名家に代々伝えられた日本刀

宇喜多家・前田家伝来の薙刀 伯耆国住広賀

文字サイズ

薙刀 銘 伯耆国住広賀 号 渡海龍(ほうきこくじゅうひろよし ごう とかいりゅう)は、刀工「伯耆国住広賀」(ほうきこくじゅうひろよし)の手によって作られた薙刀です。その持ち主は、備前国武将であった「宇喜多秀家」(うきたひでいえ)。渡海龍の号は、1592年(文禄元年)に「豊臣秀吉」の命で朝鮮へ出兵した「文禄の役」の際、宇喜多秀家がこの薙刀で奮闘したことから付けられました。
本薙刀は宇喜多秀家のあと、宇喜多家と深い関係があった加賀前田家へと伝来。そこで、刀工一派である伯耆国住広賀とその持ち主であった宇喜多秀家、そして宇喜多家と前田家との関係を紐解いていくと共に薙刀 銘 伯耆国住広賀の魅力をご紹介します。

刀工一派 伯耆国住広賀とは

「伯耆国住広賀」(ほうきこくじゅうひろよし)とは、室町時代末期に「伯耆国」(ほうきのくに:現在の鳥取県西部)で活躍した刀鍛冶集団です。広賀一派は、かつて伯耆城城主「小幡左衛門尉」(おばたさえもんのじょう)の臣下でしたが、城主没落により刀工に転身、初代相州伝綱広のもとで作刀の技術を学んだと言われています。

広賀には「道祖尾派」(さいのおは)と「見田派」(みたは)があり、道祖尾派は文明年間(1469~1486年)に現れ、江戸時代は倉吉鍛冶町(現在の鳥取県倉吉市倉吉鍛冶町)に住居を構えていました。

一方、見田派は天文年間(1532~1555年)に存在。初代の「五郎左衛門尉」(ごろうさえもんのじょう)から始まりましたが、広賀両派は共に隆盛を極め、江戸時代初期まで続きます。

豊臣秀吉の秘蔵っ子!宇喜多秀家ってどんな人?

宇喜多秀家

宇喜多秀家

「宇喜多秀家」(うきたひでいえ)は、「備前国」(びぜんのくに:現在の岡山県東部)岡山城城主「宇喜多直家」(うきたなおいえ)の嫡男として1573年(天正元年)に生まれます。

宇喜多秀家は宇喜多直家の晩年の子であり、父が病死した1581年(天正9年)に弱冠9歳の若さで家督を継ぎました。

翌年、中国征伐でやってきた羽柴秀吉(豊臣秀吉)に気に入られ、養子という厚遇を受けることになります。

ただ厳密に言うと、羽柴秀吉が気に入ったのは、宇喜多秀家の母・おふくであったとも言われています。おふくは、当時絶世の美女と謳われた女性で、しかも夫・宇喜多直家が他界したばかりの未亡人。好色であった羽柴秀吉が彼女に目を付けない訳がありません。

こうして羽柴秀吉に気に入られた宇喜多秀家は、14歳となった1585年(天正13年)、元服によりそれまで名乗っていた「宇喜多八郎家氏」から、羽柴秀吉の「秀」の文字を賜り宇喜多秀家へと改名。同時に、従五位下侍従兼河内守(じゅごいげじじゅうかわちのかみ)の官位も賜っており、早々の出世から羽柴秀吉の寵愛ぶりを窺うことができます。

宇喜多秀家は、1584年(天正12年)の「小牧・長久手の戦い」や1590年(天正18年)の「小田原の役」に参加し、豊臣一門衆として豊臣秀吉の天下取りに手を抜くことはありませんでした。そして、備前・備中(現在の岡山県西部)・美作(現在の岡山県北東部)を統治する57万4,000石の大名へと成長していくのです。

海を渡った渡海龍!宇喜多秀家が朝鮮の地で戦った文禄の役

豊臣秀吉の天下取りを支えるべく奔走した宇喜多秀家は、今度は日本海を渡り朝鮮半島へと向かうことになります。1592年(文禄元年)、いわゆる「文禄の役」が始まったのです。

宇喜多秀家は同年5月、李氏朝鮮の首都・漢城(ハンソン:現在のソウル)に入城。このとき宇喜多秀家に与えられた役割は漢城守備の総帥でした。当時、宇喜多秀家は21歳。総帥の立場としては若すぎる年齢で、それほどに豊臣秀吉の恩寵があったことが見て取れます。

秀吉軍

豊臣秀吉軍

開戦後、豊臣秀吉軍は開城(ケソン)・平壌(ピョンヤン)を押さえ、順調にことが運んでいたかのように見えました。

しかし、日本軍の戦局は提督・李如松(リジョショウ)率いる明軍の登場により悪化します。

明軍の反撃を受け、続けざまに各拠点を撤退に追い込まれたとき、宇喜多秀家の奮起によって停戦にこぎ付けたのが「碧蹄館の戦い」(へきていかんのたたかい)でした。

このとき宇喜多秀家は、伯耆国住広賀の薙刀を手に、捨て身の戦いを見せたと伝わっています。碧蹄館での戦いは、狭い谷間という地の利と、雨という天候が宇喜多秀家達を優勢に押し上げました。騎馬戦がメインであり、切れ味も鈍い短を使った明軍に対して、日本軍が薙刀や長刀・長を主に使ったことが有利に動いたのです。

エリートから一転、徳川に破れ八丈島へ島流し

八丈島

八丈島

こうして朝鮮出兵は休戦に終わったのですが、1598年(慶長3年)に豊臣秀吉は死去します。

豊臣秀吉は死の直前、宇喜多秀家を五大老に任じていますが、その頃の宇喜多家と言えば、お家騒動により家臣団が次々と四散し、重要な戦力が流出する事態に見舞われていました。

さらに悪いことに、宇喜多家を去った家臣を迎え入れたのが徳川家でした。

主要な戦力を持たない宇喜多秀家は「関ヶ原の戦い」で徳川軍に敗れ、宇喜多秀家の長男、次男と共に八丈島への島流しに処されることに。このとき宇喜多秀家32歳。八丈島での不自由な生活を50年以上も続け、ついぞ島を出ることなく83歳でこの世を去りました。

八丈島で宇喜多秀家はこんな辞世の句を詠んでいます。

「み菩薩の 種を植えん この寺へ みどり松の あらぬ限りは」

<現代語訳>
悟りを開くきっかけになったこの寺に、この松はあり続けてくれるだろうか

天下人である豊臣秀吉の養子として華々しい出世街道を歩んだのち、残りの人生を流刑の地、八丈島で過ごすことになってしまった宇喜多秀家。盛者必衰(じょうしゃひっすい:勢いのある者もいつかは衰え滅びること)とは言え、宇喜多秀家の心境はいかほどだったでしょう。

宇喜多家と前田家との深い関係

流刑に処された宇喜多秀家の薙刀 伯耆国住広賀は、そののち、加賀藩の前田家に渡ります。宇喜多家から前田家に渡った経緯を見てみましょう。

豊臣秀吉の養女「豪姫」と結婚

豪姫

豪姫

豊臣秀吉の宇喜多秀家への寵愛ぶりは、加速します。と言うのも、同じく豊臣秀吉の養女であった豪姫と結婚することになったのです。

豪姫は、加賀国(かがのくに:現在の石川県南半部)前田利家(まえだとしいえ)とまつの間に生まれた四女で、両親に似て美しい容姿を備えていました。

豊臣秀吉は、それまで実子に恵まれず、かねてからの前田家との約束により、豪姫が生まれるとすぐ養子に迎え入れて育てます。

豊臣秀吉の豪姫への溺愛ぶりは有名で、豪姫に見合う、三国一の婿として宇喜多秀家に白羽の矢を立てたのです。豪姫は、宇喜多秀家の正室として宇喜多家に入り、ここに前田家と宇喜多家の関係が始まります。

そして時は流れ、天下分け目の戦いで宇喜多秀家が敗れると、豪姫は実家である加賀国前田家へ戻ることに。こうした経緯を背景として、伯耆国住広賀の薙刀は前田家に伝わったのでした。その後、薙刀の所在は一時不明でしたが、前田家支流・上野国七日市藩(こうずけのくになぬかいちはん:現在の群馬県富岡市)1万14石の所領にあることが判明。現在、広賀の薙刀はその歴史を私達に伝えています。

薙刀 銘 伯耆国住広賀の特徴

本薙刀には、末相州伝の作風が強く見られます。「相州伝」とは、鎌倉時代・中期以降の「相模国」(さがみのくに:現在の神奈川県)で発展した刀工技術。特に、室町時代以降に始まる綱広一門によって作られた日本刀を、「末相州伝物」と呼んでいます。

初代相州綱広は天文年間の刀匠で、本薙刀である伯耆国住広賀が門下として技術を学んだ刀匠でした。

相州伝の特徴は強い「地沸」(じにえ)であり、この性格は本薙刀にもよく現れています。「」(にえ)とは、刃文を構成する要素のひとつであり、白い砂粒のように見える大きな粒子の模様のこと。地沸の強さに加えて、沸部分の密度の高さにも美しさがあり、見逃すことはできません。

地肌は、木目の模様をした「板目肌」(いためはだ)に、ちりめんのように白く泡立った「杢目肌」(もくめはだ)が混ざっています。また、刃文は「互の目」(ぐのめ)の尖り刃で、頭の尖った互の目が波打つように表現されており、渡海龍たるゆえんの力強さと凄味を誇ります。

薙刀 銘 伯耆国住広賀
薙刀 銘 伯耆国住広賀
伯耆国住広賀作
天正二年八月日
鑑定区分
保存刀剣
刃長
55.8
所蔵・伝来
宇喜多秀家 →
加賀前田家伝来 →
刀剣ワールド財団
〔 東建コーポレーション 〕

宇喜多家・前田家伝来の薙刀 伯耆国住広賀

宇喜多家・前田家伝来の薙刀 伯耆国住広賀をSNSでシェアする

「名家に代々伝えられた日本刀」の記事を読む


館林藩秋元家伝来の水心子白熊入道正秀

館林藩秋元家伝来の水心子白熊入道正秀
「秋元家」(あきもとけ)は、「徳川家康」(とくがわいえやす)に仕えた大名です。転封(てんぽう:所領を別の場所に移すこと)を繰り返した秋元家が、最後に所領としたのが上野国館林藩(こうずけのくにたてばやしはん:現在の群馬県館林市)でした。 徳川家と深い縁があったにもかかわらず、幕末は新政府側の一員となった秋元家の歴史とはどのようなものだったのでしょうか。

館林藩秋元家伝来の水心子白熊入道正秀

谷家伝来の薙刀 無銘 長船秀光

谷家伝来の薙刀 無銘 長船秀光
本薙刀の制作者は、備前長船の刀匠であり、「最上大業物鍛冶師」(さいじょうおおわざものかじし)と称えられる「長船秀光」(おさふねひでみつ)。南北朝時代に小反り物(こぞりもの)の代表的な刀工として活動していました。 小反り物とは、長船鍛冶の嫡流(ちゃくりゅう:正統の流派)の「兼光」(かねみつ)や、傍系の「元重」(もとしげ)、「長義」(ながよし/ちょうぎ)に属さない刀工郡のこと。そんな刀鍛冶の手による、特別保存刀剣の薙刀、無銘 長船秀光は「谷家」(たにけ)に伝来しました。 ここでは、「織田信長」(おだのぶなが)や「豊臣秀吉」(とよとみひでよし)にかかわりのある谷家の歴史や経歴をご紹介するのに合わせて、薙刀 無銘 長船秀光の歴史や特徴もご説明していきます。

谷家伝来の薙刀 無銘 長船秀光

能勢氏伝来の日本刀 丹後守兼道

能勢氏伝来の日本刀 丹後守兼道
「能勢氏」(のせし)の始まりは平安時代後期。以来、摂津国能勢郡(せっつのくにのせぐん:現在の大阪府)に領地を置きますが、「織田信長」(おだのぶなが)や「豊臣秀吉」(とよとみひでよし)に相次いで攻め込まれ、領地を失うこととなります。そののち、日蓮宗の寺に逃げ延び、いつか能勢氏を再興することを願い続けた結果、「徳川家康」(とくがわいえやす)の時代にその願いを叶えることになるのです。一度は一族の危機にもさらされた能勢氏がどのように再興していったのか、歴史を紐解いてみました。

能勢氏伝来の日本刀 丹後守兼道

相模国三浦氏から北条氏に渡った名刀 正恒

相模国三浦氏から北条氏に渡った名刀 正恒
本刀、額銘「正恒」(まさつね)は、平安時代後期から戦国時代に相模国三浦(さがみのくにみうら:現在の神奈川県)を拠点とした「三浦氏宗家」と、その流れをくむ「相模三浦氏」が所持したとされる名品です。太刀(たち)を磨上げて打刀(うちがたな)に直したと伝えられています。三浦氏滅亡後は、宿敵であり、小田原城を本拠に関東に勢力を伸ばした「後北条氏」(ごほうじょうし:戦国大名の北条氏のこと)のもとへ渡りました。本刀を作刀した備前国(びぜんのくに:現在の岡山県)の刀工「正恒」は、平安時代後期に活躍した「古備前派」の名工です。今回は、三浦氏と後北条氏について解説すると共に、正恒の作風や特徴について述べていきます。

相模国三浦氏から北条氏に渡った名刀 正恒

丹後宮津・本庄松平家伝来の太刀 来国俊

丹後宮津・本庄松平家伝来の太刀 来国俊
本太刀は、「来一門」の刀工「来国俊」(らいくにとし)が制作し、丹後国宮津(たんごのくにみやづはん:現在の京都府宮津市)の宮津藩「本庄松平家」(ほんじょうまつだいらけ)に伝来した雅な作品です。本庄松平家は江戸時代に栄え、下級武士から幕閣(ばっかく:幕府の最高行政機関)の中枢を担う一流の家柄となりました。ここでは、本庄松平家の歴史についてふれながら、太刀 来国俊を解説していきます。

丹後宮津・本庄松平家伝来の太刀 来国俊

土佐藩山内家と刀匠・堀川国広による 洛陽一条住信濃守国広

土佐藩山内家と刀匠・堀川国広による 洛陽一条住信濃守国広
土佐国(とさのくに:現在の高知県)1国を領有していた土佐藩のルーツは、戦国時代に「土佐七雄」(とさしちゆう:室町時代末期から戦国時代に、土佐国に存在した7つの豪族の総称)のひとりだった「長宗我部/長曾我部元親」(ちょうそかべもとちか)が領主となったことに始まります。その後、息子の「長宗我部盛親」(ちょうそかべもりちか)が領主を引き継ぎましたが、「関ヶ原の戦い」で敗軍となった「西軍」に与していたことから、土佐国を没収されました。そして、長宗我部氏に替わって土佐に入封した「山内家」(やまうちけ)が、明治維新に至るまでのおよそ270年統治していくこととなったのです。今回は、土佐藩を代々牽引してきた山内家の歴史を振り返ると共に、土佐藩3代藩主の愛刀を鍛えた「新刀の祖」と称される刀匠「堀川国広」(ほりかわくにひろ)についてご紹介します。

土佐藩山内家と刀匠・堀川国広による 洛陽一条住信濃守国広

内藤氏伝来・二王清綱作の伝二王

内藤氏伝来・二王清綱作の伝二王
「二王清綱」(におうきよつな)が作り、「内藤氏」が所有していたとされる重要刀剣の刀「伝二王」。「二王派」は、「大和鍛冶」(やまとかじ)達とも親交が深かったことから、その影響が作刀にも色濃く反映されており、本刀においても、その独特な風格を漂わせているのです。今回は、この二王清綱の持つ技術が、十分に注入された刀である伝二王の歴史や特徴を紐解いていくと共に、二王派と大和鍛冶との関係などについても掘り下げていきます。

内藤氏伝来・二王清綱作の伝二王

京都所司代・板倉家と天秤と称された薙刀

京都所司代・板倉家と天秤と称された薙刀
江戸幕府によって設置された「京都所司代」(きょうとしょしだい)は、京の治安を維持するために置かれた行政機関で、鎌倉幕府の「六波羅探題」(ろくはらたんだい)や室町幕府の「所司代」(しょしだい)を参考に定められた役職です。京都所司代の主な任務は、現代で言うところの裁判官の職務。市中で起こる様々な事件や騒動の解決のために裁判を行なうなど、社会の秩序を維持する重要な役割を果たしていました。ここでは、親子2代で京都所司代を務めた板倉家(いたくらけ)と共に、「板倉重宗」(いたくらしげむね)が所持していた「天秤」(てんびん)の号を持つ「薙刀」(なぎなた)についてご紹介します。

京都所司代・板倉家と天秤と称された薙刀

10代将軍・家治と名刀 光則

10代将軍・家治と名刀 光則
徳川10代将軍「家治」(いえはる)と言えば、日本史において「賄賂政治家」と悪名高い「田沼意次」(たぬまおきつぐ)を老中に就かせて田沼政治を行なわせたことで、暗君と評価されてしまった不運な将軍です。しかし、そんな家治も幼い頃は徳川家から期待される文武に秀でた人物だったとか。 今回は将軍・家治と老中・意次のエピソードを中心に、家治から酒井家へ贈られた名刀「光則」(みつのり)についてご紹介します。

10代将軍・家治と名刀 光則

注目ワード

注目ワード