進歩的というイメージが定着しています。 また、戦いにおいては「長篠の戦い」(ながしののたたかい)で組織的な鉄砲部隊を組成するなど、革新的な戦法を編み出したとも言われる人物です(異説あり)。 今回は、織田信長と甲冑にまつわる話をご紹介します。

織田信長と甲冑

豊臣秀吉と甲冑

豊臣秀吉と甲冑
派手好きというイメージが定着している「豊臣秀吉」。豊臣秀吉所用と伝わる甲冑についても、その多くに派手なデザインと色使いが用いられています。 安土・桃山時代は、意匠を凝らした甲冑(当世具足:とうせいぐそく)が多数制作された時代でしたが、中でも豊臣秀吉所用とされている甲冑は際立つ存在です。 今回は、豊臣秀吉と甲冑にまつわる話をご紹介します。

豊臣秀吉と甲冑

石田三成の甲冑

石田三成の甲冑
全国の大名の運命を左右した「天下分け目」の合戦である「関ヶ原の戦い」。「毛利輝元」(もうりてるもと)を総大将とし、「石田三成」(いしだみつなり)を中心に結成された西軍は、軍全体の結束力不足や、幾人もの武将による裏切りなどが要因となり、「徳川家康」(とくがわいえやす)率いる東軍に敗れる結果となりました。そんな中でも最後まで豊臣家に忠義を誓い、戦い抜いた武将、石田三成。ここでは、石田三成という武将の人となりを、彼が愛用していた甲冑を通して見ていきます。

石田三成の甲冑

注目ワード

注目ワード