関東・甲信越地方の戦国大名

真田家の歴史と武具(刀剣・甲冑)

文字サイズ

東信濃(長野県の東部)から始まり、のちに沼田(ぬまた)・松代(まつしろ)に分離しながら時代を駆けた真田家。10代続いた松代藩では財政の苦しさに直面することもありましたが、各当主が試行錯誤を繰り返し乗り越えました。そんな真田家の歴史や刀剣や甲冑(鎧兜)をご紹介します。

真田家の来歴

真田家の家紋「六文銭」

真田家の家紋「六文銭」

真田家は、戦国時代に真田家が従属していた豪族・海野家(うんのけ)が祖だと言われています。

1541年(天文10年)の武田家・村上家・諏訪家の3家の連合軍と、海野家との戦のとき、海野勢に味方していたのが真田家初代「真田幸隆」(さなだゆきたか)です。

この戦いは海野勢の敗北となり、真田幸隆は上州へ逃れます。その後は「武田信玄」(たけだしんげん)に仕えることとなり、「信州先方衆」(しんしゅうさきがたしゅう)として武田勢の参謀として活躍。特に東北信地方の大半が武田家の手中に落ちたのは、真田幸隆に負う所が大きかったと言われています。

そんな真田幸隆の長男「真田信綱」(さなだのぶつな)、次男「真田昌輝」(さなだまさてる)は「長篠の戦い」で共に討死にしてしまいます。

真田幸村

真田幸村

そのため、三男「真田昌幸」(さなだまさゆき)が真田家を継ぎ、その子「真田信之」(さなだのぶゆき)、「真田幸村」(さなだゆきむら)らと共に、武田家・上杉家・北条家・豊臣家・徳川家ら強豪の中で、ときには従い、ときには対峙し、遂には上田城長野県上田市)を築いて東信濃随一の武将に成長。

真田昌幸父子は徳川方の大軍を2度に亘って撃退し、真田の名を天下に知らしめました。

しかし、「関ヶ原の戦い」は徳川方の勝利に終わり、真田昌幸と真田幸村は高野山に幽閉されます。真田昌幸はここで没し、真田幸村は「大坂冬の陣・夏の陣」において豊臣方に味方して大坂城に入って戦い、討死にしました。

真田信之は父・弟と別れて徳川方に付き、その功によって父・真田昌幸が築いた上田城とその領地を継ぐことを許されました。1622年(元和8年)には松代に所領を移し、松代10万石、沼田3万石を与えられます。のちに、真田信之の長男「真田信吉」(さなだのぶよし)に沼田領を、次男「真田信政」(さなだのぶまさ)に松代領を継がせたことで、真田家は2家に分かれます。沼田の真田家は4代で改易となりますが、松代の真田家は、廃藩に至るまで10代の藩主が北信濃4郡を支配しました。

真田家は、豊臣方に属し、2度も徳川の大軍を破った真田昌幸や、沼田城主・上田城主・松代藩主として経験豊かな人生を歩み、徳川幕府の大名として沼田藩3万石及び松代藩10万石の藩主の地位を築いた真田信之などを見ると分かるように、時代の盛衰を読み、歴史に名を遺すような功績を挙げた武将が多く存在した一族だと言えるでしょう。

戦国武将「真田幸村」 YouTube動画

戦国武将「真田幸村」

真田丸
武将イラスト・合戦イラスト集武将イラスト・合戦イラスト集
武将イラスト・合戦イラスト集では、戦国時代に活躍した武将達を中心に、今にも動き出しそうなリアルタッチで描いたイラストを掲載しています。

真田家が愛用した刀剣・甲冑

真田家が愛用した刀剣甲冑(鎧兜)をご紹介します。

刀剣

青江の大太刀
長篠の戦いで戦死した真田信綱が所用したと言われる大太刀で、長さ103㎝、重さは普通の刀の2倍以上の1.5㎏もあります。現在の岡山県倉敷市周辺で作刀していた青江派の刀工による南北朝時代の作とされ、刃に刃こぼれも見えます。

現在は、真田宝物館長野市松代町)に収蔵されています。

短刀(銘 吉光)
短刀(銘 吉光)は、2代藩主である真田信政が人質として江戸にいたときに、徳川家康より拝領した日本刀。真田家では、重宝の筆頭として緊急時に担ぎ出す長持の奥深くに保管していました。

花の丸御殿の玄関に次ぐ大広間の床の間に、腰の物、箪笥、惣青貝の、大太刀とともに安置され、番頭ひとり武士5人が列座し昼夜警護を怠らなかったと言われています。

現在は、真田宝物館に収蔵されています。

刀(三原の刀)
刀(三原の刀)

刀(三原の刀)

刀(三原の刀)は、刀工・三原の作と伝えられる無銘の日本刀。刀長71.9cm。

真田昌幸が朝鮮出兵の恩賞として豊臣秀吉から拝領した刀。

現在は、真田宝物館に収蔵されています。

短刀(無銘)
短刀(無銘)は、10代藩主真田幸民(さなだゆきもと)所用の短刀。真田幸民が宇和島藩伊達家より真田家へ養子入りした際に持ち込みました。刀身の作者は来国俊で、鎌倉中期の物です。

この短刀の刀装具のうち、目貫栗形小柄(こうがい)といった金具類のから、江戸幕府及び宮中の御用職人を代々務めていた金工師中川一匠の作であることが分かります。

短刀の柄は鉄刀木という重く硬い材木を磨き上げた物が使われ、は材木を竹のように作り上げ、漆が塗られています。笄には日の出に松が、小柄には月に梅があしらわれています。

現在は、真田宝物館に収蔵されています。

甲冑

鉄二枚胴具足(てつにまいどうぐそく)
鉄二枚胴具足

鉄二枚胴具足

鉄二枚胴具足は、真田家に伝えられてきた具足。は鉄地四十二間の筋兜で、面頬の口上に髭があるのが特徴。

南蛮胴を模して作られており、非常に強度があります。籠手の手甲には真田家の家紋・六文銭を打ってあります。

現在は、大阪城天守閣(大阪市中央区)に収蔵されています。

啄木糸素懸縅伊代札胴具足(たいぼくいとすがけおどしいよざねどうぐそく)
啄木糸素懸縅伊代札胴具足は、真田昌幸所用の甲冑(鎧兜)です。兜は鉢の頂上が尖って突き出た特殊な形。胴は黒漆で塗られており、胴の下に垂れている草摺の部分は、白黒のまだらの色合いがキツツキの胸毛の模様に似ていることから名付けられた啄木糸(たくぼくいと)で結び合わせています。

真田昌幸は関ヶ原の戦いに敗れ、追放された高野山の地で生涯を閉じましたが、この具足は家臣によって守り続けられました。

現在は、上田市立博物館(長野県上田市)に収蔵されています。

黒漆塗本小札萌黄糸縅二枚胴具足(くろうるしぬりほんこざねもえぎいとおどしにまいどうぐそく)
黒漆塗本小札萌黄糸縅二枚胴具足は、真田信之が愛用した甲冑(鎧兜)です。

兜は中国の官吏の冠を模した「唐冠形兜」(とうかんなりかぶと)で、兜の左右にある装飾の脇立は、真田家の家紋・六文銭に唐草文を透かし彫りにしています。胴は、紺色の糸を使って結び合わせていましたが、途中で萌葱色の糸に修復したと言われています。

現在は、真田宝物館に収蔵されています。

黒糸毛引縅二枚胴具足(くろいとげびきおどしにまいどうぐそく)
黒糸毛引縅二枚胴具足は、真田信政が所用していたと伝えられる甲冑(鎧兜)です。

兜は中国の冠を模した唐冠形兜で、銀漆で塗られています。脇立は唐草文を透かし彫りにしており、真田信之が愛用した黒漆塗本小札萌黄糸縅二枚胴具足と類似しています。

元々は茶色の糸で結び合わせていましたが、江戸時代中期ごろに黒色の糸に改められたと言われています。

現在は、真田宝物館に収蔵されています。

鉄地黒漆塗突盔形兜(てつじくろうるしぬりとっぱいなりかぶと)
鉄地黒漆塗突盔形兜は、真田昌幸所用の兜。兜のひさしの部分には、黒漆で塗られた鍬形で先端の尖った大天衝の前立を付けています。真田昌幸所用「韋包二枚仏胴具足」(かわづつみにまいどうぐそく)に付属し、胴の昇り梯子とともに人の目を引き付けます。

現在は、真田宝物館に収蔵されています。

真田家の歴史と武具(刀剣・甲冑)

真田家の歴史と武具(刀剣・甲冑)をSNSでシェアする

「関東・甲信越地方の戦国大名」の記事を読む


宇都宮家の歴史と武具(刀剣・甲冑)

宇都宮家の歴史と武具(刀剣・甲冑)
足利家との対立や、従属していた芳賀家(はがけ)の裏切りなど、様々なことに揺れ動きつつも、関東屈指の勇猛な武士団をつくり上げた宇都宮家。武勇に優れた者から歌人まで存在し、多才な一族でもありました。そんな個性的な宇都宮家の歴史を、刀剣や甲冑(鎧兜)とともにご紹介します。

宇都宮家の歴史と武具(刀剣・甲冑)

佐竹家の歴史と武具(刀剣・甲冑)

佐竹家の歴史と武具(刀剣・甲冑)
佐竹家は、平安時代から常陸国(ひたちのくに:現在の茨城県)や出羽国(でわのくに:現在の山形県と秋田県)を支配した一族です。常陸国を拠点としていた佐竹家が、いかにして群雄割拠の関東で一国を維持できたのか。なぜ江戸時代に出羽国に移ることになったのか。そんな佐竹家の歴史やそれを支えた家臣、佐竹家ゆかりの刀剣や甲冑(鎧兜)などについてご紹介します。

佐竹家の歴史と武具(刀剣・甲冑)

武田家の歴史と武具(刀剣・甲冑)

武田家の歴史と武具(刀剣・甲冑)
武田家は、平安時代から戦国時代にかけて甲斐国(かいのくに:現在の山梨県)を中心に勢力を広げた武家で、平安時代の武将「源信義」(みなもとののぶよし)が甲斐国で「武田信義」(たけだのぶよし)と名乗ったことが始まりです。 鎌倉時代に入り武田信義が甲斐国の守護に任命されると、武田信義の子「武田信光」(たけだのぶみつ)も甲斐国と安芸国(あきのくに:現在の広島県西部)の守護に任命され武田家の基礎を築いていくことになります。さらに武田家16代当主「武田信玄」(たけだしんげん)が、信濃国(しなののくに:現在の長野県)や駿河国(するがのくに:現在の静岡県中部・東部)などにも勢力を広げ、武田家は全盛期を迎えるのです。 しかし、武田家17代当主「武田勝頼」(たけだかつより)が長篠の戦いで「織田信長」に敗れると、武田家は急速に勢力を失っていきました。 そんな武田家の歴史とゆかりの刀剣や甲冑(鎧兜)などについてご紹介します。

武田家の歴史と武具(刀剣・甲冑)

北条家の歴史と武具(刀剣・甲冑)

北条家の歴史と武具(刀剣・甲冑)
戦国時代に、全国有数の名家としてその名を轟かせた北条家(ほうじょうけ)。鎌倉時代に幕府の執権として活躍した北条家の子孫ではありませんが、同じ桓武天皇(かんむてんのう)の末裔でした。北条家の姓の由来として、鎌倉幕府を支配していた北条家の影響力を利用することが目的だったとも言われています。戦国の世にあって親兄弟争うことなく関東を治めた、歴史ある一族です。そんな北条家の歴史とともに、彼らにゆかりのある刀剣や甲冑(鎧兜)をご紹介します。

北条家の歴史と武具(刀剣・甲冑)

結城家の歴史と武具(刀剣・甲冑)

結城家の歴史と武具(刀剣・甲冑)
鎌倉時代に幕府の要職に就いていた結城家。一時は衰退の一途を辿りましたが、巧みに世を渡り生き残りました。戦国時代には、結城家が治める下総国(しもうさのくに:現在の千葉県北部と茨城県西部)を、北条家や上杉家などに侵攻されながらも勢力を維持。江戸時代以降は、松平と姓を改めました。そんな結城家の歴史とともに、彼らにゆかりのある刀剣・甲冑(鎧兜)、忠誠を尽くした武家をご紹介します。

結城家の歴史と武具(刀剣・甲冑)

注目ワード
注目ワード