現代のしきたり・風習

端午の節句における兜・太刀

文字サイズ

現代では、男児が誕生すると名の知られた武将達の甲冑(鎧兜)の複製品などを贈り、兜や太刀を飾る風習があります。そもそも端午の節句の意味や始まりはどのようなものでしょうか。時代とともに変化してきた端午の節句について、過去にさかのぼって変遷をみていきます。

端午の節句の意味

五月晴れの空にこいのぼりが風にそよぐ様子は、端午の節句の代表的な風景で日本の春の風物詩となっています。最近はゴールデンウィークの長い連休のなかに埋もれてしまっていますが、5月5日の端午の節句は、奈良時代から続いている日本古来の行事です。

端午というのは、元々月の最初に来る午(うま)の日(※)を指し、5月だけに限ったものではありませんでした。それが、午(ご)と五(ご)が同じ音だったことから、毎月5日を指すようになり、やがて5月5日になったと言われています。

菖蒲

菖蒲

端午の日は、春から夏へと季節の変わり目となる時期で、急に暑くなることで病気にかかりやすく、亡くなる人も多くいたようです。そのため5月を「毒月」と呼び、薬草を摘んだり、蘭を入れた湯を浴びたり、「菖蒲」や蓬(よもぎ)の葉を門に刺すなど、昔から病気や災厄から逃れる風習が行なわれていました。

特に菖蒲は強い臭いを発することで、鬼を追い払う効果があるとされていたため、邪気を払う厄除けの植物として使われていました。

また、病気や災いをもたらすとされる悪鬼を退治する意味で、馬から弓を射る流鏑馬(やぶさめ)の儀式も行なわれたようです。

(※)午の日とは、十二支の午にあたる日。日本の暦のなかでは、1日1日に干支(十二支)の動物が割り当てられており、その動物が午に当たる日を意味します。

端午の節句の発祥は中国

今から約2,300年前、中国の戦国時代に楚(そ)の国に、屈原(くつげん)という詩人がおり、国王の側近をしていました。正義感が強く、人望も厚い屈原でしたが、陰謀によって国を追われるはめに。

その後屈原は、国の将来を憂いて川に身を投げてしまったのです。屈原を慕っていた国民達は、川で太鼓を打って魚を脅すとともに、魚が屈原の死体を食べないよう、川にちまきを投げ込みました。それが5月5日で、屈原の供養のために祭りが行なわれるようになったとされています。この祭りがやがて中国全土に広まり、中国の年中行事にまで発展したようです。

川にちまきを投げ入れる風習は、やがて国家安泰を祈願する風習に様変わりし、さらに病気や災いを祓うための貴族の宮中行事へと変化して、端午の節句になったと言われています。三国時代には、魏の国によって端午の節句が旧暦の5月5日に定められ、奈良時代の日本にも伝わってきました。

元々女性の祭りだった端午の節句

奈良時代に伝わった端午の節句は、平安時代には宮中行事に変化します。「端午の節会」(たんごのせちえ)と言われたこの行事は、菖蒲で屋根を葺いたり、菖蒲を身に付けたりして邪気を払っていました。

また厄除けとして、菖蒲や蓬の茎や葉で玉を編み、その隙間を花や五色の糸で飾りました。これを「薬玉」(くすだま)と言い、現代のくす玉になっています。この頃は貴族間で薬玉を贈り合ったりすることもあり、その風習は「源氏物語」や「枕草子」にも記載されています。

また、5月頃は田植えの時期に当たり、日本では古来、田植えは神聖な行事だったことから、若い清らかな女性の仕事とされていました。田植えをする女性を「早乙女」と呼び、田植えの前に身を清める「物忌み」の儀式を一定期間行なうことになっています。

これに端午の節句が結び付き、物忌みの儀式で女性達は菖蒲や蓬で屋根を葺いた小屋で一夜籠もりをし、菖蒲酒で穢れを祓ってから、早苗を手にしていました。

現代は男の子の節句とされていますが、平安時代以降は女性の祭りで、今と様子もかなり違ってたそうです。

端午の節句と五月人形

端午の節句が、今のように男の子の祭りになったのは武家社会になってからとされています。

これまでの風習が次第に廃れていき、武家であることから菖蒲と「尚武」(武道を重んずること)をかけて「尚武の節句」となり、武家の間で盛んに祝うようになりました。こうして尚武の節句は、家督を継ぐ男子の健やかな成長と無病息災を祈り、一族の繁栄を願う重要な行事となりました。

この頃から女子の節句である3月3日の桃の節句に対して、5月5日が端午の節句となり、男子の節句として定着。

こいのぼり

こいのぼり

江戸時代には徳川幕府の重要な式日(儀式を執り行なう日)が5月5日に定められ、大名などが式服で江戸城に集まり、将軍にお祝いを奉じるようになったのです。武士の家では端午の節句の日に門や玄関に家紋の入った指物(はたさしもの)や幟(のぼり)、吹き流しを立てて祝いました。

江戸中期になると、その風習が庶民の間にも広がり、厄除けとされた鍾馗(しょうき)様を描いた幟やこいのぼりを立てるようになったとされています。こいのぼりは中国の龍門伝説から来ており、立身出世や無病息災への願いが込められました。

や鎧を飾る風習が始まったのも江戸時代からです。武家社会では、身の安全を願って神社に参拝する際に兜や鎧を奉納するしきたりがありました。武将にとって兜や鎧は自分の身を守る防具であり、家のシンボルを表す大切な道具でもあったのです。

しかし江戸時代では戦もなく泰平の世のなかが続いたため、子どもの安全や無病息災などの願いを込めて、鎧や兜を飾る風習が広がりました。

やがて兜や鎧の他に人形を飾る風習も生まれました。人形はもともと人に代わって厄を受けてくれるという信仰があり、端午の節句に飾る人形「五月人形」にも最初はそのような意味が込められたのかもしれません。

現代では、五月人形のなかでも金太郎や牛若丸のように有名な武者を模した武者人形は、たくましい男子に育つようにと願いが込められています。

人形だけでなく脇に弓や太刀を飾ることも少なくありません。弓は魔除けとして、太刀は儀式に欠かせない物として古くから言い伝えられてきたのです。魔物は光を嫌うため、光輝く太刀は魔除けの役目も果たしました。

五月人形の飾り方

五月人形

五月人形

端午の節句では、五月人形に代表される「内飾り」とこいのぼりのような「外飾り」があります。これらの飾りは通常春分(3月21日頃)を過ぎた頃から4月中旬までに飾るようにします。

また片付ける時期としては5月5日以降で5月中旬くらいが望ましいでしょう。あまり遅いと梅雨に入るため、湿気を含んでカビが発生する恐れがあります。

五月人形を飾る場合、昔は「床の間」に飾るのが風習でしたが、最近では床の間がない家も多く、飾る場所に迷うことがあります。こんなときのポイントとしては、家族全員が集まる場所。子どもの成長を見守って貰える場所としてリビングなどが最適です。飾る位置については直射日光を避け、エアコンの風が直接が当たらない場所を選ぶようにします。

また、湿気に弱いためキッチンなど水まわりの近くも避けましょう。北向きに飾るのは縁起が悪いなどと、飾る方角を気にされる方もいますが、特に決まりはなく置きやすい場所に飾ると良いでしょう。

端午の節句における兜・太刀

端午の節句における兜・太刀をSNSでシェアする

「現代のしきたり・風習」の記事を読む


賜剣の儀と守り刀の風習

賜剣の儀と守り刀の風習
皇室では、子どもが生まれると天皇陛下から「守り刀」が贈られる皇室行事があります。その行事は「賜剣の儀」(しけんのぎ)と呼ばれ、贈られる刀剣を制作することは刀匠にとっても名誉なことです。守り刀の風習を中心に、源義経の守り刀の言い伝えもご紹介します。

賜剣の儀と守り刀の風習

大相撲と刀剣

大相撲と刀剣
武具は使わず体をぶつけ合い、技を駆使して闘う大相撲。日本刀は一見無関係のようにも思えますが、江戸時代には帯刀を許された力士もいたそうです。江戸時代に力士が帯刀をした意味、横綱と太刀についてなど、大相撲と日本刀にまつわる話を紹介します。

大相撲と刀剣

関伝古式日本刀鍛錬 打ち初め式

関伝古式日本刀鍛錬 打ち初め式
現代においても「関の刃物はよく切れる」と評判であり、刀匠達の刃物づくりが受け継がれる関市。関市での刀鍛冶の歴史などを伝える関鍛冶伝承館で毎年正月に行なわれる「古式日本刀鍛錬打ち初め式・刀剣研磨外装技術仕事始め式」について、また関鍛冶ゆかりの春日神社についてもご紹介します。

関伝古式日本刀鍛錬 打ち初め式

熱田神宮刀剣ならびに技術奉納

熱田神宮刀剣ならびに技術奉納
三種の神器のひとつ、「草薙劒」(くさなぎのつるぎ)が祀られている熱田神宮。そのご神前で、毎年7月に「刀剣鍛錬奉納」、そして8月には「刀剣研磨等技術奉納」が行なわれています。日本刀制作や熱田神宮での刀剣にまつわる行事、そして熱田神宮についても触れていきます。

熱田神宮刀剣ならびに技術奉納

刀鍛冶や鋳物業者によるふいご祭り

刀鍛冶や鋳物業者によるふいご祭り
日本刀の制作には「たたら製鉄」による玉鋼が用いられており、「ふいご」や「踏鞴」(たたら)は製鉄の際に欠かせない仕事道具です。現代でも刀匠や鋳物業者などが行なう「ふいご祭り」をはじめ、祀られる神や伏見稲荷の「火焚祭」(ひたきさい)、たたら製鉄などにも触れていきます。

刀鍛冶や鋳物業者によるふいご祭り

注目ワード

注目ワード