現代の神事・祭礼・伝統芸能

岩手で伝承される鬼剣舞

文字サイズ

岩手県には、鬼の面を付け、日本刀を持って舞い踊る「鬼剣舞」(おにけんばい)という民俗芸能があります。鬼剣舞の迫力のある演舞は、アクロバットさながら。衣装の特徴や鬼剣舞の起源、伝承について、また鬼剣舞の他にも、岩手県に伝わる独特な剣舞をご紹介します。

北上市周辺の夏の風物詩

「鬼」と聞くと凶悪者や無法者のイメージがありますが、岩手県では鬼を「仏」に見立てて踊りを披露する民俗芸能があります。

岩手県北上市奥州市などに古くから伝わる「鬼剣舞」(おにけんばい)は、仏の化身として鬼の仮面を付け、太刀や扇子を使って時には勇壮に、ときには華麗に踊る伝統的な舞踊です。

この伝統芸能は、岩手県全域に伝わる「念仏剣舞」(ねんぶつけんばい)のひとつで、現在、北上市を中心に12の保存会が活動しており、古来の風習を今に伝えています。そのなかの岩崎鬼剣舞と滑田(なめしだ)鬼剣舞の2団体は、国の重要無形民俗文化財に指定されています。

鬼剣舞は、北上市で毎年8月第1土曜日に開催される「北上・みちのく芸能まつり」をはじめ、北上市周辺の地域行事やイベントなどで披露。昔はお盆になると地区の家々を回ったり、遠くの地区から供養のために招かれたりすることがありました。

大きな家の庭などで踊りを披露したあとは、その地区の人々が踊り手達をもてなしたと言われています。こうした習慣も次第に薄れ、最近ではほとんど見られなくなってきました。

披露する場所は限られてきましたが、各地域で次世代に伝統芸能を伝えようと、地元の小学校などで子供達に指導して、新しい踊り手達を育てています。

独特の装束と鬼の面の意味

鬼剣舞の装束

鬼剣舞の装束

鬼剣舞と言う名の通り、踊りのなかでは太刀が重要な道具となります。

装束では踊り手全員が腰に太刀を差していますが、「宙返り」という演目では、ひとりの踊り手が、使用する太刀を1振ずつ増やしていき、最終的には8振持って宙返り。アクロバットさながらの踊りを披露します。

剣舞としての醍醐味はもちろんですが、扇子を持って踊る演目もあり、舞踊としての魅力を最大限に引き出します。

鬼剣舞「宙返り」の一幕

鬼剣舞

鬼剣舞

踊り手の装束は毛采(けざい)を頭に被り、鬼の仮面を付けて、上半身には胸当や赤のたすき、腰には太刀を差し、腰の後ろ側には大口と呼ばれる四角いござのような物を付けます。

腕は鎖かたびらに手甲を付け、袴をはき、胸には陸奥国和賀郡(現在の岩手県北上市周辺)に本拠地があり、鬼剣舞を推奨していた和賀氏の家紋である「笹龍胆」(ささりんどう)の紋が描かれているのが特徴です。

左手には金剛杵(こんごうしょ)、右手には扇子を持ち、凛とした出で立ちは独特の雰囲気があります。こうした装束に定着したのは、昭和初期と言われています。

鬼剣舞の踊り手は8人が基本です。全員が鬼の面を付けていますが、用いるのは白、赤、青、黒の4色で、白の面は踊り手のなかで一番上手な者が付け、残りの7人は赤、青、黒の面を付けることになっています。

面の色は季節と陰陽五行説による方位、五大明王をそれぞれ表しており、白は西・秋・大威徳(だいいとく)明王、赤は南・夏・軍荼利(ぐんだり)明王、青は東・春・降三世(ごうざんせ)明王、黒は北・冬・金剛夜叉(こんごうやしゃ)明王の意味。

また、この4色の他に黄色の面があり、方位は中央、季節は土用、カッカタという不動明王の化身となります。

面の形相は確かに鬼ですが、仏の化身であるため頭に角はありません。踊りの演目は一般的に12演目ありますが、多いものは18演目にも及びます。これらの踊りの多くは、念仏を唱えての輪踊りですが、祈祷を象徴する踊りや日本刀を使った踊り、宙返りなどの曲芸的な踊りもあり、バラエティに富んでいることも鬼剣舞の魅力です。

鬼剣舞は各地区の保存会で少しずつ踊りや演目が異なり、その伝承は師匠から弟子に秘伝書を伝授するかたちで行なわれてきました。

なかでも岩崎鬼剣舞の秘伝書「念仏剣舞伝」は最も古く、1732年(享保17年)に書かれたとされており、鬼剣舞の由来や演目内容、念仏回向などが記されています。

鬼剣舞の起源と伝承の謎

鬼剣舞は長い歴史を持っていますが、いつ頃、誰によって始められたのかは定かではありません。「念仏根元秘書」では、大宝年間(701~704年)に、山伏で修験道の開祖である役小角(えんのおづの)が念仏普及のために、念仏を唱えながら踊ったと記され、これが起源という説も。

一方、岩崎鬼剣舞に伝わる最古の秘伝書「念仏剣舞伝」では、大同年間(806~810年)に羽黒山の法印だった善行院が荒沢鬼渡大明神(こうたくおにわたしだいみょうじん)の御堂にこもって悪霊退散のために念仏踊りをしたのが始まりと記してあります。

北上地方に鬼剣舞が広められた時期は不明。しかし、平安時代に安倍頼時(あべのよりとき)の子・黒沢尻五郎正任(くろさわじりごろうまさとう)がこの踊りを好み、将兵に出陣・凱旋の際に踊らせたのが広く世に伝わったと言われています。

また、「念仏剣舞伝」では、1360年(延文5年)に岩崎城主の岩崎弥十郎が和賀政義を城に招いて剣舞を踊らせたところ、大いに喜んで、笹龍胆の紋の使用を許可したと記しています。

明治時代初期には、明治政府が発令した神仏分離令により、鬼剣舞を支えてきた修験者が排除され一時期衰退の危機に陥りましたが、地元住民の熱意によって受け継がれ、次第に息を吹き返したと言う経緯もありました。

岩手県各地に伝わる念仏剣舞

念仏剣舞

念仏剣舞

岩手県各地には「念仏剣舞」と呼ばれる民俗芸能が古くから盛んで、現在も多く残っており、鬼剣舞も念仏剣舞から派生した踊りのひとつです。

念仏剣舞は、死者や先祖を供養したり、悪霊を祓ったりするための踊りで、時代とともに芸能色を強めながら広まっていきました。

起源や発展が地域によって異なるため、それぞれにいろいろな特色があります。盛岡市では「大念仏剣舞」と「高舘剣舞」(たかだてけんばい)があり、どちらも鬼剣舞のような面は用いません。

大念仏剣舞は、仏を供養し浄土を求める気持ちの強い念仏剣舞で、また高舘剣舞は反閇(へんばい)という地面を力強く踏みしめる動作と刀によって悪霊を鎮める色合いが濃いことから、修験道を反映していると考えられています。

他にも念仏剣舞から女児の踊りの部分を切り離し独立させた「雛子剣舞」(ひなごけんばい)は、女児の華やかな舞踊と太鼓の曲打ちを中心とした剣舞で、「煤孫ひな子剣舞」(すすまごひなごけんばい)と「道地ひな子剣舞」(どうぢひなごけんばい)は、岩手県の無形民俗文化財に指定されています。

さらに奥州市の朴ノ木沢念仏剣舞は、平泉の高館で無念の最期を遂げた源義経の亡霊を鎮めるために作られたとされる「高館物怪」(たかだてもっけ)を継承していると伝えられます。

他にも奥州藤原氏や前九年の役で朝廷に亡ぼされた安倍氏などの怨霊を鎮めるためとするものも見られ、地域の歴史や伝説などと結び付いたものも少なくありません。

岩手で伝承される鬼剣舞

岩手で伝承される鬼剣舞をSNSでシェアする

「現代の神事・祭礼・伝統芸能」の記事を読む


日本舞踊のひとつ 剣舞

日本舞踊のひとつ 剣舞
吟詠に合わせて日本刀や扇を持って舞う、剣舞。伝統的な日本舞踊のひとつとして芸術性が高いのはもちろん、日本刀を扱う武人としての気迫や格調も感じられる奥深い文化です。剣舞の歴史や日本舞踊の歴史、各地の剣舞をご紹介します。

日本舞踊のひとつ 剣舞

祓川神楽と狭野神楽

祓川神楽と狭野神楽
古代神話の地とされる宮崎県高原町には、国の重要無形民俗文化財に指定される2つの神楽「祓川神楽」(はらいがわかぐら)と「狭野神楽」(さのかぐら)があります。毎年12月の第1土曜日に霧島東神社の氏子によって代々行なわれる「祓川神楽」と、毎年12月の第2土曜日に狭野地区の行事として行なわれる「狭野神楽」。「祓川神楽」は「祓川神楽保存会」に、「狭野神楽」は「狭野神楽保存会」によってそれぞれ伝統が守られています。「祓川神楽」と「狭野神楽」の特徴は、大人も子供も刀剣(日本刀)を使用する剣舞です。そんな2つの神楽「祓川神楽」と「狭野神楽」について、また高原町にまつわる神話についてもご紹介していきます。

祓川神楽と狭野神楽

中国地方一帯に伝わる郷土芸能の神楽

中国地方一帯に伝わる郷土芸能の神楽
神話のふるさととして知られる出雲をはじめ中国地方では様々な神楽が伝承されています。出雲地方から全国に広まった神楽の一派・出雲神楽について、また出雲神楽の流れをくんだ石見神楽について取り上げながら郷土芸能の魅力をご紹介します。

中国地方一帯に伝わる郷土芸能の神楽

普寛霊場の刃渡り神事

普寛霊場の刃渡り神事
埼玉県本庄市の普寛霊場(ふかんれいじょう)では、日本刀の刃の上を素足で歩く、刃渡り神事が行なわれています。 刃渡り神事は荒行の一部と言われており、悟りを開くために行なうようです。苦痛を伴う過酷な状況下に置かれることにより、精神力を高めることを目的としています。 刃渡り神事が行なわれる普寛霊場は、普寛行者が亡くなった場所で、信仰者にとっては聖地のようなものです。そのため普寛行者を偲んで、4月と10月の大祭には、全国から信者が集まります。 普寛霊場で行なわれる刃渡り神事とは、具体的にどのような行事なのでしょうか? こちらでは、刃渡り神事が行なわれる普寛霊場や、場所・信仰にかかわりのある修験者の普寛行者について、ご紹介します。

普寛霊場の刃渡り神事

佐渡に伝わる貴重な古武道 白刃

佐渡に伝わる貴重な古武道 白刃
新潟県佐渡市には、刀剣・日本刀を操り2人1組で組太刀を行なう「白刃」(しらは)と呼ばれる武芸があります。一時は廃れた時代もあったようですが、現在では白刃保存会が発足しており、地域の青少年へと継承されているようです。 その白刃について、また白刃に影響を与えたとされる佐渡市の伝統芸能・鬼太鼓(おんでんこ)、同じく佐渡市に伝わる流鏑馬(やぶさめ)についてご紹介します。

佐渡に伝わる貴重な古武道 白刃

曽我兄弟と居合道全国選抜八段戦箱根大会

曽我兄弟と居合道全国選抜八段戦箱根大会
日本刀にまつわる行事のひとつに、箱根神社境内にある武道場で行なわれる「居合道全国選抜八段戦箱根大会」があります。居合道で「八段」になるには、長い年月と居合道の確かな腕が必要になりますので、「居合道全国選抜八段戦箱根大会」は居合道の熟練者が集まる厳しい大会です。 「居合道全国選抜八段戦箱根大会」の由来は、鎌倉時代に生きた曽我兄弟が関係しています。そんな曽我兄弟の話を中心に、箱根神社境内にある曽我神社や傘焼の儀についてご紹介。「居合道全国選抜八段戦箱根大会」が生まれることになった曽我兄弟の物語をご覧下さい。

曽我兄弟と居合道全国選抜八段戦箱根大会

伊勢神宮の式年遷宮と御太刀(おんたち)

伊勢神宮の式年遷宮と御太刀(おんたち)
伊勢神宮では20年ごとに「式年遷宮」(しきねんせんぐう)が行なわれています。 式年遷宮とは、定期的な造営や修理の際にご神体を本殿にうつすことで、その際に2つの正殿と14の別宮、さらには装束や須賀利御太刀を含む714種1576点の御装束神宝(おんしょうぞくしんぽう)などをすべて新しく造り替える伝統行事です。 式年遷宮が始まったのは奈良時代の690年。そして伊勢神宮の歴史はさらに古く、創設は皇室の祖先である天照大御神(あまてらすおおみかみ)の時代、日本神話まで遡ります。 いったいどのようにして式年遷宮が始まったのか、伊勢神宮の歴史と式年遷宮、そして神宝の太刀の中でも代表的な御太刀(おんたち)についてご紹介します。

伊勢神宮の式年遷宮と御太刀(おんたち)

安乗神社のしめ切り神事

安乗神社のしめ切り神事
「安乗神社」(あのりじんじゃ)は、三重県志摩市にある神社です。文禄の役の際の航海を助けたり、安政東海地震の津波を防いだり、日清戦争・日露戦争への出征者を無事に帰したりと数々の逸話がある「安乗神社」。現在の「安乗神社」では、「波乗守」というお守りがサーファーの方たちに人気です。 全国の神社で行なわれる神事のなかには、八岐大蛇(やまたのおろち)伝説をモチーフとした神事があります。「安乗神社」の「しめ切り神事」もそのひとつ。「しめ切り神事」の「しめ」とは「注連縄」(しめなわ)の「しめ」のことで、長さ30m、太さ1.5mの2本の「注連縄」を蛇に見立てて、日本刀で切る神事です。素盞嗚尊(すさのおのみこと)が八岐大蛇(やまたのおろち)を退治した故事が由来と言われています。 そんな「安乗神社」の「しめ切り神事」に関して、「しめ切り神事」の由来や「しめ切り」をする人の選び方などを解説しましたので、ご覧下さい。

安乗神社のしめ切り神事

埴生護国八幡宮の宮めぐり神事

埴生護国八幡宮の宮めぐり神事
埴生護国八幡宮(はにゅうごこくはちまんぐう)は、富山県小矢部市にある神社です。木曽義仲(源義仲)が「倶梨伽羅峠の合戦」の勝利のため、この埴生護国八幡宮にお祈りしたと言われています。加賀藩前田家によって建てられた社殿は国の重要文化財です。 全国の神社で行なわれる神事のなかには、戦いをイメージし、日本刀を用いた舞いがあります。埴生護国八幡宮の宮めぐり神事もそのひとつ。木曽義仲が戦いに勝利したことに由来しているようです。埴生護国八幡宮の宮めぐり神事に関して、また、もとになった倶梨伽羅峠の合戦や木曽義仲についてご紹介します。

埴生護国八幡宮の宮めぐり神事

注目ワード

注目ワード