関東・甲信越地方の戦国大名

結城家の歴史と武具(刀剣・甲冑)

文字サイズ

鎌倉時代に幕府の要職に就いていた結城家。一時は衰退の一途を辿りましたが、巧みに世を渡り生き残りました。戦国時代には、結城家が治める下総国(しもうさのくに:現在の千葉県北部と茨城県西部)を、北条家や上杉家などに侵攻されながらも勢力を維持。江戸時代以降は、松平と姓を改めました。そんな結城家の歴史とともに、彼らにゆかりのある刀剣・甲冑(鎧兜)、忠誠を尽くした武家をご紹介します。

結城家の来歴

結城家の家紋「右三つ巴」

結城家の家紋「右三つ巴」

結城家の祖は、平安時代の大乱「平将門の乱」を制圧した「藤原秀郷」(ふじはらのひでさと)。藤原秀郷は乱を治めた功績を称され、武家の最高位である鎮守府将軍に就任し、その後権力を使い、関東地域を中心に全国に子孫を配しました。

このことから、先祖が藤原秀郷である武将や大名は数多く存在します。その末裔のひとりが、初代結城家当主「小山朝光」(おやまともみつ)。

小山朝光は、平安時代後期に平家に反旗を翻して挙兵した源頼朝に従軍。ここで功績を挙げた小山朝光は、下総国結城(しもうさのくにゆうき茨城県結城市)の領地を与えられ、地名の結城から「結城朝光」と姓を改めました。

鎌倉時代には、結城朝光と結城朝光の長男2代「結城朝広」(ゆうきともひろ)が幕府の要職に就任し、御家人の中心家として繁栄しますが、その後、早世や年少での家督継承などにより結城家は衰退。しかし、のちに室町幕府を開く足利尊氏鎌倉幕府討伐に挙兵した際に従軍。様々な戦に参加し多くの功績を収めた結城家は、関東における一大勢力へと成長し、結城朝光の本家である「小山家」(おやまけ)、「宇都宮家」(うつのみやけ)、「佐竹家」(さたけけ)、「小田家」(おだけ)、「那須家」(なすけ)、「千葉家」(ちばけ)、「長沼家」(ながぬまけ)と並び、関東8家に数えられました。

松平に姓を改める前、徳川家が天下を治めた頃には68万石を所領し、前田家に次ぐ全国2位の大大名へと成長。様々な問題を抱えつつも盛衰を繰り返し、大勢力がひしめく関東で生き残った背景には、優秀な当主の存在があったのです。

戦国時代の結城家

結城家は、戦国時代初期には戦国大名として最盛期を迎えます。結城家でも名君と呼ばれる15代当主「結城政朝」(ゆうきまさとも)は、周辺勢力との戦に勝ち抜きました。元々結城家に従軍していながらも、独立を目指していた「多賀谷家」(たがやけ)や「山川家」(やまかわけ)を再度屈服させるなど勢力を拡大。

結城政朝の次男16代「結城政勝」(ゆうきまさかつ)の時代には、下総と隣接する下野国(しもつけのくに:現在の栃木県)に本拠を構えていた小山家に、弟「結城高朝」(ゆうきたかとも)を送り同盟を結ぶなど基盤を固めました。積極的な領土拡大も行ない、佐竹家や宇都宮家と戦を交えました。その後、結城政勝に跡継ぎがいなかったため、結城高朝の三男「小山晴朝」(おやまはるとも)を養子に迎え家督を継承しました。

徳川家康

徳川家康

しかし、結城晴朝の時代は防戦一方。周辺諸国から度重なる侵攻を受けましたが、他家から養子を迎えたり、妹を嫁がせたりと巧みに生き残りましたが、結城晴朝にも嫡男がおらず、「徳川家康」の次男「徳川秀康」(とくがわひでやす)に養女「鶴子」(つるこ)を嫁がせ、養嗣子として迎え入れました。

そして、結城秀康として18代当主に就任。関ヶ原の戦い後、下総から越前(石川県福井県北部)に移封され、徳川家康の元姓である「松平」に姓を改めました。19代「結城直基」(ゆうきなおもと)も松平を名乗り、大名としての結城家の家名は途絶えました。

結城家が愛用した刀剣・甲冑

結城家が愛用した刀剣甲冑(鎧兜)をご紹介します。

刀剣

御手杵の槍(おてぎねのやり)
御手杵の槍は結城晴朝の愛槍で、結城家を象徴する家宝です。本多忠勝の「蜻蛉切」(とんぼきり)、天皇から「足利義昭」(あしかがよしあき)に贈られたのち数々の武将の手を渡った「日本号」と並び、天下三名槍と呼ばれています。

全長3mを超える常人では振り回せないほどに巨大な槍でしたが、結城秀康は使用していたと伝えられています。東京大空襲によって焼失しましたが、2002年(平成14年)にレプリカとして復元され、結城蔵美館(茨城県結城市)で展示されています。

御手杵
御手杵
義助作
鑑定区分
未鑑定
刃長
-
所蔵・伝来
結城晴朝

石田正宗(いしだまさむね)
石田正宗は、相州伝の代表刀工「正宗」が制作しました。もとは「石田三成」が所有していましたが、石田三成が佐和山城滋賀県彦根市)へ蟄居(ちっきょ)処分を受けた際、結城秀康が護送。その礼として結城秀康に贈りました。その際、結城秀康が石田正宗と名付けました。

また、(むね)や(しのぎ)、(なかご)の部分に切り込み痕が残っていることから、「石田切込正宗」(いしだきりこみまさむね)とも呼ばれています。

現在は、国の重要文化財に指定され、東京国立博物館に収蔵されています。

石田正宗
石田正宗
-
鑑定区分
重要文化財
刃長
68.8
所蔵・伝来
石田三成 →
結城秀康→
津山藩松平家 →
独立行政法人
国立文化財機構
(所蔵は東京国立博物館)
稲葉郷(いなばごう)
稲葉郷は、もとは「稲葉重通」(いなばしげみち)が所有していましたが、徳川家康に仕える際に献上したと言われています。

関ヶ原の戦いに乗じて会津(現在の福島県西部)で挙兵した上杉景勝(うえすぎかげかつ)の抑え役として、徳川家康が結城秀康を任命したときに贈呈。関ヶ原の戦いへの参戦を要請し、渋った結城秀康を説得するために贈ったと言われています。

国宝に認定されたあと、一度行方不明になりましたが、個人所有ということが判明しました。その個人から山口県岩国市の会社が購入し、柏原美術館(山口県岩国市)に寄贈されています。

名物 稲葉江
名物 稲葉江
無銘
金象嵌銘
「天正十三十二月日江本阿彌磨上之(花押)/所持稲葉勘右衛門尉」
鑑定区分
国宝
刃長
70.9
所蔵・伝来
稲葉重通→
徳川家康→
結城秀康→
津山松平家→
作州松平家→
柏原美術館(旧岩国美術館)

甲冑

雉子形変わり兜(きぎしがたかわりかぶと)
雉子形変わり兜

雉子形変わり兜

結城秀康が所有していた雉子形変わり兜は、頭長にキジがあしらわれている

変わり兜は、雉子形変わり兜のように鉢の形状自体を加工して作った兜か、鉢の上に和紙や皮革、動物の毛などで装飾した2つがあります。

現在は、個人が所有しています。

結城家を支えた武家

水谷家(みずのやけ)
水谷家は結城家と同じく、藤原秀郷を祖に持つ一族です。代表する当主は「負け知らずの猛将」と呼ばれるなど、武勇に優れた「水谷正村」(みずのやまさむら)。水谷正村の評判を知った結城政勝は、娘婿として迎え、その後の結城家の中心人物として数々の戦で功績を残しました。
多賀谷家(たがやけ)
多賀谷家の中でも、結城家の発展に欠かせなかった人物が「多賀谷政広」(たがやまさひろ)。多賀谷政広は多賀谷家が結城家に帰属する際に、人質として差し出されました。そして、そのまま結城家の家臣へと転遷。主に周辺諸国との外交の使者として活躍しました。

結城家が小田原の役に参加した際に豊臣秀吉に謁見し、徳川秀康の結城家への婿入りを取りまとめるなど、結城家を政治の面で支えていました。

岩上家(いわがみけ)
結城家の重臣として活躍した岩上家。なかでも功績を称され、岩上姓と結城晴朝から一字を賜り「岩上朝堅」(いわがみともかた)へと改めた「三浦義堅」(みうらよしかた)が代表に挙がります。

結城家の中核として、主に常陸国(現在の茨城県の大部分)方面、佐竹家などへ赴き、外交役として活躍しました。

山川家(やまかわけ)
山川家は元々結城家の傘下でしたが、結城家の勢力が弱まった際に独立しようと企てました。しかし、勢力が回復すると再び従属。その後、協同で北条家と戦をするなど結城家に尽力しました。

結城家の歴史と武具(刀剣・甲冑)

結城家の歴史と武具(刀剣・甲冑)をSNSでシェアする

「関東・甲信越地方の戦国大名」の記事を読む


宇都宮家の歴史と武具(刀剣・甲冑)

宇都宮家の歴史と武具(刀剣・甲冑)
足利家との対立や、従属していた芳賀家(はがけ)の裏切りなど、様々なことに揺れ動きつつも、関東屈指の勇猛な武士団をつくり上げた宇都宮家。武勇に優れた者から歌人まで存在し、多才な一族でもありました。そんな個性的な宇都宮家の歴史を、刀剣や甲冑(鎧兜)とともにご紹介します。

宇都宮家の歴史と武具(刀剣・甲冑)

佐竹家の歴史と武具(刀剣・甲冑)

佐竹家の歴史と武具(刀剣・甲冑)
佐竹家は、平安時代から常陸国(ひたちのくに:現在の茨城県)や出羽国(でわのくに:現在の山形県と秋田県)を支配した一族です。常陸国を拠点としていた佐竹家が、いかにして群雄割拠の関東で一国を維持できたのか。なぜ江戸時代に出羽国に移ることになったのか。そんな佐竹家の歴史やそれを支えた家臣、佐竹家ゆかりの刀剣や甲冑(鎧兜)などについてご紹介します。

佐竹家の歴史と武具(刀剣・甲冑)

真田家の歴史と武具(刀剣・甲冑)

真田家の歴史と武具(刀剣・甲冑)
東信濃(長野県の東部)から始まり、のちに沼田(ぬまた)・松代(まつしろ)に分離しながら時代を駆けた真田家。10代続いた松代藩では財政の苦しさに直面することもありましたが、各当主が試行錯誤を繰り返し乗り越えました。そんな真田家の歴史や刀剣や甲冑(鎧兜)をご紹介します。

真田家の歴史と武具(刀剣・甲冑)

武田家の歴史と武具(刀剣・甲冑)

武田家の歴史と武具(刀剣・甲冑)
武田家は、平安時代から戦国時代にかけて甲斐国(かいのくに:現在の山梨県)を中心に勢力を広げた武家で、平安時代の武将「源信義」(みなもとののぶよし)が甲斐国で「武田信義」(たけだのぶよし)と名乗ったことが始まりです。 鎌倉時代に入り武田信義が甲斐国の守護に任命されると、武田信義の子「武田信光」(たけだのぶみつ)も甲斐国と安芸国(あきのくに:現在の広島県西部)の守護に任命され武田家の基礎を築いていくことになります。さらに武田家16代当主「武田信玄」(たけだしんげん)が、信濃国(しなののくに:現在の長野県)や駿河国(するがのくに:現在の静岡県中部・東部)などにも勢力を広げ、武田家は全盛期を迎えるのです。 しかし、武田家17代当主「武田勝頼」(たけだかつより)が長篠の戦いで「織田信長」に敗れると、武田家は急速に勢力を失っていきました。 そんな武田家の歴史とゆかりの刀剣や甲冑(鎧兜)などについてご紹介します。

武田家の歴史と武具(刀剣・甲冑)

北条家の歴史と武具(刀剣・甲冑)

北条家の歴史と武具(刀剣・甲冑)
戦国時代に、全国有数の名家としてその名を轟かせた北条家(ほうじょうけ)。鎌倉時代に幕府の執権として活躍した北条家の子孫ではありませんが、同じ桓武天皇(かんむてんのう)の末裔でした。北条家の姓の由来として、鎌倉幕府を支配していた北条家の影響力を利用することが目的だったとも言われています。戦国の世にあって親兄弟争うことなく関東を治めた、歴史ある一族です。そんな北条家の歴史とともに、彼らにゆかりのある刀剣や甲冑(鎧兜)をご紹介します。

北条家の歴史と武具(刀剣・甲冑)

注目ワード
注目ワード