東海・北陸地方の戦国大名

今川家の歴史と武具(刀剣・甲冑)

文字サイズ

今川家は、鎌倉時代から戦国時代にかけて、「駿河国」(するがのくに:現在の静岡県大井川以東)や「遠江国」(とおとうみのくに:現在の静岡県大井川以西)などを領地とした大名です。室町時代に将軍家であった「足利家」の親族でもあり、将軍の継承権を有していた名家として、室町時代から守護(将軍から地域の監督権を許された役職)に任命され駿河国・遠江国を支配しました。今回は、今川家の歴史や今川家に仕えた家臣達、今川家ゆかりの刀剣や甲冑(鎧兜)などについてご紹介します。

今川家の来歴

今川家の家紋「赤鳥」

今川家の家紋「赤鳥」

今川家の祖は、鎌倉時代の武将「今川国氏」(いまがわくにうじ)。今川国氏は、足利家の分家「吉良家」の祖である「吉良長氏」(きらおさうじ)の子で、三河国幡豆郡今川荘(みかわのくにはずぐんいまがわのしょう:現在の愛知県西尾市今川町)を吉良長氏から譲り受け、「今川」を名乗ります。

また、吉良長氏は足利家3代当主「足利義氏」(あしかがよしうじ)の子で足利宗家に近い存在であり、足利家が将軍家となった室町時代、吉良家は「渋川家」、「石橋家」とともに「御一家」(ごいっか)として、将軍の継承権など、将軍家に次ぐ権威を有していました。そのため、吉良家の分家であった今川家も厚遇を受け、「御所が絶えなば吉良が継ぎ、吉良が絶えなば今川が継ぐ」として、「御所」(足利将軍家)や吉良家に次ぐ将軍継承権を持っていました。

1338年(暦応元年)に「今川範国」(いまがわのりくに)が駿河国(するがのくに)の守護となり、駿河今川家が誕生。今川範国以降、駿河今川家が今川家の宗家として発展します。

将軍家に連なる名家中の名家として古くから栄え、戦国時代にも有力大名のひしめく東海地方において一大勢力を誇った今川家でしたが、今川義元の討死から数年で大名としての今川家は滅亡してしまいます。

そのため世間的には「公家文化に傾倒し一族を没落させた暗君」と扱われることもある今川義元ですが、三河国や尾張国(おわりのくに:現在の愛知県西部)にまで領地を広げ、今川家の最盛期を築いた才覚は、天下にも届きうる確かなものでした。

守護大名から戦国大名へ

今川家7代当主「今川氏親」(いまがわうじちか)は、幕府に任じられた守護から発展した「守護大名」へ。そして自らの権力・武力により地域を支配する「戦国大名」へと今川家を変革させた当主です。

1476年(文明8年)、今川氏親の父・6代当主「今川義忠」(いまがわよしただ)が戦死し、今川氏親が家督を継ぐ際、今川氏親がいまだ幼年であったことを理由に、一部の家臣が今川義忠の従兄弟「小鹿範満」(おしかのりみつ)を擁立し、今川氏親と小鹿範満の家督争いが発生。さらには「堀越公方政知」(ほりこしくぼうまさとも)や「上杉定正」(うえすぎさだまさ)ら、小鹿範満を支援する外部勢力も家督争いに介入しました。

北条早雲

北条早雲

そこに今川氏親の母方の伯父「北条早雲」(ほうじょうそううん)が調停に入り、今川氏親が家督を継ぎ、小鹿範満が後見人として家督を代行することで決着。

しかし今川氏親が成年したのちも小鹿範満が実権を握り続けようとしたため、1487年(長享元年)、15歳となった今川氏親は北条早雲とともに小鹿範満を討ち、正式に家督を継承します。

また、今川氏親はこの一件で功績を挙げた北条早雲に対し興国寺城静岡県沼津市)を与え、そこから相模国(さがみのくに:現在の神奈川県大部分)に進出した北条早雲は、「小田原北条家」の祖となりました。

小鹿範満から実権を取り返した今川氏親は、西への進出を開始。守護の任を「斯波家」(しばけ)に奪われていた遠江国(とおとうみのくに)に攻め入り奪い返すと、その先の三河国にも侵攻し、「松平家」とも争いました。

また今川氏親は、検地(課税のための田畑の面積と収穫量の調査)や「今川仮名目録」と呼ばれる分国法(家臣団統制などを規定した領国支配の基本法)を制定。これにより今川家は、自ら領地を治める戦国大名へと変化していきました。

名君・今川義元

今川義元

今川義元

9代当主「今川義元」(いまがわよしもと)は、戦国時代に活躍した「海道一の弓取り」(東海道で一番の武将の意味)の異名を持つ武将です。

今川氏親の五男で、8代当主「今川氏輝」(いまがわうじてる)の弟として生まれた今川義元は、幼少期に出家し、駿河国や京都の寺で教育を受けます。

しかし1536年(天文5年)、今川氏親の死後、家督を継いだ今川氏輝が24歳で急死。今川氏輝には子どもがいなかったため、今川義元と、同じく出家していた兄の「玄広恵探」(げんこうえたん)の間に家督争い「花蔵の乱」(はなぐらのらん)が起こります。

争いに勝利し家督を継いだ今川義元は、1537年(天文6年)に甲斐国(かいのくに:現在の山梨県)の「武田信虎」(たけだのぶとら)の娘と婚姻関係を結び、「武田家」と同盟関係に。さらに1554年(天文23年)には、子の「今川氏真」(いまがわうじざね)が「北条氏康」(ほうじょううじやす)の娘を正室に迎え、北条家とも同盟を結びます。

これにより、駿河・相模・甲斐の3国が同盟関係となる「甲相駿三国同盟」(こうそうすんさんごくどうめい)が締結され、戦国時代の東国の力関係を大きく変えました。また同時期に西の三河進出にも注力し、三河国の松平家を支配。さらに西の尾張国の「織田家」にも攻め入り、領地の一部を奪いました。

その後、今川義元は10代当主となる今川氏真に家督を譲り、今川氏真に駿河国・遠江国を任せ、自身は三河国から尾張国の領地拡大に専念します。1560年(永禄3年)今川義元は、「織田信長」に対し戦を仕掛け、複数の砦を落としさらに侵攻。しかし尾張国桶狭間(現在の愛知県名古屋市)で、「桶狭間の戦い」としても有名な織田軍の奇襲を受け今川義元は討死。今川軍は大敗を喫し、実質的な当主だけでなく多くの家臣も失うこととなりました。

これによって、のちに「徳川家康」となる「松平元康」(まつだいらもとやす)の独立や家臣の相次ぐ離反、武田家・徳川家からの侵略などにより、今川家は衰退の一途を辿ることとなったのです。

今川家ゆかりの刀剣・甲冑

今川家ゆかりの刀剣甲冑(鎧兜)をご紹介します。

刀剣

義元左文字(よしもとさもんじ)
義元左文字は、今川義元が愛用していた日本刀です。武田信虎の娘が今川義元に嫁ぐ際に武田信虎からの贈り物として今川家に伝わり、以降今川義元が愛刀として使用しました。

桶狭間の戦いで戦死した今川義元から織田信長の手に渡って以降、織田信長や「豊臣秀吉」、徳川家康など天下人の手を渡り、「天下取りの刀」とも呼ばれます。

現在は重要文化財に指定され、建勲神社京都市)に収蔵されています。

義元左文字

義元左文字

鑑定区分 刃長 所蔵・伝来
(金象嵌)
永禄三年
五月十九日
義元討捕刻
彼所持刀
織田尾張守信長
重要文化財 67 建勲神社
京都国立
博物館
寄託)

甲冑

今川義元の兜(いまがわよしもとのかぶと)
今川義元の兜

今川義元の兜

今川義元のは、今川義元が桶狭間の戦いで着用していた兜です。

討ち取られた今川義元の首とともに織田軍に回収されていましたが、「岡部元信」(おかべもとのぶ)に今川義元の首が引渡された際、併せて返還されました。

現在は、三の丸神社大阪府岸和田市)に収蔵されています。

今川家を支えた家臣

太原雪斎(たいげんせっさい)
太原雪斎は、今川義元に仕えた重臣です。禅僧だった太原雪斎は、出家していた今川義元の教育係を務め、今川義元が当主となってからも軍師として今川家に仕えます。

また今川義元が三河国の松平家を従属させ、人質として引き取った「竹千代」(のちの徳川家康)の教育係も務めていたと言われています。

岡部元信(おかべもとのぶ)
岡部元信は、戦国時代の今川家に仕えた家臣です。桶狭間の戦いで今川義元が討ち取られ今川軍が敗走したあとも、鳴海城(愛知県名古屋市)に籠城し織田軍に抵抗。

織田信長との交渉で、開城と引き換えに今川義元の首を受け取り、君主の首を敵から取り返したとされます。

今川家の歴史と武具(刀剣・甲冑)

今川家の歴史と武具(刀剣・甲冑)をSNSでシェアする

「東海・北陸地方の戦国大名」の記事を読む


明智家の歴史と武具(刀剣・甲冑)

明智家の歴史と武具(刀剣・甲冑)
明智家は、南北朝時代に興り戦国時代には戦国大名として活躍した一族です。「織田信長」に対する謀反「本能寺の変」を起こした「明智光秀」(あけちみつひで)でよく知られる明智家。今回は明智家の出自や、本能寺の変の裏側と主君に反旗を翻した明智光秀に付き従った家臣達、明智家ゆかりの刀剣や甲冑(鎧兜)についてご紹介します。

明智家の歴史と武具(刀剣・甲冑)

朝倉家の歴史と武具(刀剣・甲冑)

朝倉家の歴史と武具(刀剣・甲冑)
南北朝時代から戦国時代にかけて、直接農民層を支配していた国人領主から戦国大名へ代々右肩上がりで成長していった朝倉家。しかし戦国時代には、織田信長に滅ぼされ、家名は途絶えてしまいました。そんな朝倉家の歴史とともに、ゆかりのある刀剣や甲冑(鎧兜)をご紹介します。

朝倉家の歴史と武具(刀剣・甲冑)

上杉家の歴史と武具(刀剣・甲冑)

上杉家の歴史と武具(刀剣・甲冑)
上杉家は鎌倉時代に興った一族で、室町時代から戦国時代にかけて「関東管領」(かんとうかんれい:京都の室町幕府が関東の監視役に置いた役職)を世襲するなど、幕府の要職に就き栄華を誇りました。また、戦国時代には「越後の龍」として有名な「上杉謙信」が当主となり、勢力拡大を図る関東の「武田家」や「北条家」と幾度も戦を繰り広げます。今回は、上杉家の歴史や上杉家の中でも著名な当主達、上杉家ゆかりの刀剣や甲冑(鎧兜)などについてご紹介します。

上杉家の歴史と武具(刀剣・甲冑)

織田家の歴史と武具(刀剣・甲冑)

織田家の歴史と武具(刀剣・甲冑)
織田家は、戦国時代の三英傑(さんえいけつ)のひとり「織田信長」に代表される戦国大名家です。群雄割拠(ぐんゆうかっきょ)の戦国時代、「大うつけ」と呼ばれた織田信長がいかにして並み居る戦国大名の中から天下人となったのか。今回は、織田信長以前の織田家や織田信長が天下を取るまでの経緯、それを支えた家臣達、織田家ゆかりの刀剣や甲冑(鎧兜)などについてご紹介します。

織田家の歴史と武具(刀剣・甲冑)

斎藤家の歴史と武具(刀剣・甲冑)

斎藤家の歴史と武具(刀剣・甲冑)
岐阜・美濃(岐阜県南部)の地で2代に亘って下克上を成し遂げた斎藤家。美濃国守護家にうまく取り入ったのち、謀反を企ててその家を乗っ取るという、計算高く他を侵食していく姿に「美濃の蝮」(みののまむし)と呼ばれました。自分の野望を実現するためには手段を選ばない、そんな強い意志を持った斎藤家の歴史や刀剣や甲冑(鎧兜)についてご紹介します。

斎藤家の歴史と武具(刀剣・甲冑)

徳川家の歴史と武具(刀剣・甲冑)

徳川家の歴史と武具(刀剣・甲冑)
徳川家の歴代当主の中で特に有名なのが、戦国時代に終止符を打ち、江戸幕府を開いた「徳川家康」。徳川家康は元々、「松平次郎三郎元信」(まつだいらじろうさぶろうもとのぶ)や「松平元康」(まつだいらもとやす)と松平姓を名乗っており、その松平家の祖先は豪族の家臣でした。今回は、徳川家(松平家)の歴史をはじめ、徳川家康と共に戦乱の世で活躍した家臣はもちろん、徳川家や家臣が愛用した刀剣や甲冑(鎧兜)についてご紹介します。

徳川家の歴史と武具(刀剣・甲冑)

豊臣家の歴史と武具(刀剣・甲冑)

豊臣家の歴史と武具(刀剣・甲冑)
下層階級から戦国大名へ成り上がり、さらに朝廷の最高職・大政大臣まで登りつめた「豊臣秀吉」を代表とする豊臣家。しかし、豊臣秀吉の死後は衰退の一途を辿り、2代「豊臣秀頼」(とよとみひでより)の代に滅びてしまいます。そこで今回は、豊臣秀吉の出世の道のりから豊臣家の滅亡までの歴史をはじめ、豊臣家ゆかりの刀剣や甲冑(鎧兜)や家臣をご紹介します。

豊臣家の歴史と武具(刀剣・甲冑)

前田家の歴史と武具(刀剣・甲冑)

前田家の歴史と武具(刀剣・甲冑)
前田家は、尾張国(現在の愛知県名古屋市)を治めていた織田家の一家臣からはじまり、加賀藩主まで登りつめた前田利家(まえだとしいえ)を祖とする家系です。 「織田信長」(おだのぶなが)や「豊臣秀吉」(とよとみひでよし)と親交を深めてきた前田家は、織田信長・豊臣秀吉の死後、「徳川家康」(とくがわいえやす)への謀反を企てるなど波乱万丈な一面も。「前田利家」から家督を継いだ「前田利長」(まえだとしなが)も領地の安泰を図り、加賀百万石の伝統文化を花開かせることとなりました。 また、4代目「前田光高」(まえだみつたか)からは、当時の徳川将軍の名前から一文字を取って名付けられています。そんな前田家の歴史や、前田家が愛用した刀剣や甲冑(鎧兜)をご覧下さい。

前田家の歴史と武具(刀剣・甲冑)

注目ワード
注目ワード