戦国武将一覧

前田玄以

文字サイズ

戦国時代の英傑である「織田信長」、「豊臣秀吉」、「徳川家康」の3人すべてに仕えた武将は多くありません。しかし、3人に器量を認められ、重用された人物のひとりに「前田玄以」(まえだげんい)がいます。英傑らは、それぞれまったく異なる性格ですが、共通して人物の器量を見抜く眼力は、優れていたに違いありません。そんな前田玄以は、豊臣秀吉に仕えた五奉行として、「石田三成」らと共に名を連ねていたことが有名です。
ここでは、朝廷にも人脈を形成し、外交や内政で活躍した前田玄以についてご紹介します。

京都所司代として高い政治能力を発揮

織田信長に仕える

前田玄以のイラスト

前田玄以

「前田玄以」(まえだげんい)は、1539年(天文8年)、美濃国(みののくに:現在の岐阜県南部)で誕生しました。

織田信長が、尾張国(おわりのくに:現在の愛知県西部)の一大名から勢力を拡大していった頃から、家臣として前田玄以の名前が登場。

それ以前には、何らかの理由で仏門に入り、美濃国の僧侶だったと言われています。

比叡山で出家した伝承がありますが、禅僧だったとも言われ、明確なところは分かっていません。尾張国の小松寺の住職を務めていたことがあるとも伝わっています。

当初は、織田信長に仕えていたようです。史料には、1579年(天正7年)時点で、織田信長の嫡男である「織田信忠」(おだのぶただ)の家臣だったとの記録があり、織田信長が、前田玄以を嫡男の側近として付けました。

織田信忠は1575年(天正3年)、織田家の家督を織田信長から譲られています。

織田信長は、家督を譲っても実権は握り続けましたが、嫡男に尾張国や美濃国の統治は任せました。その補佐役として、前田玄以は抜擢されたようです。

村井貞勝が後ろ盾

前田玄以は、「村井貞勝」(むらいさだかつ)の娘を正室に迎え、1576年(天正4年)には、長男の「前田秀以」(まえだひでもち)が誕生しています。

村井貞勝は織田信長の重臣のひとりで、行政面で大きな役割を果たしました。1573年(天正元年)に、織田信長は京から「足利義昭」(あしかがよしあき)を追放したのち、村井貞勝を京都の市政を司る「京都所司代」(きょうとしょしだい)に任じています。

京都所司代は、京の治安を維持するための警備をはじめ、朝廷との交渉、寺社の統治、京での事務処理といった任務にあたりました。

キリスト教の宣教師「ルイス・フロイス」は、村井貞勝を「都の提督」と認めています。朝廷を掌握し、京の有力な寺社勢力と結び付き、強大な権力を手にしていたと考えられるのです。

村井貞勝と縁戚になるのは、前田玄以にとってこの上ない後ろ盾でした。権勢を引き継いだ前田玄以は、1583年(天正11年)に織田信長の次男である「織田信雄」(おだのぶかつ)に仕え、織田信雄から京都所司代に任命されます。

のちに豊臣秀吉が政権を握ったときも、前田玄以は引き続き京都所司代となりました。前田玄以が、京において高い政治能力を発揮していたのは想像に難くありません。

本能寺の変に直面

本能寺の変

本能寺の変

天下統一を掌中に入れようという織田信長でしたが、重臣である「明智光秀」の裏切りによって、野望を断たれてしまいます。1582年(天正10年)に起きた「本能寺の変」です。

京都の本能寺で織田信長が明智光秀に討たれた際、織田信忠や村井貞勝らと共に、前田玄以も京都にいました。織田信長を討った明智光秀は、二条城に向かい次に織田信忠を狙います。

織田信忠が自害したのち、村井貞勝もあとを追いましたが、前田玄以は二条城を抜け出すことに成功しました。

京都を脱出した前田玄以は、美濃国に向かいます。美濃国の岐阜城には、織田信忠の嫡男である「三法師」(さんほうし)がいました。前田玄以は、織田信忠から三法師を保護するように命じられていたのです。

前田玄以は岐阜城にたどり着き、三法師を無事に保護して、尾張国の清洲城へと移ることになりました。

名刀 徳善院貞宗

本能寺の変の際、三法師の保護を命じた織田信忠が前田玄以に託したという短刀が、東京・日本橋の三井記念美術館に所蔵されています。長さ1尺1寸7分(35.5㎝)の「徳善院貞宗」(とくぜんいんさだむね)です。

前田玄以は、1596年(文禄5年)以降に、この短刀を「徳善院」(とくぜんいん)と称しています。徳善院貞宗は、三法師を保護して清洲城に移った前田玄以から、豊臣秀吉に献上されました。

1598年(慶長3年)、豊臣秀吉が亡くなった際に形見分けされ、再び前田玄以の手に戻ります。前田玄以が亡くなったあとは、前田家の家督を継いだ「前田茂勝」(まえだしげかつ)に渡りました。

のちに徳川家康に献上され、紀州徳川家に下賜されています。現在は国宝に指定されている逸品です。

処世術に長けた前田玄以

豊臣秀吉の下で

豊臣秀吉

豊臣秀吉

1582年(天正10年)に、「山崎の戦い」で豊臣秀吉が明智光秀を討ったのち、豊臣秀吉の権勢が京都に及ぶようになります。

前田玄以は、1584年(天正12年)、豊臣秀吉の家臣となりました。

そして、豊臣秀吉に仕えてからも、前田玄以は引き続き京都所司代として活躍します。

1588年(天正16年)、豊臣秀吉が世間の人々に対して権威を示すための「聚楽第行幸」(じゅらくだいぎょうこう)の際にも、朝廷とのつなぎ役として能力を発揮しました。

豊臣秀吉は、朝廷を重視します。朝廷から関白に任じられ、さらに太政大臣に就任して、朝廷の最高位を独占しました。背景には、京や朝廷に通じた前田玄以の取り成しがあったと考えられます。

1595年(文禄4年)には、豊臣政権への功績が認められ、丹波国(たんばのくに:現在の京都府中央部と兵庫県東部)の5万石を領有し、丹波亀山城の城主となりました。

1598年(慶長3年)、豊臣秀吉が亡くなる直前に五奉行に任ぜられ、後事を託されます。石田三成をはじめとする五奉行のひとりとして、前田玄以は内政に手腕を発揮しました。

徳川家康に仕える

徳川家康

徳川家康

豊臣秀吉が亡くなったのち、豊臣政権下での主導権をめぐって、徳川家康と石田三成が火花を散らすことになります。

前田玄以は、何とか事態を沈静化するために奔走しました。しかし、1600年(慶長5年)、「関ヶ原の戦い」で両勢力は東軍と西軍に分かれ、武力衝突に至ります。

前田玄以は、石田三成の西軍に加担し、徳川家康の弾劾に署名しました。

ところが、同時に、石田三成の動向を徳川家康に知らせるなど、両者の間を立ち回ります。

決戦に際しては、「豊臣秀頼」(とよとみひでより)の後見人を申し出て大坂城にとどまり、病気を理由にしてどちらにも最後まで加勢をしませんでした。

中立を保った姿勢が徳川家康に評価され、前田玄以は、丹波亀山5万石の領有を継続して認められています。関ヶ原の戦いののち、前田玄以は丹波亀山藩5万石の初代藩主となりました。

前田玄以

前田玄以をSNSでシェアする

「戦国武将一覧」の記事を読む


那須与一

那須与一
鎌倉幕府の「御家人」(ごけにん)として、同幕府初代将軍「源頼朝」に仕えていた「那須与一」(なすのよいち)。いわゆる「源平合戦」における一連の戦いのひとつである「屋島の戦い」(やしまのたたかい)にて、「扇の的」に矢を見事命中させたほどの「弓の名手」として知られています。しかし、その逸話と那須与一の名前は、軍記物の「平家物語」などに登場するのみであるため、それらの真偽のほどは謎に包まれた部分が多いのです。平家物語や「源平盛衰記」(げんぺいせいすいき/げんぺいじょうすいき)などに伝わるところから、那須与一の生涯について紐解きつつ、人物像にも迫っていきます。

那須与一

土岐頼芸

土岐頼芸
「土岐頼芸」(ときよりのり)は、美濃国(現在の岐阜県)に栄えた土岐家の次男として生まれ、実兄「土岐頼武」(ときよりたけ)との熾烈な家督争いに打ち勝ち、美濃国守護(しゅご:鎌倉・室町幕府が置いた地方官)に上り詰めた戦国武将です。しかし、時は下剋上の時代。自身が守護代に任命した「斎藤道山」(さいとうどうさん)に裏切られ、美濃国を追われることとなります。土岐頼芸は、天下人「織田信長」の父で、「尾張の虎」と称された「織田信秀」(おだのぶひで)を頼り、斎藤道三と和睦しますが、最終的には11代続いた美濃国守護の地位を手放し、流浪の人生へと転落。81歳にして美濃国へ戻りますが、直後にその生涯を終えた人物です。激動の戦国時代を生きた土岐頼芸についてご紹介します。

土岐頼芸

山内一豊

山内一豊
「山内一豊」(やまうちかずとよ)と言えば、「司馬遼太郎」(しばりょうたろう)の名著「功名が辻」(こうみょうがつじ)の主人公としても知られる戦国武将です。妻の「千代」(ちよ)による内助の功などにより大出世を果たし、やがて土佐国(現在の高知県)202,600石の大名へと出世を遂げました。伝記によれば、山内一豊は口数の少ない穏和な性格で、華々しい武勲もそれほど多くなかった戦国武将でしたが、その反面、「織田信長」や「豊臣秀吉」、「徳川家康」という天下人達から厚い信頼を得ていたのです。 そんな山内一豊の生涯を追いながら、妻と共に果たした立身出世の道のりを辿っていきます。

山内一豊

蒲生氏郷

蒲生氏郷
「織田信長」や「豊臣秀吉」などの天下人に一目置かれながら、40歳の若さで生涯を閉じた「蒲生氏郷」(がもううじさと)。数々の戦場で武功を立てただけでなく、領地の経営や家臣団の統制にも長け、「世に優れたる利発人」と称された戦国武将でした。その一方で、キリシタン大名や「千利休」(せんのりきゅう)の高弟「利休七哲」(りきゅうしちてつ)のひとりとしての顔も持ち、当代きっての文化人としても知られた人物です。「六角氏」(ろっかくし)の重臣一族から「織田家」の家臣、そして、東北一の大大名へとのし上がった蒲生氏郷の生涯をたどり、その人物像に迫っていきます。

蒲生氏郷

最上義光

最上義光
「最上義光」(もがみよしあき)は、出羽国(現在の山形県・秋田県)の小さな勢力であった「最上家」を、東北有数の大大名へと押し上げた武将です。父や弟との骨肉の争いに始まり、調略を駆使して領土を拡大しましたが、一方で合戦の際には、勇猛果敢な戦いぶりを見せ、「虎将」とも称されました。そんな最上義光の戦いの軌跡や、逸話から見える人物像に注目。ほぼ一代で、東北の大大名へとのし上がった、その生涯に迫っていきます。

最上義光

結城秀康

結城秀康
「結城秀康」(ゆうきひでやす)は「徳川家康」の子でありながら、数奇な運命を背負った戦国武将です。元服前には「豊臣秀吉」の養子に出されただけでなく、豊臣秀吉が甥の「豊臣秀次」(とよとみひでつぐ)を後継者に定めると、下総国(しもうさのくに:現在の千葉県北部、茨城県南西部)の「結城晴朝」(ゆうきはるとも)の養子となり、豊臣家の中枢から遠ざけられました。天下人の家に生まれながら不遇な目に遭い、それでも道を切り開いた結城秀康にまつわる数々の逸話をご紹介すると共に、その生涯を辿っていきます。

結城秀康

山本勘助

山本勘助
「山本勘助」(やまもとかんすけ)は戦国時代の武将で、「武田信玄」の伝説的軍師として広く知られています。「架空の人物」説が長く定説とされており、実在が確認されてもなお、その実像はいまだ謎に包まれた存在です。

山本勘助

森蘭丸

森蘭丸
「森蘭丸」(もりらんまる)は、「織田信長」の側近として最期まで献身的に仕えた小姓(こしょう:武将などに仕えた世話役)です。ゲームや時代劇、映画には、「美少年」として描かれている有名な人物。織田信長のお気に入りとして多くの逸話が残されている森蘭丸の生涯を、逸話・名言・家紋と共にご紹介します。

森蘭丸

毛利輝元

毛利輝元
「毛利輝元」(もうりてるもと)は、偉大な祖父「毛利元就」(もうりもとなり)を持つ名門武将です。「織田信長」とは敵対したものの、「本能寺の変」後は「豊臣秀吉」と和解し、「豊臣五大老」のひとりとして大活躍しました。 しかし、豊臣秀吉が亡くなったことで、運命の歯車が狂い始めるのです。「関ヶ原の戦い」で西軍の総大将に担がれた、名門・毛利家に育った毛利輝元の一生についてご紹介します。

毛利輝元