名家に代々伝えられた日本刀

谷家伝来の薙刀 無銘 長船秀光

文字サイズ

本薙刀の制作者は、備前長船の刀匠であり、「最上大業物鍛冶師」(さいじょうおおわざものかじし)と称えられる「長船秀光」(おさふねひでみつ)。南北朝時代に小反り物(こぞりもの)の代表的な刀工として活動していました。
小反り物とは、長船鍛冶の嫡流(ちゃくりゅう:正統の流派)の「兼光」(かねみつ)や、傍系の「元重」(もとしげ)、「長義」(ながよし/ちょうぎ)に属さない刀工郡のこと。そんな刀鍛冶の手による、特別保存刀剣の薙刀、無銘 長船秀光は「谷家」(たにけ)に伝来しました。
ここでは、「織田信長」(おだのぶなが)や「豊臣秀吉」(とよとみひでよし)にかかわりのある谷家の歴史や経歴をご紹介するのに合わせて、薙刀 無銘 長船秀光の歴史や特徴もご説明していきます。

谷家に伝来した、長船秀光の特別保存刀剣「薙刀 無銘 長船秀光」

「最上大業物鍛冶師」(さいじょうおおわざものかじし)である「長船秀光」(おさふねひでみつ)は、重要文化財となりうる太刀を数多く制作しましたが、特別保存刀剣「薙刀 無銘 長船秀光」のような、無銘薙刀を作った経歴もあります。

本薙刀は、「織田信長」(おだのぶなが)や「豊臣秀吉」(とよとみひでよし)に関係の深い、「谷家」(たにけ)によって伝えられました。谷家は、戦国時代の度重なる戦いにおいて、多くの武功を挙げたとされる家系で、13代に亘って名を継ぎ、最終的には1万6,000石を領有したのです。

日本の氏族・谷家とは

谷家の家紋「揚羽蝶紋」

谷家の家紋「揚羽蝶紋」

戦国時代に活躍した谷家は、「宇多源氏佐々木氏」(うたげんじささきし)の流れを汲み、のちに谷家の祖となる「谷大膳亮衛好」(たにだいぜんのすけもりよし)は、近江国(おうみのくに:現在の滋賀県)の「浅井亮政」(あざいすけまさ)配下の伯父「谷野綱衛」(やのつなもり)の養子となります。

成長した谷大膳亮衛好は、はじめに「斎藤道三」(さいとうどうさん)に仕え、美濃斎藤氏が滅んだのちは、織田信長に仕えました。

1576年(天正4年)には石山本願寺の門徒らを攻めた「石山合戦」で武功を現し、手柄を褒めた書き付けでもある「感状」(かんじょう)を織田信長より貰うこととなります。

手紙には、「於木津難波表相働首五到来感悦候 弥向後可抽戦功候也 五月廿三日 谷野大膳どのへ」と記されていました。

「大膳」(だいぜん)とは、大膳大夫(だいぜんのだいぶ:役職名のひとつ)のことで、織田信長に仕えていた当時は、まだ養父の姓である「谷野」(やの)の名前を使っていたことが分かります。

谷大膳亮衛好はまた、日本刀の性能を見極める 「試刀術」(しとうじゅつ)の開祖でもありました。試し斬りの名手として有名な「山野加右衛門」(やまのかえもん)、「山田浅右衛門」(やまだあさえもん)、「中川左平太」(なかがわさへいた)は、谷大膳亮衛好が編み出した「谷流試刀流」の弟子達です。

13代続いた谷家は豊臣秀吉とのかかわりもあった

豊臣秀吉の部隊に所属して戦っていた谷大膳亮衛好でしたが、「中国合戦」としても有名な「播磨征伐」(はりませいばつ)にて敵に砦を破られ、討ち死にしました。谷大膳亮衛好の子である「谷衛友」(たにもりとも)は、父が亡くなったと聞くや否や、すぐに敵を討って首を取り、父の遺体も奪い返したと言われています。

三木城跡

三木城跡

豊臣秀吉がいた「三木城」と、谷大膳亮衛好がいた「賀伏城」の砦は数百メートルの距離しかなかったので、豊臣秀吉は忠義のために死んだとされる谷大膳亮衛好を酷く憐れみました。

そして、豊臣秀吉は賀伏城の山中に谷大膳亮衛好を埋葬し、1本の松を植えてその場にお墓を作ったとされています。

また、豊臣秀吉は谷衛友の功績を認め、父・谷大膳亮衛好の本領6,000石に加えて、新恩(しんおん:新しい褒美)の地となる場所2ヵ所を与えました。

谷大膳亮衛好の子・谷衛友は大名に出世

谷衛友

谷衛友

谷衛友は父・谷大膳亮衛好が亡くなったあとも戦果を上げ続け、「賤ヶ岳の戦い」、「小牧・長久手の戦い」、「千石堀・積善寺の戦い」(せんごくぼり・しゃくぜんじのたたかい)などで首級(しゅきゅう:討ち取った敵の首)を挙げる武功を残します。

他にも、1587年(天正15年)の九州征伐においては、「岩石城攻め」の際に、名を挙げたことで有名になり、翌年の1588年(天正16年)には、「従五位下出羽守」(じゅごいげでわのかみ)に就任。1590年(天正18年)には「小田原の役」においてさらなる武功を挙げています。

丹波国何鹿郡(たんばのくにいかるがぐん:現在の京都府)において1万6,000石を領した谷衛友は、丹波山家を拠点地としました。江戸幕府豊臣家の間で起こった「大坂冬の陣・夏の陣」にも参戦し、「御夜話の衆」(おんやわのしゅう:主人の側に仕えて話し相手になる役目)に加わったとされています。

最上大業物鍛冶師・長船秀光を生んだ長船派

谷家に伝来した薙刀の制作者、長船秀光とはどのような人物だったのでしょうか。長船秀光が所属していたと言う長船派や、長船秀光自身の歴史についてご紹介します。

長船派は、鎌倉時代後期以降に興った刀工集団です。「光忠」(みつただ)を実質的な祖として、備前国邑久郡長船(びぜんのくにおくぐんおさふね:現在の岡山県瀬戸内市長船町)を拠点に活躍していました。

長きに亘り有名な刀工を生み出してきた長船派。しかし、時代の変化と共に急増する日本刀の需要に応えていくために刀工も増え続け、「鍛冶屋千軒、打つ槌の音に西の大名が駕籠止める」と言われるほどになりました。

その結果、大量生産や既製品として受ける注文は、数が最優先で作られるようになり、作品に手が抜かれるなどの事象が起こり、徐々に長船派は衰退してしまいます。

さらに、洪水が起こったことによって長船派は多大なるダメージを受け、1573年(天正元年)頃には壊滅状態となりました。

長船鍛冶における長船秀光とは

長船秀光は、「右衛門尉」(うえもんのじょう)とも呼ばれ、南北朝時代末期に個人工房で作刀していた小反り物(小反り一派)の代表的刀工であり、最上大業物鍛冶師として知られています。「最上大業物」とは、日本刀の最上級品。

小反り一派は、長船秀光を筆頭に、「家光」(いえみつ)、「包光」(かねみつ)、「師光」(もろみつ)、「則光」(のりみつ)などが所属していました。また長船秀光は、同銘が4代に亘って続いており、初代は1334年(建武元年)頃で、それ以降、1368年(応安元年)頃、1384年(至徳元年)頃、1394年(応永元年)頃と続きます。

長船秀光の作風は、備前伝相州伝の特徴を取り入れた相伝備前。刃文は乱れ、まれに刀身全体に焼きが入る皆焼(ひたつら)などがあり、華やかであると伝えられています。

長船秀光が鍛えた「薙刀」の特徴

本薙刀の姿は、「静形薙刀」(しずかがたなぎなた)です。静形薙刀とは、「源義経」の側室「静御前」(しずかごぜん)が使ったとされる薙刀と同じ形の薙刀のこと。

その地鉄(じがね)は、板目に杢目(もくめ)と流れごころが交じっています。やや肌立ち、小互の目乱れ(こぐのめみだれ)に角がかった刃、尖りごころの刃、腰開きの互の目などが交じっているのも特徴的です。

わずかに小(よう)入り、匂口(においぐち)締りごころがあるところは、長船秀光に限らず小反り物に共通するできと言えます。

薙刀 無銘 長船秀光
薙刀 無銘 長船秀光
無銘
鑑定区分
特別保存刀剣
刃長
58.2
所蔵・伝来
谷家 →
刀剣ワールド財団
〔 東建コーポレーション 〕

谷家伝来の薙刀 無銘 長船秀光

谷家伝来の薙刀 無銘 長船秀光をSNSでシェアする

「名家に代々伝えられた日本刀」の記事を読む


徳川将軍家伝来の太刀 備州長船住景光

徳川将軍家伝来の太刀 備州長船住景光
「徳川将軍家」と言えば、江戸幕府の初代将軍「徳川家康」の一族のこと。武力、財力共に日本一の成功者。江戸幕府は滅びましたが、徳川将軍家に伝わる宝物は、現在も「徳川美術館」(愛知県名古屋市)などに数多く所蔵され、輝き続けています。そんな貴重な徳川将軍家伝来の太刀1振が、刀剣ワールド財団の所蔵となりました。重要文化財(旧国宝)「太刀 銘 備州長船住景光 正和五年十月日」について、詳しくご紹介します。

徳川将軍家伝来の太刀 備州長船住景光

岡山藩池田家伝来の打刀と大太刀

岡山藩池田家伝来の打刀と大太刀
日本各地に異なる系統が見られる「池田氏」のなかでも、江戸時代初期頃に全盛期を迎えた近世大名の「池田家」は、備前国岡山藩(現在の岡山県岡山市)を筆頭に、播磨国(現在の兵庫県南西部)や淡路国(現在の兵庫県淡路島)などの諸藩を領有していました。代々岡山藩の藩主として、そして外様大名としての池田家が、どのような歴史を辿って発展したのかをご説明すると共に、「刀剣ワールド財団」が所蔵する同家伝来の刀剣2振について解説します。

岡山藩池田家伝来の打刀と大太刀

守護大名山名家伝来の太刀 銘 国宗(伯耆)

守護大名山名家伝来の太刀 銘 国宗(伯耆)
室町時代の守護大名として、最大で11ヵ国にも及ぶ所領を有していた「山名家」。主に山陰地方において、同家が大きな勢力を誇ることになったのは、「室町幕府」が開かれたあと、伯耆国(現在の鳥取県中西部)の守護職に任じられたことから始まります。そんな山名家に伝来したのが、同国で作刀活動を行っていた名工「伯耆国宗」(ほうきくにむね)による「太刀 銘 国宗」です。どのような経緯を経て、山名家が隆盛を極めるまでに至ったのか、同家の歴史を辿ると共に、国宗による本太刀の詳細についてもご説明します。

守護大名山名家伝来の太刀 銘 国宗(伯耆)

久保田藩佐竹家と福岡一文字の太刀

久保田藩佐竹家と福岡一文字の太刀
「久保田藩」は、江戸時代に出羽国秋田(でわのくにあきた:現在の秋田県)を領地とした藩で、別名「秋田藩」。室町時代以降、「常陸国」(ひたちのくに:現在の茨城県)で代々守護を務めていた佐竹氏が秋田へ国替えとなって藩主となり、初代は豊臣政権下で活躍した名将「佐竹義宣」(さたけよしのぶ)が務めました。今回は東北の地・秋田を260年に亘って統治した佐竹家をご紹介すると共に、久保田藩佐竹家に伝来した「福岡一文字」(ふくおかいちもんじ)の名刀を観ていきましょう。

久保田藩佐竹家と福岡一文字の太刀

水戸徳川家伝来の短刀 吉貞

水戸徳川家伝来の短刀 吉貞
南北朝時代に制作されたと伝わる「短刀 銘 吉貞」は、「水戸徳川家」に伝来した1振です。同家は江戸幕府の開府後、幕府によって常陸国水戸(ひたちのくにみと:現在の茨城県水戸市)に移された徳川家の一族であり、「尾張徳川家」や「紀州徳川家」と共に「徳川御三家」のひとつに数えられる名門中の名門。時代劇「水戸黄門」でお馴染みの水戸藩2代藩主「徳川光圀」(とくがわみつくに)も、水戸徳川家の出身です。ここでは、吉貞が伝来した水戸徳川家と水戸藩に焦点を当てつつ、吉貞の歴史や特徴について解説します。

水戸徳川家伝来の短刀 吉貞

安芸吉川家と名刀 備州長船近景

安芸吉川家と名刀 備州長船近景
「長船近景」(おさふねちかがけ)は、日本の代表的な刀剣の産地である、備前国(現在の岡山県東南部)の刀工。その作刀のいくつかは、「国宝」や「重要文化財」などに指定されるほどの高い技術力を持った名工でした。 そんな長船近景による作刀のひとつである「刀 銘 備州長船近景」を所有していたのが、江戸時代に代々周防国岩国藩(すおうのくにいわくにはん:現在の山口県岩国市)の藩主を務め、明治時代には「子爵」(ししゃく)の爵位を授けられた、「吉川家」(きっかわけ)宗家にあたる「安芸吉川家」(あききっかわけ)と伝えられているのです。ここでは、安芸吉川家の歴史を振り返ると共に、同家に伝来した刀 銘 備州長船近景についてご紹介します。

安芸吉川家と名刀 備州長船近景

有栖川宮家伝来の小太刀 長光と卍桜井正次勤作

有栖川宮家伝来の小太刀 長光と卍桜井正次勤作
「有栖川宮家」(ありすがわのみやけ)は、江戸時代から大正時代にかけて存続した、由緒正しい宮家(宮号を与えられた皇族)です。特に、「有栖川宮熾仁親王」(ありすがわのみやたるひとしんのう)と「有栖川宮威仁親王」(ありすがわのみやたけひとしんのう)は、刀剣好きと知られています。有栖川宮家の歴史と有栖川宮家にまつわる刀剣について、詳しくご紹介します。

有栖川宮家伝来の小太刀 長光と卍桜井正次勤作

前田家伝来の薙刀 無銘 片山一文字(号 大外刈)

前田家伝来の薙刀 無銘 片山一文字(号 大外刈)
薙刀の必殺技「大外刈」(おおそとがり)の号を持つ「薙刀 無銘 片山一文字」。この薙刀を最初に所持していたのは、薙刀の名手と言われた「山口修弘」(やまぐちながひろ)です。豊臣秀吉から賜ったこの薙刀はそののち、どのようにして加賀百万石を誇る前田家へと伝わったのでしょうか。薙刀 無銘 片山一文字(号 大外刈)について、詳しくご紹介します。

前田家伝来の薙刀 無銘 片山一文字(号 大外刈)

家を守る守家によって作られた徳川家伝来の刀

家を守る守家によって作られた徳川家伝来の刀
徳川将軍家の世継ぎ誕生の折に「徳川御三家」や大名家より、度々献上された刀剣が「守家」(もりいえ)作の「太刀 銘 守家」です。その名前が「家を守る」といった意味にもなることから、縁起の良い日本刀だとして重宝されました。刀工・守家と、代々繁栄した徳川家についてご紹介します。

家を守る守家によって作られた徳川家伝来の刀