いにしえの刀剣の役割

三種の神器

文字サイズ

誰しも聞いたことがあるであろう「三種の神器」。
「三種の神器」とは、天皇家に代々受け継がれてきた「草薙剣」、「八咫鏡」、「八尺瓊勾玉」という秘宝を指します。「三種の神器」という言葉自体は、古文書である古事記・日本書紀などには使われておらず、日本書紀においては「三種宝物」という言葉で称されています。
数々の神話と共に受け継がれてきた「三種の神器」は現在どこにあるのでしょうか。「三種の神器」を直接観ることは正式な継承者である天皇ですら禁じられています。
そのため、本当に存在しているのかどうか確認する術はありません。紆余曲折を経て今日まで至った「三種の神器」について見ていきましょう。

三種の神器とは

日本書紀

日本書紀

三種の神器は「日本書紀」では「八尺瓊勾玉」(やさかにのまがたま)、「草薙剣」(くさなぎのつるぎ)、「八咫鏡」(やたのかがみ)とされています。

なかでも八咫鏡について、日本神話によるとアマテラス(天照大神/天照大御神)が「鏡を私だと思って祀りなさい」とニニギノミコト(瓊瓊杵尊/瓊々杵尊/邇邇芸命)に授けたことから、鏡と天皇は共に同じ屋根の下に住んで起居を共にするものと考えられていました。

そのため現在も三種の神器は皇居宮中三殿のひとつ賢所(かしこどころ)に鎮座していますが、本体は八尺瓊勾玉のみであり、草薙剣と八咫鏡は「写し」と「分身」です。

草薙剣の本体は熱田神宮愛知県名古屋市)へ、そして八咫鏡の本体は伊勢神宮三重県伊勢市)の内宮に祀られています。いったい、どのような経緯で宮中から草薙剣と八咫鏡が移されたのでしょうか。

八咫鏡・草薙剣・八尺瓊勾玉

八咫鏡・草薙剣・八尺瓊勾玉

三種の神器「草薙剣」

熱田神宮

熱田神宮

三種の神器のひとつである草薙剣(くさなぎのつるぎ)は、現在では熱田神宮に鎮座しています。日本書紀には第40代・天武天皇の病が重くなり、草薙剣の祟りだと占われたため尾張の熱田社へ送って安置したと書かれています。

さらにそれより以前、熱田の地に祀られている理由として、実在したのか真偽不明とも言われるヤマトタケル(日本武尊/倭建命)の伝説が残されています。

草薙剣は、一説にはスサノオが八岐大蛇(やまたのおろち)を退治した際に体内から見つけた天叢雲剣(あまのむらくものつるぎ)と同一の剣であり、のちに東征(東国地方統一のための征伐)の守護剣としてヤマトタケルに授けられ、敵の放った火に囲まれた際、天叢雲剣で草を薙いで難を逃れた経緯から草薙剣と改名されたという言い伝えがあります。

一方で、天叢雲剣と草薙剣は別の物と考える説もあり、どの説が正しいのかは不明です。いずれにせよ、草薙剣は神器であり、またヤマトタケルにとっては守護剣でもあり大事なご神体です。

しかし、あるときヤマトタケルは草薙剣を尾張国の妻に預けて出かけ、そのまま命を落として帰らぬ人に。残された妻がご神体として尾張の地に草薙剣を祀ったのが熱田神宮のはじまりと言われているそうです。

実見(じっけん)の記録が残されている草薙剣

三種の神器は観ることが禁じられているため実際の状態は明らかにされていませんが、草薙釼についてはいくつか実際に観たという記録が残されています。複数の記録に共通するのは銅剣らしいということ、そしてに節があることで、長さは記述によって異なるようです。特に実見の記録として「玉千集裏書」(ぎょくせんしゅううらがき)がよく知られおり、意訳すると次のようなことが書かれています。

まず、保管状態について、「まず長さ約五尺の木箱に赤土と石の箱が収められており、石の箱の中には木をくりぬいた箱があって中には黄金が敷き延べられ、その上に御神体が鎮座していた」そうです。箱にはもちろん錠が付いており、開け方は熱田大宮司の秘伝だとか。この記述通りだとすれば、例え箱を持ち出しても開けることができない、あるいは知らずに開けても赤土で気づかないのかもしれません。

そして、草薙剣の見た目について、「長さが二尺七、八寸(81~84㎝)ほど、刃先は菖蒲の葉のような形、柄のほうは魚の背骨のように節立っていて、全体的に白い」と書かれています。ここまで書かれるとご神体を一目拝もうとする人が増えそうですが、このとき錠をあけて御神体を観た熱田大宮司や他の者は流罪、または重病により亡くなったと記されており、「祟りが起こるため思い留まるように」という示唆を感じます。

三種の神器「八咫鏡」

八咫鏡(やたのかがみ)が宮中の外へ祀られるようになったのは、第10代・崇神天皇の指示のようです。その理由について、日本書紀では「崇神天皇の代に疫病が蔓延してしまい、多くの人が亡くなって反乱も多かったため、事態を憂いた崇神天皇は天啓を受けて外に祀る事とした」と書かれています。八咫鏡は宮中から外へ移され出雲大社に祀られた時期もあったようですが、最終的に五十鈴川上流の現在の場所へと移り、ずっと伊勢に鎮座して国を見守っています。

現在も皇族の方々は繰り返し伊勢神宮へ参詣されており、手厚く祀られています。ただし、第40代・天武天皇の頃より「現人神」(あらひとがみ)と考えられている天皇は、即位している間は内宮を参詣していません。初めて即位中に参詣したのは、明治天皇だったそうです。八咫鏡の分身は天皇とともにあるよう、宮中の賢所に祀られています。

三種の神器「八尺瓊勾玉」

三種の神器の中で唯一、本体が宮中に鎮座していると言われるのは八尺瓊勾玉(やさかにのまがたま)です。日本書紀によると、「もとは出雲大社に納められていた神宝を、崇神天皇が観たいと言って献上させた」とのこと。この献上された神宝が八尺瓊勾玉として祀られているようです。ちなみにこのとき、入れ替わりで出雲大社へ移されたのが、すでに宮中の外で祀られていた八咫鏡とも考えられています。

このように三種の神器は天皇と切っても切り離せない関係にあり、天武天皇のときには皇位継承のあかしとする制度も整えられ、現在も皇位継承とともに三種の神器は受け継がれています。

ただし、天武天皇が編纂させたとされる日本書紀の時代から、901年(延喜元年)に成立した「日本三代実録」にかけて、三種の神器が天皇の即位にかかわったという明確な記述は少ないようです。

象徴としての三種の神器

現在、三種の神器は宮中、伊勢神宮、熱田神宮に祀られているとされていますが、平安時代には何度か火災にも見舞われているようです。村上天皇の代である960年(天徳4年)、一条天皇の代の1005年(寛弘2年)、後朱雀天皇の代の1040年(長暦4年)に起きた内裏(だいり)炎上では三種の神器も被災しています。その際、八咫鏡が失われたが、作り直すべきかという記録も残されており、焼失のたびに鋳造されていったようです。

壇ノ浦古戦場

壇ノ浦古戦場

また、1185年の壇ノ浦の戦いでは、源氏が平氏を滅ぼし三種の神器を簒奪(さんだつ)しようと試みるも、劔は海に沈んでしまいます。

海上戦で源氏と平氏が激突、最初は平氏が有利に進んでいましたが、源氏の勢いに押され始めます。

絶望的な戦況を知った平氏側の健礼門院(けんれいもんいん)が「もはやこれまで…敵の手にはかかるまい」と、孫である齢8歳の安徳天皇を抱え、三種の神器もろとも入水。混乱が落ち着いたあと、八咫鏡と八尺瓊勾玉は入洛(都に入ること)しましたが、このとき草薙剣は失われたとされています。

ただし、この時なくなったのは草薙劔の写しであり、本体は熱田神宮に祀られていたようです。写しであったことを源氏が知っていたかどうかは定かではありませんが、安徳天皇の存命中に後白河院の意向によって別の新帝即位があったことから、天皇の象徴として三種の神器が揃うことが重要だったのでしょう。

改めて言うまでもなく本体はとても貴重ではありますが、写しや分身であってもそれぞれの神器は丁重に祀られており、三種の神器は「物としての貴重さ」以上に象徴的な存在として大切であると言えるでしょう。

日本の剣~神剣・鉄剣~の紹介動画

日本の剣~神剣・鉄剣~

三種の神器

三種の神器をSNSでシェアする

「いにしえの刀剣の役割」の記事を読む


古代の鉄剣 七支刀と中国

古代の鉄剣 七支刀と中国
石上神宮(いそのかみじんぐう)に伝承される「七支刀」(しちしとう)は、左右に3つの枝刃が互い違いについた鉄製の剣で、その形状から武器ではなく祭事や儀式に用いられた儀刀あるいは呪刀と考えられています。百済(現在の大韓民国)から日本にもたらされた七支刀はどのような経緯で作られ、どのような特徴を持つ刀なのでしょうか。そこから当時の中国について推察することができるのです。

古代の鉄剣 七支刀と中国

日本神話

日本神話
日本神話とは、古代より日本各地に伝えられてきた、アマテラスやイザナミなどの神様・女神様にまつわる物語のことです。古事記や日本書紀、風土記によって、日本神話は伝承されてきました。 日本列島の誕生から成り立ち、日本の建国といった様々なエピソードが展開する日本神話には、現在まで日本の天皇家に代々受け継がれる「八咫鏡」(やたのかがみ)、「八坂瓊曲玉」(やさかにのまがたま)、「草薙剣」(くさなぎのつるぎ)の「三種の神器」が登場します。 ここでは、そんな由緒ある「三種の神器」とそれにまつわる日本神話について紹介していきましょう。日本神話にいつ鏡・勾玉・剣の「三種の神器」が登場したのか、歴史を紐解きます。

日本神話

石上神宮と古代の鉄剣 七支刀(しちしとう)

石上神宮と古代の鉄剣 七支刀(しちしとう)
「石上神宮」(いそのかみじんぐう)は奈良県にある非常に古い歴史を持つ神社です。かつての豪族・物部氏の総氏神であり、物部氏滅亡後は大和朝廷の武器保管庫だったと伝えられています。ここでは石上神宮の歴史、そして石神神宮に納められる「七支刀」(しちしとう)の由来を紐解いていきましょう。

石上神宮と古代の鉄剣 七支刀(しちしとう)