名家に代々伝えられた日本刀

内藤氏伝来・二王清綱作の伝二王

文字サイズ

「二王清綱」(におうきよつな)が作り、「内藤氏」が所有していたとされる重要刀剣の刀「伝二王」。「二王派」は、「大和鍛冶」(やまとかじ)達とも親交が深かったことから、その影響が作刀にも色濃く反映されており、本刀においても、その独特な風格を漂わせているのです。今回は、この二王清綱の持つ技術が、十分に注入された刀である伝二王の歴史や特徴を紐解いていくと共に、二王派と大和鍛冶との関係などについても掘り下げていきます。

伝二王を所有していた内藤氏の歴史

内藤氏は中世の日本において、周防国(すおうのくに:現在の山口県東部)や長門国(ながとのくに:現在の山口県西部)など、全国の拠点で大きく栄えた豪族、大名の一族として知られています。また、場所によって、複数の支流に家系が分かれているのも内藤氏の特徴です。

源頼朝の御家人から始まった

「内藤盛家」(ないとうもりいえ)という、「源頼朝」(みなもとのよりとも)の御家人が先祖にあたるとされる内藤氏。鎌倉時代に活躍したあとは、応仁年間(1467~1469年)の頃、三河国(みかわのくに:現在の愛知県東半部)に移り住むこととなります。

その後、内藤重清(ないとうしげきよ)が西三河の国人衆(こくじんしゅう:南北朝、室町時代の地方豪族)のひとりとして頭角を現し、松平氏に服属する形で勢力を拡大。戦国時代の中でも順調に戦功を挙げていき、内藤清長(ないとうきよなが)の嫡子・内藤家長(ないとういえなが)が、同氏で初めて大名にまで上り詰めたのです。

松平氏に服属していたため、戦国時代では、当然「徳川家康」方に付くことになりました。護衛兼御意見番として、徳川家康のそばに仕えることもあったとのこと。そして、この三河を拠点とした内藤氏は、江戸時代になると、それまでの数々の功績が讃えられ、数家に分かれて譜代大名として様々な地方で隆盛しました。明治維新の頃に存在した大名内藤家は、全部で6家。

そのなかでも、安房国勝山藩(あわのくにかつやまはん:現在の千葉県安房郡)藩主「内藤清政」(ないとうきよまさ)の系統は、「新宿区内藤町」という地に、その名が残されているのです。また、内藤氏には、この三河系の内藤氏と租を同じくする「丹波系」(たんばけい)と、「周防長門系」(すおうながとけい)の2つの支流が存在しています。

丹波国の守護代・内藤氏(丹波系)とは

細川高国

細川高国

丹波系の内藤氏は、「細川氏」(ほそかわし)の直属の家臣として仕えていました。

応仁の乱」が起こった際、但馬国(たじまのくに:現在の兵庫県北部)から出撃した「太田垣氏」(おおたがきし)との交戦などで一定の戦功を挙げ、丹波国(たんばのくに:現在の京都府中央部、及び兵庫県東部)の守護代(しゅごだい:鎌倉時代、及び室町時代に、守護の代官として任国に置かれた有力御家人)として大きく活躍していたのです。

そして内藤貞正(ないとうさだまさ)の時代、細川氏が「細川高国」(ほそかわたかくに)派と細川晴元(ほそかわはるもと)派に分裂すると、細川高国派の重臣として付き従っています。

しかし、「波多野稙通」(はたのたねみち)・「柳本賢治」(やなぎもとかたはる)兄弟が細川高国政権を倒したことで、内藤氏の勢力に陰りが見え始めたのです。

八木城

八木城

さらに、内藤貞正の子・内藤国貞(ないとうくにさだ)が波多野氏に破れたことで状況が悪化。

ついには内藤氏が居城としていた「八木城」(やぎじょう:現在の兵庫県南丹市)が「波多野秀忠」(はたのひでただ)によって陥落させられ、丹波を奪われる結果になりました。

その後は、「内藤宗勝/松永長頼」(ないとうそうしょう/まつながながより)の代で波多野氏を討つことに成功し、丹波の支配も一旦取り戻します。

しかし、その栄華も束の間、1578年(天正6年)、「織田信長」の丹波攻略に伴う「明智光秀」(あけちみつひで)の攻撃により、八木城は再び陥落。こうして、戦国大名・丹波系の内藤氏は、滅亡という道を辿ることになったのです。

長門国の守護代・内藤氏(周防長門系)の歴史

周防国に定住し、大内氏に仕えていた周防長門系の内藤氏。室町時代中期頃からは、長門国の守護代も務めていました。長門国の守護大名、及び戦国大名であった「大内氏」(おおうちし/おおうちうじ)の最盛期を支え続けながら、その勢力を伸ばしていった一族です。

内藤興盛

内藤興盛

戦国時代には、「大内義隆」(おおうちよしたか)の側近として仕えた「内藤興盛」(ないとうおきもり)が、安芸国(あきのくに)などを領していた「毛利隆元」(もうりたかもと)のもとに自身の娘を嫁がせ、毛利家との親類関係を強化していたことも。

ところが、順調に勢力を伸ばしている最中であった1551年(天文20年)、大内氏の家臣「陶隆房/晴賢」(すえたかふさ/はるかた)が起こした「大寧寺の変」(たいねいじのへん)によって大内氏が実質的に滅亡したことで、状況が一変。

内藤家の中でも対立が激化し、「毛利元就」(もうりもとなり)派であった「内藤隆春」(ないとうたかはる)の自害などを経て勢力が弱まっていきました。最終的には子孫が長州藩(ちょうしゅうはん:現在の山口県萩市)藩士として存続するものの、それまでのような勢力はなくなってしまったのです。

甲斐国の国人・内藤氏(甲斐系)

内藤昌秀

内藤昌秀

内藤氏の一派は、甲斐国(かいのくに:現在の山梨県)にも存在していました。甲斐系の内藤氏は鎌倉時代、「甲斐源氏」(かいげんじ)に従ったとされる「工藤氏」(くどうし)の系統である一族です。

しかし、戦国時代に入ると「武田信虎」(たけだのぶとら)に反抗したことで、断絶の憂き目に。その際、「工藤下総守虎豊」(くどうしもうさのかみとらとよ)が唯一亡命に成功。

のちに、その子である「内藤昌秀/昌豊」(ないとうまさひで/まさとよ)が「武田信玄」(たけだしんげん)に側近として仕え、甲斐系の内藤氏の歴史を、辛うじて存続させることができました。

そのあと内藤昌秀は、1561年(永禄4年)の「川中島の戦い」(かわなかじまのたたかい)での活躍を皮切りに、徐々に武功を挙げていき、「箕輪城」(みのわじょう:群馬県高崎市)の城代(じょうだい:城主の留守を任され、城を管理していた者)になるところまで上り詰めていきます。しかし、その栄華は短いものでした。

内藤昌秀は、1575年(天正3年)「長篠の戦い」(ながしののたたかい)にて討死。内藤昌秀の養子であった内藤昌月(ないとうまさあき)が家を引き継ぎますが、仕えていた武田氏の滅亡により後ろ盾を喪失。内藤昌月の努力の甲斐があって、なんとか「後北条氏」(ごほうじょうし/ごほうじょううじ)5代当主「北条氏直」(ほうじょううじなお)に降ることができたものの、内藤昌月の死後、今度は後北条氏が「豊臣秀吉」に滅ぼされます。結局、内藤氏の所領は失われてしまったのです。

伝二王を作った二王清綱とは?

このように中世から近世に至るまで、大名として各地を治めていた内藤氏。同氏に伝来していたとされる「伝二王」は、鎌倉時代中期頃に「二王清綱」によって作られた1振です。

二王清綱が属する二王派は、鎌倉時代初期、元久年間(1204~1206年)頃の「二王三郎清綱」(におうさぶろうきよつな)を祖とし、鎌倉時代中期から室町時代末期までその隆盛を誇り、江戸時代の新刀期に至るまで続きました。ちなみにこの「二王」という呼称は、同派が周防国二保庄(にのおしょう:現在の山口県山口市仁保)に居住していたことが由来である説が有力視されています。

二王派と親交が深かった大和鍛冶とは

二王派の作刀には、その作風に「大和鍛冶」(大和国[やまとのくに:現在の奈良県]の刀工)の気質が強く見受けられます。当時の周防国には、大和国における東大寺(とうだいじ)領の荘園が多数あったことから、大和鍛冶との親交を深めることができたため、彼らの影響を大きく受けていたのです。大和鍛冶が作る日本刀は「大和物」(やまともの)と呼ばれ、名工も多く輩出しており、数々の名刀を作り出したことでも広く知られています。

伝二王の特徴

本刀、伝二王の最大の特徴は、大磨上(おおすりあげ:がなくなるほどに、刀身の長さを短く仕立て直すこと)であるにもかかわらず、腰反りから鎬筋(しのぎすじ)まで高く作り込まれている点。ここには、大和鍛冶の気質を十二分に受け継いでいることが顕著に表れています。

その一方で、二王清綱の典型的な形も両立し、ほど良い具合の日本刀が完成しているのです。まったく緩みがない美しい刀だからこそ、内藤氏にも代々愛されてきたと言えます。

刀 無銘 伝二王
刀 無銘 伝二王
無銘
鑑定区分
重要刀剣
刃長
75.4
所蔵・伝来
刀剣ワールド財団
〔 東建コーポレーション 〕

内藤氏伝来・二王清綱作の伝二王

内藤氏伝来・二王清綱作の伝二王をSNSでシェアする

「名家に代々伝えられた日本刀」の記事を読む


徳川将軍家伝来の太刀 備州長船住景光

徳川将軍家伝来の太刀 備州長船住景光
「徳川将軍家」と言えば、江戸幕府の初代将軍「徳川家康」の一族のこと。武力、財力共に日本一の成功者。江戸幕府は滅びましたが、徳川将軍家に伝わる宝物は、現在も「徳川美術館」(愛知県名古屋市)などに数多く所蔵され、輝き続けています。そんな貴重な徳川将軍家伝来の太刀1振が、刀剣ワールド財団の所蔵となりました。重要文化財(旧国宝)「太刀 銘 備州長船住景光 正和五年十月日」について、詳しくご紹介します。

徳川将軍家伝来の太刀 備州長船住景光

岡山藩池田家伝来の打刀と大太刀

岡山藩池田家伝来の打刀と大太刀
日本各地に異なる系統が見られる「池田氏」のなかでも、江戸時代初期頃に全盛期を迎えた近世大名の「池田家」は、備前国岡山藩(現在の岡山県岡山市)を筆頭に、播磨国(現在の兵庫県南西部)や淡路国(現在の兵庫県淡路島)などの諸藩を領有していました。代々岡山藩の藩主として、そして外様大名としての池田家が、どのような歴史を辿って発展したのかをご説明すると共に、「刀剣ワールド財団」が所蔵する同家伝来の刀剣2振について解説します。

岡山藩池田家伝来の打刀と大太刀

守護大名山名家伝来の太刀 銘 国宗(伯耆)

守護大名山名家伝来の太刀 銘 国宗(伯耆)
室町時代の守護大名として、最大で11ヵ国にも及ぶ所領を有していた「山名家」。主に山陰地方において、同家が大きな勢力を誇ることになったのは、「室町幕府」が開かれたあと、伯耆国(現在の鳥取県中西部)の守護職に任じられたことから始まります。そんな山名家に伝来したのが、同国で作刀活動を行っていた名工「伯耆国宗」(ほうきくにむね)による「太刀 銘 国宗」です。どのような経緯を経て、山名家が隆盛を極めるまでに至ったのか、同家の歴史を辿ると共に、国宗による本太刀の詳細についてもご説明します。

守護大名山名家伝来の太刀 銘 国宗(伯耆)

久保田藩佐竹家と福岡一文字の太刀

久保田藩佐竹家と福岡一文字の太刀
「久保田藩」は、江戸時代に出羽国秋田(でわのくにあきた:現在の秋田県)を領地とした藩で、別名「秋田藩」。室町時代以降、「常陸国」(ひたちのくに:現在の茨城県)で代々守護を務めていた佐竹氏が秋田へ国替えとなって藩主となり、初代は豊臣政権下で活躍した名将「佐竹義宣」(さたけよしのぶ)が務めました。今回は東北の地・秋田を260年に亘って統治した佐竹家をご紹介すると共に、久保田藩佐竹家に伝来した「福岡一文字」(ふくおかいちもんじ)の名刀を観ていきましょう。

久保田藩佐竹家と福岡一文字の太刀

水戸徳川家伝来の短刀 吉貞

水戸徳川家伝来の短刀 吉貞
南北朝時代に制作されたと伝わる「短刀 銘 吉貞」は、「水戸徳川家」に伝来した1振です。同家は江戸幕府の開府後、幕府によって常陸国水戸(ひたちのくにみと:現在の茨城県水戸市)に移された徳川家の一族であり、「尾張徳川家」や「紀州徳川家」と共に「徳川御三家」のひとつに数えられる名門中の名門。時代劇「水戸黄門」でお馴染みの水戸藩2代藩主「徳川光圀」(とくがわみつくに)も、水戸徳川家の出身です。ここでは、吉貞が伝来した水戸徳川家と水戸藩に焦点を当てつつ、吉貞の歴史や特徴について解説します。

水戸徳川家伝来の短刀 吉貞

安芸吉川家と名刀 備州長船近景

安芸吉川家と名刀 備州長船近景
「長船近景」(おさふねちかがけ)は、日本の代表的な刀剣の産地である、備前国(現在の岡山県東南部)の刀工。その作刀のいくつかは、「国宝」や「重要文化財」などに指定されるほどの高い技術力を持った名工でした。 そんな長船近景による作刀のひとつである「刀 銘 備州長船近景」を所有していたのが、江戸時代に代々周防国岩国藩(すおうのくにいわくにはん:現在の山口県岩国市)の藩主を務め、明治時代には「子爵」(ししゃく)の爵位を授けられた、「吉川家」(きっかわけ)宗家にあたる「安芸吉川家」(あききっかわけ)と伝えられているのです。ここでは、安芸吉川家の歴史を振り返ると共に、同家に伝来した刀 銘 備州長船近景についてご紹介します。

安芸吉川家と名刀 備州長船近景

有栖川宮家伝来の小太刀 長光と卍桜井正次勤作

有栖川宮家伝来の小太刀 長光と卍桜井正次勤作
「有栖川宮家」(ありすがわのみやけ)は、江戸時代から大正時代にかけて存続した、由緒正しい宮家(宮号を与えられた皇族)です。特に、「有栖川宮熾仁親王」(ありすがわのみやたるひとしんのう)と「有栖川宮威仁親王」(ありすがわのみやたけひとしんのう)は、刀剣好きと知られています。有栖川宮家の歴史と有栖川宮家にまつわる刀剣について、詳しくご紹介します。

有栖川宮家伝来の小太刀 長光と卍桜井正次勤作

前田家伝来の薙刀 無銘 片山一文字(号 大外刈)

前田家伝来の薙刀 無銘 片山一文字(号 大外刈)
薙刀の必殺技「大外刈」(おおそとがり)の号を持つ「薙刀 無銘 片山一文字」。この薙刀を最初に所持していたのは、薙刀の名手と言われた「山口修弘」(やまぐちながひろ)です。豊臣秀吉から賜ったこの薙刀はそののち、どのようにして加賀百万石を誇る前田家へと伝わったのでしょうか。薙刀 無銘 片山一文字(号 大外刈)について、詳しくご紹介します。

前田家伝来の薙刀 無銘 片山一文字(号 大外刈)

家を守る守家によって作られた徳川家伝来の刀

家を守る守家によって作られた徳川家伝来の刀
徳川将軍家の世継ぎ誕生の折に「徳川御三家」や大名家より、度々献上された刀剣が「守家」(もりいえ)作の「太刀 銘 守家」です。その名前が「家を守る」といった意味にもなることから、縁起の良い日本刀だとして重宝されました。刀工・守家と、代々繁栄した徳川家についてご紹介します。

家を守る守家によって作られた徳川家伝来の刀