東海・北陸地方の戦国大名

徳川家の歴史と武具(刀剣・甲冑)

文字サイズ

徳川家の歴代当主の中で特に有名なのが、戦国時代に終止符を打ち、江戸幕府を開いた「徳川家康」。徳川家康は元々、「松平次郎三郎元信」(まつだいらじろうさぶろうもとのぶ)や「松平元康」(まつだいらもとやす)と松平姓を名乗っており、その松平家の祖先は豪族の家臣でした。今回は、徳川家(松平家)の歴史をはじめ、徳川家康と共に戦乱の世で活躍した家臣はもちろん、徳川家や家臣が愛用した刀剣や甲冑(鎧兜)についてご紹介します。

徳川家の出自

徳川家の家紋「三つ葉葵」

徳川家の家紋「三つ葉葵」

徳川家(とくがわけ)の起こりは三河国松平郷(みかわのくにまつだいらごう:現在の愛知県豊田市)ですが、祖先は上野国徳川郷(こうずけのくにとくがわごう:現在の群馬県世良田町)に居を構えていた豪族・新田家(にったけ)の家臣「得川親氏」(とくがわちかうじ)です。

得川親氏が南北朝時代の動乱により、諸国を流浪することになり、松平郷の富豪であった松平太郎左衛門家(まつだいらたろうざえもんけ)の婿となったのが、武家としての松平家の始まり。

その後、「松平泰親」(まつだいらやすちか)、「松平信光」(まつだいらのぶみつ)、「松平親忠」(まつだいらちかただ)、「松平長親」(まつだいらながちか)、「松平信忠」(まつだいらのぶただ)、「松平清康」(まつだいらきよやす)、「松平広忠」(まつだいらひろただ)、「松平元康」(まつだいらもとやす:のちの徳川家康)と続き、松平家最後の当主が徳川家康でした。

徳川家が動乱の戦国の世を巧みに渡り、天下を治めることができたのは、重宝してきた家臣の活躍があったからこそ。徳川四天王のような武人はもちろん、政略に秀でた本多正信(ほんだまさのぶ)をはじめ、僧や商人など、様々な分野の家臣に恵まれました。徳川家康と家臣が強い信頼関係で結ばれ、それが徳川の天下が265年続いた所以と言われています。

  • 歴史を動かした有名な戦国武将や戦い(合戦)をご紹介!

  • 武将・歴史人のエピソードや、関連のある日本刀(刀剣)をご紹介!

  • 甲冑(鎧兜)に関する基礎知識をご紹介します。

松平家の大名への道のり

松平太郎左衛門家は富豪と言われていますが、その財力は分かっていません。しかし、松平信光の代には、岩津城(現在の愛知県岡崎市北部)へ本拠を移し、三河(現在の愛知県の東半分)に進出していることが分かっているため、兵を養うことのできる財力を持っていたはずです。そして松平家は代々、三河旧勢力と戦って地位を築き、台頭していきました。松平清康の代には、本拠を岡崎城(現在の愛知県岡崎市中部)に移し、東三河へ進出。

徳川家康

徳川家康

ところが、松平清康が家臣に刺殺され、土地の領主である地位「国人領主」として勢力を広げてきた松平家の発展は頓挫しました。

松平清康のあとを継いだ徳川家康の父・松平広忠は、10歳で家督を継承。

勢力の縮小や領地が奪われるのを心配した家臣達が、三河の隣国・遠江国(とおとうみのくに:現在の静岡県西部)と駿河国(するがのくに:現在の静岡県東部)を治めていた「今川義元」に助けを求め、今川家に従属することになりました。その松平広忠も24歳の時に家臣に暗殺され、徳川家康が家督を継ぎます。

徳川家に転機が訪れたのは、徳川家康が19歳のとき。「桶狭間の戦い」にて、「織田信長」が今川義元を破ったことで、自由に兵を動かせるようになりました。三河一向一揆を平定したり、今川家を滅亡させたりと、着々と領地と戦力を拡大し、三河を治める戦国大名へと成長していきます。

徳川家康が愛用した刀剣・甲冑

徳川家康が愛用した刀剣甲冑(鎧兜)をご紹介します。

刀剣

物吉貞宗(ものよしさだむね)
物吉貞宗は、鎌倉時代末期に活躍した刀工「相州貞宗」が制作した脇差です。名前にも使用されている物吉には、縁起が良いという意味があり、徳川家康が戦場に赴く際に必ず持って行ったと言われています。

現在は、国の重要文化財に指定され、徳川美術館(愛知県名古屋市)に収蔵されています。

物吉貞宗

物吉貞宗

鑑定区分 刃長 所蔵・伝来
無銘 重要文化財 33.2 徳川美術館
鯰尾藤四郎(なまずおとうしろう)
鯰尾藤四郎は、鎌倉時代中期に活躍した刀工「吉光」(通称・粟田口藤四郎)が制作した薙刀で、織田信長の次男「織田信雄」(おだのぶかつ)が所有していたましたが、天下を治めた豊臣家へと渡りました。

大坂夏の陣」で、大坂城と共に消失したため、江戸幕府の専属鍛冶師であった「越前康継」(えちぜんやすつぐ)が薙刀の刃部分を模倣して脇差を作り、同名を付けました。ナマズの尾のふっくらした姿に似ていることからこの名が付けられ、現在は徳川美術館に収蔵されています。

鯰尾藤四郎

鯰尾藤四郎

鑑定区分 刃長 所蔵・伝来
吉光 重要美術品 38.5 徳川美術館
一期一振(いちごひとふり)
一期一振は、鯰尾藤四郎と同様に、吉光が制作。吉光が制作した1振だけの太刀と言うのが、名前の由来です。元々朝倉家が所有していましたが、朝倉家の滅亡後、毛利家へ渡り、毛利家から豊臣秀吉に献上。一期一振も大坂城と共に焼けてしまい、刀工越前康継が打ち直しました。

現在は、天皇家に献上された御物として、宮内庁で管理されています。

一期一振

一期一振

鑑定区分 刃長 所蔵・伝来
吉光 御物 68.8 豊臣家→
徳川家→
天皇家→御物
宗三左文字(そうざさもんじ)/義元左文字(よしもとさもんじ)
宗三左文字は、幾内(現在の奈良県全域、大阪府の大部分、京都府の南部、兵庫県の南東部)を治めていた戦国大名「三好政長道宗三」(みよしまさながそうざ)が所持していた太刀です。この宗三から名が付けられ、今川義元に渡った際に義元左文字と改められました。

その後、織田家、豊臣家、徳川家へと渡り、現在は国の重要文化財として、織田信長も祀られている建勲神社(京都府京都市)に収蔵されています。

宗三左文字/義元左文字

宗三左文字/義元左文字

鑑定区分 刃長 所蔵・伝来
(金象嵌)
永禄三年
五月十九日
義元討捕刻
彼所持刀
織田尾張守信長
重要文化財 67 建勲神社
京都国立
博物館
寄託)

甲冑

金溜塗具足(きんためぬりぐそく)/金陀美具足(きんだみぐそく)
金溜塗具足/金陀美具足

金溜塗具足/金陀美具足

金溜塗具足は、今川家に従属していた徳川家康が、桶狭間の戦いの前哨戦で織田家との戦時に着用しました。名称にもある金溜塗は、甲冑(鎧兜)に金色の彩漆を塗り、色が鮮やかに映るように透漆を塗る技法。

金陀美具足(きんだみぐそく)とも呼ばれ、現在は、国の重要文化財として久能山東照宮に収蔵されています。

日本刀が奉納・展示されている神社・仏閣や宝物館をご紹介!

白檀塗具足(びゃくだんぬりぐそく)
白檀塗具足

白檀塗具足

白檀塗具足は、金溜塗具足と共に徳川家康初陣に使用された甲冑(鎧兜)で、白檀塗具足は予備の甲冑(鎧兜)として戦場に運ばれました。

名称にもある白檀塗は、金溜塗で使用する彩漆ではなく金箔を塗る技法。

現在は、国の重要文化財として久能山東照宮に収蔵されています。

伊予札黒糸縅胴丸具足(いよざねくろいとおどしどうまるぐそく)/歯朶具足(しだぐそく)
伊予札黒糸縅胴丸具足

伊予札黒糸縅胴丸具足

伊予札黒糸縅胴丸具足は、関ヶ原の戦いのときに徳川家康が着用し、徳川家では将軍の証として、歴代の将軍が就任するたびに制作されました。

名称にもある伊予(現在の愛媛県)の職人が制作した小札(こざね)を、濃い茶色い紐(黒糸)で綴じ付けた甲冑(鎧兜)。

歯朶具足と呼ばれるのは、の額部分の前立(まえたて)が植物のシダの葉の形に似ているからです。

現在は、国宝として久能山東照宮に収蔵されています。

南蛮胴具足(なんばんどうぐそく)
南蛮胴具足

南蛮胴具足

戦国時代に、ヨーロッパから甲冑(鎧兜)がもたらされ、その甲冑(鎧兜)を日本風に模倣して制作されたのが南蛮胴具足です。

関ヶ原の戦いのときに、徳川家康から家臣の榊原康政(さかきばらやすまさ)が南蛮胴具足を拝領し、そのまま榊原家の甲冑(鎧兜)として受け継がれていきました。

現在は、国の重要文化財として東京国立博物館に収蔵されています。

刀剣展示をしている博物館・美術館についてご紹介!

熊毛植黒糸縅具足(くまげうえくろいとおどしぐそく)
熊毛植黒糸縅具足

熊毛植黒糸縅具足

熊毛植黒糸縅具足は、籠手(こて)、草摺(くさずり)などに熊の毛が植え付けられています。甲冑(鎧兜)には黒漆が塗られ、小札は濃い茶色の紐で綴じられています。

当時の甲冑(鎧兜)は、防護服であると共にファッションでもあったため、デザインにもこだわっていました。

現在は、徳川美術館に収蔵されています。

「徳川家康 甲冑写し」のYouTube動画

徳川家康の甲冑の写しを
YouTube動画でご覧頂けます。

徳川家康 甲冑写し

徳川家を支えた徳川四天王

酒井忠次(さかいただつぐ)
酒井忠次

酒井忠次

酒井忠次は、徳川家康の伯母を妻にするなど、松平家からの譜代家臣。酒井忠次は戦場に赴けば先頭に立ち、数多くの武功を挙げました。

その際に、酒井忠次が使用していた甲冑(鎧兜)が「色々縅胴丸具足」(いろいろおどしどうまるぐそく)。

戦国時代の甲冑(鎧兜)は、機能性に優れた胴丸が使用される一方、色々縅胴丸具足は大袖などのパーツが多く付いているなど、機能面で劣るように見られます。しかし、小札のほとんどに革を使用していたため、軽量な甲冑(鎧兜)として、他の甲冑(鎧兜)に比べても遜色ない動きが可能でした。

本多忠勝(ほんだただかつ)
本多忠勝

本多忠勝

本多忠勝は、15歳で戦場に赴きました。18歳のときには騎馬50騎の軍団長に任命され、精鋭部隊として活躍。

その後、徳川家康の親衛軍団長として、城を与えられることなく徳川家康の居城である駿府に常駐しました。

本多忠勝の武器として有名なのが、天下三名槍のひとつ「蜻蛉切」(とんぼきり)。を立てていたところに飛んできたトンボがあたって2つに切れたことが名前の由来です。

蜻蛉切

蜻蛉切

鑑定区分 刃長 所蔵・伝来
藤原正真作 43.7 個人所蔵
佐野美術館
寄託)
黒糸縅胴丸具足

黒糸縅胴丸具足

甲冑(鎧兜)は「牛皮小札黒糸威之具足」(ぎゅうひがわくろいとおどしのぐそく)を着用。牛皮の小札が多く使用された、比較的軽量で動きやすさが重視された作りになっています。

兜は、頭長が尖った「突盔形兜」(とっぱいなりかぶと)。兜に和紙を貼り合わせ、黒漆で塗り固めた鹿の大きな角が側面に挿さっていて、その様子から「鹿角脇立兜」(かづのわきだてかぶと)と呼ばれています。

本多忠勝のエピソードや、関連のある刀剣・日本刀をご紹介します。

榊原康政(さかきばらやすまさ)
榊原康政は、13歳のときに三河一向一揆で初陣を果たして武功を挙げ、徳川家康から「康」の字を貰ったと言われています。その後、酒井忠次や本多忠勝らとともに、数々の戦に参加。

特に関ヶ原の戦いでは、徳川家康の嫡男「徳川秀忠」の先鋒を担ったり、徳川家康が所持していた甲冑「南蛮胴具足」を拝領したりと、徳川家康から絶対の信頼を得ていたのが分かります。

井伊直政(いいなおまさ)
赤備具足

赤備具足

井伊直政は、酒井忠次、本多忠勝、榊原康政と違い、譜代大名ではありませんが、22歳の若さで軍団長に抜擢。

関ヶ原の戦いでは、先陣が決まっていた「福島正則」(ふくしままさのり)を横目に抜け駆けし、数々の武功を挙げました。抜け駆けは軍規違反でしたが、これまでの功績を鑑みてなのか、許されたと伝わっています。

井伊直政の甲冑「赤備具足」(あかぞなえぐそく)は、すべて朱で塗られています。これを「井伊の赤備え」と呼び、戦場のどこにいても井伊直政のことを部下が見付けられる利点がありました。

徳川家の歴史と武具(刀剣・甲冑)

徳川家の歴史と武具(刀剣・甲冑)をSNSでシェアする

「東海・北陸地方の戦国大名」の記事を読む


明智家の歴史と武具(刀剣・甲冑)

明智家の歴史と武具(刀剣・甲冑)
明智家は、南北朝時代に興り戦国時代には戦国大名として活躍した一族です。「織田信長」に対する謀反「本能寺の変」を起こした「明智光秀」(あけちみつひで)でよく知られる明智家。今回は明智家の出自や、本能寺の変の裏側と主君に反旗を翻した明智光秀に付き従った家臣達、明智家ゆかりの刀剣や甲冑(鎧兜)についてご紹介します。

明智家の歴史と武具(刀剣・甲冑)

朝倉家の歴史と武具(刀剣・甲冑)

朝倉家の歴史と武具(刀剣・甲冑)
南北朝時代から戦国時代にかけて、直接農民層を支配していた国人領主から戦国大名へ代々右肩上がりで成長していった朝倉家。しかし戦国時代には、織田信長に滅ぼされ、家名は途絶えてしまいました。そんな朝倉家の歴史とともに、ゆかりのある刀剣や甲冑(鎧兜)をご紹介します。

朝倉家の歴史と武具(刀剣・甲冑)

今川家の歴史と武具(刀剣・甲冑)

今川家の歴史と武具(刀剣・甲冑)
今川家は、鎌倉時代から戦国時代にかけて、「駿河国」(するがのくに:現在の静岡県大井川以東)や「遠江国」(とおとうみのくに:現在の静岡県大井川以西)などを領地とした大名です。室町時代に将軍家であった「足利家」の親族でもあり、将軍の継承権を有していた名家として、室町時代から守護(将軍から地域の監督権を許された役職)に任命され駿河国・遠江国を支配しました。今回は、今川家の歴史や今川家に仕えた家臣達、今川家ゆかりの刀剣や甲冑(鎧兜)などについてご紹介します。

今川家の歴史と武具(刀剣・甲冑)

上杉家の歴史と武具(刀剣・甲冑)

上杉家の歴史と武具(刀剣・甲冑)
上杉家は鎌倉時代に興った一族で、室町時代から戦国時代にかけて「関東管領」(かんとうかんれい:京都の室町幕府が関東の監視役に置いた役職)を世襲するなど、幕府の要職に就き栄華を誇りました。また、戦国時代には「越後の龍」として有名な「上杉謙信」が当主となり、勢力拡大を図る関東の「武田家」や「北条家」と幾度も戦を繰り広げます。今回は、上杉家の歴史や上杉家の中でも著名な当主達、上杉家ゆかりの刀剣や甲冑(鎧兜)などについてご紹介します。

上杉家の歴史と武具(刀剣・甲冑)

織田家の歴史と武具(刀剣・甲冑)

織田家の歴史と武具(刀剣・甲冑)
織田家は、戦国時代の三英傑(さんえいけつ)のひとり「織田信長」に代表される戦国大名家です。群雄割拠(ぐんゆうかっきょ)の戦国時代、「大うつけ」と呼ばれた織田信長がいかにして並み居る戦国大名の中から天下人となったのか。今回は、織田信長以前の織田家や織田信長が天下を取るまでの経緯、それを支えた家臣達、織田家ゆかりの刀剣や甲冑(鎧兜)などについてご紹介します。

織田家の歴史と武具(刀剣・甲冑)

斎藤家の歴史と武具(刀剣・甲冑)

斎藤家の歴史と武具(刀剣・甲冑)
岐阜・美濃(岐阜県南部)の地で2代に亘って下克上を成し遂げた斎藤家。美濃国守護家にうまく取り入ったのち、謀反を企ててその家を乗っ取るという、計算高く他を侵食していく姿に「美濃の蝮」(みののまむし)と呼ばれました。自分の野望を実現するためには手段を選ばない、そんな強い意志を持った斎藤家の歴史や刀剣や甲冑(鎧兜)についてご紹介します。

斎藤家の歴史と武具(刀剣・甲冑)

豊臣家の歴史と武具(刀剣・甲冑)

豊臣家の歴史と武具(刀剣・甲冑)
下層階級から戦国大名へ成り上がり、さらに朝廷の最高職・大政大臣まで登りつめた「豊臣秀吉」を代表とする豊臣家。しかし、豊臣秀吉の死後は衰退の一途を辿り、2代「豊臣秀頼」(とよとみひでより)の代に滅びてしまいます。そこで今回は、豊臣秀吉の出世の道のりから豊臣家の滅亡までの歴史をはじめ、豊臣家ゆかりの刀剣や甲冑(鎧兜)や家臣をご紹介します。

豊臣家の歴史と武具(刀剣・甲冑)

前田家の歴史と武具(刀剣・甲冑)

前田家の歴史と武具(刀剣・甲冑)
前田家は、尾張国(現在の愛知県名古屋市)を治めていた織田家の一家臣からはじまり、加賀藩主まで登りつめた前田利家(まえだとしいえ)を祖とする家系です。 「織田信長」(おだのぶなが)や「豊臣秀吉」(とよとみひでよし)と親交を深めてきた前田家は、織田信長・豊臣秀吉の死後、「徳川家康」(とくがわいえやす)への謀反を企てるなど波乱万丈な一面も。「前田利家」から家督を継いだ「前田利長」(まえだとしなが)も領地の安泰を図り、加賀百万石の伝統文化を花開かせることとなりました。 また、4代目「前田光高」(まえだみつたか)からは、当時の徳川将軍の名前から一文字を取って名付けられています。そんな前田家の歴史や、前田家が愛用した刀剣や甲冑(鎧兜)をご覧下さい。

前田家の歴史と武具(刀剣・甲冑)

注目ワード
注目ワード