戦後生まれの刀剣小説家

安部龍太郎

文字サイズ

『信長燃ゆ』で新たな織田信長ブームを起こした安部龍太郎(あべりゅうたろう)。歴史・時代小説への傾倒は隆慶一郎の影響でした。隆慶一郎が主題のひとつにした公武一体を描いた作品を安部龍太郎は多数執筆します。その刀剣世界では、劔(剣)神社や前髪を落とす・前髪執(まえがみとり)などに日本刀にかかわる公武一体の要素が見出せます。

心の師は隆慶一郎

安部龍太郎は、福岡県八女市(旧・黒木町)で生まれ育ちます。旧・黒木町は南朝方の落人の里で、母方の祖先は後征西将軍宮・良成親王(よしなり-ながなりしんのう:南朝初代天皇・後醍醐天皇の子で南朝第2代天皇・後村上天皇の第7皇子)の太刀持ちだったと言います。

地元の高等専門学校在学中に坂口安吾『堕落論』を読み、小説家を志します。高専卒業後、東京都大田区役所に就職。在職中には井伏鱒二の自宅も訪ねています。この頃、関心はロシア文学に移ったと言います。

吉原御免状

吉原御免状

その後、図書館勤務となるも小説家になるべく退職。『新潮』『文學界』『群像』など純文学系の文芸雑誌への投稿を続けたのち自身の作品を見直し、歴史・時代小説を得意とする『オール讀物』『小説新潮』へ投稿先を切り替えました。

その頃、週刊誌で連載中だった後水尾天皇(ごみずのおてんのう)の落とし子の剣客を主人公とした隆慶一郎『吉原御免状』(1984~1985年『週刊新潮』連載)を読み、隆慶一郎を心の師と仰ぎます。

そして、足利尊氏に仕えた武将・高師直(こうのもろなお)を主人公にした短編「師直の恋」が佳作を受賞し、商業誌デビューに至りました(1988年『小説新潮 臨時増刊号』掲載)。この時、隆慶一郎の未完作『紫式部殺人事件』が同時に掲載されており、その喜びを語っています。

隆慶一郎は中世日本史を専攻する歴史学者・網野善彦の影響を大きく受けています。北方謙三は自身初の歴史小説として、後醍醐天皇の皇子・懐良親王(かねよし-かねながしんのう)を主人公とした『武王の門』(1988~1989年『週刊新潮』連載)を書きます。その際、網野善彦に直接教えを乞うています。網野史観によって日本の中世への新たな見方が生まれたこの頃、歴史・時代小説の転換期にもなりました。

日本史の悲劇のヒーローを取り上げる

血の日本史

血の日本史

時代は平成を迎えます。

日本史における悲劇のヒーローを取り上げる週刊誌の連載企画「日本史 血の年表」の担当作家が降板し、安部龍太郎は急遽その代役を引き受けることになります(1989~1990年『週刊新潮』連載)。

大和時代から明治時代までを取り上げ46の短編となった同企画は、単行本化にあたり『血の日本史』と題されました。

同作連載中には、その頃病床にあり間もなく最期の時を迎えようとしていた隆慶一郎が作者の安部龍太郎に会いたがったそうです。

公武一体を描く

『血の日本史』出版後、安部龍太郎は自身初となる新聞連載に取り組みます。依頼してきたのは、隆慶一郎『影武者徳川家康』(1986~1988年『静岡新聞』連載)と同じ担当者でした。

このとき、商業誌デビュー以前の習作『百年の夢』をもとにした『彷徨える帝』(1992~1994年『静岡新聞』連載)を発表します。後南朝時代、亡き後醍醐天皇の怨念のこもった3つの能面が嘉吉の乱(播磨・備前・美作の守護大名・赤松満祐が室町幕府第6代将軍・足利義教を暗殺しそののちに幕府に討たれた騒乱)を引き起こすという伝奇的な物語です。

安部龍太郎は、朝廷と幕府とを一緒にとらえる公武一体への注目が隆慶一郎からの影響のひとつだと言います。

関ヶ原連判状

関ヶ原連判状

続く新聞連載『関ヶ原連判状』(1994~1996年『中日新聞』『東京新聞』『北陸中日新聞』連載)では、文人武将・細川幽斎を主人公としました。足利義晴(室町幕府第12代将軍)の子という説もある細川幽斎は、塚原卜伝に教えを受けた剣客であり、『古今和歌集』の解釈を伝える「古今伝授」の継承者でもありました。

同作では、豊臣秀吉没後に起こった前田利長(加賀藩初代藩主)による徳川家康暗殺未遂事件や、関ヶ原の戦いへつながる豊臣秀吉-徳川家康の対立のなかでの細川幽斎の暗躍を描きます。

細川幽斎は自身の細川家、「古今伝授」の継承者ゆえに懇意である天皇家、そして加賀百万国とも称される巨大勢力の前田家の3者を結ぶことで豊臣方とも徳川方とも違う第3勢力の誕生を画策します。表題にある「連判状」は細川幽斎が手にし、本能寺の変にかかわるある内容が記されています。石田三成を中心とする豊臣方の結束が崩壊する署名です。

安部龍太郎は『関ヶ原連判状』の数ヵ月前に連載を開始した『風の如く 水の如く』(1994~1995年『小説すばる』不定期掲載)でも第3勢力の画策を描いています。

キリシタン大名・黒田如水(官兵衛)(東軍)は、石田三成(西軍)と徳川家康(東軍)との2大勢力に対するため、とある第3勢力を画策します。ここでは関ヶ原の戦い後に見つかる黒田如水が書いた宛名が切り取られた密書について巡られます。

公家・近衛前久に注目

戦国秘譚 神々に告ぐ

戦国秘譚 神々に告ぐ

安部龍太郎は本能寺の変については朝廷黒幕説に惹かれます。在野の歴史家・立花京子の論文「本能寺の変と朝廷――「天正10年夏記」の再検討に関して」(1994年)などがきっかけでした。

その成果は、公家・近衛前久(このえさきひさ)を主人公にした物語作りへつながります。近衛前久は長尾景虎(上杉謙信)と深く交流し、鷹狩や乗馬もたしなみ、織田信長・豊臣秀吉・徳川家康とも付き合い、武家に憧れた公家武将的な人物です。

まず『戦国守礼録』(1997~1999年『山口新聞』『岩手新聞』『日本海新聞』他連載。単行本化の際『神々に告ぐ』改題。文庫化の際『戦国秘譚 神々に告ぐ』改題)を発表します。

五摂家(*摂政・関白を独占した5つの公家)の筆頭・近衛前久の若き頃、前嗣(さきつぐ)を名乗っていた関白(*天皇に次ぐ地位)の時代を取り上げます。

近衛前嗣は足利義輝(室町幕府第13代将軍)を擁し、正親町天皇(おおぎまちてんのう)の即位という公武一体のために奔走します。そこに三好長慶の家臣・松永久秀との対立の物語も加わります。

近衛前久を通じて新しい織田信長像を描く

信長燃ゆ

信長燃ゆ

そして、『信長燃ゆ』(1999~2001年『日本経済新聞』連載)と続きます。

同作では、織田信長は勧修寺晴子(正親町天皇第5皇子の女房。後陽成天皇の生母)と契り、太上天皇(*譲位した天皇の尊称)を目指したとされます。そんな織田信長に翻弄され、本能寺の変へと至る近衛前久の姿が描かれます。

安部龍太郎の織田信長史観はその後大きな広がりを持ちます。

安部龍太郎は、宗門研究家・山口稔「信長の遺体のナゾ 西山本門寺に埋葬」(1979年『読売新聞』掲載)に続くことになる論考「謎に迫る・富士山麓に埋められた信長の首」(2000年『歴史街道』掲載)を執筆します。

発表後、織田信長の首塚がある西山本門寺静岡県富士宮市西山)にて信長公黄葉まつりが毎年開催されていくことになります(2000年~)。安部龍太郎と立花京子の対談を含む『真説本能寺の変』(2002年)も出版されました。

本能寺の変の朝廷黒幕説については、加藤廣『信長の棺』(2005年)や山本兼一『信長死すべし』(2012年)などの時代小説が発表されていくことになります。そして『信長燃ゆ』は連載終了の15年後にテレビドラマ化もされました(2016年)。

『信長燃ゆ』執筆に端を発する様々な効果によって、NHK大河ドラマ化された吉川英治司馬遼太郎の歴史・時代小説、歴史シミュレーションゲーム『信長の野望』シリーズに続く、新たな織田信長ブームを安部龍太郎は起こしました。

織田信長と日本刀

『信長燃ゆ』では、織田信長・羽柴(豊臣)秀吉の家臣だった太田牛一(おおたぎゅういち)が江戸時代初期に記した『信長公記(しんちょうこうき)』基づいて日本刀の場面が書かれました。

織田信忠(おだのぶただ)・織田信雄(おだのぶかつ)・織田信孝(おだのぶたか)の3人の息子には、それぞれ正宗、北野藤四郎吉光、鎬藤四郎吉光の短刀が安土城で手渡されています(1581年7月25日)。

その史実を安部龍太郎は家督を継ぐことが決まっていた織田信忠以外にも家督を継げる機会として創作し、織田信長の非情さを表現しました。

七月二十五日、信長は三人の息子に参集を命じた。
「今日はその方らに引き物を取らす」
群臣居並ぶ中に三人を座らせ、三方にのせた脇差を並べた。
岐阜中将信忠には作正宗、北畠中将信雄には作北野藤四郎、三七信孝には作しのぎ藤四郎。
いずれも信長秘蔵の名刀である。
「ただし、これは腹切る刀じゃ。余に忠誠を尽くし、命を捨てる覚悟のない者は受け取らずともよい」
(中略)
重臣たちの前ではなるべく口をきかないようにしている信長は、いつものごとく森蘭丸に意中を告げさせた。
「上様は天下平定を急ぐために、お三方に陣頭に立てとおおせでございます。岐阜中将さまには武田征伐、北畠中将さまには伊賀征伐、三七信孝さまには四国の長宗部征伐を申し付けられました」

『信長燃ゆ』より

公武両権を掌握しようとする織田信長

『信長燃ゆ』では安部龍太郎の主題、公武一体を織田信長の心情として次のように書きました。

これを変えるためには、天皇の上位に立つしかない。天道思想に言う革命が、その時こそ本当の意味で成就するのだ。
(太上天皇)
己れに冠されるであろう称号を、信長は胸の内でつぶやいてみた。
(中略)
織田家の祖は剣神社の神主であり、父信秀もひときわ朝廷に対する尊崇の念が強かった。
信長が伊勢神宮や熱田神宮、剣神社などを手厚く保護し、朝廷に対する援助を惜しまなかったのは、その血を色濃く受け継いでいたからである。
それを今になって改める必要があるだろうか。神道を否定した後に、国を導く新しい理念をはたして打ち立てられるのか……。

『信長燃ゆ』より

後白河法皇を通じて新しい源義経像を描く

天馬、翔ける 源義経

天馬、翔ける 源義経

続いて安部龍太郎は、源義経を主人公にした『天馬の如く』(2001~2004年『小説新潮』連載)を執筆します。

単行本化の際『天馬、翔ける』と改題された同作は、第11回中山義秀文学賞を受賞しました(2005年)。のち文庫化の際『天馬、翔ける 源義経』とさらに改題されています。

『天馬、翔ける』では、兄・源頼朝との対立の背景となる官位を源義経に与えた後白河法皇の暗躍を色濃く描きました。

公武一体に取りつかれる源義経

安部龍太郎はここでも公武一体の視点を盛り込みます。源義経と後白河法皇との間に親子関係をほのめかします。

平治の乱で義朝が敗死した後、義経は近衛天皇の中宮だった九条院(藤原呈子)の御所に引き取られ、六歳の頃に鞍馬寺に入れられるまで何不自由なく暮らしていた。
出家する時には御所の寝殿に九条院や女御たちがずらりと並び、その中を頭巾をかぶった男が進み出て義経の前髪を剃り落とした。
あれはやはり後白河法皇だったのではないか。

『天馬、翔ける』より

源義経と平泉を直刀でつなぐ

そんな『天馬、翔ける』の冒頭は、奥州藤原氏第3代当主・藤原秀衡(ふじわらのひでひら)の元から旅立つ源義経の場面から始まります。そこでは、奈良・平安時代中期に東北地方を中心に制作されていたとされる直刀・蕨手刀(わらびてとう)が登場します。

藤原秀衡は蕨手刀を源義経に手渡します。

「それではこれをお持ち下され」
藤原秀衝が絹の布に包んだ太刀を差し出した。
黄金造りの蕨手刀である。
柄の先が蕨の形をしているのでそう呼ばれているが、この刀の特徴は刀身に対して柄が外側に反っているところにあった。
騎馬戦の際に片手で強烈な斬撃をくり出せるように工夫した、奥州独得のものだった。
「この太刀は平泉から出陣する将軍に授けられるものでござる。無事に凱旋される日を心待ちにしておりまする」
太刀を受け取った途端、二人に対するわだかまりは消えていた。

『天馬、翔ける』より

直木三十五賞を受賞

安部龍太郎はその後も織田信長の物語に取り組みます。

細川幽斎の子・細川忠興(小倉藩初代藩主)が長岡与一郎と名乗っていた若き頃を軸に世界を見据えていた織田信長像を描いた『夢どの与一郎』(2004~2005年『京都新聞』連載、2005~2006年『静岡新聞』連載。文庫化の際『夢どの与一郎 天下布武』改題)。織田信秀と織田信長親子を描いた『蒼き信長』(2008~2009年『サンデー毎日』連載)。織田信長の意志を継ごうとした蒲生氏郷の生涯を描いた『獅子王氏郷』(2010~2011年『文蔵』連載。単行本時『レオン氏郷』改題)などです。

また、商業雑誌デビューで取り上げた南北朝時代を中心とした軍記物語『太平記』にも取り組みます。貿易、貨幣流通、東国と西国、東北などの視点を導入します。

等伯

等伯

『道誉と正成』(2008~2009年『小説すばる』連載。文庫化の際『婆娑羅太平記 道誉と正成』改題)。『義貞の旗』(2014~2015年『小説すばる』連載。文庫化の際『士道太平記 義貞の旗』改題)。『十三(とさ)の海鳴り』(2018~2019年『小説すばる』連載。単行本時『蝦夷太平記 十三の海鳴り』改題)。以上3部作で安部龍太郎版『太平記』を描きます。

そして10年前から仕事場を京都にも構えていた安部龍太郎は、それまで数多くの連載で挿絵を担当してきた西のぼるの勧めで長谷川等伯の生涯を執筆します。織田信長・豊臣秀吉・近衛前久の生きた時代に京都で活躍した絵師の生涯を記した『等伯』(2011~2012年『日本経済新聞』連載)は、第148回直木三十五賞を受賞しました(2012年)。

同賞受賞をきっかけに、故郷主催の賞を中心に多くの賞を受賞します。

故郷の西日本新聞社が主催する第72回西日本文化賞・社会文化部門(2013年)、第23回福岡県文化賞・創造部門(2015年)、第5回歴史時代作家クラブ賞・実績功労賞(2016年)、第41回福岡市文化賞(2016年)と続きました。

織田信長を通じて新しい徳川家康像を描く

家康(一)自立篇

家康(一)自立篇

安部龍太郎は還暦を迎えた年、心の師・隆慶一郎が生涯取り組んだ徳川家康に挑みます(2015年)。

新聞連載『家康』(2015年~『静岡新聞』連載中)は全5巻が予定されています。これまでの鎖国や農業を中心とした江戸史観による徳川家康像ではなく、世界を見据え、商才感覚に長けていた織田信長像に大きな影響を受けた徳川家康という新しい像が目指されます。

現在、『家康(一)自立篇』と『家康(二)不惑篇』が単行本化されています。

隆慶一郎を心の師と仰ぐほど大きな影響を受けた安部龍太郎。公武一体に注目したその刀剣小説は、新たな織田信長像を生み出しました。

現在その新たな織田信長像によってさらに新たな視点を生み出そうとしています。そこには常に歴史にダイナミックな風穴を開けようとする強い意志が貫かれています。

著者名:三宅顕人

安部龍太郎

安部龍太郎をSNSでシェアする

「戦後生まれの刀剣小説家」の記事を読む


宮部みゆき

宮部みゆき
時代小説短編集『本所深川ふしぎ草紙』『かまいたち』を皮切りにミステリー作家と同時に時代小説家としても活躍を続ける宮部みゆき(みやべみゆき)。捕物帳物の創始者・岡本綺堂や南町奉行・根岸肥前守鎮衛が書き留めた江戸時代の巷の奇談に大いに影響を受けました。地元・深川を拠点に生み出されるその時代小説では、恐ろしく妖しくも、どこか人情味あふれる日本刀が描かれます。

宮部みゆき

山本兼一

山本兼一
『いっしん虎徹』『おれは清麿』で実在した刀工も取り上げた山本兼一(やまもとけんいち)。42歳の年に作家デビュー後、病で早世するまでの15年間の作家生活のなかで20作以上の単行本を遺しました。その作品の多くでは技術者・職人への注目がなされ、道具に注目し続ける先輩作家・東郷隆も想起させます。そんな山本兼一は体験取材を重んじ、刀工小説では刀匠・河内國平への綿密な取材に基づいたうえで独自の美学が導き出されています。

山本兼一

真保裕一

真保裕一
『覇王の番人』『天魔ゆく空』で時代小説に挑んだミステリー作家・真保裕一(しんぽゆういち)。ミステリー小説と時代小説との両ジャンルの交点は、海外のミステリー小説の時代小説化のはじまりである捕物帳物の創始者・岡本綺堂に辿ることができます。明智光秀と細川政元を題材とした真保裕一の時代小説では、細川家を中心とした独自の戦国時代史観が見出せます。それは織田信長・豊臣秀吉・徳川家康と語られる戦国三英傑と称される歴史の流れとは別の見方です。

真保裕一

佐藤賢一

佐藤賢一
『新徴組』であまり注目されていなかった故郷の史実を取り上げた佐藤賢一(さとうけんいち)。明治新政府の下で賊軍となった庄内藩への注目は、同じく賊軍となった会津藩を描き続けた早乙女貢と同じ志向です。自身初の日本を舞台にした時代小説では織田信長は女性だったとした佐藤賢一。その刀剣世界には、歴史に別の角度から光を当てようとする視点が常にあります。

佐藤賢一

乙川優三郎

乙川優三郎
中・短編集『生きる』で直木三十五賞を受賞した乙川優三郎(おとかわゆうざぶろう)。その静謐な文体から藤沢周平の継承者としても語られます。時代小説で初の山本周五郎賞を受賞、中山義秀文学賞も受賞した乙川優三郎の刀剣世界には、武家が抱える不自由さを女性を重んじることで解き放とうとする刀剣観が見出せます。

乙川優三郎

宇月原晴明

宇月原晴明
『聚楽 太閤の錬金窟』を含む戦国3部作を発表した宇月原晴明(うつきばらはるあき)。戦国3部作は山田風太郎、司馬遼太郎のオマージュであることを公言しています。歴史・時代小説と同時にフランスの異端文学にも傾倒する宇月原晴明の刀剣世界では、善と悪の二元論を錬金術や両性具有者によって乗り越えようとする幻想的な試みがなされています。

宇月原晴明

垣根涼介

垣根涼介
『光秀の定理』で自身初の時代小説を発表した垣根涼介(かきねりょうすけ)。歴史・時代小説への目覚めは司馬遼太郎でした。大手求人広告会社、旅行代理店での勤務経験を持ち、時代小説のなかでも人が働く、人が動く心理に注目します。そこでは定理や原理を掘り下げるなかで、無頼(アウトサイダー)や落ちこぼれの存在の重要性が見出されます。

垣根涼介

木下昌輝

木下昌輝
デビュー作の中編『宇喜多の捨て嫁』を収録した単行本が直木三十五賞候補となるなど鮮烈なデビュー期となった木下昌輝(きのしたまさき)。その作風には司馬遼太郎を乗り越えるようとする強い意志があります。その際あまり知られることのない歴史の敗者に光を当て、骨太な歴史・時代小説の装いのなかに講談的な物語が描かれます。

木下昌輝

冲方丁

冲方丁
『天地明察』で知られる冲方丁(うぶかたとう)。その時代小説では帰国子女だった冲方丁の視点による日本が描かれます。国と国やジャンルの違いのなかに共通点を見出し、日本の根源を見つめ、幕府と朝廷との融合に注目します。

冲方丁

注目ワード

注目ワード