中国・四国地方の戦国大名

長宗我部家の歴史と武具(刀剣・甲冑)

文字サイズ

長宗我部家は、戦国時代に土佐国(現在の高知県)を中心として四国地方で活躍した戦国大名です。「長宗我部元親」(ちょうそかべもとちか)の代には、「織田信長」や「豊臣秀吉」ら天下人とも戦いながら四国全土を統一し、長宗我部家の全盛期を築きました。今回はそんな長宗我部家の歴史とゆかりの刀剣や甲冑(鎧兜)、長宗我部家を支えた家臣についてご紹介します。

長宗我部家の来歴

長宗我部家の家紋「七つ片喰」

長宗我部家の家紋「七つ片喰」

長宗我部家は、土佐国長岡郡(とさのくにながおかぐん:現在の高知県)の国人領主でした。

後醍醐天皇(ごだいごてんのう)の建武政権が始まった1333年(元弘3年)、「長宗我部信能」(ちょうそかべのぶよし)は「足利尊氏」(あしかがたかうじ)の命を受け土佐に入ると、その後に土佐国の守護となった細川京兆家(ほそかわけいちょうけ)の家臣となり、寺奉行を務めました。

戦国時代に入り応仁の乱が起こると、代々関白(天皇を補佐する官職)を務めるなど有力な公家であった一条家の「一条教房」(いちじょうのりふさ)が、戦乱を逃れ土佐に移り同地を支配。長宗我部家は土佐一条家の下で、土佐七雄(とさしちゆう)と呼ばれる有力国人のひとつとなります。

しかし1508年(永正5年)、土佐七雄の中で最も小さな勢力であった長宗我部家は、他の土佐七雄に居城としていた岡豊城(おこうじょう:高知県南国市)を攻められ落城。当主であった「長宗我部兼序」(ちょうそかべかねつぐ)も自害し、長宗我部家は一時的に滅亡します。このとき侵略してきた勢力は定かではありませんが、土佐七雄のうちのいくつかの連合軍だという説が有力とされています。

長宗我部兼序の子「長宗我部国親」(ちょうそかべくにちか)は、土佐一条家に落ち延び、幼少期を過ごしました。その後、元服を機に長宗我部家の当主に就任。土佐一条家の周辺勢力への働きかけもあり、長宗我部国親は岡豊城の城主と認められ、長宗我部国親は長宗我部家の再興を果たします。

さらに長宗我部国親は、周囲に侵攻し勢力を拡大。娘を嫁がせ土佐七雄各家と姻戚関係になったり、息子を土佐七雄のひとつ香宗我部家の養子にし「香宗我部親泰」(こうそかべちかやす)として家督を継がせ従属させたりと、土佐の有力武将の中でも抜きん出た存在となります。

また長宗我部国親は、一領具足(いちりょうぐそく)と呼ばれる兵力組織を考案したとされます。一領具足とは、農民に武器や鎧を常備させ、戦が起きた際には兵士として参戦させる半農半兵の制度で、日々の農作業で鍛えられた農民は屈強な兵士として活躍しました。

土佐国の弱小勢力であった長宗我部家。一時は領地を失い存亡の危機に陥ってからも、御家再興を目指し実現させたその志は「いごっそう」(土佐弁で[頑固者])として、幕末に活躍する「坂本龍馬」をはじめとする土佐藩士にも受け継がれていくことになりました。

長宗我部家の土佐統一

長宗我部元親

長宗我部元親

長宗我部家を再興させた長宗我部国親の死後、子の長宗我部元親が跡を継ぎます。

長宗我部元親は、長浜の戦いが初陣だったにもかかわらず、自ら突撃して勝利を呼び込み、撤退する敵の様子から、敵城・潮江城(高知県高知市)を無人と見抜き、兵を失うことなく城を攻め落としました。

その後、当主となった長宗我部元親は「本山茂辰」(もとやましげとき)を土佐の中央部から追い落とし、さらに数年後には本山家を従属させました。

長宗我部元親はこの時期に、土佐国の一宮である土佐神社(高知県高知市)の本堂を数年かけて再建。父・長宗我部国親が国分寺金堂(高知県南国市)を再建したのと同様に、領地内の重要な寺社を再建することで、長宗我部家の正統性や支配力を誇示しました。この再建事業には支配下の武士を多数動員しており、その中には父・長宗我部国親の頃やそれ以前から仕えてきた譜代の家臣などもいました。そうした者達を土佐神社造営という公的事業に動員することで、家臣団を結束させていったのです。

また、長宗我部元親はそれと同時期に弟の「長宗我部親貞」(ちょうそかべちかさだ)を本山家に滅ぼされた吉良家の養子にし、「吉良親貞」(きらちかさだ)として吉良家を復活させることで、旧吉良家臣や旧吉良領の取り込みを図り影響力を拡大します。さらに1574年(天正2年)には、主君であった一条家の「一条兼定」(いちじょうかねさだ)を豊後国(ぶんごのくに:現在の大分県)に追放。翌1575年(天正3年)には、四国に戻ってきた一条兼定を相手にした四万十川の戦いで勝利し、土佐を統一します。

その後も阿波国(あわのくに:現在の徳島県)・讃岐国(さぬきのくに:現在の香川県)を制圧、伊予国(いよのくに:現在の愛媛県)も傘下に収めつつあるところで、天下人・織田信長から従属と領地割譲を要求されますが長宗我部元親は拒否。それを口実に織田軍や織田信長と手を結んだ四国の武将「三好康長」(みよしやすなが)、「十河存保」(そごうまさやす)ら反長宗我部家の攻勢に晒されます。

劣勢に立たされ領地を奪われはじめますが、本能寺の変で織田信長が討たれると状況は一変。織田軍が手を引くと同時に奪われた領地の奪還を始め、その勢いのまま伊予国も平定し四国統一を達成します。

  • 武将達が戦った全国各地の古戦場をご紹介!

  • 歴史上の人物が活躍した合戦をご紹介!

  • 歴史を動かした有名な戦国武将や戦い(合戦)をご紹介!

四国統一から長宗我部家滅亡まで

1585年(天正13年)に四国統一を成し遂げた長宗我部元親でしたが、直後に織田信長の次に天下人となった豊臣秀吉によって、再び領地の割譲を要求されます。長宗我部元親は当初は拒否するものの、大軍によって阿波・讃岐・伊予を同時に攻められ次々と城が陥落し、降伏せざるを得なくなります。豊臣秀吉に降伏し家臣となった長宗我部元親は、領地を土佐国のみとされました。

その後、豊臣秀吉の九州征伐に従軍した際に跡取りであった「長宗我部信親」(ちょうそかべのぶちか)が戦死し、後継者問題が勃発。長宗我部元親は周囲の反対を押し切り、四男の「長宗我部盛親」(ちょうそかべもりちか)を後継者に据え、以降の政治を長宗我部元親と長宗我部盛親の2人で行なっていきました。

1599年(慶長4年)に長宗我部元親が病死し、正式に長宗我部盛親が当主となりますが、関ヶ原の戦いでは西軍として参戦したため、戦後に「徳川家康」から改易(領地を没収されること)を受けることに。こうして大名家としての長宗我部家は滅亡することとなり、その後長宗我部盛親は、長宗我部家の再興を目指し大坂の陣に豊臣家側として加わるも敗北。長宗我部盛親自身は敗走中に捕らえられたのち処刑され、長宗我部家は断絶しました。

長宗我部家が愛用した刀剣・甲冑

長宗我部家が愛用した刀剣甲冑(鎧兜)をご紹介します。

刀剣

長宗我部盛親の太刀(ちょうそかべもりちかのたち)
長宗我部盛親の太刀は、長宗我部盛親が所用していたとされる日本刀。蓮光寺には、長宗我部盛親や鐙(あぶみ)の写真があしらわれた絵葉書が販売されています。

現在は遺品として長宗我部盛親の墓所のある蓮光寺(京都府京都市)に収蔵。

荒切(あらきり)
荒切は、長宗我部元親の家老「福留親政」(ふくどめちかまさ)が長宗我部国親に献上したと言われている日本刀。1575年(天正3年)、土佐の統一を果たした長宗我部元親が阿波に出兵した際、福留親政が敵兵を荒切りしたことから名付けられた。現在の所在は不明となっています。

甲冑

朱漆塗赤糸毛引縅具足(しゅうるしぬりあかいとけびきおどしぐそく)
朱漆塗赤糸毛引縅具足

朱漆塗赤糸毛引縅具足

朱漆塗赤糸毛引縅具足は、長宗我部信親所用と伝えられる甲冑(鎧兜)。

横長の鉄板の上部を切り付け、小札のように見せた切付札の具足です。中央に日輪を置いていることが特徴で、には鹿角の脇立に御幣の後立が付いています。

現在は、雪蹊寺(高知県高知市)に収蔵されています。

鉄地十二間突盔形兜(てつじじゅうにけんとっぱいなりかぶと)
鉄地十二間突盔形兜

鉄地十二間突盔形兜

鉄地十二間突盔形兜は、長宗我部元親が所用したとされる兜で、長宗我部元親初陣の兜として土佐一宮に奉納された物です。戦国時代の実戦用の数少ない一領だと言われています。

鉢は鉄地十二枚張の突盔形で、大きなうねりのある庇である天草眉庇が付いているのが特徴です。

現在は、土佐神社(高知県高知市)に収蔵されています。

長宗我部家を支えた家臣

吉田孝頼(よしだたかより)
吉田孝頼(よしだたかより)は、長宗我部国親・長宗我部元親親子に仕え知略で長宗我部家に貢献した家臣です。

長宗我部家の兵力を担う一領具足を考案したのは、実は吉田孝頼であったとも、長宗我部国親の娘との婚姻を巡って起こった香宗我部家と、本山家の争いも吉田孝頼の策略だったとも言われています。

長宗我部家の歴史と武具(刀剣・甲冑)

長宗我部家の歴史と武具(刀剣・甲冑)をSNSでシェアする

「中国・四国地方の戦国大名」の記事を読む


尼子家の歴史と武具(刀剣・甲冑)

尼子家の歴史と武具(刀剣・甲冑)
尼子家は、戦国時代に山陰地方を中心として栄えた戦国大名です。戦国時代中期には、「尼子経久」(あまごつねひさ)や「尼子晴久」(あまごはるひさ)によって中国地方に勢力を広げた尼子家。今回はそんな尼子家の来歴や、尼子家に仕えた家臣達、尼子家ゆかりの刀剣や甲冑(鎧兜)などについてご紹介します。

尼子家の歴史と武具(刀剣・甲冑)

宇喜多家の歴史と武具(刀剣・甲冑)

宇喜多家の歴史と武具(刀剣・甲冑)
戦国時代という下克上の世を勝ち上がり、ついには天下人・豊臣秀吉に重用される地位まで上り詰めた宇喜多家。しかし、その華々しさから一転、天下分け目の合戦後は没落し、不遇の時を過ごすことになります。時にしたたかに、急成長を遂げながらも、時代の波にのまれていった宇喜多家の歴史と、ゆかりのある刀剣や甲冑(鎧兜)についてご紹介します。

宇喜多家の歴史と武具(刀剣・甲冑)

毛利家の歴史と武具(刀剣・甲冑)

毛利家の歴史と武具(刀剣・甲冑)
毛利家は鎌倉時代から江戸時代まで続いた武家で、鎌倉幕府の御家人「大江季光」(おおえのすえみつ)が興しました。室町時代の後期には「三本の矢」で有名な「毛利元就」(もうりもとなり)が当主になり一気に領土を拡大します。 その後、毛利元就の孫である「毛利輝元」(もうりてるもと)は豊臣政権下で最高職となる「五大老」(ごたいろう)の座に就き、「関ヶ原の戦い」では豊臣側(西軍)の総大将になります。そして豊臣側(西軍)が敗れると、毛利家は領地の大部分を失ってしまうのでした。 徳川幕府の元、毛利家は長州藩を治めながら少しずつ力を蓄えます。江戸時代末期になると、毛利家が治めていた長州藩が徳川幕府と対立。倒幕を目指す薩摩藩と同盟を結び、近代日本の礎を築くことになります。 そんな毛利家の歴史や、ゆかりの刀剣・甲冑(鎧兜)を紹介します。

毛利家の歴史と武具(刀剣・甲冑)

注目ワード
注目ワード