戦国武将一覧

立花宗茂

文字サイズ

立花宗茂(たちばなむねしげ)は、九州勢の中で非常に活躍した戦国武将のひとりです。
「九州征伐」で武勲を立てた立花宗茂は、豊臣秀吉より所領を授かり大名に出世。一介の家臣だった者が大名に出世することは、当時では異例の出来事でした。その後も、朝鮮出兵に参加するなど、豊臣秀吉が亡くなるまで、活躍を見せています。
豊臣秀吉が生前、「東の本多忠勝、西の立花宗茂」と評していたことから、徳川家康も立花宗茂を警戒していたようです。立花宗茂は、豊臣秀吉が亡くなったあとも、豊臣秀吉に対する恩義を重んじる人物でした。
そんな立花宗茂の生い立ちや立花宗茂が残した名言など、立花宗茂の人となりが分かるエピソードを交えてご紹介します。

目次

大友家の一員として過ごした若き立花宗茂

立花宗茂の生い立ちと時代の情勢

立花宗茂

立花宗茂

立花宗茂は、1567年(永禄10年)、豊後国国東郡筧(現在の大分県豊後高田市付近)で大友家の重臣「吉弘鎮理」(よしひろしげまさ)の嫡男として生まれました。幼名は「千熊丸」(せんくままる)と名付けられています。

のちに、父である吉弘鎮理は高橋家の跡目を継いで「高橋鎮種」(たかはししげたね)と改名。跡取りとして育てられた若き立花宗茂も、元服後「高橋統虎」(たかはしむねとら)へと名を改めました。

1570年(元亀元年)代に大友家は最盛期を迎えており、豊後国のみならず肥後国北部(現在の熊本県)や肥前国(現在の佐賀県付近)の一部まで領土を広げています。

ところが、1578年(天正6年)、薩摩国(現在の鹿児島県)を拠点とする島津家と大友家の争いである「耳川の戦い」が勃発。この戦いの結果、大友家は多くの重臣を失ってしまいます。

さらに、支配下にあった筑後国(現在の福岡県南部)や肥後国の領主が離反。結果的には、これらの国を含む九州の大半を島津家が支配下に置き、一方、大友家は衰退に向かうのです。

立花家へ養子入りする立花宗茂

立花道雪

立花道雪

1581年(天正9年)、突然、高橋鎮種と同じく大友家の重臣である「立花道雪」(たちばなどうせつ:戸次鑑連[べっきあきつら]のこと)が、高橋鎮種に対して立花宗茂を養子にほしいと求めてきました。

立花道雪自身に男児がなかったのが理由で、戦国時代において、養子をもらうことは特に珍しいことではないのですが、この立花道雪からの申し出は状況が異なります。なぜなら、立花宗茂は高橋鎮種の嫡男で高橋家を継ぐ人間だからです。

高橋鎮種は当初、立花道雪の申し出を丁重にお断りしました。しかし、立花道雪は諦めることなく高橋鎮種のもとを何度も訪れ、決して引き下がろうとはしなかったのです。最終的には高橋鎮種が折れる形で、立花宗茂は立花家の養子となりました。なお、高橋家は立花宗茂の弟が引き継ぐこととなります。

立花家のひとり娘と結婚、そして初陣を果たす立花宗茂

立花誾千代

立花誾千代

立花宗茂が15歳になると、縁談が持ち上がりました。相手は立花道雪のひとり娘「立花誾千代」(たちばなぎんちよ)。

当時13歳の立花誾千代は、実質的に立花家を継いでおり、しかも男子と同じ正式な手続きを踏んで家督を継いだとされ、主君である大友家当主「大友宗麟」(おおともそうりん)が公認しています。

結婚にあたっては、お互いに好いた上でのことだったのか、政略結婚だったのかは資料に残っていません。2人は結ばれ、この結婚を機に立花宗茂は「戸次統虎」(べっきむねとら)と名を改めます。

立花宗茂の初陣は、「第二次太宰府観世音寺の戦い」という秋月氏と筑紫氏との抗争でした。この戦いで、立花宗茂は150の兵を率いて、敵将ひとりを倒す活躍を見せます。武勲を挙げた立花宗茂は大友家家臣達から好感を得ることに成功し、1582年(天正10年)になって、立花宗茂は正式に立花姓を名乗り、「立花統虎」(たちばなむねとら)と改称しました。

立花道雪の死後、立花宗茂夫妻は別居へ

1584年(天正12年)、主君である大友宗麟の命により、奪われた筑後国を取り戻すため、立花道雪、高橋鎮種らが出陣。立花宗茂はわずか1,000人程度の兵と共に、立花道雪の居城「立花山城」(現在の福岡県新宮町)の留守を預かることとなります。

このとき、立花山城へ攻めてきたのは「秋月種実」(あきづきたねざね)率いる約8,000人の軍勢で、敵の兵力は立花宗茂軍の倍以上と非常に不利な状況です。それでも兵を分け、城から出ての奇襲や「火計」(かけい:火を放つこと)などの策を用いて、敵を混乱させて撃破。立花道雪不在でも、立花宗茂が守る立花山城の強さを知らしめました。

一方、立花道雪と高橋鎮種の両軍は、島津勢を圧倒して筑後国のほとんどを奪還しますが、翌年、立花道雪が「柳川城」(福岡県柳川市)攻めの最中に病死。事態は一変してしまいます。

なお、立花道雪の死後、立花宗茂と立花誾千代の2人は、詳しい理由は不明ながら別居状態になったとのことです。離縁にまで至ったのがどうかは伝えられていません。

実父高橋鎮種の死と迫りくる島津家の脅威

立花道雪の死は、大友家にとって大きな痛手でした。そして立花道雪の死を好機と捉えてか、島津家が1586年(天正14年)に30,000の兵(一説には50,000とされている)を率いて、大友家が支配する筑前国へ侵攻してきます。

高橋鎮種は筑後遠征を中止して、「岩屋城」(現在の福岡県太宰府市)にて島津軍を迎撃。半月に亘って徹底抗戦しますが、圧倒的な兵力差を埋められず、討ち死にしてしまいました。次いで、島津の軍勢は、立花宗茂が守る立花山城へ向かうこととなります。

大友家存続のために出した大友宗麟の「決断」とは

大友宗麟

大友宗麟

大友家の力だけでは、もはや島津の侵攻を食い止められないと思い至った大友宗麟は、ここでひとつの重大な決断を下しました。それは「豊臣秀吉」への臣従です。

1586年(天正14年)、大友宗麟は自ら「大坂城」(大阪府大阪市:現在の大阪城)へ出向いて豊臣秀吉に謁見。大友家が豊臣秀吉の傘下に入ることと引き換えに、軍事的支援を懇願します。豊臣秀吉はこの懇願を聞き入れ、支援を約束しました。

大友家は、豊臣秀吉の家臣となることで存続への道を切り開いたのです。

豊臣政権下で活躍した立花宗茂

父の死を乗り越え、島津軍へ攻撃し成果を挙げる立花宗茂

立花山城の留守を預かる立花宗茂は、迫りくる島津軍に対して籠城戦を行なうこととなります。その間に立花宗茂は、籠城している最中にもかかわらず、機動力を駆使した遊撃戦術を実行。また、降伏するかに見せかけて島津軍の本陣を襲い、敵将を含め数百人を討つ「詐降の計」(さこうのけい)と呼ばれる作戦も実行していたとされています。

しばらくして豊臣軍が大友家の要請に応える形で九州に渡ると、島津軍は立花山城の包囲を解き、その場から撤退していきました。

立花宗茂は、到着した豊臣軍に合流して島津討伐軍に加わり、本格的な反撃に転じることになります。最終的には、高橋鎮種が討ち死にした岩屋城を奪回し、「宝満城」(福岡県太宰府市)をも奪回する働きを見せました。苦境にあっても奮戦し、立花宗茂が挙げた武勲は、のちに豊臣秀吉から高く評価されるのです。

九州征伐の功労を称え、立花宗茂は大名に昇格

引き続き立花宗茂は島津討伐軍に属して、豊臣秀吉の「九州征伐」の一助となります。西部戦線に参加すると、肥後国ルートで「竹追城」(たかばじょう:熊本県合志市)を攻略し、さらに「出水城」(いみずじょう:鹿児島県出水市)を守っていた「島津忠辰」(しまづただとき)を倒し、そして、「島津忠長」(しまづただなが)と対決して勝利しました。この際、立花宗茂は島津氏支流の伊集院氏などから人質を取り、反撃できないようにするなど、そつのない動きを見せています。

結果的に島津家は降伏し、九州征伐は豊臣軍の勝利で幕を閉じました。武勲を立てた立花宗茂は、豊臣秀吉より柳川城を根拠地として筑後国柳川13万2,000石を授かります。それだけではなく、大友家より分離・独立した大名として取り立てられたのです。

一介の家臣だった者が、のちに正式に天下人となる豊臣秀吉から所領を授かって大名にまで出世することは、当時ではほとんど例のない出来事。それほど立花宗茂の武勇は優れていたと言えます。

隣国の一大事!?立花宗茂は一向一揆鎮圧に乗り出す

佐々成政

佐々成政

立花宗茂は筑後国柳川一帯を治め、内政に励んでいましたが、すぐに問題が持ち上がりました。所領を授かってわずか1年後の1587年(天正15年)9月、肥後国(現在の熊本県)で大規模な一向一揆が発生したのです。

当時の肥後国は、「佐々成政」(さっさなりまさ)が豊臣秀吉から授かり、国主として着任したばかりだったのですが、一揆の原因はこの佐々成政が行なった性急な「検地」(けんち:年貢高などを算定するため農民の田畑を測量・調査すること)とされています。佐々成政が豊臣秀吉に援軍を乞い、豊臣秀吉の要請により立花宗茂は一向一揆鎮圧に向け佐々成政の救援に向かいました。

一揆鎮圧のために、立花宗茂は弟の「高橋統増」(たかはしむねます)と共に「輜重部隊」(しちょうぶたい:現代における補給部隊のこと)を率いて出陣します。実は佐々成政の部隊は、このとき兵糧不足でまともに戦える状態ではありませんでした。そのため、輜重部隊が必要だったのです。

立花宗茂は肥後国に入ると、幾度となく一揆衆と戦うこととなります。ある戦いで、立花宗茂は敵の伏兵を察知、それを逆手に取り兵を3隊に分けて敵を誘い、「南関城」(熊本県玉名郡)の将「大津山出羽守」(おおつやまでわのかみ)を討ち取りました。また別の戦いでは、「火車懸」という高度な騎馬鉄砲の戦術を駆使し、永野原において「有働志摩守」(うどうしまのかみ)を討ち滅ぼします。ここでも数多の武功を挙げながら、無事佐々方に兵糧を送り届けることに成功したのです。

その後は、補給を受けて立ち直った佐々方と協力、一揆軍をひとつひとつ鎮圧していきました。最終的に一揆の首謀者であった「城村城」(熊本県山鹿市)の城主「隈部親永」(くまべちかなが)を攻略し、討ち取ることに成功。

この一連の戦に関する逸話として、立花宗茂は隈部一族12人と立花一族12人(この中に立花宗茂が含まれていたかは不明)と勝負させ、「放し討ち」という形で処刑したと伝えられています。放し討ちとは、1対1、または同人数による果し合いにより、罪人に対して武士らしい名誉ある死を与える処刑方法です。

この放し討ちでは、立花宗茂方も家臣ひとりを失い、他の11人も手傷を負ったとのこと。ただし、罪人が放し討ちに勝ったとしても許される訳ではなく、死罪を免れることはありません。

一向一揆鎮圧で大きな成果を挙げた立花宗茂は翌年上洛し、従五位下侍従という官位を授かりました。それと同時に「羽柴」の姓を名乗ることを許され、さらに豊臣の姓も下賜されることに。これは事実上、豊臣秀吉が立花宗茂を直下の忠臣として認めた証拠と推認できます。

立花宗茂は豊臣秀吉の朝鮮出兵に参加し奮戦する

その後立花宗茂は、豊臣秀吉が端を発した朝鮮出兵に参加することとなりました。なお朝鮮出兵は、厳密には「文禄・慶長の役」と呼びますが、立花宗茂が参加したのは「文禄の役」の方です。

立花宗茂は、ここでも獅子奮迅の活躍を見せます。火計や、囮部隊と伏兵2隊で敵を包囲する「釣り野伏」などの戦法を駆使して朝鮮方の将を討ち取っていきました。ときには援軍に駆け付けた明軍と朝鮮軍を同士討ちさせて、その隙に拠点を制圧することもあったとのこと。立花宗茂は、「小早川隆景」(こばやかわたかかげ)が率いる隊に配属され、朝鮮方の拠点である「東莱城」(とうらいじょう/朝鮮読み:トンネ)を攻め落としています。

異国での奮戦ぶりは柳川の民からも「鬼将軍」という異名で称えられました。一説によれば、豊臣秀吉は「日本無双の勇将たるべし」と褒め称える文書を送ったとされています。

慶長の役」では立花宗茂は、朝鮮半島での日本水軍の拠点である安骨浦(朝鮮国の地名)の守備を任されていました。のちには戦いにも参加していますが、豊臣秀吉の死によって最終的には朝鮮から撤退することになります。

武将・歴史人のエピソードや、関連のある刀剣・日本刀をご紹介!

関ヶ原の合戦以降における立花宗茂の去就

豊臣秀吉の死後、関ヶ原の戦いが勃発

徳川家康

徳川家康

1598年(慶長3年)に豊臣秀吉が死去すると、「石田三成」(いしだみつなり)と「徳川家康」が豊臣政権運営の方針をめぐって対立しました。天下分け目の戦いと言われる「関ヶ原の戦い」の引き金となる一幕です。

豊臣秀吉が生前「東の本多忠勝、西の立花宗茂」と評していたことを知り、徳川家康は立花宗茂を非常に警戒していました。一説によると、徳川家康は立花宗茂が西軍に味方しないよう、様々な工作活動を行なっていたとされています。

立花宗茂は豊臣秀吉への恩義から西軍に味方する

しかし結局、立花宗茂は西軍に味方しました。徳川家康が「東軍に付いて勝利すれば、法外な恩賞を与える」と約束していたのですが、立花宗茂は秀吉に対する恩義を重んじて、その誘いを断ったのです。

立花宗茂は関ヶ原に向かう前、突如として東軍に寝返った「大津城」(滋賀県大津市)の「京極高次」(きょうごくたかつぐ)と戦うことになります。敵の夜襲を予見し、さらに立花宗茂の家臣である「十時連貞」(とときつれさだ)の大活躍により敵将を3人捕縛、内情を吐かせるのに成功しました。

そこで得た情報をもとに、立花宗茂は城攻めを行ないます。このとき使用したのが養父・立花道雪の発案した弾丸と薬莢である「早込」。これにより鉄砲の早撃ちと連射を可能にした立花宗茂は、土塁と竹束を用意させて防御を固めた上、敵目掛けて射撃。敵はたまらず、鉄砲狭間を閉じてしまいます。これを好機と見た立花宗茂は三の丸から攻め入り、あっという間に本丸を占拠しました。

しかしながらこの戦のために、立花宗茂は関ヶ原本戦には間に合わなかったのです。関ヶ原の戦いでは1日かからず西軍が総崩れ、実質的に指揮を執っていた石田三成は敗走してしまうこととなります。その後、立花宗茂は徹底抗戦を主張。しかし、西軍の総大将「毛利輝元」(もうりてるもと)は動こうとせず、西軍の負けが確定しました。

関ヶ原の合戦後、立花宗茂は浪人へ転落

関ヶ原での敗戦を受け、立花宗茂は自分の領地へ撤退。しかし、そこで待ち受けていたのは「加藤清正」(かとうきよまさ)らによる包囲網でした。関ヶ原の戦いののち、ほとんどの武将が徳川家康に付き、まわりの大名が徳川の味方になったため、囲まれてしまったのです。

立花宗茂は柳川城にて籠城するも、結果的に敵方の説得に応じ開城、敗北を喫してしまいます。開城後は、徳川家康の正式な沙汰により改易(身分や領地、居城などを没収すること)され、立花宗茂は浪人へと身をやつすことになりました。

奇跡の大逆転!立花宗茂は旧領を回復し大名へ復帰!

改易後、立花宗茂の力量を知っている加藤清正などが家臣になるように説得するも、立花宗茂は拒否。わずかなお供を連れて京都へ上り、その後は江戸で暮らしていました。

しかし、浪人生活から立花宗茂を救った人物がいたのです。それは名槍「蜻蛉切」(とんぼきり)の使い手として有名な、徳川四天王のひとり本多忠勝。本多忠勝は立花宗茂の実力を認めていて、主君である徳川家康に召し抱えるように懇願しました。

徳川家康は忠勝の願いを聞き入れ、幕府の「御書院番頭」(実質的に徳川家康の親衛隊長)に抜擢、5,000石を与えています。さらに働きぶりが評価されたのか、その後10,000石加増され陸奥国棚倉(現在の福島県)に大名として復帰したのです。

これだけでも異例ですが、立花宗茂の返り咲きはこれにとどまりません。豊臣家と徳川家の最後の争いである「大坂冬の陣・夏の陣」に参戦した際、立花宗茂は「豊臣秀頼」(とよとみひでより)の参陣がないことなど、豊臣方の動きをいくつか予言して的中させ、徳川方の勝利に大いに貢献しました。その結果、徳川幕府より旧領柳川10万9,200石を与えられ、本当の意味で大名に返り咲いたのです。

大名になった立花宗茂の家紋

祇園守紋

祇園守紋

祇園守紋

「祇園守紋」(ぎおんまもりもん)のベースは「八坂神社」(京都府京都市東山区)で配布されたお守りがモチーフ。中央で巻物が交差するデザインでユニークなのですが、実は6種類の祇園守紋を使用して完成されたとされています。

よく見ると、交差している部分がキリスト教の十字架に見えなくもありません。これはかつての主君であり敬虔(けいけん:神仏を深く敬いつつしむこと)なキリシタンでもあった、大友宗麟の影響を受けた意匠とされています。ただし、立花宗茂自身がキリシタンであったかどうかは分かっていません。

立花宗茂が残した名言とは

立花宗茂が生前に残した名言を紐解くと、彼の人となりが見えてきます。

「秘密を持たなければ、監察役など不要だ。」

九州の大名「細川忠興」(ほそかわただおき)が、立花宗茂の領土経営について質問したときにこの名言が出たとされています。

その意味は、秘密を抱えず部下にありのままを示していれば自ずと監視する必然性がなくなる、ということ。つまり、物事について互いに正直に報告し、現代社会で言うところの報・連・相をしっかりしていれば信頼関係につながると考えていたのです。

「戦いは兵数の多少によるものではない。一和にまとまった兵ではなくては、どれほど大人数でも勝利は得られないものだ。」

これは朝鮮出兵の頃に出た名言とのこと。

統率されていなければ10,000の兵でも、統率されてまとまった3,000の兵で倒せるという意味合いです。兵法に通じ実戦経験が伴った立花宗茂だからこそ出た名言と言えます。

「世間並みの10,000の兵と、立花宗茂配下の3,000、5,000の兵とは何の差もありません。軍の備え方が良いと言うだけではなく、常に兵士に対してえこひいきせず、ひどい働きをさせず、慈悲を与え、少々の過失は見逃し、国法に外れた者は、その法によって対処するのみです。」

先ほどの名言に続きますが、これは人柄を表すような名言です。

簡潔に紐解くと、人の気持ちを汲んでいる発言と受け取れます。小さな失態は見逃しても良いが、殺人などを犯した者(大失態した者)は厳正に処罰して対応するとの意味です。

これは現代の法治社会に通ずるものがある、立花宗茂の慈愛と慧眼を表す名言であると言えるでしょう。

立花宗茂

立花宗茂をSNSでシェアする

「戦国武将一覧」の記事を読む


山本勘助

山本勘助
「山本勘助」(やまもとかんすけ)は戦国時代の武将で、「武田信玄」の伝説的軍師として広く知られています。「架空の人物」説が長く定説とされており、実在が確認されてもなお、その実像はいまだ謎に包まれた存在です。

山本勘助

森蘭丸

森蘭丸
「森蘭丸」(もりらんまる)は、「織田信長」の側近として最期まで献身的に仕えた小姓(こしょう:武将などに仕えた世話役)です。ゲームや時代劇、映画には、「美少年」として描かれている有名な人物。織田信長のお気に入りとして多くの逸話が残されている森蘭丸の生涯を、逸話・名言・家紋と共にご紹介します。

森蘭丸

毛利元就

毛利元就
「毛利元就」(もうりもとなり)は、安芸国(あきのくに:現在の広島県西部)の国人領主から、中国地方全域を統一した戦国時代の豪傑。幼少期に両親を失い、19歳で兄を失い、さらに甥までをも亡くしたことで、次男にして毛利家の家督を相続します。権謀術に長け、稀代の策略家としても有名な武将です。一代で中国地方統一を成し遂げた、毛利元就の生涯を見ていきましょう。

毛利元就

毛利輝元

毛利輝元
「毛利輝元」(もうりてるもと)は、偉大な祖父「毛利元就」(もうりもとなり)を持つ名門武将です。「織田信長」とは敵対したものの、「本能寺の変」後は「豊臣秀吉」と和解し、「豊臣五大老」のひとりとして大活躍しました。 しかし、豊臣秀吉が亡くなったことで、運命の歯車が狂い始めるのです。「関ヶ原の戦い」で西軍の総大将に担がれた、名門・毛利家に育った毛利輝元の一生についてご紹介します。

毛利輝元

増田長盛

増田長盛
「豊臣秀吉」が死の直前、嫡男である「豊臣秀頼」(とよとみひでより)を託した五奉行と言えば、内政や外交で能力を発揮する文官のイメージが強いと思います。「増田長盛」(ましたながもり)についても、甲冑を身に付けて戦場を駆け回る軍務を担当するのではなく、政務に突出している人物です。 ここでは、「石田三成」と並ぶ存在だった、五奉行のひとりである増田長盛をご紹介します。

増田長盛

水野勝成

水野勝成
うつけ、婆娑羅(ばさら)、傾き者(かぶきもの)。戦国の世には、個性豊かな武将や大名が数多く登場します。「織田信長」しかり、「佐々木道誉」(ささきどうよ)しかり、「前田慶次」(まえだけいじ)しかり。魅力的な武将をたくさん挙げることはできますが、「水野勝成」(みずのかつなり)ほど「型破り」の言葉が似合う人物はなかなかいません。 藩主の息子に生まれながら、腕一本を頼りに諸国を放浪し戦いに明け暮れ、「徳川家康」の側近となっても、なお先頭で戦い続けた武将です。そのどこを切ってもエネルギーに満ちあふれた水野勝成の生涯を追い、数多く残る逸話から、戦国自由人・水野勝成の魅力を探っていきます。

水野勝成

前田慶次(前田慶次郎・前田利益)

前田慶次(前田慶次郎・前田利益)
「前田慶次」(別名:前田慶次郎・前田利益)は「関ヶ原の戦い」のあと、「私の主は上杉景勝ただひとりだ」と言い放ったほど、主君に対して最後まで律儀であった戦国武将です。 小説や漫画にも取り上げられる「前田慶次」とは、どのような人物だったのでしょうか。 前田利家の弟の息子と言われる「前田慶次」ですが、彼の詳しい出生や功績を示す資料は少なく、「慶次」という名も、実は本名ではありません。 今なお謎が多い「前田慶次」ですが、前田利家を騙して水風呂へ入れた隙に、前田家を出奔したり、愛馬である「松風」を贅沢に装飾したりするなど、破天荒な逸話が多数あります。 ここでは様々な逸話から「傾奇者」(かぶきもの)と称されてきた、「前田慶次」にまつわる名言や逸話、家紋などをまとめました。

前田慶次(前田慶次郎・前田利益)

前田玄以

前田玄以
戦国時代の英傑である「織田信長」、「豊臣秀吉」、「徳川家康」の3人すべてに仕えた武将は多くありません。しかし、3人に器量を認められ、重用された人物のひとりに「前田玄以」(まえだげんい)がいます。英傑らは、それぞれまったく異なる性格ですが、共通して人物の器量を見抜く眼力は、優れていたに違いありません。そんな前田玄以は、豊臣秀吉に仕えた五奉行として、「石田三成」らと共に名を連ねていたことが有名です。 ここでは、朝廷にも人脈を形成し、外交や内政で活躍した前田玄以についてご紹介します。

前田玄以

前田利家

前田利家
「加賀百万石」の初代の大名として北陸を治めた「前田利家」(まえだとしいえ)。「そろばん好きの堅実な大名」、「愛妻家の武将」として有名ですが、大名としての成功を果たすまでには、どんな決断と苦悩があったのでしょうか。 ここでは、前田利家の生い立ちから、「織田信長」、「豊臣秀吉」との関係、そして加賀百万石に至るまでの功績について詳しく解説していきます。

前田利家

注目ワード

注目ワード