関西地方の戦国大名

浅井家の歴史と武具(刀剣・甲冑)

文字サイズ

室町時代の名家「京極家」の一家臣であった浅井家でしたが、3代で天下に名を残す戦国大名に登りつめました。特に3代「浅井長政」(あざいながまさ)は、武勇と頭脳共に優れ、近江国(おうみのくに:現在の滋賀県)を統治。しかし、義を重んじたばかりに織田信長に滅ぼされてしまいます。そんな浅井家の歴史や刀剣や甲冑(鎧兜)をはじめ、浅井長政死後も浅井家の血を残していった三姉妹をご紹介します。

浅井家の来歴

浅井家の家紋「三つ盛亀甲」

浅井家の家紋「三つ盛亀甲」

室町時代の浅井家は、鎌倉時代から権力を保持していた京極家の一家臣で、江北(近江国[おうみのくに]の北側)浅井郡(現在の長浜市の一部と米原市の一部)の一角を所領する国人領主(城持ちの独立領主)でした。

しかし戦国時代に入ると、京極家の家督争いが発生。京極家当主「京極高清」(きょうごくたかきよ)が家督を長男「京極高延」(きょうごくたかのぶ)ではなく、次男「京極高吉」(きょうごくたかよし)に譲る意向を示しました。それに浅井家当主「浅井亮政」(あざいすけまさ)をはじめ、江北国人領主らと共に京極高延を推薦し、京極高清に一揆を起こしました。

排斥(はいせき)に成功しましたが、一揆の長であった「浅見貞則」(あさみさだのり)が権力を乱用。今度は浅井亮政を中心に浅見貞則を排斥し、京極高清を主君と仰ぎました。その後、京極高清を本拠・小谷城滋賀県長浜市)に迎え、自分の思うがままに京極高清を操り江北を支配。大名の仲間入りを果たしました。

六角家との争い

浅井長政

浅井長政

浅井家が江北に腰を据えてすぐ、京極家と友好関係にあった隣国の江南(近江国の南側)を治めていた六角家が侵攻。長年にわたり勢力争いが繰り返され、2代「浅井久政」(あざいひさまさ)に当主が代わっても続きました。

しかし、浅井久政は文武ともに劣っており、さらに配下に治めていた京極家も反乱を起こします。そのため、滅亡を恐れた浅井久政は六角家に従属。この頃、浅井家最後の当主である3代「浅井長政」が生まれました。

しかし、浅井長政が元服する際も六角家の支配を受けていたため、六角家が浅井長政の名前を付けました。当時の六角家当主「六角義賢」(ろっかくよしかた)の名から一字を取って、浅井賢政(あざいかたまさ)と名付けられます。さらに六角家の家臣の娘が嫁ぐことになり、それに反抗した浅井賢政は嫁を送り返し、挙兵して六角家から独立します。すぐに侵攻してきた六角家2万の大軍を1万の軍勢で打ち破るのです。このとき、浅井賢政は元服したての15歳。

そして、浅井久政の弱腰外交に嫌気がさしていた家臣らが浅井賢政に家督を譲るように迫り、浅井久政はこれを承諾。浅井賢政は当主に着任し、浅井長政と名を改めました。「長」は、今川家の大軍を打ち破った織田信長にあやかったと言われています。

歴史を動かした有名な戦国武将や戦い(合戦)をご紹介!

大名に復権した浅井家と織田家の関係

お市

お市

一方で織田信長もまた、浅井長政に興味を示していました。織田信長は同時期、斎藤家が治める美濃国(みののくに)へ侵攻。美濃の西隣にある近江を領地とする浅井家と同盟を結び、西と南から挟撃しようと考えました。

しかし織田信長は、浅井家の盟友・朝倉家と不仲であったため交渉は難航。そこで織田信長は、当世一の美女と言われていた妹の「」(いち)を浅井長政に嫁がせることにより、同盟を結びました。この同盟を結んだ際、浅井家は織田家に対して、朝倉家と敵対しないことを条件にしました。

織田家が斎藤家を滅ぼしたのち、共闘して因縁の六角家を滅ぼすことに成功。その後、上洛した織田信長が朝倉家に上洛を要請しましたが、朝倉家は無視。それに怒った織田信長は、1570年(元亀元年)朝倉家討伐に兵を挙げました。浅井長政は同盟の条件を破ったものの妻の兄でもある織田家と、六角家との戦で何度も救われた盟友の朝倉家のどちらに付くか迷い、義を重んじた浅井長政は朝倉家に付き、織田軍の背後から攻め掛かります。

しかしそのとき、市が織田信長に陣中見舞いと称して、袋の両端を紐で結んだ小豆を織田信長に送ったと言われています。これには、織田軍が前も後ろも塞がれているという意味が込められ、それを悟った織田信長は、豊臣秀吉に「殿」(しんがり:退却する軍列の最後尾で、敵の進撃を防ぐ部隊)を任せ、美濃へ戻りました。

その数ヵ月後、織田信長は準備を整えて近江へ侵攻し姉川の戦いが起こります。浅井家は、朝倉家とともに、織田家と戦いますが敗北。その後、織田家による侵攻は続きました。そこで、織田家を良く思っていなかった将軍・足利義昭の計らいで、武田信玄に織田家を討つように要請。武田信玄は先んじて、織田家と同盟を結んでいた徳川家を攻めました。

そのとき、徳川家が劣勢だったため、織田信長は主力を武田家へ向けます。しかし、武田信玄が急死したため、3度近江へ侵攻。そんな織田家に浅井家は成すすべなく滅びることになりました。浅井長政は最後の籠城戦の末、29歳の若さで自刃。市と長女「茶々」(ちゃちゃ)、次女「」(はつ)、三女「」(ごう)は落城する城から逃れました。

その後、市が「柴田勝家」(しばたかついえ)と再婚すると娘共々、柴田家の居城・福井城福井県福井市)に移りました。しかし、その柴田家も織田信長死後、1583年(天正11年)賤ヶ岳の戦いで豊臣秀吉に敗れ、市と柴田勝家は自害し、三姉妹は豊臣秀吉に引き取られました。

戦国の荒波に乗り切れず、滅亡してしまった浅井家。しかし、実力のあった浅井長政が「もし生きていたら」「織田側についていたら」と、討論されるほどに戦国時代において影響力のあった人物でした。

歴史上の人物が活躍した合戦をご紹介!

浅井三姉妹のその後

茶々
茶々は1588年(天正16年)、子が生まれなかった豊臣秀吉の側室として迎えられます。翌年には、待望の第一子「鶴松」(つるまつ)を出産。喜んだ豊臣秀吉から淀城(京都府京都市)を贈られ、その後「淀」(よど)と呼ばれるようになりました。

しかし、2年後に鶴松は亡くなります。1593年(文禄2年)に「豊臣秀頼」(とよとみひでより)を出産し豊臣秀吉の死後、後見人として政治に介入。しかし、関ヶ原の戦い後、徳川家康と対立し、2度にわたる大坂の陣で敗北し、豊臣秀頼もろとも自害しました。

豊臣秀吉の計らいにより、浅井家の主筋である京極家の当主であり従兄の「京極高次」(きょうごくたかつぐ)に嫁ぎました。関ヶ原の戦いでは、徳川家康率いる東軍に味方し、大津城(滋賀県大津市)にて3,000の手勢で15,000の大軍の猛攻に耐えた功績を賞され、若狭国(わかさのくに:現在の福井県南部から敦賀市を除いた部分)を与えられました。

しかし、子が生まれなかったため、江の四女「初姫」(はつひめ)や、「氏家行広」(うじいえゆきひろ)の娘を養女としました。1609年(慶長14年)京極高次死後は、出家して常高院(じょうこういん)と号しました。

姉2人同様、江も豊臣秀吉の意向により、織田信長の次男「織田信雄」(おだのぶかつ)の家臣「佐治一成」(さじかずなり)に嫁ぎます。しかし、佐治一成は小牧・長久手の戦いで豊臣秀吉と敵対したため、江と離縁させられました。

その後、豊臣秀吉の甥で養子の「豊臣秀勝」(とよとみひでかつ)へ再嫁。その豊臣秀勝も江が嫁いだあと、1年経たずに病死します。3度目も豊臣秀吉の命により、徳川家康の三男「徳川秀忠」(とくがわひでただ)に再嫁。徳川秀忠との間に2男5女を儲け、浅井の血を将軍家に残しました。

また、三姉妹の中でも江は、大河ドラマの題材になり一役注目を集めます。義を重んじて苦難の道を歩んだ浅井家は現代でも、有力大名として語り継がれているのです。

浅井家ゆかりの刀剣・甲冑

浅井家が愛用した刀剣甲冑(鎧兜)をご紹介します。

刀剣

浅井一文字(あざいいちもんじ)
元々、織田信長が所持していましたが、浅井家と同盟を結ぶ際に市の輿入れとして浅井家に渡りました。浅井長政が自害したあとは茶々が所有。

大坂夏の陣で行方不明となりましたが、のちに尾張徳川家に伝わりました。その後、関東大震災により焼失してしまいました。

甲冑

黒漆塗紺糸縅胴丸(くろうるしぬりこんいとおどしどうまる)
黒漆塗紺糸縅胴丸

黒漆塗紺糸縅胴丸

黒漆塗紺糸縅胴丸は、浅井長政が着用していたと伝えられています。それが、家臣の今井家もしくは垣見家に渡り、現代まで残ったと言われています。

現在は、滋賀県指定文化財に指定され、長浜市立博物館・科学館浅井歴史民俗資料館(滋賀県長浜市)に収蔵。補修を施し、展示されています。

浅井家の歴史と武具(刀剣・甲冑)

浅井家の歴史と武具(刀剣・甲冑)をSNSでシェアする

「関西地方の戦国大名」の記事を読む


足利家の歴史と武具(刀剣・甲冑)

足利家の歴史と武具(刀剣・甲冑)
室町幕府を開いた「足利尊氏」(あしかがたかうじ)を筆頭に、世の中を席巻した将軍足利家。しかし群雄割拠の戦国時代には、天下統一を夢見る大名達の争いに巻き込まれ、豊臣秀吉が太政大臣に就任した際に、将軍職から降ろされてしまいます。そんな足利家の歴史や、ゆかりのある刀剣や甲冑(鎧兜)をご紹介します。

足利家の歴史と武具(刀剣・甲冑)

細川家の歴史と武具(刀剣・甲冑)

細川家の歴史と武具(刀剣・甲冑)
細川家は、鎌倉時代に興り江戸時代以降も名門として栄えた一族です。室町時代には、摂津国(せっつのくに:現在の大阪府北中部、兵庫県南東部)などを領地として、将軍に次ぐ役職である管領(かんれい)を担い斯波家(しばけ)・畠山家(はたけけ)と共に三管領のひとつに数えられる名家として君臨します。近畿から九州に移ってからも、肥後国(ひごのくに:現在の熊本県)の熊本藩(現在の熊本県の球磨・天草地方以外)を江戸時代の末期まで統治しました。今回はそんな細川家の出自や、ゆかりの刀剣や甲冑(鎧兜)についてご紹介します。

細川家の歴史と武具(刀剣・甲冑)

三好家の歴史と武具(刀剣・甲冑)

三好家の歴史と武具(刀剣・甲冑)
三好家は、四国地方から近畿地方に進出。「三好長慶」(みよしながよし)の代には、主君を倒して成り上がり、下克上を果たして、幕府の実権を握るまでになります。今回は、四国を領地としていた三好家が成り上がっていった経緯や、それを支えた家臣達、三好家ゆかりの刀剣や甲冑(鎧兜)などについてご紹介します。

三好家の歴史と武具(刀剣・甲冑)

注目ワード
注目ワード