名家に代々伝えられた日本刀

内藤氏伝来・二王清綱作の伝二王

文字サイズ

「二王清綱」(におうきよつな)が作り、「内藤氏」が所有していたとされる重要刀剣の刀「伝二王」。「二王派」は、「大和鍛冶」(やまとかじ)達とも親交が深かったことから、その影響が作刀にも色濃く反映されており、本刀においても、その独特な風格を漂わせているのです。今回は、この二王清綱の持つ技術が、十分に注入された刀である伝二王の歴史や特徴を紐解いていくと共に、二王派と大和鍛冶との関係などについても掘り下げていきます。

伝二王を所有していた内藤氏の歴史

内藤氏は中世の日本において、周防国(すおうのくに:現在の山口県東部)や長門国(ながとのくに:現在の山口県西部)など、全国の拠点で大きく栄えた豪族、大名の一族として知られています。また、場所によって、複数の支流に家系が分かれているのも内藤氏の特徴です。

源頼朝の御家人から始まった

「内藤盛家」(ないとうもりいえ)という、「源頼朝」(みなもとのよりとも)の御家人が先祖にあたるとされる内藤氏。鎌倉時代に活躍したあとは、応仁年間(1467~1469年)の頃、三河国(みかわのくに:現在の愛知県東半部)に移り住むこととなります。

その後、内藤重清(ないとうしげきよ)が西三河の国人衆(こくじんしゅう:南北朝、室町時代の地方豪族)のひとりとして頭角を現し、松平氏に服属する形で勢力を拡大。戦国時代の中でも順調に戦功を挙げていき、内藤清長(ないとうきよなが)の嫡子・内藤家長(ないとういえなが)が、同氏で初めて大名にまで上り詰めたのです。

松平氏に服属していたため、戦国時代では、当然「徳川家康」方に付くことになりました。護衛兼御意見番として、徳川家康のそばに仕えることもあったとのこと。そして、この三河を拠点とした内藤氏は、江戸時代になると、それまでの数々の功績が讃えられ、数家に分かれて譜代大名として様々な地方で隆盛しました。明治維新の頃に存在した大名内藤家は、全部で6家。

そのなかでも、安房国勝山藩(あわのくにかつやまはん:現在の千葉県安房郡)藩主「内藤清政」(ないとうきよまさ)の系統は、「新宿区内藤町」という地に、その名が残されているのです。また、内藤氏には、この三河系の内藤氏と租を同じくする「丹波系」(たんばけい)と、「周防長門系」(すおうながとけい)の2つの支流が存在しています。

丹波国の守護代・内藤氏(丹波系)とは

細川高国

細川高国

丹波系の内藤氏は、「細川氏」(ほそかわし)の直属の家臣として仕えていました。

応仁の乱」が起こった際、但馬国(たじまのくに:現在の兵庫県北部)から出撃した「太田垣氏」(おおたがきし)との交戦などで一定の戦功を挙げ、丹波国(たんばのくに:現在の京都府中央部、及び兵庫県東部)の守護代(しゅごだい:鎌倉時代、及び室町時代に、守護の代官として任国に置かれた有力御家人)として大きく活躍していたのです。

そして内藤貞正(ないとうさだまさ)の時代、細川氏が「細川高国」(ほそかわたかくに)派と細川晴元(ほそかわはるもと)派に分裂すると、細川高国派の重臣として付き従っています。

しかし、「波多野稙通」(はたのたねみち)・「柳本賢治」(やなぎもとかたはる)兄弟が細川高国政権を倒したことで、内藤氏の勢力に陰りが見え始めたのです。

八木城

八木城

さらに、内藤貞正の子・内藤国貞(ないとうくにさだ)が波多野氏に破れたことで状況が悪化。

ついには内藤氏が居城としていた「八木城」(やぎじょう:現在の兵庫県南丹市)が「波多野秀忠」(はたのひでただ)によって陥落させられ、丹波を奪われる結果になりました。

その後は、「内藤宗勝/松永長頼」(ないとうそうしょう/まつながながより)の代で波多野氏を討つことに成功し、丹波の支配も一旦取り戻します。

しかし、その栄華も束の間、1578年(天正6年)、「織田信長」の丹波攻略に伴う「明智光秀」(あけちみつひで)の攻撃により、八木城は再び陥落。こうして、戦国大名・丹波系の内藤氏は、滅亡という道を辿ることになったのです。

長門国の守護代・内藤氏(周防長門系)の歴史

周防国に定住し、大内氏に仕えていた周防長門系の内藤氏。室町時代中期頃からは、長門国の守護代も務めていました。長門国の守護大名、及び戦国大名であった「大内氏」(おおうちし/おおうちうじ)の最盛期を支え続けながら、その勢力を伸ばしていった一族です。

内藤興盛

内藤興盛

戦国時代には、「大内義隆」(おおうちよしたか)の側近として仕えた「内藤興盛」(ないとうおきもり)が、安芸国(あきのくに)などを領していた「毛利隆元」(もうりたかもと)のもとに自身の娘を嫁がせ、毛利家との親類関係を強化していたことも。

ところが、順調に勢力を伸ばしている最中であった1551年(天文20年)、大内氏の家臣「陶隆房/晴賢」(すえたかふさ/はるかた)が起こした「大寧寺の変」(たいねいじのへん)によって大内氏が実質的に滅亡したことで、状況が一変。

内藤家の中でも対立が激化し、「毛利元就」(もうりもとなり)派であった「内藤隆春」(ないとうたかはる)の自害などを経て勢力が弱まっていきました。最終的には子孫が長州藩(ちょうしゅうはん:現在の山口県萩市)藩士として存続するものの、それまでのような勢力はなくなってしまったのです。

甲斐国の国人・内藤氏(甲斐系)

内藤昌秀

内藤昌秀

内藤氏の一派は、甲斐国(かいのくに:現在の山梨県)にも存在していました。甲斐系の内藤氏は鎌倉時代、「甲斐源氏」(かいげんじ)に従ったとされる「工藤氏」(くどうし)の系統である一族です。

しかし、戦国時代に入ると「武田信虎」(たけだのぶとら)に反抗したことで、断絶の憂き目に。その際、「工藤下総守虎豊」(くどうしもうさのかみとらとよ)が唯一亡命に成功。

のちに、その子である「内藤昌秀/昌豊」(ないとうまさひで/まさとよ)が「武田信玄」(たけだしんげん)に側近として仕え、甲斐系の内藤氏の歴史を、辛うじて存続させることができました。

そのあと内藤昌秀は、1561年(永禄4年)の「川中島の戦い」(かわなかじまのたたかい)での活躍を皮切りに、徐々に武功を挙げていき、「箕輪城」(みのわじょう:群馬県高崎市)の城代(じょうだい:城主の留守を任され、城を管理していた者)になるところまで上り詰めていきます。しかし、その栄華は短いものでした。

内藤昌秀は、1575年(天正3年)「長篠の戦い」(ながしののたたかい)にて討死。内藤昌秀の養子であった内藤昌月(ないとうまさあき)が家を引き継ぎますが、仕えていた武田氏の滅亡により後ろ盾を喪失。内藤昌月の努力の甲斐があって、なんとか「後北条氏」(ごほうじょうし/ごほうじょううじ)5代当主「北条氏直」(ほうじょううじなお)に降ることができたものの、内藤昌月の死後、今度は後北条氏が「豊臣秀吉」に滅ぼされます。結局、内藤氏の所領は失われてしまったのです。

  • 武将達が戦った全国各地の古戦場をご紹介!

  • 歴史上の人物が活躍した合戦をご紹介!

  • 武将達が戦った全国各地の古戦場をご紹介!

  • 歴史上の人物が活躍した合戦をご紹介!

  • 歴史を動かした有名な戦国武将や戦い(合戦)をご紹介!

伝二王を作った二王清綱とは?

このように中世から近世に至るまで、大名として各地を治めていた内藤氏。同氏に伝来していたとされる「伝二王」は、鎌倉時代中期頃に「二王清綱」によって作られた1振です。

二王清綱が属する二王派は、鎌倉時代初期、元久年間(1204~1206年)頃の「二王三郎清綱」(におうさぶろうきよつな)を祖とし、鎌倉時代中期から室町時代末期までその隆盛を誇り、江戸時代の新刀期に至るまで続きました。ちなみにこの「二王」という呼称は、同派が周防国二保庄(にのおしょう:現在の山口県山口市仁保)に居住していたことが由来である説が有力視されています。

二王派と親交が深かった大和鍛冶とは

二王派の作刀には、その作風に「大和鍛冶」(大和国[やまとのくに:現在の奈良県]の刀工)の気質が強く見受けられます。当時の周防国には、大和国における東大寺(とうだいじ)領の荘園が多数あったことから、大和鍛冶との親交を深めることができたため、彼らの影響を大きく受けていたのです。大和鍛冶が作る日本刀は「大和物」(やまともの)と呼ばれ、名工も多く輩出しており、数々の名刀を作り出したことでも広く知られています。

伝二王の特徴

本刀、伝二王の最大の特徴は、大磨上(おおすりあげ:がなくなるほどに、刀身の長さを短く仕立て直すこと)であるにもかかわらず、腰反りから鎬筋(しのぎすじ)まで高く作り込まれている点。ここには、大和鍛冶の気質を十二分に受け継いでいることが顕著に表れています。

その一方で、二王清綱の典型的な形も両立し、ほど良い具合の日本刀が完成しているのです。まったく緩みがない美しい刀だからこそ、内藤氏にも代々愛されてきたと言えます。

刀 無銘 伝二王
刀 無銘 伝二王
無銘
鑑定区分
重要刀剣
刃長
75.4
所蔵・伝来
刀剣ワールド財団
〔 東建コーポレーション 〕

内藤氏伝来・二王清綱作の伝二王

内藤氏伝来・二王清綱作の伝二王をSNSでシェアする

「名家に代々伝えられた日本刀」の記事を読む


館林藩秋元家伝来の水心子白熊入道正秀

館林藩秋元家伝来の水心子白熊入道正秀
「秋元家」(あきもとけ)は、「徳川家康」(とくがわいえやす)に仕えた大名です。転封(てんぽう:所領を別の場所に移すこと)を繰り返した秋元家が、最後に所領としたのが上野国館林藩(こうずけのくにたてばやしはん:現在の群馬県館林市)でした。 徳川家と深い縁があったにもかかわらず、幕末は新政府側の一員となった秋元家の歴史とはどのようなものだったのでしょうか。

館林藩秋元家伝来の水心子白熊入道正秀

谷家伝来の薙刀 無銘 長船秀光

谷家伝来の薙刀 無銘 長船秀光
本薙刀の制作者は、備前長船の刀匠であり、「最上大業物鍛冶師」(さいじょうおおわざものかじし)と称えられる「長船秀光」(おさふねひでみつ)。南北朝時代に小反り物(こぞりもの)の代表的な刀工として活動していました。 小反り物とは、長船鍛冶の嫡流(ちゃくりゅう:正統の流派)の「兼光」(かねみつ)や、傍系の「元重」(もとしげ)、「長義」(ながよし/ちょうぎ)に属さない刀工郡のこと。そんな刀鍛冶の手による、特別保存刀剣の薙刀、無銘 長船秀光は「谷家」(たにけ)に伝来しました。 ここでは、「織田信長」(おだのぶなが)や「豊臣秀吉」(とよとみひでよし)にかかわりのある谷家の歴史や経歴をご紹介するのに合わせて、薙刀 無銘 長船秀光の歴史や特徴もご説明していきます。

谷家伝来の薙刀 無銘 長船秀光

宇喜多家・前田家伝来の薙刀 伯耆国住広賀

宇喜多家・前田家伝来の薙刀 伯耆国住広賀
薙刀 銘 伯耆国住広賀 号 渡海龍(ほうきこくじゅうひろよし ごう とかいりゅう)は、刀工「伯耆国住広賀」(ほうきこくじゅうひろよし)の手によって作られた薙刀です。その持ち主は、備前国武将であった「宇喜多秀家」(うきたひでいえ)。渡海龍の号は、1592年(文禄元年)に「豊臣秀吉」の命で朝鮮へ出兵した「文禄の役」の際、宇喜多秀家がこの薙刀で奮闘したことから付けられました。 本薙刀は宇喜多秀家のあと、宇喜多家と深い関係があった加賀前田家へと伝来。そこで、刀工一派である伯耆国住広賀とその持ち主であった宇喜多秀家、そして宇喜多家と前田家との関係を紐解いていくと共に薙刀 銘 伯耆国住広賀の魅力をご紹介します。

宇喜多家・前田家伝来の薙刀 伯耆国住広賀

能勢氏伝来の日本刀 丹後守兼道

能勢氏伝来の日本刀 丹後守兼道
「能勢氏」(のせし)の始まりは平安時代後期。以来、摂津国能勢郡(せっつのくにのせぐん:現在の大阪府)に領地を置きますが、「織田信長」(おだのぶなが)や「豊臣秀吉」(とよとみひでよし)に相次いで攻め込まれ、領地を失うこととなります。そののち、日蓮宗の寺に逃げ延び、いつか能勢氏を再興することを願い続けた結果、「徳川家康」(とくがわいえやす)の時代にその願いを叶えることになるのです。一度は一族の危機にもさらされた能勢氏がどのように再興していったのか、歴史を紐解いてみました。

能勢氏伝来の日本刀 丹後守兼道

相模国三浦氏から北条氏に渡った名刀 正恒

相模国三浦氏から北条氏に渡った名刀 正恒
本刀、額銘「正恒」(まさつね)は、平安時代後期から戦国時代に相模国三浦(さがみのくにみうら:現在の神奈川県)を拠点とした「三浦氏宗家」と、その流れをくむ「相模三浦氏」が所持したとされる名品です。太刀(たち)を磨上げて打刀(うちがたな)に直したと伝えられています。三浦氏滅亡後は、宿敵であり、小田原城を本拠に関東に勢力を伸ばした「後北条氏」(ごほうじょうし:戦国大名の北条氏のこと)のもとへ渡りました。本刀を作刀した備前国(びぜんのくに:現在の岡山県)の刀工「正恒」は、平安時代後期に活躍した「古備前派」の名工です。今回は、三浦氏と後北条氏について解説すると共に、正恒の作風や特徴について述べていきます。

相模国三浦氏から北条氏に渡った名刀 正恒

丹後宮津・本庄松平家伝来の太刀 来国俊

丹後宮津・本庄松平家伝来の太刀 来国俊
本太刀は、「来一門」の刀工「来国俊」(らいくにとし)が制作し、丹後国宮津(たんごのくにみやづはん:現在の京都府宮津市)の宮津藩「本庄松平家」(ほんじょうまつだいらけ)に伝来した雅な作品です。本庄松平家は江戸時代に栄え、下級武士から幕閣(ばっかく:幕府の最高行政機関)の中枢を担う一流の家柄となりました。ここでは、本庄松平家の歴史についてふれながら、太刀 来国俊を解説していきます。

丹後宮津・本庄松平家伝来の太刀 来国俊

土佐藩山内家と刀匠・堀川国広による 洛陽一条住信濃守国広

土佐藩山内家と刀匠・堀川国広による 洛陽一条住信濃守国広
土佐国(とさのくに:現在の高知県)1国を領有していた土佐藩のルーツは、戦国時代に「土佐七雄」(とさしちゆう:室町時代末期から戦国時代に、土佐国に存在した7つの豪族の総称)のひとりだった「長宗我部/長曾我部元親」(ちょうそかべもとちか)が領主となったことに始まります。その後、息子の「長宗我部盛親」(ちょうそかべもりちか)が領主を引き継ぎましたが、「関ヶ原の戦い」で敗軍となった「西軍」に与していたことから、土佐国を没収されました。そして、長宗我部氏に替わって土佐に入封した「山内家」(やまうちけ)が、明治維新に至るまでのおよそ270年統治していくこととなったのです。今回は、土佐藩を代々牽引してきた山内家の歴史を振り返ると共に、土佐藩3代藩主の愛刀を鍛えた「新刀の祖」と称される刀匠「堀川国広」(ほりかわくにひろ)についてご紹介します。

土佐藩山内家と刀匠・堀川国広による 洛陽一条住信濃守国広

京都所司代・板倉家と天秤と称された薙刀

京都所司代・板倉家と天秤と称された薙刀
江戸幕府によって設置された「京都所司代」(きょうとしょしだい)は、京の治安を維持するために置かれた行政機関で、鎌倉幕府の「六波羅探題」(ろくはらたんだい)や室町幕府の「所司代」(しょしだい)を参考に定められた役職です。京都所司代の主な任務は、現代で言うところの裁判官の職務。市中で起こる様々な事件や騒動の解決のために裁判を行なうなど、社会の秩序を維持する重要な役割を果たしていました。ここでは、親子2代で京都所司代を務めた板倉家(いたくらけ)と共に、「板倉重宗」(いたくらしげむね)が所持していた「天秤」(てんびん)の号を持つ「薙刀」(なぎなた)についてご紹介します。

京都所司代・板倉家と天秤と称された薙刀

10代将軍・家治と名刀 光則

10代将軍・家治と名刀 光則
徳川10代将軍「家治」(いえはる)と言えば、日本史において「賄賂政治家」と悪名高い「田沼意次」(たぬまおきつぐ)を老中に就かせて田沼政治を行なわせたことで、暗君と評価されてしまった不運な将軍です。しかし、そんな家治も幼い頃は徳川家から期待される文武に秀でた人物だったとか。 今回は将軍・家治と老中・意次のエピソードを中心に、家治から酒井家へ贈られた名刀「光則」(みつのり)についてご紹介します。

10代将軍・家治と名刀 光則

注目ワード

注目ワード