名家に代々伝えられた日本刀

館林藩秋元家伝来の水心子白熊入道正秀

文字サイズ

「秋元家」(あきもとけ)は、「徳川家康」(とくがわいえやす)に仕えた大名です。転封(てんぽう:所領を別の場所に移すこと)を繰り返した秋元家が、最後に所領としたのが上野国館林藩(こうずけのくにたてばやしはん:現在の群馬県館林市)でした。
徳川家と深い縁があったにもかかわらず、幕末は新政府側の一員となった秋元家の歴史とはどのようなものだったのでしょうか。

水心子正秀が仕えた秋元家

館林城

館林城

秋元家(あきもとけ)は、「関ヶ原の戦い」の功績が認められて、「徳川家康」(とくがわいえやす)より1万石の領地を加増されます。

しかし、最後に転封(てんぽう:所領を別の場所に移すこと)となった上野国館林藩(こうずけのくにたてばやしはん:現在の群馬県館林市)は、藩主の入れ替わりが激しい場所でした。

そのため、安定した藩政を築くことができず、最終的には新政府側に加わることとなります。廃藩置県まで新政府の一員として活躍し、館林藩最後の藩主として家名を残しました。

その館林藩秋元家に刀工として仕えていたのが、初代「水心子正秀」(すいしんしまさひで)です。「新々刀」(しんしんとう)を生み出したとされる初代・水心子正秀は、多くの著書を刊行し、多くの門弟を育ててきました。

大慶直胤」(たいけいなおたね)や「細川正義」(ほそかわまさよし)も門弟であり、のちに後継者となり、師匠である初代・水心子正秀の教えを受け継いでいくのです。また、息子の2代水心子正秀も父の作風を受け継ぎ、少ないながらも作品を残しています。

「水心子白熊入道正秀」は、この初代・水心子正秀と2代水心子正秀の親子合作の1振。ここでは、秋元家伝来の水心子白熊入道正秀と、持ち主である秋元家の歴史を紐解いていきます。

秋元家の始まりから館林藩に転封するまで

秋元家のルーツは、藤原氏一族の宇都宮氏。「宇都宮頼綱」(うつのみやよりつな)の子が上総国周淮郡(かずさのくにすえぐん:現在の千葉県)の秋元荘に住んだ際に、本貫(ほんがん:苗字の発祥地となったところ)としたのが始まりです。

関東へと転封された秋元家は、徳川家康に仕えることとなり、関ヶ原の戦いにおいて功績を残します。その功績とは、「上杉景勝」(うえすぎかげかつ)に投降(とうこう:降参すること)を促したこと。これにより、上野国総社藩(こうずけのくにそうじゃはん:現在の群馬県前橋市)に1万石の領地を加増されました。また、徳川家康が亡くなった際に棺を担いだことからも、深い関係性がうかがえます。

そののち、甲斐国谷村藩(かいのくにやむらはん:現在の山梨県)、武蔵国川越藩(むさしのくにかわごえはん:現在の埼玉県川越市)と転封したのち、1767年(明和4年)に出羽国山形藩(でわのくにやまがたはん:現在の山形県山形市)の藩主となりました。

山形名物の芋煮

山形名物の芋煮

この山形藩は、幕府の重職から失脚した者の左遷(させん:それまでより低い地位に落とすこと)場所となっており、12家にも亘って藩主が入れ替わっているのです。

藩主が定まらない山形藩を一番長く治めたのが秋元家で、その期間は1845年(弘化2年)までの78年間、4代続きました。

ちなみに、秋元家が山形藩から館林藩に転封される際に「芋煮」を振る舞ったことが、現在の山形名物「芋煮会」のルーツになった説もあります。

廃藩置県まで藩主・藩知事を務めた秋元家

山形藩から転封し、館林藩の藩主となった「秋元志朝」(あきもとゆきとも)は、周防国徳山藩(すおうのくにとくやまはん:現在の山口県)の藩主「毛利広鎮」(もうりひろしげ)の子で、母の実家でもある秋元家の養子となりました。

秋元志朝は、「禁門の変」(きんもんのへん)の際に長州との内通を幕府に疑われます。長州の家老である「福原越後」(ふくはらえちご)は兄でもあり、長州との関係が深かったことも理由のひとつです。

これがきっかけで秋元志朝は養子の「秋元礼朝」(あきもとひろとも)へ家督を譲り、強制的に隠居させられます。しかし、実際に館林藩の実権を握っていたのは秋元志朝でした。「長州征伐」(ちょうしゅうせいばつ)においては幕府、朝廷、毛利家(もうりけ)の仲介役も務めています。

戊辰戦争」(ぼしんせんそう)ののちは、新政府側の一員となりました。もとは徳川家と縁が深かったはずの館林藩秋元家が新政府側にしたがうこととなったのは、藩主の入れ替わりが激しかったことで藩政が安定しなかったためです。

「奥羽征伐」(おううせいばつ)では功績を残し、1万石の領地を加増されます。そののち、版籍奉還により藩知事となり、1871年(明治4年)の廃藩置県まで長期に亘り館林藩を治めました。

多くの門弟を育てた初代・水心子正秀とその息子

初代・水心子正秀は、新々刀の生みの親と言われています。新々刀とは、1764年(明和元年)頃から1876年(明治9年)までに作られた日本刀のこと。復古論を唱え、きらびやかな新刀ではなく古刀鍛錬法に基づく作刀を目指していました。幕末の時代とも重なり、飾りではない実用性があることも特徴です。

また、一大教育者として多くの著書を刊行し、門弟を育成。門弟の大慶直胤は、若くして初代・水心子正秀の高弟となり、秋元家に仕えてきました。50年以上に亘り作刀し、その腕は初代・水心子正秀をも凌駕したと言われています。

また、細川正義は父と共に初代・水心子正秀の門弟となり、作州津山藩主松平家(さくしゅうつやまはんしゅまつだいらけ)に仕えてきました。初代・水心子正秀の事実上の後継者であり、名工とされています。

1818年(文政元年)に息子の「水心子貞秀」(すいしんしさだひで)に号を譲り、初代・水心子正秀は名前を「水心子天秀」(すいしんしあまひで)と改めました。号を譲られた息子、2代水心子正秀は入道(にゅうどう:仏道に入ること)します。そのため、父である初代・水心子正秀の作品と区別するために、2代水心子正秀の作品は「白熊入道正秀」と呼ばれるようになりました。

作風は晩年の初代・水心子正秀を受け継いでおり、合作や代作代銘(だいさくだいめい:師匠の鍛錬にかかわり、師匠の承諾を得てを切ること)した作品もあります。しかし、不幸にも初代・水心子正秀が亡くなったのと同じ1825年(文政8年)に47歳の若さで亡くなっており、残された作品は多くありません。

親子合作の水心子白熊入道正秀

水心子白熊入道正秀は、初代・水心子正秀と2代水心子正秀による合作です。差し表(さしおもて)に正秀、裏に天秀とあることから、主が息子の水心子正秀、従が父の水心子天秀であることが分かります。初代・水心子正秀は晩年、良き協力者として一門や息子を支えており、本刀にもその関係性が表れているのです。

本刀の作風は、小板目肌が細かく詰んだ精緻な鍛えに、繊細な地沸(じにえ)付き。刃文(はもん)は、備前伝の得意とする丁子刃(ちょうじば)で、焼きの頭寄りの刃文の頂点)が丸く、高さが揃い、焼刃(刃に生じた波のような模様)の頭がいくつかに割れた互の目丁子刃(ぐのめちょうじば)となっています。

また、濃密な彫刻も特徴的で、「本荘義胤」(ほんじょうよしたね)が手掛けました。初代・2代水心子正秀や、大慶直胤の刀に彫物をしており、刀装具も制作。彫物の種類としては真の倶利伽羅(くりから)が最も多く、この水心子白熊入道正秀にも倶利伽羅龍(くりからりゅう)が施されています。

刀 銘 天秀
刀 銘 天秀
水心子
白熊入道正秀
(刻印)天秀
文政三年
二月吉日行年
七十一才
鑑定区分
特別保存刀剣
刃長
76.4
所蔵・伝来
上州館林秋元家伝来 →
刀剣ワールド財団
〔 東建コーポレーション 〕

館林藩秋元家伝来の水心子白熊入道正秀

館林藩秋元家伝来の水心子白熊入道正秀をSNSでシェアする

「名家に代々伝えられた日本刀」の記事を読む


徳川将軍家伝来の太刀 備州長船住景光

徳川将軍家伝来の太刀 備州長船住景光
「徳川将軍家」と言えば、江戸幕府の初代将軍「徳川家康」の一族のこと。武力、財力共に日本一の成功者。江戸幕府は滅びましたが、徳川将軍家に伝わる宝物は、現在も「徳川美術館」(愛知県名古屋市)などに数多く所蔵され、輝き続けています。そんな貴重な徳川将軍家伝来の太刀1振が、刀剣ワールド財団の所蔵となりました。重要文化財(旧国宝)「太刀 銘 備州長船住景光 正和五年十月日」について、詳しくご紹介します。

徳川将軍家伝来の太刀 備州長船住景光

岡山藩池田家伝来の打刀と大太刀

岡山藩池田家伝来の打刀と大太刀
日本各地に異なる系統が見られる「池田氏」のなかでも、江戸時代初期頃に全盛期を迎えた近世大名の「池田家」は、備前国岡山藩(現在の岡山県岡山市)を筆頭に、播磨国(現在の兵庫県南西部)や淡路国(現在の兵庫県淡路島)などの諸藩を領有していました。代々岡山藩の藩主として、そして外様大名としての池田家が、どのような歴史を辿って発展したのかをご説明すると共に、「刀剣ワールド財団」が所蔵する同家伝来の刀剣2振について解説します。

岡山藩池田家伝来の打刀と大太刀

守護大名山名家伝来の太刀 銘 国宗(伯耆)

守護大名山名家伝来の太刀 銘 国宗(伯耆)
室町時代の守護大名として、最大で11ヵ国にも及ぶ所領を有していた「山名家」。主に山陰地方において、同家が大きな勢力を誇ることになったのは、「室町幕府」が開かれたあと、伯耆国(現在の鳥取県中西部)の守護職に任じられたことから始まります。そんな山名家に伝来したのが、同国で作刀活動を行っていた名工「伯耆国宗」(ほうきくにむね)による「太刀 銘 国宗」です。どのような経緯を経て、山名家が隆盛を極めるまでに至ったのか、同家の歴史を辿ると共に、国宗による本太刀の詳細についてもご説明します。

守護大名山名家伝来の太刀 銘 国宗(伯耆)

久保田藩佐竹家と福岡一文字の太刀

久保田藩佐竹家と福岡一文字の太刀
「久保田藩」は、江戸時代に出羽国秋田(でわのくにあきた:現在の秋田県)を領地とした藩で、別名「秋田藩」。室町時代以降、「常陸国」(ひたちのくに:現在の茨城県)で代々守護を務めていた佐竹氏が秋田へ国替えとなって藩主となり、初代は豊臣政権下で活躍した名将「佐竹義宣」(さたけよしのぶ)が務めました。今回は東北の地・秋田を260年に亘って統治した佐竹家をご紹介すると共に、久保田藩佐竹家に伝来した「福岡一文字」(ふくおかいちもんじ)の名刀を観ていきましょう。

久保田藩佐竹家と福岡一文字の太刀

水戸徳川家伝来の短刀 吉貞

水戸徳川家伝来の短刀 吉貞
南北朝時代に制作されたと伝わる「短刀 銘 吉貞」は、「水戸徳川家」に伝来した1振です。同家は江戸幕府の開府後、幕府によって常陸国水戸(ひたちのくにみと:現在の茨城県水戸市)に移された徳川家の一族であり、「尾張徳川家」や「紀州徳川家」と共に「徳川御三家」のひとつに数えられる名門中の名門。時代劇「水戸黄門」でお馴染みの水戸藩2代藩主「徳川光圀」(とくがわみつくに)も、水戸徳川家の出身です。ここでは、吉貞が伝来した水戸徳川家と水戸藩に焦点を当てつつ、吉貞の歴史や特徴について解説します。

水戸徳川家伝来の短刀 吉貞

安芸吉川家と名刀 備州長船近景

安芸吉川家と名刀 備州長船近景
「長船近景」(おさふねちかがけ)は、日本の代表的な刀剣の産地である、備前国(現在の岡山県東南部)の刀工。その作刀のいくつかは、「国宝」や「重要文化財」などに指定されるほどの高い技術力を持った名工でした。 そんな長船近景による作刀のひとつである「刀 銘 備州長船近景」を所有していたのが、江戸時代に代々周防国岩国藩(すおうのくにいわくにはん:現在の山口県岩国市)の藩主を務め、明治時代には「子爵」(ししゃく)の爵位を授けられた、「吉川家」(きっかわけ)宗家にあたる「安芸吉川家」(あききっかわけ)と伝えられているのです。ここでは、安芸吉川家の歴史を振り返ると共に、同家に伝来した刀 銘 備州長船近景についてご紹介します。

安芸吉川家と名刀 備州長船近景

有栖川宮家伝来の小太刀 長光と卍桜井正次勤作

有栖川宮家伝来の小太刀 長光と卍桜井正次勤作
「有栖川宮家」(ありすがわのみやけ)は、江戸時代から大正時代にかけて存続した、由緒正しい宮家(宮号を与えられた皇族)です。特に、「有栖川宮熾仁親王」(ありすがわのみやたるひとしんのう)と「有栖川宮威仁親王」(ありすがわのみやたけひとしんのう)は、刀剣好きと知られています。有栖川宮家の歴史と有栖川宮家にまつわる刀剣について、詳しくご紹介します。

有栖川宮家伝来の小太刀 長光と卍桜井正次勤作

前田家伝来の薙刀 無銘 片山一文字(号 大外刈)

前田家伝来の薙刀 無銘 片山一文字(号 大外刈)
薙刀の必殺技「大外刈」(おおそとがり)の号を持つ「薙刀 無銘 片山一文字」。この薙刀を最初に所持していたのは、薙刀の名手と言われた「山口修弘」(やまぐちながひろ)です。豊臣秀吉から賜ったこの薙刀はそののち、どのようにして加賀百万石を誇る前田家へと伝わったのでしょうか。薙刀 無銘 片山一文字(号 大外刈)について、詳しくご紹介します。

前田家伝来の薙刀 無銘 片山一文字(号 大外刈)

家を守る守家によって作られた徳川家伝来の刀

家を守る守家によって作られた徳川家伝来の刀
徳川将軍家の世継ぎ誕生の折に「徳川御三家」や大名家より、度々献上された刀剣が「守家」(もりいえ)作の「太刀 銘 守家」です。その名前が「家を守る」といった意味にもなることから、縁起の良い日本刀だとして重宝されました。刀工・守家と、代々繁栄した徳川家についてご紹介します。

家を守る守家によって作られた徳川家伝来の刀

注目ワード
注目ワード