戦国武将一覧

加藤清正

文字サイズ

「加藤清正」(かとうきよまさ)は、勇猛果敢で戦国武将の名にふさわしい猛将というイメージですが、実は武芸だけでなく、築城や領地統治などにも手腕を発揮しました。また、一時は「石田三成」(いしだみつなり)との対立から「徳川家康」に与しましたが、亡くなる直前まで豊臣家の行く末を案じていた義に厚い武将です。
ここでは、現在も人気のある加藤清正という武将の生涯と、その名言を通して魅力に迫っていきます。

冠山城の戦いで一番槍を挙げるまで

豊臣秀吉の小姓として仕える

加藤清正

加藤清正

加藤清正は、1562年(永禄5年)6月24日、刀鍛冶「加藤清忠」(かとうきよただ)の子として、尾張中村(現在の愛知県名古屋市中村区)に生まれました。

幼名は「夜叉丸」(やしゃまる)、のちに「虎之助」(とらのすけ)。

母の「伊都」(いと)は教育熱心で、虎之助に勉学をさせようと「妙延寺」(愛知県津島市)へ通わせ、和尚に勉学を教えてもらったと言われています。

1573年(元亀4年)、母・伊都と「豊臣秀吉」の母「なか」(のちの大政所:おおまんどころ)が従姉妹(あるいは遠縁の親戚)であった縁から、豊臣秀吉の小姓として仕えることになりました。

豊臣秀吉には子供がいなかったため、正室の「おね」は、親戚である加藤清正や「福島正則」(ふくしままさのり)を実の子供のように大事に育てたとのことです。

幼少の頃より体が大きかった加藤清正は、武芸に優れ周りから将来を期待されていました。

のちに「加藤家三傑」と呼ばれることになる「森本一久」(もりもとかずひさ)と「飯田直景」(いいだなおかげ)と、幼少期に負けた方が家臣になるという約束で決闘をして、加藤清正が勝ち、2人は生涯の忠臣となります。

  • 加藤清正のエピソードや、関連のある刀剣・日本刀をご紹介します。

  • 歴史を動かした有名な戦国武将や戦い(合戦)をご紹介!

  • 豊臣秀吉のエピソードや、関連のある刀剣・日本刀をご紹介します。

  • 歴史を動かした有名な戦国武将や戦い(合戦)をご紹介!

中国遠征で一番槍を挙げる

豊臣秀吉

豊臣秀吉

1576年(天正4年)に元服。「加藤虎之助清正」と名を変え、豊臣秀吉の中国遠征に従軍します。

当時毛利氏は、備中(現在の岡山県西部)に「織田信長」に対する最前線の備えとして、「境目七城」(宮路山城、加茂城、日幡城、松島城、庭瀬城、備中高松城、冠山城)を築いていました。

1582年(天正10年)4月、豊臣軍20,000・宇喜多軍10,000で冠山城を包囲。冠山城には3,500人以上の兵がおり、緒戦は豊臣軍と宇喜多軍は激しい抵抗に遭い、多くの犠牲者を出したと言われています。

この「冠山城の戦い」で、一番槍を挙げたのが加藤清正です。敵将「竹井将監」(たけいしょうかん)と一騎打ちをして討ち取っています。

このあと、庭瀬城、加茂城を落とし、備中高松城を水攻めにしている最中に「本能寺の変」が起こったため、毛利氏と和睦。「明智光秀」(あけちみつひで)討伐を掲げる豊臣秀吉にしたがって「中国大返し」を行ない、「山崎の戦い」で明智方の武将「近藤半助」(こんどうはんすけ)を討ち取る武功を挙げました。

豊臣秀吉に評価され肥後半国の大名へ

賤ヶ岳の七本槍として大活躍!

加藤清正の名が知れ渡ることになったのは、織田信長の後継者を決める「賤ヶ岳の戦い」です。この戦いで、豊臣方から柴田方へ寝返った「山路正国」(やまじまさくに)を討ち取りました。

賤ヶ岳の戦いで功績のあった武将のうち、特に大きな働きをした7人が、「賤ヶ岳の七本槍」と呼ばれるようになったのです。

実際は、賤ヶ岳の七本槍と呼ばれた武将と同じぐらいの知行(ちぎょう:武士に支給された土地)を与えられた武将は他にもいましたが、7人とした理由は、7人は語呂が良いから、または豊臣秀吉が特に目をかけていた忠臣の活躍を強調するため、などの説があります。

加藤清正は、賤ヶ岳の戦い以前は約500石の知行しかありませんでしたが、賤ヶ岳の戦いの恩賞で近江(現在の滋賀県)、山城(現在の京都府南部)、河内(現在の大阪府東部)などに所領を与えられ、約3,000石の武将になったのです。

歴史上の人物が活躍した合戦をご紹介!

一揆後の肥後統治で才覚を見せる

佐々成政

佐々成政

1586年(天正14年)、肥後(現在の熊本県)で、大名「佐々成政」(さっさなりまさ)が検地を急いで進めたため、国人の不満が爆発し一揆が起こりました。

それを自力で鎮めることができなかった佐々成政は責任を問われ、切腹を命じられます。その後任として加藤清正と「小西行長」(こにしゆきなが)が肥後半国ずつを任され、19万5,000石の大名になりました。

賤ヶ岳の戦い以降、加藤清正は戦での武功は挙げていませんでしたが、豊臣氏の蔵入地(くらいりち:直轄地)の代官や、新たな領主が入国するまでの代官などの臨時統治を任され、官僚として役目を果たすと、この働きが評価されて、統治が難しい肥後を任されたと言われています。

その期待に応えるように、加藤清正は一揆後の難しい肥後を滞りなく統治しました。治水、農業政策、商業政策などで優れた手腕を発揮したのです。

豊臣政権を崩壊に導いた朝鮮出兵から関ヶ原の戦いまで

石田三成・小西行長との対立が決定的となった朝鮮出兵

石田三成

石田三成

1590年(天正18年)、小田原征伐で北条氏を討伐し全国を支配下に置いた豊臣秀吉は、朝鮮出兵の準備に取り掛かりました。

九州の大名は、朝鮮への出兵準備だけでなく、肥前(現在の佐賀県長崎県)に前線基地として「名護屋城」の築城なども命じられ、重い負担が課せられることになります。

文禄の役」では、二番隊を率いることになり、一番隊を引いた小西行長と別路で軍勢を進めました。加藤清正は、明へ豊臣秀吉の考えを伝える伝達役も任されていましたが、豊臣秀吉の和睦条件は明にも朝鮮にも受け入れられる内容ではありません。

しかし、朝鮮・明との戦を終わらせたい小西行長と、それを支持する「石田三成」にとって、あくまでも豊臣秀吉の命に従おうとする加藤清正は邪魔となりました。加藤清正が独断専行したなどと豊臣秀吉に訴え謹慎にしてもらい、明との交渉の場から加藤清正を除き、和睦を推し進めます。

一旦、和睦交渉のために撤兵を命じた豊臣秀吉でしたが、和睦交渉が決裂すると1597年(慶長2年)に再び朝鮮に出兵を命じ(慶長の役)、加藤清正と小西行長が先鋒を任されました。

加藤清正は、「蔚山城の戦い」(うるさんじょうのたたかい)で大活躍をします。「蔚山城」を朝鮮・明連合軍56,000の兵に取り囲まれ、約13,000の兵で籠城し撃退しました。

この朝鮮出兵で、加藤清正や福島正則などの武断派と、石田三成や小西行長などの文治派の対立が決定的となります。加藤清正などの武断派は、戦場の働きこそ武士の本分と考えていましたが、石田三成などの文治派は官僚的な仕事も大切だと考えていました。

もともと、少し考え方が異なっていた両派でしたが、朝鮮出兵における石田三成・小西行長の豊臣秀吉への讒言(ざんげん:人を陥れるための虚偽を目上の人に告げること)によって謹慎処分させられたり、戦場での働きを悪く報告したりされ、文治派に対する不満が爆発寸前にまでなっていたのです。

また、文治派の石田三成は戦場に出ることなく、筑前・筑後(現在の福岡県)の蔵入地の代官を命じられ、筑前国「名島城」を与えられたことに対しての不満もあったと言われています。

朝鮮出兵時に加藤清正は虎狩りをしたり、セロリを日本に持ち込んだりしました。しかし実際には、虎狩りをしたのは「黒田長政」(くろだながまさ)とその家臣だったと言うことです。

また、加藤清正が朝鮮出兵のとき、もち米や水あめなどを原料とした長生飴という非常食を携帯していたことが、現在熊本の伝統銘菓である「朝鮮飴」の始まりとされています。

  • 石田三成のエピソードや、関連のある刀剣・日本刀をご紹介します。

  • 歴史を動かした有名な戦国武将や戦い(合戦)をご紹介!

徳川家康への接近

徳川家康

徳川家康

豊臣秀吉が死去し朝鮮から撤兵したあとも、武断派と文治派の対立は治まりませんでした。加藤清正は、まだ幼い豊臣秀吉の子「豊臣秀頼」が石田三成ら文治派に操られていると思い、豊臣秀頼を石田三成らから離れさせたいと思っていました。

五大老筆頭の徳川家康は、豊臣秀吉死去後勢力拡大のために、豊臣秀吉により禁止されていた大名間の婚姻を勝手に進め始めます。加藤清正は、徳川家康の養女を継室として迎え、縁戚関係を結びました。

これに激怒したのが石田三成ら文治派ですが、所領も少なく奉行である自分達だけでは徳川家康の勝手をやめさせることが難しいと考えて、豊臣秀吉の幼馴染みで、豊臣秀頼の傅役(ふやく:教育の責任者)でもある五大老「前田利家」(まえだとしいえ)を頼ります。

前田利家と徳川家康は話し合い、その場は収まりましたが、1599年(慶長4年)3月に前田利家が死去すると、武断派と文治派の仲裁をする者がいなくなり、確執が激化してしまうのです。

前田利家死去後、加藤清正を含む七将が石田三成邸を襲撃しましたが、石田三成が徳川家康邸に逃げ込み失敗。それ以降、加藤清正などの武断派は、さらに徳川家康に接近していきました。

加藤清正は、薩摩(現在の鹿児島県)を治める島津氏の筆頭家老・伊集院氏が起こした「庄内の乱」で伊集院氏を支援したことが徳川家康に知られ、上洛を禁止されてしまいます。

このため、加藤清正は「会津征伐」から始まる「関ヶ原の戦い」に参加することができず、「黒田官兵衛」と共に、九州の西軍勢を攻めることしかできなかったのです。

関ヶ原の戦いには参戦できなかった加藤清正ですが、徳川家康とは東軍に協力すると書状を交わし、九州の西軍勢である小西行長や「立花宗茂」(たちばなむねしげ)の城に侵攻し、九州の大部分の西軍勢を打ち破りました。

関ヶ原の戦いは半日で東軍が勝利し、九州で西軍勢と戦った加藤清正は恩賞として小西行長旧領の肥後半国を与えられ、肥後一国52万石の大名となります。

この論功行賞により、各大名の領地に含まれていた豊臣家の直轄地も恩賞として分配され、豊臣家は摂津(現在の大阪府、兵庫県南東部)、河内・和泉(現在の大阪府)65万石のみを支配する一大名となったのです。

  • 徳川家康のエピソードや、関連のある刀剣・日本刀をご紹介します。

  • 歴史を動かした有名な戦国武将や戦い(合戦)をご紹介!

徳川家と豊臣家の間で思いが揺れた江戸時代

熊本城築城・肥後統治で手腕を発揮!

熊本城

熊本城

関ヶ原の戦い後、徳川家康の支配は盤石となり、1603年(慶長8年)には征夷大将軍に任命され江戸に幕府を開きました。

加藤清正は、関ヶ原の戦い以前から着手していた「熊本城」(熊本県熊本市)の築城を続け、1606年(慶長11年)に完成させます。

熊本城は、当時「日本一の名城」とも言われ、現在も「日本三名城」のひとつとされる立派な城です。

また、加藤清正は、肥後統治でも手腕を発揮します。城下町の整備・治水事業・農業政策・商業政策を推進し、肥後を豊かな国にする基盤を作りました。

頻繁に氾濫していた白川を熊本城の外堀として用い制御した治水・灌漑事業は、肥後の農業生産を増大させることに繋がり、領民に大変感謝されたと言われています。

豊臣家への恩義を忘れず豊臣秀頼と徳川家康の会見を斡旋

加藤清正は、江戸時代になると徳川家が豊臣家に代わって国を治めることに納得はしていましたが、豊臣家への忠義も忘れていませんでした。

1611年(慶長16年)、徳川家康は「後陽成天皇」(ごようぜいてんのう)譲位、「後水尾天皇」(ごみずおてんのう)即位の儀式に参加するために上洛。このとき、徳川家康は豊臣秀頼に「二条城」(京都府京都市)での会見を要請します。

この会見を断れば、豊臣家討伐の口実になりかねないと思った豊臣秀吉恩顧の大名達は、淀殿と豊臣秀頼に会見の要請を受けるように説得しました。

そうして、加藤清正と「浅野幸長」(あさのよしなが)が豊臣秀頼を守って「伏見城」(現在の京都府京都市)まで付き添い、会見の場へは、娘婿「徳川頼宣」(とくがわよりのぶ)の護衛として臨んだのです。

加藤清正は懐に短刀を忍ばせ、万が一のときは徳川家康と刺し違える覚悟であったという逸話があります。

加藤清正死去後の加藤家

加藤清正は、二条城で徳川家康と豊臣秀頼の会見を見届け、肥後へ帰国する船の中で発病。そのまま死去しました。死因は不明ですが、徳川家康と豊臣秀頼の会見直後に発病したことから、家康一派による毒殺などの憶測もあったのです。

加藤清正死後の加藤家は、加藤清正の跡を継いだ「加藤忠広」(かとうただひろ)が治めた時代の1632年(寛永9年)、突然改易されてしまいます。

改易の理由は、藩主として普段の行ないが正しくないということでしたが、実際は、家臣団をしっかり統制できなかったことや、3代将軍「徳川家光」と確執があった弟「徳川忠長」(とくがわただなが)と懇意にしていたことなどの説があります。

加藤清正が用いた家紋

加藤清正は、生涯で2つの家紋を用いていました。その2つの家紋には、どのような意味があるのかご説明します。

蛇の目紋

蛇の目紋

蛇の目紋

蛇は神聖な生き物と考えられていて、身を守るための護符(ごふ)を意味する家紋として、「蛇の目紋」(じゃのめもん)が使用されました。

蛇の目紋は「弦巻紋」(つるまきもん)とも呼ばれ、弓の弦を巻き付ける道具を表した意匠で、武器を表す家紋を用いることで、武士としての力強さを表現したのです。

蛇の目紋は、神聖さと武具から生まれた紋であるため、加藤清正以外にも、豊臣秀吉の家臣「加藤光泰」(かとうみつやす)をはじめ多くの武士の家紋として用いられました。

桔梗紋

桔梗紋

桔梗紋

肥後の大名になって以降、使用されるようになったのは「桔梗紋」(ききょうもん)です。

桔梗紋は、同じ豊臣秀吉の家臣「尾藤知宣」(びとうもとのぶ)が用いていた家紋でした。

尾藤知宣は、九州征伐の軍艦を任されていましたが、消極的な策を取ったため、豊臣秀吉に所領を没収され追放されます。

豊臣秀吉は、尾藤知宣の武具や家財道具を加藤清正に与え、加藤清正は、以降それらにあしらわれていた家紋を使用するようになりました。

桔梗紋は、美濃・土岐氏の家紋として知られています。桔梗紋を用いていた代表的な武将は、土岐氏の一族である明智光秀です。加藤清正も美濃・土岐氏の流れを汲んでいるため、桔梗紋を用いたという説もあります。

幕末の「坂本龍馬」は、「組あい角に桔梗紋」、「大村益次郎」(おおむらますじろう)は「丸に桔梗」を用いていました。

加藤清正が残した名言

上一人の気持ちは、下万人に通ずる

この名言は、加藤清正の名言の中で最も有名な言葉で、現代の会社組織にも通ずるところがあります。

意味は、「組織は上に立つ者の心構えに大きな影響を受ける」ということです。

組織の上に立つ者がたるんでいたり、油断したりしていると、それは部下の者にまで伝染し組織全体がたるんでしまうということを表しています。

現代の会社でも、活気があり仕事ができる部署を取りまとめている上司は、やる気があり生き生きとしている人である場合が多く、逆にどんよりした雰囲気で活気がない部署を取りまとめている上司は、覇気がなくやる気が見られない人であることが多いのです。

汝らは、等しく我股肱腹心なり使うところはその器に従う

意味は、「人を使うときは、その能力に応じて適材適所で使うべきである」となります。

人には向き不向きがあり、最大の効果を得られるように、人それぞれの能力が最大限に発揮できる仕事を任せることは、上に立つ者の資質という訳です。

乱舞は一切停止する。太刀や刀を取れば人を斬ろうという心が起こるのが、武士として当たり前のことであるから、武芸の他にやたらに刀を抜いて乱舞するような者に対しては、切腹を申し付ける

この名言は、「人間の自制心は弱いので、自制心が必要となる状況を作らない方が良い、自分の心は強いと慢心せずに、自分の弱さを自覚しておきなさい」という意味。

「自分はどんな状況になっても大丈夫だ」、「やってはならないことは、やらなければいい」など、多くの人が一度は思ったことがあるのではないでしょうか。

しかし、実際その状況になると「少しくらい構わない」と思ってしまい、また、以前はやらないと思っていたことをしてしまうこともあるのです。自制心とは、自分が思っている以上に働かないのだと知っておかなければなりません。

普段から武士道の心がけを練っていなかったならば、いざという場合に潔く死ぬことはできにくいものだ。よくよく心を武に刻むことが肝要である

この名言は、「いざというときの行動は普段から心がけていなければできない」という意味です。

現代では、武士のように切腹するということはあり得ませんが、万が一の場合を意識し、どうするのかを考えておけば、そのときがきたら素早く行動に移すことができます。普段から備えや心構えを怠らないようにという教訓を与えてくれる名言です。

加藤清正が嫁ぐ娘に持たせた名刀 加藤国広

加藤清正は、幼少期より武芸はもちろんのこと、学問にも優れた武将で、肥後統治においてその手腕を発揮しました。また、多くの築城にも携わるなど、才能豊かな武将として知られ、歴史ファンの間で高い人気を誇っています。

そんな加藤清正が所持していた名刀の1振が「加藤国広」(かとうくにひろ)です。

加藤国広は、1617年(元和3年)に、娘の「八十姫」(やそひめ)が紀州徳川家の「徳川頼宣」(とくがわよりのぶ)へ正室として嫁ぐときに持たせました。

1716年(享保元年)には、紀州藩5代藩主だった「徳川吉宗」が8代将軍に就任する際、将軍家へ持参。その後、徳川家から分立した「御三卿」(ごさんきょう)の田安徳川家へ譲り、現在は「三井記念美術館」が所蔵しています。

制作したのは、新刀の祖と言われる名刀工「堀川国広」(ほりかわくにひろ)。本刀は、国広晩年の傑作と評価され、(なかご)に切られたは「國廣」ですが、加藤清正が佩用したことから「加藤国広」と呼ばれるようになりました。

加藤国広

加藤国広

時代 鑑定区分 所蔵・伝来
国広 安土桃山時代 重要文化財 加藤清正→
紀州徳川家→
田安徳川家→
三井記念美術館
  • 加藤清正と城
    加藤清正の生涯と、ゆかりのある城について紹介します。
  • 葛飾北斎
    天才と呼ばれた葛飾北斎の生涯や作品について、様々なエピソードをご紹介します。

加藤清正

加藤清正をSNSでシェアする

「戦国武将一覧」の記事を読む


山内一豊

山内一豊
「山内一豊」(やまうちかずとよ)と言えば、「司馬遼太郎」(しばりょうたろう)の名著「功名が辻」(こうみょうがつじ)の主人公としても知られる戦国武将です。妻の「千代」(ちよ)による内助の功などにより大出世を果たし、やがて土佐国(現在の高知県)202,600石の大名へと出世を遂げました。伝記によれば、山内一豊は口数の少ない穏和な性格で、華々しい武勲もそれほど多くなかった戦国武将でしたが、その反面、「織田信長」や「豊臣秀吉」、「徳川家康」という天下人達から厚い信頼を得ていたのです。 そんな山内一豊の生涯を追いながら、妻と共に果たした立身出世の道のりを辿っていきます。

山内一豊

蒲生氏郷

蒲生氏郷
「織田信長」や「豊臣秀吉」などの天下人に一目置かれながら、40歳の若さで生涯を閉じた「蒲生氏郷」(がもううじさと)。数々の戦場で武功を立てただけでなく、領地の経営や家臣団の統制にも長け、「世に優れたる利発人」と称された戦国武将でした。その一方で、キリシタン大名や「千利休」(せんのりきゅう)の高弟「利休七哲」(りきゅうしちてつ)のひとりとしての顔も持ち、当代きっての文化人としても知られた人物です。「六角氏」(ろっかくし)の重臣一族から「織田家」の家臣、そして、東北一の大大名へとのし上がった蒲生氏郷の生涯をたどり、その人物像に迫っていきます。

蒲生氏郷

最上義光

最上義光
「最上義光」(もがみよしあき)は、出羽国(現在の山形県・秋田県)の小さな勢力であった「最上家」を、東北有数の大大名へと押し上げた武将です。父や弟との骨肉の争いに始まり、調略を駆使して領土を拡大しましたが、一方で合戦の際には、勇猛果敢な戦いぶりを見せ、「虎将」とも称されました。そんな最上義光の戦いの軌跡や、逸話から見える人物像に注目。ほぼ一代で、東北の大大名へとのし上がった、その生涯に迫っていきます。

最上義光

結城秀康

結城秀康
「結城秀康」(ゆうきひでやす)は「徳川家康」の子でありながら、数奇な運命を背負った戦国武将です。元服前には「豊臣秀吉」の養子に出されただけでなく、豊臣秀吉が甥の「豊臣秀次」(とよとみひでつぐ)を後継者に定めると、下総国(しもうさのくに:現在の千葉県北部、茨城県南西部)の「結城晴朝」(ゆうきはるとも)の養子となり、豊臣家の中枢から遠ざけられました。天下人の家に生まれながら不遇な目に遭い、それでも道を切り開いた結城秀康にまつわる数々の逸話をご紹介すると共に、その生涯を辿っていきます。

結城秀康

山本勘助

山本勘助
「山本勘助」(やまもとかんすけ)は戦国時代の武将で、「武田信玄」の伝説的軍師として広く知られています。「架空の人物」説が長く定説とされており、実在が確認されてもなお、その実像はいまだ謎に包まれた存在です。

山本勘助

森蘭丸

森蘭丸
「森蘭丸」(もりらんまる)は、「織田信長」の側近として最期まで献身的に仕えた小姓(こしょう:武将などに仕えた世話役)です。ゲームや時代劇、映画には、「美少年」として描かれている有名な人物。織田信長のお気に入りとして多くの逸話が残されている森蘭丸の生涯を、逸話・名言・家紋と共にご紹介します。

森蘭丸

毛利輝元

毛利輝元
「毛利輝元」(もうりてるもと)は、偉大な祖父「毛利元就」(もうりもとなり)を持つ名門武将です。「織田信長」とは敵対したものの、「本能寺の変」後は「豊臣秀吉」と和解し、「豊臣五大老」のひとりとして大活躍しました。 しかし、豊臣秀吉が亡くなったことで、運命の歯車が狂い始めるのです。「関ヶ原の戦い」で西軍の総大将に担がれた、名門・毛利家に育った毛利輝元の一生についてご紹介します。

毛利輝元

毛利元就

毛利元就
「毛利元就」(もうりもとなり)は、安芸国(あきのくに:現在の広島県西部)の国人領主から、中国地方全域を統一した戦国時代の豪傑。幼少期に両親を失い、19歳で兄を失い、さらに甥までをも亡くしたことで、次男にして毛利家の家督を相続します。権謀術に長け、稀代の策略家としても有名な武将です。一代で中国地方統一を成し遂げた、毛利元就の生涯を見ていきましょう。

毛利元就

三好長慶

三好長慶
一時は畿内のほぼ全域を掌握し、「三好政権」と呼ばれる独裁政権を樹立した「三好長慶」(みよしながよし)は、下克上の代名詞とも言える戦国武将です。若くして頭角を現し、室町幕府の管領(かんりょう:将軍を補佐して政治を統括していた役職)を務めていた「細川晴元」(ほそかわはるもと)のもとで勢力を拡大。やがて主家をしのぐ力を付けて反旗を翻すと、近隣諸国を次々と支配していきます。しかし晩年は、家中の権力争いや敵対勢力の反発により優秀な弟達や嫡男を失い、徐々に衰退。三好長慶も失意の中、病没してしまうのです。そんな三好長慶の栄枯盛衰をたどりながら、その人物像を掘り下げていきます。

三好長慶

注目ワード
注目ワード