戦国武将一覧

井伊直政

文字サイズ

「井伊直政」は、「徳川家康」に仕え「徳川四天王」のひとりとして名を馳せた戦国時代の武将です。井伊直政が生まれた頃の井伊家は、駿河国今川家の支配下にあり、お家断絶の危機に晒されていました。井伊家の再興のため、そして徳川家康の恩義に報いるために信念を貫いた井伊直政の生涯をご紹介します。

徳川四天王・井伊直政の生涯

井伊虎松の誕生!まわりは敵だらけの幼少期

井伊直政

井伊直政

1561年(永禄4年)、井伊直政は遠江国祝田(とおとうみのくにほうだ:現在の静岡県浜松市北区)で今川氏の家臣「井伊直親」の嫡男「虎松」として誕生。

しかしその翌年、井伊直政の父・井伊直親が今川氏12代当主「今川氏真」(いまがわうじざね)により謀殺されます。

井伊直政は当時2歳であったため、当主は井伊直親の養父「井伊直盛」の娘「井伊直虎」が引き継ぎましたが、今川氏は井伊直政を葬ることを諦めていませんでした。

そのため、幼い頃の井伊直政は今川氏に怯えながら各地の寺院や親戚の家を転々としながら過ごします。

徳川家康に迎え入れられて

井伊万千代として徳川家康の小姓に

徳川家康

徳川家康

1572年(元亀3年)、井伊直政の母「おひよ」は「徳川家康」の臣下「松下清景」(まつしたきよかげ)と再婚。井伊直政は「松下虎松」(まつしたとらまつ)として松下家の養子となり、浜松へと移住しました。

1575年(天正3年)、井伊直政にとって大きな転機が訪れます。徳川家康が「初鷹野」(はつたかの:年が明けてから最初の鷹狩り)を行なったときのことでした。

井伊直政は、「四神旗」(ししんき:中国の四霊獣・青龍、朱雀、白虎、玄武を描いた旗)を持ち、直虎と母・おひよがあつらえた着物を着て徳川家康の前へと現れます。徳川家康の家臣となるには、まずその目に留まるようにしなければならなかったのが、その理由。

そして井伊直政の狙い通り、徳川家康は井伊直政に興味を抱きました。井伊直政は徳川家康に「自分は井伊家の人間であるため徳川家に仕えたい」と伝えます。徳川家康は、かつて「桶狭間の戦い」で先鋒を務めた井伊直盛の親類である井伊直政に対して「召し抱える以外にない」と言い、井伊直政を小姓として迎え入れました。

さらに300石と16人の同心衆(どうしんしゅう:軍役を負わされた百姓のこと)を与えられ、この時に名を「松下虎松」から「井伊万千代」と変え、井伊家の再興を果たしたのです。

  • 徳川家康のエピソードや、関連のある刀剣・日本刀をご紹介します。

  • 歴史を動かした有名な戦国武将や戦い(合戦)をご紹介!

勇猛果敢!武勇に長けた井伊直政の本領発揮!!

徳川家康に召し抱えられた翌年の1576年(天正4年)、井伊直政は遠江芝原で「武田勝頼」軍を相手に初陣を飾りました。この時井伊直政は、徳川家康暗殺に仕向けられた刺客1名、本陣に潜入した忍1名を討ち取る武功を立てて3,000石の知行を拝領します。

1579年(天正7年)には、武田勝頼から高天神城を奪還するための「高天神城の戦い」で「徳川四天王」である「本多忠勝」や「榊原康政」(さかきばらやすまさ)らと共に先鋒を務め、兵糧攻めの際には忍者を遣わせて城に供給される水源を断つことに成功。井伊直政の活躍により徳川家康は、7年越しに高天神城を奪還したのです。

1582年(天正10年)は井伊直政にとって怒涛の1年となる

徳川家康、伊賀越えの御難!殿をお守りせよ!!

本能寺の変

本能寺の変

1582年(天正10年)6月、「本能寺の変」により「織田信長」が「明智光秀」に討たれた時、徳川家康は摂津国堺(せっつのくにさかい:現在の大阪府堺市)で茶会を開いていました。

この時、徳川家康が供廻りとして連れていた家臣は僅か34名。徳川家康は織田信長の死に対してはじめ、自分も自害すると言っていましたが、本多忠勝らの説得により三河国(現在の愛知県東半部)へ帰国することを決意。「神君伊賀越え」として有名な出来事ですが、この時井伊直政も随行しており、江戸時代に作られた「名将言行録」には以下のような逸話が書かれています。

伊賀越えの途中、徳川家康一行は空腹に耐えかねて神社にお供えされていた赤飯を拝借しました。唯一口にしなかった井伊直政に対して徳川家康が「遠慮はいらんから食べるが良い」と勧めたところ、井伊直政は毅然とした態度でこう言いました。

「敵が迫ってきたらそのときは、自分がここに踏みとどまって討ち死にする覚悟です。討ち死にしたあとに腹の中から赤飯が出たら、飢えのあまりに供え物に手を出したことを知られてしまう。そうなれば武士の名折れです」

井伊直政の心意気に居合わせた者は感心し、その後無事に三河へと帰国した折には、徳川家康から孔雀の羽で折られた陣羽織「孔雀尾具足陣羽織」を贈られたと言います。

  • 織田信長のエピソードや、関連のある刀剣・日本刀をご紹介します。

  • 歴史を動かした有名な戦国武将や戦い(合戦)をご紹介!

  • 歴史上の人物が活躍した合戦をご紹介!

  • 武将達が戦った全国各地の古戦場をご紹介!

天正壬午の乱!甲斐・信濃を平定

無事に伊賀越えを成して三河国に戻った徳川家康は、織田信長の弔い合戦のために挙兵しますが、尾張に来たところで明智光秀が討たれたことを知ると、踵を返して甲斐・信濃の平定に取り掛かりました。甲斐・信濃は滅亡した武田家の領地でしたが、統治者がいなくなったことで一揆が各地で発生。混乱に陥っていたのです。

「天正壬午の乱」と呼ばれるこの戦いは、相模国(現在の神奈川県)の北条氏と、越後国(現在の新潟県)の上杉氏が相手となる三つ巴の戦いでした。井伊直政は徳川家康に従軍し、旧武田勢の遺臣を懐柔すると共に、北条氏とも和議を成立させ、徳川家康の甲斐・信濃掌握に大いに貢献したのです。

武田家の遺臣を引き継ぎ井伊の赤備え結成へ

徳川家康は天正壬午の乱で味方に引き入れた武田家の遺臣74名と、名だたる坂東武者43名を、井伊直政の直属に入れました。同時に徳川家康は井伊直政に、武田家の兵法「武田の赤備え」を継承するように命じます。

「赤備え」とは、「武田信玄」が考案した精鋭部隊の俗称。部隊の兵が全員、軍旗・武具・甲冑(鎧兜)を赤一色で揃えることです。皆一様に同じ色の具足を着用することで団結力が増す他、赤は戦場で一際目立つ色であることから、赤備えの部隊は武勇に秀でた部隊の象徴とも言われていました。

結果、井伊直政率いる部隊は「井伊の赤備え」と呼ばれ、諸将を恐れさせたと言います。

赤鬼が迫る!井伊の赤備えの活躍!!

小牧・長久手の戦い

井伊の赤備え

井伊の赤備え

武田軍を引き入れて結成された井伊の赤備えが活躍するのは、1584年(天正12年)の「小牧・長久手の戦い」です。

織田信長の後継者を巡り「豊臣秀吉」と織田信長の次男「織田信雄」(おだのぶかつ)が対立するようになり、徳川家康は織田信雄の援軍として参戦していました。

小牧において豊臣秀吉軍を退けた徳川家康は、長久手でも豊臣秀吉軍をさらに追撃。両軍ほぼ互角の勢いを見せていましたが、井伊直政の配置した鉄砲300挺が豊臣秀吉軍の意表を突き、総崩れします。

この時、井伊直政は赤色の兜に鬼の角のような飾りを付けており、先陣を切って長槍で敵を蹴散らしていきました。勇猛果敢な姿を見た人々は井伊直政のことを「井伊の赤鬼」と呼び、一躍全国にその名が知れ渡ったのです。

小牧・長久手の戦いのあと、1590年(天正18年)に行なわれた「小田原征伐」ののちに徳川家康の国替えが実施されると、徳川家康は関東一円に領地を持つことになります。この中で最大の領地を拝領したのが井伊直政で、12万石と上野国(現在の群馬県)箕輪への入封を果たし、徳川四天王の中でも最大の恩賞を得ました。

そして井伊直政は、1598年(慶長3年)に箕輪城を廃城して、中山道と三国街道の要衝にあたる高崎にあった和田城を改築して高崎城を築城します。

人斬り兵部の異名を取る

一方で井伊直政は、自分のみならず周囲へ対する厳しさにより家臣から恐れられていました。井伊直政は旧武田家の遺臣を預かったあと、徳川家康の期待に応えるためにより一層家臣に対して厳しくなります。井伊の赤備えと呼ばれた家臣らに対しての仕打ちは特に厳しく、どれほど些細な失敗であっても決して許さずに手討ちにすることもありました。

井伊直政の厳格な気質に対して付いた異名が「人斬り兵部」。「兵部」(ひょうぶ)とは、当時の井伊直政の官職「兵部少輔」(ひょうぶしょうゆう)のことで、厳しさに耐えかねて逃げ出す家臣も少なくありませんでした。

関ヶ原の戦いと井伊直政の最期

1600年(慶長5年)、豊臣秀吉が没してから僅か2年後に起きた天下分け目の「関ヶ原の戦い」。この時、井伊直政は徳川家康率いる東軍として参戦し、「黒田長政」を通して西軍の諸大名を東軍へと引き入れる政治的手腕を発揮します。

そして本戦では、「福島正則」が先陣を切る決まりであったことを無視して抜け駆けし、一番槍として戦いの火蓋を切って落としました。なお、この抜け駆け問題は霧の中で偶然出会い頭に戦闘が始まってしまっただけではないかとも言われています。

島津義弘

島津義弘

戦闘は最初こそ西軍が優勢でしたが、「小早川秀秋」(こばやかわひであき)の寝返りにより状況は逆転。西軍諸将が次々と敗走する中、孤立していた西軍「島津義弘」(しまづよしひろ)は敵を切り抜けて退却するという行動に出ます。

島津軍は精鋭であり、死を前にしての迫力に東軍も追撃を躊躇しました。僅か数百の島津軍は奮闘し、大軍で構成されている東軍を正面から突破しようとします。

島津軍は徳川家康がいる本陣の近くへと迫りますが、転進して伊勢街道を南下。井伊直政は本多忠勝や「松平忠吉」と共に追撃します。

この時、井伊直政は島津軍「柏木源藤」(かしわぎげんとう)が撃った銃弾にあたり落馬してしまい、その隙をついて島津義弘は本国へと逃げおおせました。約6時間の戦闘の末、東軍は圧勝。ここに徳川家康の天下統一の準備が整ったのです。

戦後、井伊直政は戦いの最中に受けた銃弾の傷を癒やす間もなく、戦後処理に従事します。西軍総大将「毛利輝元」との講和交渉役を担って毛利氏の改易を回避。また、敗戦の将となった「石田三成」が捕縛された折には、石田三成を手厚く保護する他、西軍「真田昌幸」と昌幸の次男「真田幸村(真田信繁)」の助命にも尽力するなど、身を粉にして働いた結果、1601年(慶長6年)に石田三成の旧領・近江国佐和山(現在の滋賀県彦根市)18万石を与えられます。

そして、関ヶ原の戦いから2年後の1602年(慶長7年)、井伊直政は佐和山城でこの世を去りました。享年42歳。死因については主に2つの説があります。ひとつは、関ヶ原の戦いで受けた鉄砲傷による破傷風や鉛中毒が原因であるという説。

もうひとつは、大怪我を押してまで働き詰めていたことが原因の過労死説。文武に優れ、礼儀作法も完璧にこなし、毛利家家臣「小早川隆景」などから「本気を出せば天下を取れる逸材」とまで言われた知将・井伊直政の評価は高く、江戸幕府編修の系譜集「徳川実紀」(とくがわじっき)や「寛政重修諸家譜」(かんせいちょうしゅうしょかふ)にも、「徳川家康が江戸幕府を開くにあたり、最大の功労者は井伊直政だった」と記されています。

歴史上の人物が活躍した合戦をご紹介!

井伊直政の家紋

彦根橘(ひこねたちばな)

彦根橘

彦根橘

「橘」(たちばな)は、柑橘類の樹木の一種。季節を問わず緑色の葉が茂っていることから「永遠」を象徴する存在であり、その果実は「非時香果」(ときじくのかぐのこのみ)とも呼ばれ、「日本書紀」や「古事記」には「不老不死」の霊薬のもとになる果実と記載される縁起の良い樹木です。

井伊家が橘を家紋として使用し始めた理由は諸説あります。ひとつは、初代井伊家の「井伊共保」(いいともやす)が井戸から生まれた時、傍に生えていたのが橘だったため家紋として用いるようになったという説。

もうひとつは、赤子の井伊共保が井戸の傍で捨てられていた時、その手に持っていたのが橘だったという説。細かな部分にこそ違いはありますが、初代当主・井伊共保の出自が橘紋を使用し始めた理由として挙げられます。

なお、「彦根橘」と非常に良く似た「丸に橘」という家紋も存在。彦根橘との違いは、幹の部分の形状と、花の模様が違う点です。

井桁紋

井桁紋

井桁紋

井伊家が使用していたもうひとつの家紋が「井桁紋」(いげたもん)。文字通り「井伊」の「井」の字を使用した紋ですが、由来についてはもうひとつ説があります。

井伊家初代当主の井伊共保が生まれた場所(発見された場所)が井戸であったから、という説です。

もともと「井桁」とは、井戸の地上部の縁に設置された井の形をした木枠部分のことであり、井伊共保にゆえんがある井戸にちなんで家紋として井桁を使用し始めたのではないかと言われています。

井伊直政の名言

生死の事大 無常は迅速なり

仏語(禅宗)の言葉です。「生きるか死ぬかは重大なことであり、人として生きる今でなければ悟りを開くことはできない。過去や未来ではなく、人として生きている今が最も大切だ」という意味になります。

井伊直政は、幼少期に寺院などを転々としていました。その時に受けた説法が、のちの井伊直政の生き方や性情に大きな影響を与えていたのです。それは、自他共に認める厳格な人柄。あまりの厳しさに家臣から恐れられた一方で、徳川家康家臣団の他の武将からはその優遇ぶりに対して嫉妬されていました。井伊直政が自分にも家臣にも厳しくしていた理由は、大きく分けて2つあると言われています。

ひとつ目の理由は、「他の家臣団を納得させるため」。武功を挙げるたびに他の武将達よりも多くの報酬を賜っていた理由が、容姿の良さや井伊直盛の親類だからという贔屓(ひいき)ではなく、文武に秀でていたから当然の待遇を受けたということを示したかったのです。

そしてもうひとつの理由が、「期待に応えるため」。育ててくれた直虎や母・おひよ、そして徳川家康の恩義に報いるために、常に先陣切って手柄を立てました。先鋒を務めることは、武士にとって最大の花形である一方で、討ち死にをする危険性が最も高い役割です。

井伊直政は、「伊賀越え」のときもただひとり赤飯に口を付けませんでしたが、それも徳川家康や他の家臣達を逃がすための決意の表れからでした。幾度もの合戦をくぐり抜け、危険を顧みずに多くの手柄を立てた井伊直政は、誰よりも死と隣り合わせの位置にいたからこそ、「今」を懸命に生きることを最も重んじていたのです。

捨てて苦しかるまじき敵と見ば、敵にてはあるまじと申すべし

井伊直政が家臣に対して述べた言葉。「(捕虜として捕まえた相手を解放したとき)こちらに不利をもたらさないと見なした相手であれば、それは敵とは言わない(命を奪う必要はない)」という意味です。

井伊直政は、関ヶ原の戦いの折に西軍総大将・毛利輝元や、捕縛された石田三成に対して手厚い対応をしたという逸話以外に、戦後の西軍・島津氏と徳川家康の和平交渉の仲立ちをする他、関ヶ原の戦い開戦前に豊臣秀吉方の諸大名と交渉をして見事に味方に付けるなど、交渉術にも長けていました。「敵だから」というだけで、相手の事情や目的も聞かずに斬り捨てることは意味がないことで、むしろ共闘できるならば共に戦うべきだと知っていたのです。

井伊直政は寡黙で多くを語らず、人の言葉を黙って聞くことが多かったと言います。その一方で、相手が間違ったことを言ったときは、相手に恥をかかせないために誰もいないところで的確な助言を述べることから、徳川家康の相談相手でもありました。

また、箕輪城主であった頃は城下の民衆から慕われていたと言います。井伊直政は、家臣に対しては厳しく、また井伊の赤備えとして戦場では容赦のない戦いぶりを見せていましたが、たとえ敵であったとしても礼儀を忘れずに接することができる、義に厚い武将でした。

徳川家康の期待に応えるために誰よりも強くあり続け、生涯を捧げた井伊直政の生き方を真似することは難しいかもしれません。しかし、状況に応じて適切な判断を下せる柔軟な思考力や、誰が相手であっても礼儀を尽くす心がけや気配りは、現代でも必要な素養であり人間関係を円滑にするための基本と言えます。

合戦の街 関ヶ原合戦の街 関ヶ原
「関ヶ原の戦い」の経緯や結末、関ヶ原の現在についてご紹介します。

井伊直政

井伊直政をSNSでシェアする

「戦国武将一覧」の記事を読む


山内一豊

山内一豊
「山内一豊」(やまうちかずとよ)と言えば、「司馬遼太郎」(しばりょうたろう)の名著「功名が辻」(こうみょうがつじ)の主人公としても知られる戦国武将です。妻の「千代」(ちよ)による内助の功などにより大出世を果たし、やがて土佐国(現在の高知県)202,600石の大名へと出世を遂げました。伝記によれば、山内一豊は口数の少ない穏和な性格で、華々しい武勲もそれほど多くなかった戦国武将でしたが、その反面、「織田信長」や「豊臣秀吉」、「徳川家康」という天下人達から厚い信頼を得ていたのです。 そんな山内一豊の生涯を追いながら、妻と共に果たした立身出世の道のりを辿っていきます。

山内一豊

蒲生氏郷

蒲生氏郷
「織田信長」や「豊臣秀吉」などの天下人に一目置かれながら、40歳の若さで生涯を閉じた「蒲生氏郷」(がもううじさと)。数々の戦場で武功を立てただけでなく、領地の経営や家臣団の統制にも長け、「世に優れたる利発人」と称された戦国武将でした。その一方で、キリシタン大名や「千利休」(せんのりきゅう)の高弟「利休七哲」(りきゅうしちてつ)のひとりとしての顔も持ち、当代きっての文化人としても知られた人物です。「六角氏」(ろっかくし)の重臣一族から「織田家」の家臣、そして、東北一の大大名へとのし上がった蒲生氏郷の生涯をたどり、その人物像に迫っていきます。

蒲生氏郷

最上義光

最上義光
「最上義光」(もがみよしあき)は、出羽国(現在の山形県・秋田県)の小さな勢力であった「最上家」を、東北有数の大大名へと押し上げた武将です。父や弟との骨肉の争いに始まり、調略を駆使して領土を拡大しましたが、一方で合戦の際には、勇猛果敢な戦いぶりを見せ、「虎将」とも称されました。そんな最上義光の戦いの軌跡や、逸話から見える人物像に注目。ほぼ一代で、東北の大大名へとのし上がった、その生涯に迫っていきます。

最上義光

結城秀康

結城秀康
「結城秀康」(ゆうきひでやす)は「徳川家康」の子でありながら、数奇な運命を背負った戦国武将です。元服前には「豊臣秀吉」の養子に出されただけでなく、豊臣秀吉が甥の「豊臣秀次」(とよとみひでつぐ)を後継者に定めると、下総国(しもうさのくに:現在の千葉県北部、茨城県南西部)の「結城晴朝」(ゆうきはるとも)の養子となり、豊臣家の中枢から遠ざけられました。天下人の家に生まれながら不遇な目に遭い、それでも道を切り開いた結城秀康にまつわる数々の逸話をご紹介すると共に、その生涯を辿っていきます。

結城秀康

山本勘助

山本勘助
「山本勘助」(やまもとかんすけ)は戦国時代の武将で、「武田信玄」の伝説的軍師として広く知られています。「架空の人物」説が長く定説とされており、実在が確認されてもなお、その実像はいまだ謎に包まれた存在です。

山本勘助

森蘭丸

森蘭丸
「森蘭丸」(もりらんまる)は、「織田信長」の側近として最期まで献身的に仕えた小姓(こしょう:武将などに仕えた世話役)です。ゲームや時代劇、映画には、「美少年」として描かれている有名な人物。織田信長のお気に入りとして多くの逸話が残されている森蘭丸の生涯を、逸話・名言・家紋と共にご紹介します。

森蘭丸

毛利輝元

毛利輝元
「毛利輝元」(もうりてるもと)は、偉大な祖父「毛利元就」(もうりもとなり)を持つ名門武将です。「織田信長」とは敵対したものの、「本能寺の変」後は「豊臣秀吉」と和解し、「豊臣五大老」のひとりとして大活躍しました。 しかし、豊臣秀吉が亡くなったことで、運命の歯車が狂い始めるのです。「関ヶ原の戦い」で西軍の総大将に担がれた、名門・毛利家に育った毛利輝元の一生についてご紹介します。

毛利輝元

毛利元就

毛利元就
「毛利元就」(もうりもとなり)は、安芸国(あきのくに:現在の広島県西部)の国人領主から、中国地方全域を統一した戦国時代の豪傑。幼少期に両親を失い、19歳で兄を失い、さらに甥までをも亡くしたことで、次男にして毛利家の家督を相続します。権謀術に長け、稀代の策略家としても有名な武将です。一代で中国地方統一を成し遂げた、毛利元就の生涯を見ていきましょう。

毛利元就

三好長慶

三好長慶
一時は畿内のほぼ全域を掌握し、「三好政権」と呼ばれる独裁政権を樹立した「三好長慶」(みよしながよし)は、下克上の代名詞とも言える戦国武将です。若くして頭角を現し、室町幕府の管領(かんりょう:将軍を補佐して政治を統括していた役職)を務めていた「細川晴元」(ほそかわはるもと)のもとで勢力を拡大。やがて主家をしのぐ力を付けて反旗を翻すと、近隣諸国を次々と支配していきます。しかし晩年は、家中の権力争いや敵対勢力の反発により優秀な弟達や嫡男を失い、徐々に衰退。三好長慶も失意の中、病没してしまうのです。そんな三好長慶の栄枯盛衰をたどりながら、その人物像を掘り下げていきます。

三好長慶

注目ワード
注目ワード