関東・甲信越地方の戦国大名

北条家の歴史と武具(刀剣・甲冑)

文字サイズ

戦国時代に、全国有数の名家としてその名を轟かせた北条家(ほうじょうけ)。鎌倉時代に幕府の執権として活躍した北条家の子孫ではありませんが、同じ桓武天皇(かんむてんのう)の末裔でした。北条家の姓の由来として、鎌倉幕府を支配していた北条家の影響力を利用することが目的だったとも言われています。戦国の世にあって親兄弟争うことなく関東を治めた、歴史ある一族です。そんな北条家の歴史とともに、彼らにゆかりのある刀剣や甲冑(鎧兜)をご紹介します。

北条家の来歴

北条家の家紋「三つ鱗」

北条家の家紋「三つ鱗」

北条家(ほうじょうけ)は、桓武平氏(かんむへいし)の「平直方」(たいらのなおかた)を始祖とし、伊豆国田方郡北条(いずのくにたがたぐんほうじょう:現在の静岡県伊豆の国市)を拠点とした豪族です。

1495年(明応4年)、初代当主「伊勢宗瑞」(いせそうずい)は関東全域を手中に治める構想を企てました。そこで考えたのが、伊豆韮山城(静岡県伊豆の国市韮山)から関東の玄関口・小田原城神奈川県小田原市)への本拠地変更。

当時、小田原城には大森家が居城としていましたが、策を講じて易々と退けました。その後、小田原を拠点として上方から多くの人材を招き、産業を興し、着々と勢力を伸ばしていくことに。2代当主「北条氏綱」(ほうじょううじつな)が関東支配の礎を築き、3代当主「北条氏康」(ほうじょううじやす)の時代には城下町の形態を整え、小田原は関東における政治、経済、産業、文化の中心として繁栄したのです。

北条家で天下統一の機運が高まる中、4代当主「北条氏政」(ほうじょううじまさ)、5代当主「北条氏直」(ほうじょううじなお)は、豊臣秀吉軍の攻撃に備えて堀や石垣、土塁で町全体を取り囲む巨大な総構えを築きましたが、1590年(天正18年)、約18万の大軍に小田原を包囲されます。そして、およそ100日間に及ぶ籠城戦ののち、北条氏直が小田原城を開城して降伏し、北条家は滅亡しました。

北条五代とは

北条早雲

北条早雲

前述した北条家の歴代当主5人は、北条五代と呼ばれています。初代・伊勢宗瑞は、備中荏原庄(岡山県井原市)を支配していた備中伊勢家の出身で、伊勢宗瑞と名乗り幕府に出仕していました。のちに「北条早雲」(ほうじょうそううん)と呼ばれることとなります。

1487年(長享元年)以降は駿河(現在の静岡県)の大名今川家に仕え、1493年(明応2年)には、堀越御所を居城とし、堀越公方を名乗っていた「足利義政」(あしかがよしまさ)の甥「足利茶々丸」(あしかがちゃちゃまる)を攻め滅ぼし、伊豆(現在の静岡県伊豆市)へ進出しました。

伊豆一国を治める戦国大名となった伊勢宗瑞は、1495年(明応4年)に相模小田原(神奈川県小田原市)へ進出し、その後相模一国を平定します。伊勢宗瑞が大徳寺京都府京都市)で禅を学んだことから、北条家には「早雲寺殿廿一箇条」(そううんじどのにじゅういっかじょう)という伊勢宗瑞作と伝えられる家訓があったことが知られています。ここでも「仏神を信じること」を挙げており、この家訓では和歌をたしなむことや、常に懐に書籍を入れておくことなどを説いていました。子の北条氏綱が積極的に京の文化を取り入れた背景には、父・伊勢宗瑞の家訓があったと言えるでしょう。

2代・北条氏綱は伊勢宗瑞の小田原進出後、伊豆韮山城に留まった伊勢宗瑞に代わり、小田原城に入ったと見られています。伊勢宗瑞没後、本城を小田原城に移し、伊勢から北条への改姓、虎朱印状の創出など、北条家の基盤を作りました。また、領国を武蔵(現在の東京都埼玉県)、駿河、下総(現在の千葉県の一部)にまで拡大し、東国の盟主としての地位を確立したのです。

3代・北条氏康は北条氏綱の死後家督を継承し、大規模な検地や税制改正を実施し、さらに家臣の軍役などの役負担を把握するなど、領国支配の体制を本格的に整えました。1546年(天文15年)には北条氏康を著名にした河越合戦に勝利することで、山内・扇谷の両上杉家を関東から排除。その勢力範囲は上野(現在の群馬県)に拡大しました。

上杉謙信と武田信玄

上杉謙信と武田信玄

4代・北条氏政は、北条氏康存命中の1560年(永禄3年)に家督を継承。翌年の「上杉謙信」、1569年(永禄12年)の「武田信玄」による小田原の役を退けています。

北条氏政は、北条氏直に家督を譲ったあとも北条家の最高実力者として君臨しますが、1590年(天正18年)に豊臣秀吉との小田原の役により敗北し、切腹しています。

5代・北条氏直は、北条氏政存命中の1580年(天正8年)に家督を継承。1582年(天正10年)には武田家が滅亡し、次いで織田信長が亡くなったことで、上野や下野(現在の栃木県)方面へ積極的に軍勢を派遣し、北条家の支配領域は最大に達しました。しかし、小田原の役の敗北ののち高野山へ追放され、その翌年に亡くなっています。

5代に亘り戦国時代の関東を治め続けた北条家。領国支配の基礎を作った重要人物、3代・北条氏康の没後も4代・北条氏政が指揮を執り、織田信長・徳川家康と同盟を結ぶなどして関東支配という目標を掲げ、それに向かって突き進んだ北条家は、戦国時代を牽引した一族だと言えるでしょう。

  • 歴史を動かした有名な戦国武将や戦い(合戦)をご紹介!

  • 武将達が戦った全国各地の古戦場をご紹介!

北条家が愛用した刀剣・甲冑

北条家が愛用した刀剣甲冑(鎧兜)をご紹介します。

刀剣

山姥切(やまんばぎり)
山姥切は、北条氏政が足利長尾家当主「長尾顕長」(ながおあきなが)に贈ったと言われています。作者は備前鍛冶の中で「兼光」(かねみつ)と並んで優れた技術を持つ刀工「長義」(ちょうぎ)。

信濃国戸隠(しなののくにとがくし:現在の長野県長野市)山中の山姥なる化け物を退治したことが山姥切の名の由来だと言われており、現在は、徳川美術館愛知県名古屋市)に収蔵されています。

刀剣展示をしている博物館・美術館についてご紹介!

江雪左文字(こうせつさもんじ)
江雪左文字は元々、北条氏政の家臣「板部岡江雪」(いたべおかこうせつさい)の愛刀であったことからこの名が付けられました。

のちに徳川家康の物となり、そののち徳川家康の十男「徳川頼宣」(とくがわよりのぶ)へ与えられました。徳川頼宣は、大坂冬の陣・夏の陣でこの江雪左文字を帯びて出陣したと言われ、以来紀州徳川家に伝来しました。

現在は、国宝に指定され、ふくやま美術館広島県福山市)に収蔵されています。

江雪左文字

江雪左文字

甲冑

鉄地黒漆塗十二間筋兜(てつじくろうるしぬりじゅうにけんすじかぶと)
鉄地黒漆塗十二間筋兜は北条氏康所用のだと言われています。鉢は鉄地黒漆塗十二枚張で、(しころ)の上段には、に対する配慮から鎖の三枚下散(げさん:草摺の別名)を取り付けています。この技法は、米沢藩上杉家の兜に多く見られます。
本小札紫糸素懸縅腹巻(ほんこざねむらさきいとすがけおどしはらまき)
本小札紫糸素懸縅腹巻

本小札紫糸素懸縅腹巻

本小札紫糸素懸縅腹巻は、北条氏康の四男「北条氏規」(ほうじょううじのり)所用の腹巻です。

材質、形状などから戦国時代後期の1570~73年(元亀年間前後)に作られたと推定されています。北条一族伝来の甲冑類は非常に珍しく、貴重な作品です。

現在は、小田原城天守閣に収蔵されています。

北条家の歴史と武具(刀剣・甲冑)

北条家の歴史と武具(刀剣・甲冑)をSNSでシェアする

「関東・甲信越地方の戦国大名」の記事を読む


宇都宮家の歴史と武具(刀剣・甲冑)

宇都宮家の歴史と武具(刀剣・甲冑)
足利家との対立や、従属していた芳賀家(はがけ)の裏切りなど、様々なことに揺れ動きつつも、関東屈指の勇猛な武士団をつくり上げた宇都宮家。武勇に優れた者から歌人まで存在し、多才な一族でもありました。そんな個性的な宇都宮家の歴史を、刀剣や甲冑(鎧兜)とともにご紹介します。

宇都宮家の歴史と武具(刀剣・甲冑)

佐竹家の歴史と武具(刀剣・甲冑)

佐竹家の歴史と武具(刀剣・甲冑)
佐竹家は、平安時代から常陸国(ひたちのくに:現在の茨城県)や出羽国(でわのくに:現在の山形県と秋田県)を支配した一族です。常陸国を拠点としていた佐竹家が、いかにして群雄割拠の関東で一国を維持できたのか。なぜ江戸時代に出羽国に移ることになったのか。そんな佐竹家の歴史やそれを支えた家臣、佐竹家ゆかりの刀剣や甲冑(鎧兜)などについてご紹介します。

佐竹家の歴史と武具(刀剣・甲冑)

真田家の歴史と武具(刀剣・甲冑)

真田家の歴史と武具(刀剣・甲冑)
東信濃(長野県の東部)から始まり、のちに沼田(ぬまた)・松代(まつしろ)に分離しながら時代を駆けた真田家。10代続いた松代藩では財政の苦しさに直面することもありましたが、各当主が試行錯誤を繰り返し乗り越えました。そんな真田家の歴史や刀剣や甲冑(鎧兜)をご紹介します。

真田家の歴史と武具(刀剣・甲冑)

武田家の歴史と武具(刀剣・甲冑)

武田家の歴史と武具(刀剣・甲冑)
武田家は、平安時代から戦国時代にかけて甲斐国(かいのくに:現在の山梨県)を中心に勢力を広げた武家で、平安時代の武将「源信義」(みなもとののぶよし)が甲斐国で「武田信義」(たけだのぶよし)と名乗ったことが始まりです。 鎌倉時代に入り武田信義が甲斐国の守護に任命されると、武田信義の子「武田信光」(たけだのぶみつ)も甲斐国と安芸国(あきのくに:現在の広島県西部)の守護に任命され武田家の基礎を築いていくことになります。さらに武田家16代当主「武田信玄」(たけだしんげん)が、信濃国(しなののくに:現在の長野県)や駿河国(するがのくに:現在の静岡県中部・東部)などにも勢力を広げ、武田家は全盛期を迎えるのです。 しかし、武田家17代当主「武田勝頼」(たけだかつより)が長篠の戦いで「織田信長」に敗れると、武田家は急速に勢力を失っていきました。 そんな武田家の歴史とゆかりの刀剣や甲冑(鎧兜)などについてご紹介します。

武田家の歴史と武具(刀剣・甲冑)

結城家の歴史と武具(刀剣・甲冑)

結城家の歴史と武具(刀剣・甲冑)
鎌倉時代に幕府の要職に就いていた結城家。一時は衰退の一途を辿りましたが、巧みに世を渡り生き残りました。戦国時代には、結城家が治める下総国(しもうさのくに:現在の千葉県北部と茨城県西部)を、北条家や上杉家などに侵攻されながらも勢力を維持。江戸時代以降は、松平と姓を改めました。そんな結城家の歴史とともに、彼らにゆかりのある刀剣・甲冑(鎧兜)、忠誠を尽くした武家をご紹介します。

結城家の歴史と武具(刀剣・甲冑)

注目ワード
注目ワード