戦後生まれの刀剣小説家

浅田次郎

文字サイズ

『壬生義士伝』で自身初の時代小説を書いた浅田次郎(あさだじろう)。以来、江戸時代後期から幕末を舞台にした多くの時代小説を書きます。武士道の理不尽さを注視するその時代小説群では、あくまでエンターテインメントとして物語が紡ぎ出されます。

柴田錬三郎賞受賞の新選組物

浅田次郎は、学生時代から投稿を続け、陸上自衛官など多彩な職業に就くなかで雑誌ライターを始めます。そして、自身の裏社会での生活体験をもとにした極道エッセイ『とられてたまるか!』(1990年『週刊テーミス』連載)で浅田次郎名義を用い、初の単行本となりました(のち『極道放浪記 殺られてたまるか!』改題)。

以後、主に悪漢小説を書くなかで(『きんぴか』シリーズ、『プリズンホテル』など)、現代(平成)と過去(昭和)とを地下鉄を通じて行き来する男の人生の物語『地下鉄(メトロ)に乗って』(1994年)で第16回吉川英治文学新人賞を受賞しました(1995年)。

壬生義士伝

壬生義士伝

近・現代の中国を舞台にした歴史小説『蒼穹の昴』シリーズ(1996年~)発表後、北海道の廃線間近のローカル鉄道の駅長を主人公にした表題作を含む短編集『鉄道員(ぽっぽや)』(1997年)で日本冒険小説協会大賞・特別賞と第117回直木三十五賞を受賞しました。

直木三十五賞受賞後、47歳の年、浅田次郎は新選組物を発表します。

『壬生義士伝』(1998~2000年『週刊文春』連載)です。浅田次郎初の時代小説となった同作は上下巻として単行本化された年、第13回柴田錬三郎賞を受賞しました(2000年)。受賞の2年後にテレビドラマ化、その翌年に映画化され、浅田次郎は時代小説家としても広く認知されます。

切腹用に手渡される大和守安定

『壬生義士伝』では、盛岡藩を脱藩し新選組隊士となった実在の人物・吉村貫一郎(よしむらかんいちろう)が主人公に選ばれています。題材の選定は、浅田次郎の娘が岩手医科大学に進学したことがきっかけでした。

同作は、新選組の屯所となった西本願寺の寺侍・西村兼文による手記『新撰組始末記』と多くの新選組小説の端緒となる子母澤寛の『新選組物語』の先行資料に基づき、吉村貫一郎を何よりも貧乏を嫌い、妻子のために銭を重んじる人物として大いに創作されます。また物語は、大正初期を生きる北海道出身の記者による取材形式という、捕物帳物の創始者・岡本綺堂が『半七捕物帳』で試みた同種の手法が用いられます。

『壬生義士伝』は吉村貫一郎の切腹から始まります。

鳥羽・伏見の戦いで賊軍となった新選組の吉村貫一郎は、戦いのなか傷だらけの姿で脱藩した盛岡藩の大坂蔵屋敷に逃げ込みます。蔵屋敷には幼馴染・大野次郎右衛門が御蔵役をしていました。吉村貫一郎が国元に戻りたいと伝えるも、大野次郎右衛門は主家に逆らったとして武士らしくと切腹をと家宝の大和守安定(やまとのかみやすさだ)を手渡します。
 

大和守安定――か。
見回組の佐々木先生が持っていた刀と同じもんでござんす。さだめし切れ味はよかろうな。はて、そう言やァ次郎衛殿は、この刀を、わしに呉でやると言うた。銭こ出して買えば、二百両も三百両もする名刀であんす。腹を切るときになって、はあ、何とももったいね。
 (中略)
だあれもわしに、切腹の作法を教えてくれながった。つまりは、わしは侍とも百姓ともつかね卑すい小身者だから、よもや腹を切って死ぬはずァねから、だあれも教えてくれながった。

『壬生義士伝』より

他にも作中で日本刀は、近藤勇の長曽祢虎徹、土方歳三和泉守兼定沖田総司加州清光と大和守安定、斎藤一の池田鬼神丸国重と津田助広などがふれられます。

浅田次郎新選組三部作

一刀斎夢録

一刀斎夢録

浅田次郎は続けて新選組物に取り組みます。

『輪違屋糸里』(2002~2004年『週刊文春』連載)では、新選組の前身・壬生浪士の初代筆頭局長・芹沢鴨の暗殺事件を軸に隊士周辺の女性を主人公にします。同作は文庫化の年にテレビドラマ化(2007年)、その11年後に映画化されました(2018年)。

『一刀斎夢録』(2008~2010年『週刊文春』連載)では、新選組三番隊長・斎藤一を主人公にしました。明治維新後も生きた斎藤一の生涯を、斎藤家を訪れた近衛師団の若き青年に回想する形式で書きました。物語では、隊士のなかで最も会津藩と近かった斎藤一を坂本龍馬暗殺の主犯としています。

司馬遼太郎賞受賞の短編集

お腹召しませ

お腹召しませ

浅田次郎は新選組三部作を書く間、時代小説の短編を多数執筆します。

短編集『五郎治殿御始末』(2003年)には、武士の明治維新後の姿を書いた6編の短編が収められました(2000~2002年『読売旅行』『中央公論』不定期掲載)。収録作、藩主・井伊直弼を守れなかった彦根藩の下級武士の敵討の行く末を書いた短編「柘榴坂の仇討」(2002年『中央公論』掲載)は、発表から12年後に映画化されました。

短編集『お腹召しませ』(2006年)では、武士の悲哀を描いた6編の短編が収められました(2003~2005年『中央公論』連載)。浅田次郎は同作で、第1回中央公論文芸賞と第10回司馬遼太郎賞を受賞しました。

表題作の短編「お腹召しませ」(2003年『中央公論』掲載)では、娘婿の不始末で腹を切ることになった舅の武士の苦悩がユーモラスに書かれます。同短編は、発表の前年に直木三十五賞を受賞した乙川優三郎の中・短編集『生きる』の表題作のパロディとしても読めます。

参勤交代を描く時代小説

新選組三部作終了後、浅田次郎は新たに時代小説の長編を執筆します。

『一路』(2010~2012年『中央公論』連載)です。江戸幕府第14代将軍・徳川家茂の時代を舞台に、江戸時代後期には形骸化していた参勤交代を軽妙に描きました。

主人公は無役の旗本・蒔坂左京大夫の家臣、小野寺一路(おのでらいちろ)です。交代寄合でもある蒔坂家は、一万石以上の大名よりも禄高は少ないものの領地を持ち、参勤交代も義務づけられています。

一路

一路

あるとき道中御供頭の小野寺一路の父が火事で急逝。江戸で暮らす小野寺一路は家督を継ぐことになります。出火の責任回避と引き換えに参勤交代を無事に執り行う交換条件を出されるも、それまで江戸暮らしの小野寺一路は参勤交代について何も知りません。しかし、国元の西美濃(現在の岐阜県西部)から12泊13日かけて真冬の江戸を目指す参勤交代に挑みます。その裏には、蒔坂左京大夫を追い落とそうとする重臣で左京大夫の甥・蒔坂将監の陰謀がありました。

『一路』は単行本化の年、第3回本屋が選ぶ時代小説大賞を受賞(2013年)。単行本化の2年後には、BS時代劇にてテレビドラマ化されました(2015年)。

武田信玄>徳川家康

小野寺一路は参勤交代の術を、先祖が残した行軍録・御供頭心得に頼ります。江戸時代初期に記されたとするその書物には、「参勤交代は行軍、戦そのものである」とありました。

参勤交代の一行は、徳川家康の2本の槍、武田信玄からの大具足(鎧・兜)を持参し、古式に則り、数々の難所にも立ち向かいながら一所懸命に江戸を目指します。
 

いかにも神さびた御神体の箱は、異様なほど長い。蓋には「慶長庚子歳拝鑓二筋銘城州埋忠作」とあった。
 (中略)
箱を封じた紙縒を小柄で切り、蓋を開ける。真綿を敷き詰めた褥の上に、目の醒めるほど鮮かな朱色の槍が二筋、眠るがごとく横たわっていた。
長い。一丈の上、人の身丈の倍はある。朱色の長柄には赤胴の蛭巻が施されており、それもよほど手入れが行き届いているものか一点の錆もなかった。朱塗と赤胴の取り合わせが美しい。

『一路』より

古式に則って御本陣の床の間に飾られるその具足には、東照神君御拝領の二筋槍よりもさらに旧い由来がある。戦国の覇権がいまだ定まらなかったころ、蒔坂家の祖が武田信玄公より賜った大具足の一領であった。そもそも割菱の御家紋も、その具足箱に印された武田菱にちなむのである。
家康公は戦国の英雄たる信玄公を敬し、その遺臣や縁故の武将を武門の名流として多く召し抱えた。本来は外様たる蒔坂家が、交代寄合表御礼衆という格別の旗本たりうるのも、信玄公縁故と認められたからであり、なかんずくにその証拠の品こそ、かの鎧櫃に納められた「黒漆総覆輪筋兜」および「黒地黒絲縅胴丸」であった。
参勤道中にこれを背負うのは名誉である。中間小者は手を触れることも許されず、屈強の侍が背負い通す定めであった。しかるにいかなつわものとはいえ、誰の力も借りずに与川崩れを越ゆるのは至難であったのだ。

『一路』より

時代劇の復活を担う

『一路』が受賞した本屋が選ぶ時代小説大賞は、『オール讀物』編集部が主催し、4~5名の本屋店員が選考委員を務めています(2011年~)。

浅田次郎受賞以前には、伊東潤『黒南風の海 加藤清正「文禄・慶長の役」異聞』、澤田ふじ子(『陸奥甲冑記』『黒染の剣』など)の娘・澤田瞳子『満つる月の如し 仏師・定朝』、浅田次郎と同時受賞の朝井まかて『恋歌』が受賞しています。

浅田次郎受賞以後は、岩井三四二『異国合戦 蒙古襲来異聞』、中路啓太『もののふ莫迦』、垣根涼介『室町無頼』、佐藤巖太郎『会津執権の栄誉』、奥山景布子『葵の残葉』が続きます。

『一路』をテレビドラマ化したBS時代劇は、本屋が選ぶ時代小説大賞と同じ年に始まりました。デジタル放送完全移行の年です(2011年~)。

浅田次郎原作以前では、司馬遼太郎『新選組血風録』、池上永一『テンペスト』、津本陽『塚原卜伝十二番勝負』『柳生十兵衛七番勝負』、佐伯泰英『居眠り磐音 江戸双紙』『酔いどれ小籐次』、手塚治虫『陽だまりの樹』、五味康祐『薄桜記』、高橋克彦『火怨 北の耀星アテルイ』、風野真知雄『妻は、くノ一』、池波正太郎『雲霧仁左衛門』、藤沢周平『神谷玄次郎捕物控』『秘太刀 馬の骨』『風の果て』、澤田ふじ子『公事宿事件書留帳』シリーズ、などがテレビドラマ化されました。

こうした時期、映画界でも時代劇に力が入れられています。
<サムライ・シネマキャンペーン>と題した取り組みが行なわれ、池宮彰一郎原作『十三人の刺客』(東宝)、吉村昭原作『桜田門外ノ変』(東映)、池宮彰一郎原作『最後の忠臣蔵』(ワーナー・ブラザース)、宇江佐真理原作『雷桜』(東宝)、磯田道史原作『武士の家計簿』(松竹/アスミック・エース)が順に公開されました(2010年)。

新聞連載される浅田次郎の時代小説

黒書院の六兵衛

黒書院の六兵衛

その後、浅田次郎は新聞連載でも時代小説を発表します。

『椿山課長の七日間』(2001~2002年『朝日新聞』連載)と『おもかげ』(2016~2017年『毎日新聞』連載)の現代劇の執筆の間に、『黒書院の六兵衛』(2012~2013年『日本経済新聞』連載)と『流人道中記』(2018年~『読売新聞』連載中)の時代小説を執筆しています。

『黒書院の六兵衛』では、江戸城無血開城のなかで江戸城に居座る謎の御書院番士とその排除の任を負った徳川御三家のひとつ尾張藩の下級藩士とのやりとりを。『流人道中記』では、江戸時代末期を舞台に江戸から蝦夷へ護送される切腹を拒んだ旗本と貧乏な与力見習いの道中劇を書きます。

江戸時代後期から幕末を舞台に多くの時代小説を書く浅田次郎。その物語では、武士道の理不尽さをエンターテインメントとして描くことがこだわられています。

著者名:三宅顕人

浅田次郎

浅田次郎をSNSでシェアする

「戦後生まれの刀剣小説家」の記事を読む


山本兼一

山本兼一
『いっしん虎徹』『おれは清麿』で実在した刀工も取り上げた山本兼一(やまもとけんいち)。42歳の年に作家デビュー後、病で早世するまでの15年間の作家生活のなかで20作以上の単行本を遺しました。その作品の多くでは技術者・職人への注目がなされ、道具に注目し続ける先輩作家・東郷隆も想起させます。そんな山本兼一は体験取材を重んじ、刀工小説では刀匠・河内國平への綿密な取材に基づいたうえで独自の美学が導き出されています。

山本兼一

宮部みゆき

宮部みゆき
時代小説短編集『本所深川ふしぎ草紙』『かまいたち』を皮切りにミステリー作家と同時に時代小説家としても活躍を続ける宮部みゆき(みやべみゆき)。捕物帳物の創始者・岡本綺堂や南町奉行・根岸肥前守鎮衛が書き留めた江戸時代の巷の奇談に大いに影響を受けました。地元・深川を拠点に生み出されるその時代小説では、恐ろしく妖しくも、どこか人情味あふれる日本刀が描かれます。

宮部みゆき

真保裕一

真保裕一
『覇王の番人』『天魔ゆく空』で時代小説に挑んだミステリー作家・真保裕一(しんぽゆういち)。ミステリー小説と時代小説との両ジャンルの交点は、海外のミステリー小説の時代小説化のはじまりである捕物帳物の創始者・岡本綺堂に辿ることができます。明智光秀と細川政元を題材とした真保裕一の時代小説では、細川家を中心とした独自の戦国時代史観が見出せます。それは織田信長・豊臣秀吉・徳川家康と語られる戦国三英傑と称される歴史の流れとは別の見方です。

真保裕一

佐藤賢一

佐藤賢一
『新徴組』であまり注目されていなかった故郷の史実を取り上げた佐藤賢一(さとうけんいち)。明治新政府の下で賊軍となった庄内藩への注目は、同じく賊軍となった会津藩を描き続けた早乙女貢と同じ志向です。自身初の日本を舞台にした時代小説では織田信長は女性だったとした佐藤賢一。その刀剣世界には、歴史に別の角度から光を当てようとする視点が常にあります。

佐藤賢一

乙川優三郎

乙川優三郎
中・短編集『生きる』で直木三十五賞を受賞した乙川優三郎(おとかわゆうざぶろう)。その静謐な文体から藤沢周平の継承者としても語られます。時代小説で初の山本周五郎賞を受賞、中山義秀文学賞も受賞した乙川優三郎の刀剣世界には、武家が抱える不自由さを女性を重んじることで解き放とうとする刀剣観が見出せます。

乙川優三郎

宇月原晴明

宇月原晴明
『聚楽 太閤の錬金窟』を含む戦国3部作を発表した宇月原晴明(うつきばらはるあき)。戦国3部作は山田風太郎、司馬遼太郎のオマージュであることを公言しています。歴史・時代小説と同時にフランスの異端文学にも傾倒する宇月原晴明の刀剣世界では、善と悪の二元論を錬金術や両性具有者によって乗り越えようとする幻想的な試みがなされています。

宇月原晴明

垣根涼介

垣根涼介
『光秀の定理』で自身初の時代小説を発表した垣根涼介(かきねりょうすけ)。歴史・時代小説への目覚めは司馬遼太郎でした。大手求人広告会社、旅行代理店での勤務経験を持ち、時代小説のなかでも人が働く、人が動く心理に注目します。そこでは定理や原理を掘り下げるなかで、無頼(アウトサイダー)や落ちこぼれの存在の重要性が見出されます。

垣根涼介

木下昌輝

木下昌輝
デビュー作の中編『宇喜多の捨て嫁』を収録した単行本が直木三十五賞候補となるなど鮮烈なデビュー期となった木下昌輝(きのしたまさき)。その作風には司馬遼太郎を乗り越えるようとする強い意志があります。その際あまり知られることのない歴史の敗者に光を当て、骨太な歴史・時代小説の装いのなかに講談的な物語が描かれます。

木下昌輝

北方謙三

北方謙三
『武王の門』で自身初の歴史小説に挑んだ北方謙三(きたかたけんぞう)。その初期作では、歴史学者・網野善彦による当時最新の中世研究が踏まえられました。後醍醐天皇を中心とした時代を舞台に、武力を有する公家と土地に縛られない武士(悪党)との拮抗を北方謙三はとらえようとしました。

北方謙三

注目ワード
注目ワード