中国・四国地方の戦国大名

毛利家の歴史と武具(刀剣・甲冑)

文字サイズ

毛利家は鎌倉時代から江戸時代まで続いた武家で、鎌倉幕府の御家人「大江季光」(おおえのすえみつ)が興しました。室町時代の後期には「三本の矢」で有名な「毛利元就」(もうりもとなり)が当主になり一気に領土を拡大します。
その後、毛利元就の孫である「毛利輝元」(もうりてるもと)は豊臣政権下で最高職となる「五大老」(ごたいろう)の座に就き、「関ヶ原の戦い」では豊臣側(西軍)の総大将になります。そして豊臣側(西軍)が敗れると、毛利家は領地の大部分を失ってしまうのでした。
徳川幕府の元、毛利家は長州藩を治めながら少しずつ力を蓄えます。江戸時代末期になると、毛利家が治めていた長州藩が徳川幕府と対立。倒幕を目指す薩摩藩と同盟を結び、近代日本の礎を築くことになります。
そんな毛利家の歴史や、ゆかりの刀剣・甲冑(鎧兜)を紹介します。

毛利家の祖・大江季光(毛利季光)

毛利家の家紋「一文字三つ星」

毛利家の家紋「一文字三つ星」

初めて「毛利」を名乗ったのは、鎌倉幕府の御家人「大江季光」です。
大江季光は、鎌倉幕府の創設に貢献した「大江広元」(おおえのひろもと)の四男で、相模国毛利荘(神奈川県厚木市)の地頭職を引き継いだことから「毛利季光」 (もうりすえみつ)と名乗ります。

毛利荘を引き継いだ毛利季光(大江季光)は、鎌倉幕府3代将軍「源実朝」(みなもとのさねとも)に仕え多くの武功を挙げると、安芸国吉田荘(広島県西部)の地頭職にも任命されます。

しかし毛利季光(大江季光)は、鎌倉幕府の執権「北条時頼」(ほうじょうときより)と争った「宝治合戦」(ほうじかっせん)に破れてしまい、自身とその一族の多くが命を落とすことになります。また毛利家は先代から引き継いだ毛利荘も失いました。

その後、毛利季光(大江季光)の四男「毛利経光」(もうりつねみつ)が越後の佐橋荘(新潟県柏崎市)で復興を目指すと、毛利季光(大江季光)の孫である「毛利時親」(もうりときちか)の代で再興を果たしました。
さらに毛利家は、南北朝時代の動乱を契機に、佐橋荘とともに残されていた安芸国吉田荘に拠点を移すと、毛利時親の孫である「毛利親衡」(もうりちかひら)が、吉田荘の地頭職まで上り詰めるのです。

こうして毛利家は安芸国吉田荘に基盤を築き上げると、室町時代後期には「毛利元就」の代で「毛利」の名を全国に轟かせるのでした。

中国地方の覇者・毛利元就

毛利元就

毛利元就

室町時代後期になり、毛利家の当主となったのが「毛利元就」です。

毛利元就は、1497年(明応6年)に安芸国の郡山城(こおりやまじょう)の城主「毛利弘元」(もうりひろもと)の二男として生まれました。

多くの合戦を乗り越えた毛利元就は、山陰や山陽など周辺を次々と支配していきます。1557年(弘治3年)に敵対関係だった大内家を、 1566年(永禄9年)には尼子家を滅亡させ領土を大きく広げると、知略に富んだ戦国大名としてその名を全国に轟かせるのでした。

そんな毛利元就には「三本の矢」という有名な逸話があります。
「三本の矢」の教えは、「1本の矢は折れやすいが、3本の矢は折れない。3人が結束し毛利家をよく守るように」と、毛利元就が息子である「毛利隆元」(もうりたかもと)、「吉川元春」(きっかわもとはる)、「小早川隆景」(こばやかわたかかげ)の3人に説いたとされる逸話です。これは、毛利元就が書いた文書「三子教訓状」がもとになっていると言われており、その「三子教訓状」を含む「毛利家文書」は重要文化財として山口県防府市の毛利博物館に収蔵されています。

一代で中国地方の覇者となった毛利元就は、 1571年(元亀2年)に郡山城で死去。
そのあとに毛利家の家督を相続したのは、孫の「毛利輝元」でした。

  • 歴史を動かした有名な戦国武将や戦い(合戦)をご紹介!

  • 歴史上の人物が活躍した合戦をご紹介!

  • 江戸時代の代表的な100藩を治世などのエピソードをまじえて解説します。

豊臣側(西軍)総大将・毛利輝元

毛利元就の孫として、安芸国の郡山城で生まれた毛利輝元は、祖父・毛利元就の死後、織田信長との同盟関係を築き上げます。

しかし1576年(天正4年)、毛利元就は織田信長との同盟を破棄。織田信長によって都を追われた室町幕府15代将軍「足利義昭」(あしかがよしてる)を援護します。その結果、織田方の豊臣秀吉と幾度も戦い、毛利家は危機的な状況に立たされていくのでした。

そんな中、「本能寺の変」が起きます。
織田信長の亡きあと、実権を握った豊臣秀吉は毛利家との講和交渉を進め、1585年(天正13年)に毛利家と講和が成立。豊臣秀吉から多大な領地を与えられると、毛利輝元の総石高は祖父・毛利元就以来の120万5,000石となり、徳川家康、織田信雄らと並ぶ大名となるのでした。

その後、毛利輝元は豊臣秀吉の紀州攻めや四国攻めなどに協力。1588年(天正16年)に豊臣秀吉から豊臣姓を下賜されると、1589年(天正17年)には豊臣秀吉の居城・大坂城や聚楽第(じゅらくてい)に刺激を受け広島城を築城。1595年(文禄4年)には徳川家康や前田利家らとともに豊臣政権下で最高職となる「五大老」の座に就きます。

ところが1598年(慶長3年)、豊臣秀吉が大坂城で死去。
これを機に、毛利輝元は同じ五大老だった徳川家康と対立すると、「関ヶ原の戦い」では豊臣側の総大将として西軍の指揮を執るのでした。

「関ヶ原の戦い」で毛利輝元が指揮していた西軍が敗れると、毛利家の領地は約30万石まで激減。さらに毛利輝元は、息子の「毛利秀就」(もうりひでなり)に当主を譲り身を引くことになります。
それでも、1614年(慶長19年)の「大坂冬の陣」で徳川勢として出陣するなど、毛利輝元は毛利家の存続に尽力したのでした。

明治維新を支えた毛利敬親

「関ヶ原の戦い」のあと、毛利家の当主となった毛利秀就は、長州藩の初代藩主になります。毛利家は徳川幕府の元で少しずつ力を蓄えていくのでした。

幕末になると、毛利家が治める長州藩は政局に影響を与えるほどの存在になります。そして1853年(嘉永6年)、ペリーの黒船が来航すると、長州藩の第13代藩主「毛利敬親」(もうりたかちか)が、藩論として「攘夷」の意見を幕府に提出。徳川幕府との対立が激しくなるのでした。

その頃、長州藩の藩士「吉田松陰」(よしだしょういん)は、叔父から私塾「松下村塾」を引き継ぎ、多くの有能な藩士を輩出します。

1865年(慶応元年)、松下村塾出身の高杉晋作らが挙兵すると、毛利敬親は長州藩の諸隊を整備。ゲベール銃やミニエー銃など新式兵器を配備して、西洋式の戦術に転換させるなど大規模な軍事改革を行ないます。

そして1867年(慶応3年)、長州藩は薩摩藩と共に官軍を組織して、ついに王政復古の大号令を成功させるのです。その翌年、毛利敬親は明治天皇から左近衛権中将に任ぜられました。

鎌倉幕府の御家人だった「大江季光」から始まった毛利家は、戦国の世に名を轟かせた「毛利元就」や関ヶ原の戦いで西軍の総大将となった「毛利輝元」、そして近代日本の礎を築いた「毛利敬親」など、日本の歴史に多くの名を残したのでした。

毛利家が愛用した刀剣・甲冑

毛利家が愛用した刀剣甲冑(鎧兜)をご紹介します。

刀剣

毛利藤四郎(もうりとうしろう)
毛利藤四郎

毛利藤四郎

鎌倉時代中期の刀鍛冶、「粟田口吉光」(あわたぐちよしみつ)作の短刀。もとは毛利輝元が所有していたため、この名前が付いたと言われます。

毛利輝元から徳川家康に献上され、関ヶ原の戦い後に徳川家康から「池田輝政」(いけだてるまさ)に与えられ、以後は池田家に伝わりました。

明治時代になり、池田家から宮内庁に献上され、現在は国有の日本刀として東京国立博物館東京都台東区)に収蔵されています。

刀剣展示をしている博物館・美術館についてご紹介!

甲冑

色々縅腹巻(いろいろおどしはらまき)
毛利元就が所用したと伝えられる腹巻です。草摺大袖は紅や白、紫の鮮やかな糸で華麗に彩られています。室町時代末期の典型的な特徴を備えており、細部の仕立てまで、とても繊細で丁寧なつくり。

腹巻だけでなく、や大袖、喉輪なども当時の小具足を完全に残しており、全国でも貴重な甲冑(鎧兜)とされています。

現在は重要文化財として、毛利博物館(山口県防府市)に収蔵されています。

朝顔小具足(あさがおのこぐそく)
朝顔小具足

朝顔小具足

名前は、兜の下側面に描かれた朝顔に由来。少年用の甲冑(鎧兜)で、毛利秀就が「豊臣秀頼」(とよとみひでより)から賜った甲冑(鎧兜)と言われています。

胴には、金や紅色の鮮やかな小札が美しく、胸板や冠板には菊桐紋の蒔絵が施されるなど、豪華な装飾は桃山時代の特色です。

この朝顔小具足を始め、毛利秀就が所用した武具などをまとめた物が、山口県の有形文化財として毛利博物館に収蔵されています。

毛利家を支えた家臣

村田清風(むらたせいふう)
13代藩主・毛利敬親に起用され、江戸後期に活躍した長州藩士。困窮を極めていた長州藩の財政を「天保の大改革」で立て直し、幕末に向かって活躍する長州藩の基礎をつくり上げました。
吉田松陰(よしだしょういん)
幕末の長州藩士で思想家。兵法や経学を学び、江戸では「佐久間象山」(さくましょうざん)に師事。尊王攘夷を目指し、ペリー来航の際は密航を企てますが失敗して投獄されます。出獄後は、幽閉されていた生家にて松下村塾を開き、「高杉晋作」(たかすぎしんさく)や「伊藤博文」(いとうひろぶみ)、「山県有朋」(やまがたありとも)などの塾生に大きな影響を与えます。

その後、日米修好通商条約への調印を批判したことで再び投獄され、「安政の大獄」(あんせいのたいごく)で刑死しましたが、その教え子の多くが激動の幕末期に活躍することになります。

木戸孝允(きどたかよし)
江戸時代末期の長州藩士。1840年(天保11年)に桂家の養子となり、木戸と改姓する前は「桂小五郎」(かつらこごろう)を名乗っていました。松下村塾で学び、吉田松陰に師事。薩摩藩の「大久保利通」(おおくぼとしみち)や「西郷隆盛」(さいごうたかもり)と並ぶ「維新三傑」とされ、幕末には薩長同盟を結び、討幕へ向けた大きな流れを作った人物です。

明治の新政府では「五箇条の御誓文」(ごかじょうのごせいもん)や「版籍奉還」(はんせきほうかん)、「廃藩置県」(はいはんちけん)など維新の大変革に携わりました。

西郷隆盛のエピソードや、関連のある刀剣・日本刀をご紹介します。

高杉晋作(たかすぎしんさく)
長州藩内の意志を倒幕へとまとめ上げた人物。松下村塾で学び、武士のみならず農民や町人も参加する軍事組織「奇兵隊」(きへいたい)を作り活躍しました。

幕末の志士としてはとても有名な人物ですが、明治維新を迎える前の1867年(慶応3年)に病没しました。

毛利家の歴史と武具(刀剣・甲冑)

毛利家の歴史と武具(刀剣・甲冑)をSNSでシェアする

「中国・四国地方の戦国大名」の記事を読む


尼子家の歴史と武具(刀剣・甲冑)

尼子家の歴史と武具(刀剣・甲冑)
尼子家は、戦国時代に山陰地方を中心として栄えた戦国大名です。戦国時代中期には、「尼子経久」(あまごつねひさ)や「尼子晴久」(あまごはるひさ)によって中国地方に勢力を広げた尼子家。今回はそんな尼子家の来歴や、尼子家に仕えた家臣達、尼子家ゆかりの刀剣や甲冑(鎧兜)などについてご紹介します。

尼子家の歴史と武具(刀剣・甲冑)

宇喜多家の歴史と武具(刀剣・甲冑)

宇喜多家の歴史と武具(刀剣・甲冑)
戦国時代という下克上の世を勝ち上がり、ついには天下人・豊臣秀吉に重用される地位まで上り詰めた宇喜多家。しかし、その華々しさから一転、天下分け目の合戦後は没落し、不遇の時を過ごすことになります。時にしたたかに、急成長を遂げながらも、時代の波にのまれていった宇喜多家の歴史と、ゆかりのある刀剣や甲冑(鎧兜)についてご紹介します。

宇喜多家の歴史と武具(刀剣・甲冑)

長宗我部家の歴史と武具(刀剣・甲冑)

長宗我部家の歴史と武具(刀剣・甲冑)
長宗我部家は、戦国時代に土佐国(現在の高知県)を中心として四国地方で活躍した戦国大名です。「長宗我部元親」(ちょうそかべもとちか)の代には、「織田信長」や「豊臣秀吉」ら天下人とも戦いながら四国全土を統一し、長宗我部家の全盛期を築きました。今回はそんな長宗我部家の歴史とゆかりの刀剣や甲冑(鎧兜)、長宗我部家を支えた家臣についてご紹介します。

長宗我部家の歴史と武具(刀剣・甲冑)

注目ワード
注目ワード