現代の神事・祭礼・伝統芸能

伊勢神宮の式年遷宮と御太刀(おんたち)

文字サイズ

伊勢神宮では20年ごとに「式年遷宮」(しきねんせんぐう)が行なわれています。
式年遷宮とは、定期的な造営や修理の際にご神体を本殿にうつすことで、その際に2つの正殿と14の別宮、さらには装束や須賀利御太刀を含む714種1576点の御装束神宝(おんしょうぞくしんぽう)などをすべて新しく造り替える伝統行事です。
式年遷宮が始まったのは奈良時代の690年。そして伊勢神宮の歴史はさらに古く、創設は皇室の祖先である天照大御神(あまてらすおおみかみ)の時代、日本神話まで遡ります。
いったいどのようにして式年遷宮が始まったのか、伊勢神宮の歴史と式年遷宮、そして神宝の太刀の中でも代表的な御太刀(おんたち)についてご紹介します。

伊勢神宮の「式年遷宮」とは

伊勢神宮の式年遷宮

伊勢神宮の式年遷宮

毎年多くの参拝客を集め、「お伊勢さん」として親しまれている伊勢神宮では、20年に一度、宮地(みやどころ:神の鎮座する所)を改め、社殿や御装束神宝を新しくし、神に新宮(にいみや)へお移り頂く祭りがあります。伊勢神宮最大の、式年遷宮と言われるこの祭りは、1,300年以上も前から伝わる伝統の行事です。

伊勢神宮には、皇室の祖先である天照大御神(あまてらすおおみかみ)を祀る内宮(皇大神宮)と衣食住や産業の守り神である豊受大御神(とようけのおおみかみ)を祀る外宮(豊受大神宮)を中心に、14の別宮、43の摂社、24の末社、42の所管社があり、式年遷宮では内宮外宮の正宮(しょうみや)とすべての別宮、宝殿、鳥居、五十鈴川に架けられた宇治橋などが造り替えられます。

また、社殿の造営とともに御装束神宝も作り替えられます。この御装束神宝とは、殿内外の飾りや神に関する衣類・服飾品及び殿内の調度品です。

式年遷宮の中で、神が旧宮から新宮に移る祭儀を「遷御」(せんぎょ)と言い、その日時は天皇陛下がお決めになります。

こうした神に関するあらゆる物を造り替えるとともに、8年の歳月をかけて祭りと行事を重ねていくのです。遷御まで長い時間をかけるその過程は神々しさがあり、日本中が注目するほどの大事業となります。

式年遷宮で奉納される御太刀

御太刀

御太刀

内宮には19種199点の神宝があり、①紡績具・紡織具 ②武器・武具 ③馬具 ④楽器 ⑤文具 ⑥日常用具の6種類に分類されます。

この中で武器・武具の神宝としては太刀をはじめ、梓弓(あずさゆみ/あづさゆみ)、鞆(とも)、錦靱(にしきのゆき:矢を入れて携行した武具)、盾、などがありますが、代表的なのは4種の御太刀でしょう。

玉纏御太刀(たままきのおんたち)、須賀利御太刀(すがりのおんたち)、金銅造御太刀(こんどうづくりのおんたち)、銅黒造御太刀(どうくろつくりのおんたち)と呼ばれる太刀は、すべて直刀(ちょくとう:刀身反りのない真っ直ぐな形の物)ですが、それぞれに特徴があります。

玉纏御太刀は神宝の中でも最もきらびやかな太刀で儀礼用の飾り太刀です。には水晶や瑠璃、琥珀、瑪瑙(めのう)が豪華に散りばめられ、5色の吹玉(ふきだま:ガラス玉)を纏っていることからその名が付いています。

須賀利御太刀の須賀利は、須賀流(すがる)とも言われ、黒いジガバチ(似我蜂)を意味します。蜂の美しさからこの名が付けられ、優美なの上下には朱鷺(トキ)の尾羽が2枚。今や絶滅危惧種として特別天然記念物になっている朱鷺ですが、朱鷺の羽根を保管している篤志家から譲り受けていたため、2013年(平成25年)の第62回式年遷宮まで、その姿を留めることができています。

金銅造御太刀と銅黒造御太刀は、あまり装飾を施さないシンプルな太刀。正宮と別宮に奉納されるため複数作られます。

なお、これらの太刀をはじめ神宝類は、神宮徴古館で撤下品(てっかひん:神前からのお下がりの品)を観ることができます。

大刀 銘 宮入昭平
大刀 銘 宮入昭平
宮入昭平
伊勢神宮御神宝控打之
鑑定区分
保存刀剣
刃長
78.8
所蔵・伝来
刀剣ワールド財団
〔 東建コーポレーション 〕
大刀 銘 相模国厚木住廣木弘邦造
大刀 銘 相模国厚木住廣木弘邦造
相模国厚木住
廣木弘邦造
神宮御神宝
御太刀影打
平成二十五年
癸巳年二月日
鑑定区分
保存刀剣
刃長
78.9
所蔵・伝来
刀剣ワールド財団
〔 東建コーポレーション 〕

伊勢神宮と天照大御神

伊勢神宮の歴史は古く、その創設は日本の神話時代にまで遡ります。天照大御神は天孫である瓊瓊杵尊(ににぎのみこと)が降臨した際に八咫鏡(やたのかがみ)・八尺瓊勾玉(やさかにのまがたま)・草薙剣(くさぎのつるぎ)の三種の神器を授け、その中の八咫鏡に天照大御神自身の神霊を込めました。

八咫鏡・草薙剣・八尺瓊勾玉

八咫鏡・草薙剣・八尺瓊勾玉

その後、八咫鏡は初代天皇である神武天皇のもとに置かれ、以後、代々天皇のそばに安置。

しかし第10代崇神(すじん)天皇の時、大御神を皇居外に祀ることを決意し、皇女である豊鍬入姫命(とよすきいりびめのみこと)は大和の笠縫邑(かさぬいのむら)に神籬(ひもろぎ:神祭りをするにあたり、神霊を招くための依り代となる物)を立てて八咫鏡を祀りました。

第11代垂仁(すいにん)天皇の時代になると、豊鍬入姫命から代わった倭姫命(やまとひめのみこと)が、永遠に神事を継続できる新たな場所を求めて、大和国から伊勢国へ。天照大御神は「この神風の伊勢の国は、遠く常世から波が幾重にもよせては帰る国である。都から離れた傍国ではなるが、美しい国である。この国にいようと思う」と言われたと「日本書紀」に記載されています。倭姫命は五十鈴川の川上に宮を建て、紀元前5年(垂仁天皇25年)に永遠の御鎮座地となりました。

創設された時代の神宮は、現在ほど大規模な宮でなく、神籬や祠(やしろ)と呼ばれる仮設的な祭場に天照大御神をお祀りしていたと考えられています。これが今のような大規模な宮となったのは、690年(持統天皇4年)に行なわれた第1回の式年遷宮の頃と思われます。

天照大御神の御鎮座から約500年後、外宮は天照大御神の食事を司る御饌都神(みけつかみ)を丹波国から迎えるために開かれました。また、伊勢神宮では祭典を行なう際に、まず外宮から行ない、そして内宮へ移る慣わしになっています。これは「外宮先祭」(げくうせんさい)と言い、外宮は天照大御神の食事を司る神であるため、内宮に先んじて神饌(しんせん:神に供える食事)をお供えするためです。この順序に倣い参拝もこれに合わせて外宮からお参りするのが正式とされています。

伊勢神宮で受け継がれてきた式年遷宮

永遠の御鎮座地を得た天照大御神ですが、20年ごとに社殿や御装束神宝も作り替える式年遷宮はどのように始まったのでしょうか。

690年(持統天皇4年)に最初の式年遷宮が行なわれていますが、これは天武天皇のご発意によるものでした。「皇太神宮儀式帳」(こうたいじんぐうぎしきちょう)には「常に二十箇年を限りて一度、新宮に遷し奉る」と書かれ、「延喜太神宮式」(えんぎだいじんぐうしき)に「凡(おおよそ)太神宮は廿年(にじゅうねん)はたとせに一度ひとたび、正殿宝殿及び外幣殿を造り替えよ」と記載があります。

しかし遷宮の理由についてはどの書籍や資料にも記載されていません。これまでも研究などによって様々な理由が推察されてきましたが、確証を得るものはありませんでした。

ただ、これまで長きにわたって伝えられたことで、「唯一神明造」(ゆいいつしんめいづくり)という日本古来の建築様式や御装束神宝などの調度品を現在に伝えることができ、神宮としていつの時代にも変わらない姿を披露することで、神と人、国家に永遠を目指したと考えられています。

奈良時代に始まった式年遷宮は、室町時代後期に経済的理由から中断を余儀なくされますが、織田信長豊臣秀吉が遷宮費用を献納して復興に尽力しました。徳川幕府も全面的に協力し、明治時代に入ると遷宮は国儀として盛大に催行されるようになったとされます。

変化があったのは終戦後でした。日本を統治していたGHQが国家神道を廃止して、政教分離を命じたのです。これにより式年遷宮は主軸が国家から国民に変わり、国民の手によって受け継がれるようになりました。

伊勢神宮の式年遷宮と御太刀(おんたち)

伊勢神宮の式年遷宮と御太刀(おんたち)をSNSでシェアする

「現代の神事・祭礼・伝統芸能」の記事を読む


日本舞踊のひとつ 剣舞

日本舞踊のひとつ 剣舞
吟詠に合わせて日本刀や扇を持って舞う、剣舞。伝統的な日本舞踊のひとつとして芸術性が高いのはもちろん、日本刀を扱う武人としての気迫や格調も感じられる奥深い文化です。剣舞の歴史や日本舞踊の歴史、各地の剣舞をご紹介します。

日本舞踊のひとつ 剣舞

岩手で伝承される鬼剣舞

岩手で伝承される鬼剣舞
岩手県には、鬼の面を付け、日本刀を持って舞い踊る「鬼剣舞」(おにけんばい)という民俗芸能があります。鬼剣舞の迫力のある演舞は、アクロバットさながら。衣装の特徴や鬼剣舞の起源、伝承について、また鬼剣舞の他にも、岩手県に伝わる独特な剣舞をご紹介します。

岩手で伝承される鬼剣舞

祓川神楽と狭野神楽

祓川神楽と狭野神楽
古代神話の地とされる宮崎県高原町には、国の重要無形民俗文化財に指定される2つの神楽「祓川神楽」(はらいがわかぐら)と「狭野神楽」(さのかぐら)があります。毎年12月の第1土曜日に霧島東神社の氏子によって代々行なわれる「祓川神楽」と、毎年12月の第2土曜日に狭野地区の行事として行なわれる「狭野神楽」。「祓川神楽」は「祓川神楽保存会」に、「狭野神楽」は「狭野神楽保存会」によってそれぞれ伝統が守られています。「祓川神楽」と「狭野神楽」の特徴は、大人も子供も刀剣(日本刀)を使用する剣舞です。そんな2つの神楽「祓川神楽」と「狭野神楽」について、また高原町にまつわる神話についてもご紹介していきます。

祓川神楽と狭野神楽

中国地方一帯に伝わる郷土芸能の神楽

中国地方一帯に伝わる郷土芸能の神楽
神話のふるさととして知られる出雲をはじめ中国地方では様々な神楽が伝承されています。出雲地方から全国に広まった神楽の一派・出雲神楽について、また出雲神楽の流れをくんだ石見神楽について取り上げながら郷土芸能の魅力をご紹介します。

中国地方一帯に伝わる郷土芸能の神楽

普寛霊場の刃渡り神事

普寛霊場の刃渡り神事
埼玉県本庄市の普寛霊場(ふかんれいじょう)では、日本刀の刃の上を素足で歩く、刃渡り神事が行なわれています。 刃渡り神事は荒行の一部と言われており、悟りを開くために行なうようです。苦痛を伴う過酷な状況下に置かれることにより、精神力を高めることを目的としています。 刃渡り神事が行なわれる普寛霊場は、普寛行者が亡くなった場所で、信仰者にとっては聖地のようなものです。そのため普寛行者を偲んで、4月と10月の大祭には、全国から信者が集まります。 普寛霊場で行なわれる刃渡り神事とは、具体的にどのような行事なのでしょうか? こちらでは、刃渡り神事が行なわれる普寛霊場や、場所・信仰にかかわりのある修験者の普寛行者について、ご紹介します。

普寛霊場の刃渡り神事

佐渡に伝わる貴重な古武道 白刃

佐渡に伝わる貴重な古武道 白刃
新潟県佐渡市には、刀剣・日本刀を操り2人1組で組太刀を行なう「白刃」(しらは)と呼ばれる武芸があります。一時は廃れた時代もあったようですが、現在では白刃保存会が発足しており、地域の青少年へと継承されているようです。 その白刃について、また白刃に影響を与えたとされる佐渡市の伝統芸能・鬼太鼓(おんでんこ)、同じく佐渡市に伝わる流鏑馬(やぶさめ)についてご紹介します。

佐渡に伝わる貴重な古武道 白刃

曽我兄弟と居合道全国選抜八段戦箱根大会

曽我兄弟と居合道全国選抜八段戦箱根大会
日本刀にまつわる行事のひとつに、箱根神社境内にある武道場で行なわれる「居合道全国選抜八段戦箱根大会」があります。居合道で「八段」になるには、長い年月と居合道の確かな腕が必要になりますので、「居合道全国選抜八段戦箱根大会」は居合道の熟練者が集まる厳しい大会です。 「居合道全国選抜八段戦箱根大会」の由来は、鎌倉時代に生きた曽我兄弟が関係しています。そんな曽我兄弟の話を中心に、箱根神社境内にある曽我神社や傘焼の儀についてご紹介。「居合道全国選抜八段戦箱根大会」が生まれることになった曽我兄弟の物語をご覧下さい。

曽我兄弟と居合道全国選抜八段戦箱根大会

安乗神社のしめ切り神事

安乗神社のしめ切り神事
「安乗神社」(あのりじんじゃ)は、三重県志摩市にある神社です。文禄の役の際の航海を助けたり、安政東海地震の津波を防いだり、日清戦争・日露戦争への出征者を無事に帰したりと数々の逸話がある「安乗神社」。現在の「安乗神社」では、「波乗守」というお守りがサーファーの方たちに人気です。 全国の神社で行なわれる神事のなかには、八岐大蛇(やまたのおろち)伝説をモチーフとした神事があります。「安乗神社」の「しめ切り神事」もそのひとつ。「しめ切り神事」の「しめ」とは「注連縄」(しめなわ)の「しめ」のことで、長さ30m、太さ1.5mの2本の「注連縄」を蛇に見立てて、日本刀で切る神事です。素盞嗚尊(すさのおのみこと)が八岐大蛇(やまたのおろち)を退治した故事が由来と言われています。 そんな「安乗神社」の「しめ切り神事」に関して、「しめ切り神事」の由来や「しめ切り」をする人の選び方などを解説しましたので、ご覧下さい。

安乗神社のしめ切り神事

埴生護国八幡宮の宮めぐり神事

埴生護国八幡宮の宮めぐり神事
埴生護国八幡宮(はにゅうごこくはちまんぐう)は、富山県小矢部市にある神社です。木曽義仲(源義仲)が「倶梨伽羅峠の合戦」の勝利のため、この埴生護国八幡宮にお祈りしたと言われています。加賀藩前田家によって建てられた社殿は国の重要文化財です。 全国の神社で行なわれる神事のなかには、戦いをイメージし、日本刀を用いた舞いがあります。埴生護国八幡宮の宮めぐり神事もそのひとつ。木曽義仲が戦いに勝利したことに由来しているようです。埴生護国八幡宮の宮めぐり神事に関して、また、もとになった倶梨伽羅峠の合戦や木曽義仲についてご紹介します。

埴生護国八幡宮の宮めぐり神事

注目ワード

注目ワード