現代のしきたり・風習

刀鍛冶や鋳物業者によるふいご祭り

文字サイズ

日本刀の制作には「たたら製鉄」による玉鋼が用いられており、「ふいご」や「踏鞴」(たたら)は製鉄の際に欠かせない仕事道具です。現代でも刀匠や鋳物業者などが行なう「ふいご祭り」をはじめ、祀られる神や伏見稲荷の「火焚祭」(ひたきさい)、たたら製鉄などにも触れていきます。

道具への労いと感謝を込めた祭り

ふいご

ふいご

季節も晩秋にさしかかり、秋風に寒さを覚える11月8日。この日は「ふいご祭り」が行なわれます。

ふいごとは、炭などの燃料を高温で燃焼させるために空気を送り込む装置のことで、箱形と蛇腹の物があります。箱形の物はなかのピストンを往復させて風を送り、蛇腹の物は両手で2つの取っ手を持って広げたり縮めたりしながら風を送ります。

現代ではほとんど見る機会がなくなりましたが、かつては唱歌「村の鍛冶屋」に歌われたように、鍛冶屋や金細工など、金属を加工する工房などでよく使われていました。

ふいご祭りは、こうした鍛冶屋、刀工、鋳物師など、ふいごを使って火を扱う人達が普段使っている仕事道具を労い、感謝を捧げるお祭りのこと。職人もこの日ばかりは仕事を休んで稲荷神社に詣でてお札を受け取り、仕事道具であるふいごを清め、注連縄(しめなわ)を張り、御神酒や蜜柑、スルメや赤飯などを供えます。ふいご祭りで供えた蜜柑を食べると、風邪などの病気にかからないと信じられていたことから、蜜柑や餅をまいて近所の人達にふるまいました。

ふいごは主に刀鍛冶や金属小物を加工・製造する小規模のところで使われていますが、炉を使って製鉄をするところでは大きな「踏鞴」(たたら)を使用します。勢い余って止まることができず、数歩歩むことを「たたらを踏む」と言い、その語源にもなっているのです。どちらも空気を送り込む道具であったため、ふいごを踏鞴と呼ぶこともあります。

その他、ふいごの漢字を「吹革」にした「吹革祭り」、ふいごを使わず「鍛冶祭り」とする地域もあります。

刀剣に関する基礎知識をご紹介します。

ふいご祭りで祀られる三神

ふいご祭りで祀られる神様は、「金山彦命」(かなやまひこのみこと)、「金山姫神」(かなやまびめのかみ)、「稲荷神」(いなりのかみ)の三神です。

日本神話にも登場する金山彦命は、イザナミノミコトが火の神・迦具土神(かぐつちのかみ)を産んだとき、大火傷をして病んでいる際に、その嘔吐物から化生(けしょう:神仏が形・姿を変えて現れること)した神様です。金山姫神は配偶神で、同じくイザナミノミコトの嘔吐物から化生しました。これらの神々がともに鉱山の神とされるのは、火によって溶解した金属が、嘔吐物に似ているからだとも言われています。

砂鉄からふいごを使って鉄を作る踏鞴師達は、日頃から金山彦命を「金山様」と呼んで信仰しており、ふいご祭りを「金山講」(かなやまこう)と呼んだそうです。

稲荷神は穀物・農耕の神ですが、穀物を調理するための火の神に置き換えられ、そこから火を操る鍛冶屋の守護神と変化していったと考えられています。

この他にも、昔、三条小鍛冶宗近(さんじょうこかじむねちか)という刀鍛冶が名刀「小狐丸」を打ち上げたときに、稲荷神が手伝ったという説話や、後鳥羽上皇日本刀を鍛えた際に稲荷山の土を用いたという逸話などが残っています。

ふいご祭りと紀伊国屋文左衛門の関係

みかんのお供え

みかんのお供え

ふいご祭りとお供えの蜜柑との関係については、11月8日の卯の刻に天から踏鞴が降ってきて蜜柑の木にぶら下がっていたという伝承があるそうです。

現実には天から踏鞴が降ってくると言う話は無理があり、しかも蜜柑には酸が含まれていて鉄に錆びが付く原因となるため、鍛冶屋の家には蜜柑の木を植えることはあまりないことでしょう。ふいご祭りであえて蜜柑を供えるのは、「ふいごを使わない日=鉄を使わず仕事を休む」ことを意味しているのかもしれません。

蜜柑から連想するのが、江戸時代の大商人である紀伊国屋文左衛門。紀伊国屋文左衛門が20代だった頃、紀州では今までになく蜜柑が大豊作で、農民は収穫した蜜柑を江戸に運ぼうとしましたが、嵐によって航路が閉ざされたため、紀州での蜜柑の価格が暴落してしまいました。

一方、江戸ではふいご祭りのために蜜柑が大量に必要でしたが、紀州からの船が来ないため蜜柑の価格が高騰していました。

それを知った紀伊国屋文左衛門は、ボロボロの船を改修して大量の蜜柑を載せ、嵐の太平洋に出航します。押し寄せる大波や強い風雨に耐えながらも命がけで海を渡り、何とか江戸に到着。予想通りに江戸では蜜柑が高く売れ、紀伊国屋文左衛門は莫大な財を成したそうです。需要と供給が上手く商売に当てはまった話として、現代でも語り継がれています。

京都・伏見稲荷の火焚祭がふいご祭りと同化

ふいご祭りは、鍛冶や金属を扱う人達の祭りなので、全国各地で行なわれます。昔は江戸と京都に鍛冶屋が多くいたため、毎年東京京都で開かれるふいご祭りには、多くの観光客が集まりました。

京都では11月に多くの神社やお寺で「お火焚」(おひたき)の神事が行なわれていることから、11月を「火のお祭り月」とも呼んでいます。

伏見稲荷大社

伏見稲荷大社

数あるお火焚の神事のなかでも最も盛大なのが、伏見稲荷大社の「火焚祭」(ひたきさい)。この神事は、秋の収穫後に、五穀豊穣をはじめ万物を育てた稲荷大神に感謝する祭典で、伏見稲荷神社の伝統行事として有名です。

本殿の儀式のあとに、本殿裏手の斎場で、神田で収穫した稲の藁を燃やして神を山に送ります。このときに、全国から奉納された数十万本の火焚串を焚きあげ、宮司以下神職が祈りを捧げるのです。夜には古来より慣例になっていた「御神楽」(みかぐら)が奉納されます。

稲荷神は鍛冶の守護神と言われることから、鍛冶屋・鋳物屋はもとより、染物屋、造酒屋にとってお火焚の神事は、ふいご祭りと同化して催されているようです。

たたら製鉄と日本刀

たたら製鉄 玉鋼誕生物語

玉鋼を作る「たたら製鉄」の歴史を動画にてご紹介します。

たたら製鉄 玉鋼誕生物語

たたら製鉄は、日本で古代から近代まで続けてきた製鉄法で、砂鉄や鉄鉱石を木炭で低温還元して鉄を作ります。低温で加熱するため不純物の混入が少なく、純度の高い鉄が取り出せるのです。この純度の高さが日本刀を制作する上で重要なポイントとなります。

現在の製鉄は、戦後に需要が増加した洋式製鉄で、価格が圧倒的に安く、手間も少ないメリットがありますが、たたら製鉄ほどの純度を確保できないため、日本刀の制作には不向きとされています。

現代では純度の高い鉄は入手しにくいことから、各地でたたら製鉄を復活させたり、刀匠によっては自家製鋼をしたり、古い鉄を再利用することもあります。良質な刀ほど、鉄へのこだわりが強いようです。

日本刀の歴史は製鉄の歴史でもあり、日本では古くから良質な鉄を作ってきたと言えるでしょう。

刀剣に関する基礎知識をご紹介します。

刀鍛冶や鋳物業者によるふいご祭り

刀鍛冶や鋳物業者によるふいご祭りをSNSでシェアする

「現代のしきたり・風習」の記事を読む


賜剣の儀と守り刀の風習

賜剣の儀と守り刀の風習
皇室では、子どもが生まれると天皇陛下から「守り刀」が贈られる皇室行事があります。その行事は「賜剣の儀」(しけんのぎ)と呼ばれ、贈られる刀剣を制作することは刀匠にとっても名誉なことです。守り刀の風習を中心に、源義経の守り刀の言い伝えもご紹介します。

賜剣の儀と守り刀の風習

大相撲と刀剣

大相撲と刀剣
武具は使わず体をぶつけ合い、技を駆使して闘う大相撲。日本刀は一見無関係のようにも思えますが、江戸時代には帯刀を許された力士もいたそうです。江戸時代に力士が帯刀をした意味、横綱と太刀についてなど、大相撲と日本刀にまつわる話を紹介します。

大相撲と刀剣

関伝古式日本刀鍛錬 打ち初め式

関伝古式日本刀鍛錬 打ち初め式
現代においても「関の刃物はよく切れる」と評判であり、刀匠達の刃物づくりが受け継がれる関市。関市での刀鍛冶の歴史などを伝える関鍛冶伝承館で毎年正月に行なわれる「古式日本刀鍛錬打ち初め式・刀剣研磨外装技術仕事始め式」について、また関鍛冶ゆかりの春日神社についてもご紹介します。

関伝古式日本刀鍛錬 打ち初め式

端午の節句における兜・太刀

端午の節句における兜・太刀
現代では、男児が誕生すると名の知られた武将達の甲冑(鎧兜)の複製品などを贈り、兜や太刀を飾る風習があります。そもそも端午の節句の意味や始まりはどのようなものでしょうか。時代とともに変化してきた端午の節句について、過去にさかのぼって変遷をみていきます。

端午の節句における兜・太刀

熱田神宮刀剣ならびに技術奉納

熱田神宮刀剣ならびに技術奉納
三種の神器のひとつ、「草薙劒」(くさなぎのつるぎ)が祀られている熱田神宮。そのご神前で、毎年7月に「刀剣鍛錬奉納」、そして8月には「刀剣研磨等技術奉納」が行なわれています。日本刀制作や熱田神宮での刀剣にまつわる行事、そして熱田神宮についても触れていきます。

熱田神宮刀剣ならびに技術奉納

注目ワード

注目ワード