戦国武将一覧

黒田官兵衛(黒田如水・黒田孝高)

文字サイズ

「黒田官兵衛」(別名:黒田如水・黒田孝高)は、大河ドラマ『軍師官兵衛』で天才軍師として描かれた戦国武将です。攻城戦で相手の食糧補給手段を絶つ「兵糧攻め」や備中高松城(現在の岡山県)を浮城にした「水攻め」など、戦術に長けた武将でした。それゆえ、主君からは信頼以上に恐れられることもあったとか。
また軍師とは別に、加藤清正、藤堂高虎と共に「三大築城名手」と称される築城の名手としての顔や、一夫多妻制の時代にひとりの妻のみを生涯愛した「愛妻家」の顔も持っていました。
こちらのページでは、軍師・築城の名手として活躍していた黒田官兵衛の戦歴や人物像だけでなく、黒田官兵衛が残した名言や家紋、愛用していた日本刀についてご紹介します。

伝説の軍師・黒田官兵衛誕生!

黒田官兵衛

黒田官兵衛

「黒田官兵衛(黒田孝高)」(くろだかんべえ/くろだよしたか)は、1546年(天文15年)に播磨国(現在の兵庫県南部)の姫路で生まれました。

父は、播磨城主「小寺政織」(こでらまさもと)の重臣「黒田職隆」(くろだもとたか)です。

黒田職隆はとても有能で、小寺姓を名乗ることを許され、「小寺職隆」として支城・姫路城代となった人物。

なお、母は小寺政織の養女(明石宗和の娘)「岩姫」(いわひめ)です。

黒田官兵衛は、1559年(永禄2年)の14歳のときに母を亡くし、1562年(永禄5年)の17歳で初陣、1567年(永禄10年)22歳のときに黒田家の家督を継ぎ、播磨国志方城主「櫛橋伊定」(くしはしこれさだ)の娘「光姫」(てるひめ)を正室としました。

翌年には、嫡男「黒田長政」(くろだながまさ:幼名は松寿丸)が誕生します。

黒田官兵衛は、正室のみで側室を持たず、生涯ひとりの女性を愛し、愛妻家と呼ばれました。

  • 黒田官兵衛のエピソードや、関連のある刀剣・日本刀をご紹介します。

  • 歴史を動かした有名な戦国武将や戦い(合戦)をご紹介!

若き黒田官兵衛、小野氏のもとで活躍「攻めの織田へ」

1570年代は、尾張国(現在の愛知県)を統一した「織田信長」と、安芸国(現在の広島県)の守護大名「毛利輝元」が勢力を拡大し始めた時期。黒田官兵衛がいた播磨国は、地理的に織田家毛利家の間に挟まれていました。

黒田官兵衛は、主君・小寺政職に「守りの毛利よりも、攻めの織田に付きましょう」と、織田信長に味方するように進言します。

1573年(天正元年)、黒塀小寺氏の使者として岐阜城を訪問し、織田信長に謁見。このとき、織田信長から褒美として、名刀「へし切り長谷部」を拝領したと言われています(諸説あり)。

その後、黒田官兵衛は、織田信長の家臣「豊臣秀吉」の配下に入りました。

  • 織田信長のエピソードや、関連のある刀剣・日本刀をご紹介します。

  • 歴史を動かした有名な戦国武将や戦い(合戦)をご紹介!

黒田官兵衛、幽閉される

竹中半兵衛

竹中半兵衛

1577年(天正5年)、織田信長による「中国征伐」では、黒田官兵衛が先鋒を務めます。

居城としていた姫路城は、中国征伐の重要拠点となったため、豊臣秀吉に譲渡。その代わり、姫路城から南に4.5kmの場所にある「国府山城」(こうやまじょう:別名は妻鹿城〔めがじょう〕)を修復し、父と共に居城としました。

これが黒田官兵衛初の築城。黒田官兵衛は、播磨国内の武将達に、織田軍の味方に付くように次々と説得します。

1578年(天正6年)、黒田官兵衛は、織田信長に対してクーデターの気配がある「荒木村重」(あらきむらしげ)を説得するために、単身で「有岡城」(現在の兵庫県伊丹市)に向かいます。

ところが、逆に捕らえられ、有岡城の牢屋に幽閉。それを織田信長は、「黒田官兵衛が寝返った」と勘違いして大激怒。黒田官兵衛の息子・黒田長政を殺すように、豊臣秀吉に命じます。

しかし、1年後の1579年(天正7年)10月、有岡城が陥落し、黒田官兵衛は奇跡的に救出。頭髪は抜け落ち足腰は弱まり、変わり果てた姿となっていました。

豊臣秀吉は、黒田官兵衛が寝返っていなかったことを知り、黒田官兵衛の息子・黒田長政を処刑したことを泣いて詫びたと伝えられています。しかし実は、豊臣秀吉が処刑するように命じた「竹中半兵衛」(たけなかはんべえ)が、黒田長政を殺さず匿っていたと判明するのです。

竹中半兵衛とは、黒田官兵衛と共に豊臣秀吉に仕え、「両兵衛」と呼ばれた謀将。そんな豊臣秀吉の右腕と言っても過言ではない竹中半兵衛が、上の命令に背くとはもってのほかでした。しかし竹中半兵衛は、黒田官兵衛が裏切っている訳はないと、黒田長政を守ったのです。

この件を聞いた織田信長、豊臣秀吉、黒田官兵衛は、竹中半兵衛に心から感謝したとのこと。ただし、匿っていた竹中半兵衛は、黒田親子を気遣う手紙を遺して、すでに6月に病死していました。

黒田官兵衛は、竹中半兵衛への感謝の気持ちを忘れないために、竹中家の家紋「餅紋」を使うようになったと言われています。これ以降、豊臣秀吉は、黒田官兵衛を重用するようになるのです。

なお、主君・小寺政織は、荒木村重に続いて、織田信長に謀反。しかし、黒田官兵衛が救出されると、逃亡し病死します。これにより、黒田官兵衛と小寺政織の主従関係が崩壊しました。

歴史を動かした有名な戦国武将や戦い(合戦)をご紹介!

黒田官兵衛が「稀代の知将」と言われた理由

鳥取城跡

鳥取城跡

軍師として才能を発揮した、黒田官兵衛。稀代の知将と言われるまでには、様々な戦略を押し出しました。

まずは、1578年(天正6年)5月から1580年(天正8年)2月にかけて行なわれた「三木合戦」。

織田軍の指揮官・豊臣秀吉に仕えていた黒田官兵衛は、竹中半兵衛と共に、三木城(現在の兵庫県三木市)に籠城した「別所長治」に武力で対抗するのは難しいと判断し、食糧補給手段を絶たせる「兵糧攻め」という方法を考え、豊臣秀吉に提案し、攻略したと伝えられています。

その後、1580年(天正8年)に播磨平定の功績で、黒田官兵衛は織田信長から山崎(兵庫・宍粟)1万石を与えられました。のちに築ノ丸城を自分の居城として修理。これが黒田官兵衛の2回目の築城とされています。

また、1581年(天正9年)、毛利軍との戦いでも、兵糧攻め「鳥取の渇殺し」(かつえごろし)を行ない、鳥取城(現在の鳥取県鳥取市)を攻略。

1582年(天正10年)、備中高松城(現在の岡山県)攻略の際には、地形を見て「水攻め」が適切であることを豊臣秀吉に提案するなど、知将ぶりをいかんなく発揮しました。

織田信長の死後、豊臣秀吉の天下統一に協力!

豊臣秀吉

豊臣秀吉

1582年(天正10年)、「明智光秀」による「本能寺の変」で織田信長が死去すると、家臣達は混乱します。その中で、黒田官兵衛は豊臣秀吉に「天下が取れる、好機です」と発言したのです。

さらに黒田官兵衛は、豊臣秀吉に「中国大返し」を促し、毛利氏との講和を進言。その後、黒田官兵衛は豊臣軍の殿(しんがり:退却する部隊の最後尾を担当し、敵の追撃を防ぐこと)を担当し、「山崎の戦い」で明智軍を討伐。

1583年(天正11年)には、豊臣秀吉による天下統一が胎動する中、黒田官兵衛は「大坂城」の設計を担当します。これが3回目の築城です。この築城にあたり、黒田官兵衛は豊臣政権下で「普請奉行」(現在で言う国土交通大臣)となっています。

同年、黒田官兵衛はキリスト教の洗礼を受けて、洗礼名「ドン・シメオン」を名乗りました。キリストを信仰した黒田官兵衛ですが、後年黒田長政に対して「神には祈れば良いし、殿には詫びを入れて謝れば大概のことはなんとかなる」と言い放っています。

ただし、この発言には続きがあり、「しかし、家臣や民衆に疎まれると国を失うことになる。国を失えば神に祈っても殿に謝っても取り返しがつかない。そのため、家臣や民は大切にしなさい」というものです。作戦指揮官として群衆の上に立つ者としての教えと言えます。

また1585年(天正13年)、豊臣秀吉が四国平定を進めた際にも知将ぶりを発揮。「長宗我部元親」(ちょうそかべもとちか)は、讃岐植田城(現在の香川県高松市)に敵を誘導し、阿波国(現在の徳島県)に本陣を置いて、夜戦で挟撃しようと策略していました。

しかし、黒田官兵衛が長宗我部元親の作戦を見抜き、阿波国への攻撃を最優先にするよう進言。その結果、長宗我部元親が立てこもっていた白地城(現在の徳島県三好市)は豊臣軍に取り囲まれてしまいます。迎え討とうとした長宗我部元親ですが、家臣に説得され、講和を受け入れることに。

長宗我部元親は、黒田官兵衛の智略に負けたことを、たいへん悔しがったと伝えられているのです。

  • 豊臣秀吉のエピソードや、関連のある刀剣・日本刀をご紹介します。

  • 歴史を動かした有名な戦国武将や戦い(合戦)をご紹介!

黒田官兵衛が茶の湯を好んだ理由

豊臣政権下では、茶の湯(お茶会)が流行していました。しかし、黒田官兵衛は「武士がすることではない。主催と客人が狭い席に座り不用心すぎる」と、当初、茶の湯を嫌っていたと言われています。

豊臣秀吉は、密談の際に黒田官兵衛を招き、「こういう密談が茶の湯の利点である」と説きます。豊臣秀吉は、続けて「何もない日にお前を呼んで密談をすれば、怪しまれて面倒ごとを起こすことになりかねない。ここならば茶の湯という名目で怪しまれることはない」と言いました。

これには黒田官兵衛も感服し、「私は今日初めて茶の湯のすばらしさを理解しました。名将(豊臣秀吉)がひとつの考えに固執することなく、注意ができる点は非常に尊敬できることです」と言い、茶の湯を好きになったと伝えられているのです。

黒田官兵衛は、1586年(天正14年)に開始した「九州平定」(島津義弘との戦い)で作戦指揮(軍監)を担当、豊前国(現在の福岡県)諸城を次々と攻略します。

はじめに黒田官兵衛は、4,000の軍勢を率いる先鋒として、毛利・吉川・小早川軍と共に、豊前小倉城(現在の福岡県北九州市)を攻略。その後、豊前松山城(現在の福岡県京都郡苅田町)では、豊前の諸将が降伏します。こうして黒田官兵衛は、1年足らずで豊前内の主要な城をすべて攻略したのです。

その後、1587年(天正15年)に島津氏が降伏すると、九州平定は完了。しかし、博多の町を訪れた豊臣秀吉は、その荒廃ぶりに驚きます。博多の町は、度重なる合戦で荒廃を極めており、凄惨な状況だったのです。

そこで豊臣秀吉は、黒田官兵衛らに荒廃した町の復興を命令。命令を受けた黒田官兵衛は「太閤町割」として、荒廃した街並みを整備する復興計画を立ち上げました。太閤町割は、博多商人の協力を得て2回行なわれ、現在も冷泉町や御供所町にその名残があります。

この都市整理では、博多の区画ごとに「流」(ながれ)と呼ばれる集団が形成。現在でもこの流単位で「博多祇園山笠」といった大規模な祭事が執り行なわれています。

黒田官兵衛、豊前の地を拝領

黒田官兵衛は、豊臣秀吉に九州平定の功績を讃えられ、豊前6郡12万石(豊前国の3分の2の領土)と馬ヶ岳城(うまがたけじょう:現在の福岡県行橋市)を授かります。黒田官兵衛は、馬ヶ岳城に入城すると、豊臣秀吉の命で領内の検地を行ない、豊前の統治を徹底しました。

豊臣秀吉は、九州内の領地配分を再編。その再編により、城井谷城(きいだにじょう:現在の福岡県築上郡)の城主「城井鎮房」(きいしげふさ)は、豊臣秀吉の九州平定に協力したのにもかかわらず、移封。城井鎮房は、先祖代々400年近くこの城井谷を治めてきたため、この措置に不満を持ち蜂起します。

黒田官兵衛は、息子・黒田長政とこの鎮圧にあたり、1588年(天正16年)に城井鎮房は降伏。その後、黒田官兵衛、黒田長政によって城井鎮房は、謀殺されました。

黒田官兵衛は居城を馬ヶ岳城から中津城に移す

中津城

中津城

黒田官兵衛は、豊前統治の要としていた馬ヶ岳城が山城であり、城下町がうまく作りにくいため、城を平地に移すことを考えました。

そこで黒田官兵衛は、広くて平坦な中津の地に「中津城」(現在の大分県)を築城し、拠点を中津に移します。(築城4回目)。

この中津は、豊前の中央に位置し、瀬戸内海とつながる高瀬川に面しており、水陸交通の要所です。さらに中津は広い平野で九州でも有数の米どころ。

そのため、黒田官兵衛にとっては、商工業・運送運輸業を押さえるための絶好の地域でした。

中津城には、黒田官兵衛の工夫が施されています。特に石垣全般には、当時のトップレベルの技術で自然石を用いた「穴太積み」(あのうずみ)が採用されているのです。

本丸南の石垣は、「輪どり」でカーブさせ、石垣が崩れにくくなっています。本丸北の石垣は、遺跡「唐原山城」(現在の福岡県築上郡上毛町)の石を持ち出して効率的に築いた物です。

黒田官兵衛は中津の興隆を図るため、姫路・京都・博多から商人を招き入れました。商人が住んでいた「姫路町」、「京町」、「博多町」は、今も町名が残り、黒田官兵衛が統治していた名残を感じることができます。

現在の中津市の区画は、黒田官兵衛の統治時代とほとんど変わっていません。中津市の基礎を作った黒田官兵衛の偉大さが分かるのです。

また黒田官兵衛は、求菩提山(くぼてさん:現在の福岡県豊前市)で、度々桜見を楽しんでいたとされており、一説では「官兵衛が九州で初の花見をした」とされています。

如水を名乗り、息子の黒田長政に家督を譲る

黒田官兵衛は、1588年(天正16年)に讃岐国(現在の香川県)の「高松城」、1589年(天正17年)に安芸国の「広島城」の設計を担当しました。これで築城5回目と6回目になります。

その後、黒田官兵衛は、1589年(天正17年)に、家督を黒田長政に譲り、出家して「如水」の号を名乗るのです。

黒田長政に家督を譲っても、黒田官兵衛の知将ぶりは衰えず、1590年(天正18年)に「小田原攻め」が起きた際は、交渉人として北条氏を説得して、無血開城させる偉業を成し遂げています。

小田原攻めの際に、豊臣秀吉は味方陣営を見て回ると「今時こんな大軍を見たことがない」と言い放ちました。黒田官兵衛は、「その頃(鎌倉時代)ならば100万の軍勢を指揮できる良将もいたのでしょうが、今時そんな良将がいるとは思えません」と返しました。

すると豊臣秀吉は、「もしこの大軍を指揮できるとすれば官兵衛しかいない」と答えたとされています。

1592年(天正20年)の朝鮮出兵「文禄の役慶長の役」では「築城総奉行」となり、豊臣秀吉による朝鮮出兵の拠点となる名護屋城(現在の佐賀県唐津市)の設計を命令されます(築城7回目)。

また、朝鮮出兵の際、黒田官兵衛は朝鮮の八山(はちざん)という良工を日本に連れ帰りました。この八山はのちに、豪快な作風の陶磁器「髙取焼」の祖となります。

黒田官兵衛の名言

豊臣秀吉が死去すると、黒田家は「徳川家康」に従います。

1600年(慶長5年)に「関ヶ原の戦い」が始まると、息子・黒田長政は黒田氏配下の軍勢を率いて、東軍側に参加しました。そのため、黒田官兵衛のいる中津城はもぬけの殻に。それでも、黒田長政の留守の間は、お城の防衛をする必要がありました。黒田官兵衛は貯金を全額はたき、浪人9,000人を集めます。

黒田官兵衛は浪人をうまく統率し、九州内で西軍側に付いた大名を次々と撃破。「九州版の関ヶ原の戦い」とも呼ばれる「石垣原の戦い」(現在の大分県別府市)では、大友軍を撃破します。

また、「毛利定房」(もうりさだふさ)の難攻不落の香春岳城(現在の福岡県田川郡)とその本城の小倉城(現在の福岡県北九州市)を攻略し、さらに久留米城(現在の福岡県久留米市)を開城させます。

立花宗茂

立花宗茂

黒田官兵衛は、「九州一」と称された西軍の「立花宗茂」(たちばなむねしげ)の柳川城(現在の福岡県柳川市)も開城させました。

このとき黒田官兵衛は、東軍「加藤清正」との会談を通して、立花宗茂を説得させています。

この説得には、朝鮮出兵時の加藤清正と立花宗茂の厚い絆が背景にありました。黒田官兵衛は、このようにして西軍側の大名を圧倒していき、九州を制圧したのです。

黒田官兵衛が九州を制圧していく際、名言を残しています。黒田官兵衛は、馬の額の「矢負」と呼ばれる旋毛(つむじ)を指し、「私はこの旋毛が凶相と分かりますが、人間はこの世で最も優れているものと聞いたことがあります」と言いました。

続けて「人に勝てるものはない。私が非道と言うなら、私以上の凶相はないでしょうが、この馬の毛の傷みはそれほどの物ではありません。」と言い放ったとされています。

この一言は、黒田官兵衛の誇り高さがうかがい知れる名言です。

  • 徳川家康のエピソードや、関連のある刀剣・日本刀をご紹介します。

  • 歴史を動かした有名な戦国武将や戦い(合戦)をご紹介!

  • 加藤清正のエピソードや、関連のある刀剣・日本刀をご紹介します。

  • 歴史を動かした有名な戦国武将や戦い(合戦)をご紹介!

  • 歴史を動かした有名な戦国武将や戦い(合戦)をご紹介!

  • 歴史上の人物が活躍した合戦をご紹介!

関ヶ原の戦い後、福崎を福岡に改称

関ヶ原の戦いが終わった時点で、黒田官兵衛は九州の大半を制圧していました。しかし、「天下を取るより、平穏な生活を送りたい」として、徳川家康に服従します。

息子・黒田長政は、東軍に付いた功績が徳川家康に認められ、筑前国52万石の福岡藩(現在の福岡県福岡市)藩主に抜擢。黒田官兵衛は、1601年(慶長6年)に博多に移住し、福崎の地名を「福岡」と改称しました。

この福岡は、黒田氏が発展した地である「備前福岡」(岡山)にちなんだもの。実はこの備前福岡は、黒田官兵衛の曾祖父の代に、黒田氏一族が逃げ延びてきた地でした。先祖の黒田氏は備前福岡で再興を誓ったのです。

黒田官兵衛の祖父の代で播磨国・小寺氏に仕え、「目薬屋」の商才を発揮し、黒田官兵衛による黒田氏再興の基礎を築きました。備前福岡は、黒田氏再興のきっかけを作った地であり、その経緯から福岡と改称したのです。

黒田官兵衛最後の築城と最期

崇福寺

崇福寺

黒田官兵衛は福岡に移住すると、名島城(現在の福岡県福岡市)に代わる「福岡城」の築城に着手します。これが8回目の築城で、最後の築城となりました。

福岡城を築城するきっかけは、黒田長政が名島城下の地域が狭いことを嫌ったためと言われています。

黒田官兵衛は、築城に着手すると、太宰府天満宮の鳥居の東に移住。この太宰府天満宮の境内には、黒田官兵衛が茶の湯のために使用していた「如水の井戸」が現在も残っています。

晩年は、築城中の福岡城内三の丸に住居「御鷹屋敷」を構えました。その住居跡は、現在「牡丹・芍薬園」となり、「黒田如水公御鷹屋敷跡」の石碑が立っています。

黒田官兵衛は福岡城の完成を見ず、1604年(慶長9年)に療養のために移り住んでいた京都伏見藩邸にて59歳で死去。黒田官兵衛は死期を悟ったのか、死の約1ヵ月前から家臣達を罵り出しました。

息子・黒田長政は黒田官兵衛を諫めましたが、黒田官兵衛は「これはお前を思ってのこと。気が狂った訳ではない」と小声でこぼし、「私が家臣に嫌われ、1日も早く黒田長政の代になると良いと思わせるためにした」と言ったとされています。

死ぬ間際も黒田長政に「戦いは死ぬか生きるかの境目。考えるほど道理を通した戦いができなくなる」と伝え、息を引き取りました。乱世を生き抜いた武将らしい最期を迎えたのです。

黒田官兵衛は、息子・黒田長政によって、黒田家の菩提寺「崇福寺」(福岡県福岡市)に葬られました。

戦国の世を生き抜いた武将の合戦戦略について解説します。

黒田家の家紋

藤巴(ふじどもえ)

藤巴/黒田藤

藤巴/黒田藤

黒田家の家紋のひとつは「藤巴」。

黒田家が播磨国で小寺家に仕えていたときに、小寺家から下賜された家紋で、「黒田藤」とも言います。

小寺家の家紋はもう少し複雑なデザインですが、「主君と同じ家紋とは恐れ多い」として簡略化されたものを使うようになりました。

黒餅(こくもち)

黒餅

黒餅

もうひとつの家紋は「黒餅」。竹中半兵衛の家紋と同じです。

黒田官兵衛の息子・黒田長政にとって、竹中半兵衛は命の恩人です。

黒田長政が竹中半兵衛に敬意を払って竹中家の黒餅を家紋としました。

明治までこの家紋を使い続けますが、日本の国旗と似ているため以降は藤巴の方を家紋としています。

黒田官兵衛の刀

へし切り長谷部は、山城国の刀工「長谷部国重」の作刀であると「本阿弥光徳」が極めた1振です。指表には黒田筑前守と金象嵌が入り、代々黒田家家宝として伝来しました。

名前の由来は、元々織田信長が所持していたとき、粗相をした茶坊主を逃げ隠れた膳棚ごと、へし切殺したから。

来歴は、織田信長から黒田官兵衛に直接下賜された、織田信長が豊臣秀吉に与え、豊臣秀吉から黒田官兵衛の息子・黒田長政に贈られたなど、諸説存在します。

へし切り長谷部

へし切り長谷部

時代 鑑定区分 所蔵・伝来
金象嵌銘
長谷部国重本阿
(花押)
/黒田筑前守
鎌倉時代 国宝 織田信長→
黒田官兵衛→
福岡市博物館

黒田官兵衛(黒田如水・黒田孝高)

黒田官兵衛(黒田如水・黒田孝高)をSNSでシェアする

「戦国武将一覧」の記事を読む


山本勘助

山本勘助
「山本勘助」(やまもとかんすけ)は戦国時代の武将で、「武田信玄」の伝説的軍師として広く知られています。「架空の人物」説が長く定説とされており、実在が確認されてもなお、その実像はいまだ謎に包まれた存在です。

山本勘助

森蘭丸

森蘭丸
「森蘭丸」(もりらんまる)は、「織田信長」の側近として最期まで献身的に仕えた小姓(こしょう:武将などに仕えた世話役)です。ゲームや時代劇、映画には、「美少年」として描かれている有名な人物。織田信長のお気に入りとして多くの逸話が残されている森蘭丸の生涯を、逸話・名言・家紋と共にご紹介します。

森蘭丸

毛利輝元

毛利輝元
「毛利輝元」(もうりてるもと)は、偉大な祖父「毛利元就」(もうりもとなり)を持つ名門武将です。「織田信長」とは敵対したものの、「本能寺の変」後は「豊臣秀吉」と和解し、「豊臣五大老」のひとりとして大活躍しました。 しかし、豊臣秀吉が亡くなったことで、運命の歯車が狂い始めるのです。「関ヶ原の戦い」で西軍の総大将に担がれた、名門・毛利家に育った毛利輝元の一生についてご紹介します。

毛利輝元

毛利元就

毛利元就
「毛利元就」(もうりもとなり)は、安芸国(あきのくに:現在の広島県西部)の国人領主から、中国地方全域を統一した戦国時代の豪傑。幼少期に両親を失い、19歳で兄を失い、さらに甥までをも亡くしたことで、次男にして毛利家の家督を相続します。権謀術に長け、稀代の策略家としても有名な武将です。一代で中国地方統一を成し遂げた、毛利元就の生涯を見ていきましょう。

毛利元就

水野勝成

水野勝成
うつけ、婆娑羅(ばさら)、傾き者(かぶきもの)。戦国の世には、個性豊かな武将や大名が数多く登場します。「織田信長」しかり、「佐々木道誉」(ささきどうよ)しかり、「前田慶次」(まえだけいじ)しかり。魅力的な武将をたくさん挙げることはできますが、「水野勝成」(みずのかつなり)ほど「型破り」の言葉が似合う人物はなかなかいません。 藩主の息子に生まれながら、腕一本を頼りに諸国を放浪し戦いに明け暮れ、「徳川家康」の側近となっても、なお先頭で戦い続けた武将です。そのどこを切ってもエネルギーに満ちあふれた水野勝成の生涯を追い、数多く残る逸話から、戦国自由人・水野勝成の魅力を探っていきます。

水野勝成

増田長盛

増田長盛
「豊臣秀吉」が死の直前、嫡男である「豊臣秀頼」(とよとみひでより)を託した五奉行と言えば、内政や外交で能力を発揮する文官のイメージが強いと思います。「増田長盛」(ましたながもり)についても、甲冑を身に付けて戦場を駆け回る軍務を担当するのではなく、政務に突出している人物です。 ここでは、「石田三成」と並ぶ存在だった、五奉行のひとりである増田長盛をご紹介します。

増田長盛

前田慶次(前田慶次郎・前田利益)

前田慶次(前田慶次郎・前田利益)
「前田慶次」(別名:前田慶次郎・前田利益)は「関ヶ原の戦い」のあと、「私の主は上杉景勝ただひとりだ」と言い放ったほど、主君に対して最後まで律儀であった戦国武将です。 小説や漫画にも取り上げられる「前田慶次」とは、どのような人物だったのでしょうか。 前田利家の弟の息子と言われる「前田慶次」ですが、彼の詳しい出生や功績を示す資料は少なく、「慶次」という名も、実は本名ではありません。 今なお謎が多い「前田慶次」ですが、前田利家を騙して水風呂へ入れた隙に、前田家を出奔したり、愛馬である「松風」を贅沢に装飾したりするなど、破天荒な逸話が多数あります。 ここでは様々な逸話から「傾奇者」(かぶきもの)と称されてきた、「前田慶次」にまつわる名言や逸話、家紋などをまとめました。

前田慶次(前田慶次郎・前田利益)

前田玄以

前田玄以
戦国時代の英傑である「織田信長」、「豊臣秀吉」、「徳川家康」の3人すべてに仕えた武将は多くありません。しかし、3人に器量を認められ、重用された人物のひとりに「前田玄以」(まえだげんい)がいます。英傑らは、それぞれまったく異なる性格ですが、共通して人物の器量を見抜く眼力は、優れていたに違いありません。そんな前田玄以は、豊臣秀吉に仕えた五奉行として、「石田三成」らと共に名を連ねていたことが有名です。 ここでは、朝廷にも人脈を形成し、外交や内政で活躍した前田玄以についてご紹介します。

前田玄以

前田利家

前田利家
「加賀百万石」の初代の大名として北陸を治めた「前田利家」(まえだとしいえ)。「そろばん好きの堅実な大名」、「愛妻家の武将」として有名ですが、大名としての成功を果たすまでには、どんな決断と苦悩があったのでしょうか。 ここでは、前田利家の生い立ちから、「織田信長」、「豊臣秀吉」との関係、そして加賀百万石に至るまでの功績について詳しく解説していきます。

前田利家

注目ワード
注目ワード