現代のしきたり・風習

大相撲と刀剣

文字サイズ

武具は使わず体をぶつけ合い、技を駆使して闘う大相撲。日本刀は一見無関係のようにも思えますが、江戸時代には帯刀を許された力士もいたそうです。江戸時代に力士が帯刀をした意味、横綱と太刀についてなど、大相撲と日本刀にまつわる話を紹介します。

江戸時代の強豪力士は武士と同等だった

野見宿禰と當麻蹶速

野見宿禰と當麻蹶速

力士が体をぶつけ合って力比べをする相撲は、日本の国技として、また伝統文化として今や世界中で知られています。

その起源は古く、「古事記」には国譲りをめぐって稲佐の浜でタケミカヅチとタケミナカタの力比べをする話が記載され、「日本書紀」でも當麻蹶速(たいまのけはや)と野見宿禰(のみのすくね)が力比べをしたとする伝説が記されています。

古代では、相撲は農作物のできを占う神事として行なわれてきましたが、平安時代からは宮廷行事として相撲節会が開かれ、貴族の娯楽とされていました。戦国時代になると、武士の戦闘訓練として盛んに行なわれ、力自慢を競い合うほど。織田信長豊臣秀吉も相撲の愛好家だったようで、織田信長は各地から力士を集めて安土城で上覧相撲を催した記録があります。

現在の力士のような相撲を生業(なりわい)とする人が現れたのは江戸時代。江戸中期には定期的に相撲の興行が催され、歌舞伎と並び大衆娯楽として発展しました。力士のなかには圧倒的な強さを見せる強豪も出現。谷風、小野川、雷電などは江戸期の3大強豪力士として名を馳せました。その圧倒的な強さは観客を魅了するだけでなく、将軍の耳にまで届き、上覧相撲も開かれたほどです。

やがて大名が強豪力士を召し抱えるようになり、藩同士で相撲が繰り広げられ、自国領内に有望な力士がいればスカウトすることもあったそうです。大名のお抱えとなった力士は、藩の名誉を賭けて土俵に上がることになります。

こうしたお抱え力士のなかでも戦績が良い花形力士には、米俵が与えられ、帯刀も許可されました。江戸時代の錦絵には、帯刀姿の力士を描いた物が数多く残されています。なかには帯に日本刀を2本差した力士もいたほどで、大名に召された力士は武士と同じ扱いだったわけです。

帯刀は横綱の特権のひとつ

横綱の土俵入り

横綱の土俵入り

力士は強さによって格付けされ、最も強い力士には横綱の称号が与えられます。力士の最高位にあたる横綱は、強さや力量はもちろん、相撲界の代表としての品格が求められます。

そのため横綱には、様々な特権が与えられており、大相撲の華と言われる横綱の土俵入りでは、太刀持ちと露払いを従えますが、帯刀はまさしく横綱に与えられた特権のひとつです。

大相撲の世界では、力士の地位や権威を示す象徴として日本刀がよく使われます。歴代の横綱達は土俵入りの際に使用する太刀を、当時の名工と言われた刀匠の手に委ねることも少なくありません。

江戸相撲の伝説の力士と言われる雷電は、長さ約40cmと小ぶりながら刀身の重さは1kg近い重量感のある脇差を身に付けており、昭和の名横綱・双葉山は、室町時代後期の刀匠、備前長船勝光の刀を所持していました。数々の名勝負を繰り広げた横綱達はそれぞれ特色ある太刀を所持し、それは現役の横綱にも継承されています。

太刀持ちの由来

太刀持ち

太刀持ち

横綱の土俵入りは、観客に横綱の顔見世を行なう特別なセレモニーです。主役の横綱の両脇には、太刀持ちと露払いが介添え役となって並びます。

横綱の土俵入りが現在のような形式になったのは、江戸時代後半の寛政年間。谷風、小野川の土俵入りの際に、露払いが先導し、太刀持ちを従えたという記録が残っています。

露払いは、かつて武将や大名が歩くときに露で濡れた草花で足元が濡れたり汚れたりしないように、その前を歩く家臣から来ており、太刀持ちは戦の本陣などで、武将の後ろで日本刀を持って控える家臣から来ています。

太刀の多くは横綱への昇進祝いとして、タニマチや贔屓筋から贈られることが多く、なかには美術品としても価値がある名刀も少なくありません。使用する太刀は陣太刀拵(じんたちこしらえ)と言われる物で、には家紋などを入れ、蒔絵のように豪華な装飾が施されています。(なかご)の部分に「心技体」や横綱の好きな言葉を刻むことも多く、横綱の風格にふさわしい太刀が制作されているのです。

また、白鵬関のように、太刀の打ち初め式に自ら出席して、大槌で叩き出しを行なうなど、横綱それぞれが太刀に対する強い思いを持っています。

戦前は横綱の土俵入りの際に真剣を使っていましたが、戦後はGHQによって禁止されたことから竹光(たけみつ:竹を削って刀身のように見せている物)に代わりました。竹光と言っても全体で4kgほどの重量があり、儀式のときに片手で持つことは並大抵ではなく、やはり力士だからその重さにも耐えられるのでしょう。

立行司だけに許される帯刀

相撲では横綱だけが太刀や日本刀を所持しているわけではありません。大一番の勝負を仕切る立行司(たてぎょうじ)も短刀を腰に携えているのです。立行司は、木村庄之助と式守伊之介の襲名者のみに与えられる大相撲の行司の最高位です。

江戸時代はすべての行司が短刀を身に付けていましたが、これは行司を務めていたのが武士だったためで、明治になると明治政府から廃刀令が施行され、帯刀はなくなりました。

その後立行司のみ短刀を左腰に差すようになりましたが、これは差し違いをした場合に切腹をする覚悟で臨むということを意味します。もし差し違えた場合、実際に切腹をすることはないものの、進退伺いを出すなど自らを厳しく律することになるので、一番一番の軍配裁きの真剣さは力士以上かもしれません。腰の短刀はその象徴とも言えるでしょう。

ちなみに行事が持つ軍配は、戦国武将が持っていた「軍配団扇」が由来となっています。団扇には悪霊を祓い良い霊を呼ぶと信じられていたことから神事にもよく使われており、軍の大将が持つ重要な道具とされてきました。戦国時代に武士同士で相撲を取るときには、行司役が軍配を使ったことが現代にも伝えられ、軍配も太刀同様に神聖な物として扱われています。

皇室・公家に関連する刀剣の歴史などをご紹介します。

力士が切る手刀は神事の名残

日本刀と縁が深い大相撲ですが、「手刀」も力士によく見られる動作です。手刀は日本固有の儀礼のひとつで、大昔相撲が神事であったことに由来します。

取組に勝った幕内力士は、行司の軍配に載せられた懸賞金を受け取る前に、左右、中央に手刀を切るのが現代の作法となっており、左が神産巣日神(かみむすびのかみ)、右が高御産巣日神(たかみむすびのかみ)、そして中央が天御中主神(あまのみなかぬしのかみ)を意味します。この三神は、日本神話に登場する五穀豊穣の守り神で、手刀を切ることで三神に勝利と褒美を感謝することを表しています。

この作法が始まったのは江戸時代と言われており、千秋楽の結びの三番で勝った力士にそれぞれ、矢、弦、弓が贈られ、結びの一番で勝った力士が、行司が差し出した弓を受け取る際に手刀を切ったことに由来するとされています。

一時期この作法を行なわず、懸賞金だけを掴み取るだけの期間もありましたが、戦前から戦後にかけて活躍した大関・名寄岩(なよろいわ)が手刀を切る作法を復活させ、1966年の名古屋場所から相撲協会が力士全員に徹底させるように指導し、現在は手刀を切る所作はお馴染みになっています。

大相撲と刀剣

大相撲と刀剣をSNSでシェアする

「現代のしきたり・風習」の記事を読む


賜剣の儀と守り刀の風習

賜剣の儀と守り刀の風習
皇室では、子どもが生まれると天皇陛下から「守り刀」が贈られる皇室行事があります。その行事は「賜剣の儀」(しけんのぎ)と呼ばれ、贈られる刀剣を制作することは刀匠にとっても名誉なことです。守り刀の風習を中心に、源義経の守り刀の言い伝えもご紹介します。

賜剣の儀と守り刀の風習

関伝古式日本刀鍛錬 打ち初め式

関伝古式日本刀鍛錬 打ち初め式
現代においても「関の刃物はよく切れる」と評判であり、刀匠達の刃物づくりが受け継がれる関市。関市での刀鍛冶の歴史などを伝える関鍛冶伝承館で毎年正月に行なわれる「古式日本刀鍛錬打ち初め式・刀剣研磨外装技術仕事始め式」について、また関鍛冶ゆかりの春日神社についてもご紹介します。

関伝古式日本刀鍛錬 打ち初め式

端午の節句における兜・太刀

端午の節句における兜・太刀
現代では、男児が誕生すると名の知られた武将達の甲冑(鎧兜)の複製品などを贈り、兜や太刀を飾る風習があります。そもそも端午の節句の意味や始まりはどのようなものでしょうか。時代とともに変化してきた端午の節句について、過去にさかのぼって変遷をみていきます。

端午の節句における兜・太刀

熱田神宮刀剣ならびに技術奉納

熱田神宮刀剣ならびに技術奉納
三種の神器のひとつ、「草薙劒」(くさなぎのつるぎ)が祀られている熱田神宮。そのご神前で、毎年7月に「刀剣鍛錬奉納」、そして8月には「刀剣研磨等技術奉納」が行なわれています。日本刀制作や熱田神宮での刀剣にまつわる行事、そして熱田神宮についても触れていきます。

熱田神宮刀剣ならびに技術奉納

刀鍛冶や鋳物業者によるふいご祭り

刀鍛冶や鋳物業者によるふいご祭り
日本刀の制作には「たたら製鉄」による玉鋼が用いられており、「ふいご」や「踏鞴」(たたら)は製鉄の際に欠かせない仕事道具です。現代でも刀匠や鋳物業者などが行なう「ふいご祭り」をはじめ、祀られる神や伏見稲荷の「火焚祭」(ひたきさい)、たたら製鉄などにも触れていきます。

刀鍛冶や鋳物業者によるふいご祭り

注目ワード

注目ワード