関東・甲信越地方の戦国大名

佐竹家の歴史と武具(刀剣・甲冑)

文字サイズ

佐竹家は、平安時代から常陸国(ひたちのくに:現在の茨城県)や出羽国(でわのくに:現在の山形県と秋田県)を支配した一族です。常陸国を拠点としていた佐竹家が、いかにして群雄割拠の関東で一国を維持できたのか。なぜ江戸時代に出羽国に移ることになったのか。そんな佐竹家の歴史やそれを支えた家臣、佐竹家ゆかりの刀剣や甲冑(鎧兜)などについてご紹介します。

佐竹家の来歴

佐竹家の家紋「扇に月紋」

佐竹家の家紋「扇に月紋」

佐竹家初代は「佐竹昌義」(さたけまさよし)。佐竹昌義は、「源頼朝」などと同じ清和源氏(せいわげんじ)の一族で、武田家や南部家の祖でもある「新羅三郎義光」(しんらさぶろうよしみつ)の孫にあたります。

佐竹昌義の父「源義業」(みなもとのよしなり)は、常陸国(ひたちのくに:現在の茨城県)を支配していた常陸平氏の「大掾家」(だいじょうけ)に母を持ち、また、源義業自身も大掾家から妻を娶りました。

そのため、佐竹昌義は母と父方の祖母に大掾家の血を持ち、その縁戚もあり、大掾家の領地に近い常陸国久慈郡佐竹郷(現在の茨城県常陸太田市稲木町)を領地とし、「佐竹」を名乗ります。

また、時の権力者である平氏との縁戚関係から、佐竹家は清和源氏の一族ながら平氏に与するようになり、2代当主「佐竹隆義」(さたけたかよし)が源頼朝の平氏討伐に呼応しなかったため、源頼朝が実権を握ったのちに領地の一部を没収されるのです。その後、改めて源頼朝に忠誠を誓い、「奥州合戦」などに参加。その功績で没収された領地の一部分を返還されるに至りました。

平安時代に興った佐竹家は、興亡激しい戦国時代を生き抜き、常陸国から出羽国(でわのくに:現在の山形県秋田県)へと領地を変えながらも、没落することなく領地を治めました。現代でもその子孫が知事に就任するなど、その歴史を紡ぎ続けています。

山入一揆

「山入一揆」(やまいりいっき)は、1407年(応永14年)、11代当主「佐竹義盛」(さたけよしもり)に男児が恵まれず没したことを発端とする一連の家督争いを指します。一揆の中心人物が、佐竹家分家の山入佐竹家「佐竹与義」(さたけともよし)であることから、山入一揆と呼ばれます。

佐竹義盛の死後、宗家は協議のうえ、上杉家の次男を佐竹義盛の娘の婿養子として迎え、12代当主「佐竹義人」(さたけよしひと)として就任させました。しかし、他家からの養子に反対した佐竹与義ら分家側は、病弱のため宗家側が当主としなかった佐竹義盛の弟「佐竹義有」(さたけよしあり)を当主にするよう求め、反乱を起こします。

そののち、1422年(応永29年)に佐竹義人により佐竹与義は討たれますが、佐竹与義の死後も子孫らによって佐竹宗家と山入佐竹家の抗争は、およそ100年の間続きます。

山入一揆の終結と佐竹義舜

1490年(延徳2年)には、山入佐竹家の「佐竹義藤」(さたけよしふじ)が、15代当主に就任した直後の「佐竹義舜」(さたけよしきよ)を攻め、佐竹家の本城(領主が本拠地としている城)である「太田城」(現在の茨城県常陸太田市)を奪います。

佐竹義藤没後は、佐竹義藤の子「佐竹氏義」(さたけうじよし)もまた佐竹義舜を追い立て、1502年(文亀元年)には金砂山城(現在の茨城県常陸太田市)で佐竹義舜をあと一歩まで追い詰めますが、悪天候に阻まれ逃げられてしまいます。すると、逃げ延びた佐竹義舜は1504年(永正元年)に近隣諸国に援助を求め、佐竹氏義のいる太田城を攻め奪還に成功。佐竹氏義は太田城から逃げ延びるも、のちに捕らえられ一族もろとも処刑。山入佐竹家は滅亡します。

これにより山入一揆は終結し、佐竹義舜は戦後処理でこの一揆の間に各所で奪われた領地の多くを奪還しました。佐竹家の内紛に終止符を打った佐竹義舜は、今日では佐竹家中興の祖とも呼ばれています。

鬼義重と呼ばれた18代当主・佐竹義重

戦国時代から江戸時代にかけて活躍した18代当主「佐竹義重」(さたけよししげ)は、「鬼義重」や「坂東太郎」などの異名を持つ勇猛な武将です。1562年(永禄5年)に当主となった佐竹義重は、隣国に攻め入って領地を奪い、縁戚関係を利用し同盟関係を強化するなど積極的に勢力を拡大し、多くの地域を傘下に治め関東に一大勢力を築き上げます。

しかし、佐竹義重と同時期に相模国(さがみのくに:現在の神奈川県)を治める北条家の「北条氏政」(ほうじょううじまさ)も関東での勢力を広げており、佐竹義重と北条氏政は互いの領地を巡ってたびたび衝突。1571年(元亀2年)には、北条家との戦で先陣を切ってまたたく間に7人の敵兵を斬り捨て、その勇猛さから坂東太郎(坂東は関東、太郎は一番の男の意味があり、関東一の男を意味する)の異名が付いたと言われています。

佐竹義重は北条家の他にも、佐竹家の勢力圏の北に領地を構える伊達家の「伊達政宗」とも勢力争いを繰り広げます。佐竹義重と伊達政宗は、会津(現在の福島県西部)を領地とする会津蘆名家(あいづあしなけ)の当主に互いの血縁を送り込もうと画策するなど、周辺諸国を巻き込んでの抗争に。1585年(天正13年)に佐竹家・蘆名家ら連合軍と伊達家が争った「人取橋の戦い」(ひととりばしのたたかい)など、佐竹義重は複数回に亘り伊達政宗を追い詰めますが、あと一歩のところで討ち逃しています。

武田信玄

武田信玄

またこの時期には、同じ新羅三郎義光を祖とする佐竹家と武田家が同盟を結ぶため、「武田信玄」と手紙のやり取りを行なっています。しかし、この手紙が身分の格を争う事態になり、両家が結ぼうとしていた同盟の交渉は決裂しました。

当時、自分と相手の身分の上下によって手紙の書式が厳密に定められていたため、佐竹義重が武田信玄へ送った手紙に対し「新羅三郎義光の治めた甲斐国(かいのくに:現在の山梨県)や宝物を代々受け継ぐ宗家とも言える武田家に対し、分家の佐竹家が無礼な手紙を送るな」と武田信玄は立腹。

対して佐竹義重は、「佐竹家の祖、源義業(みなもとのよしなり)が、長男であるが新羅三郎義光の家督を継がなかったのは、新羅三郎義光の兄・源義綱(みなもとのよしつな)の家に跡取りがいなかったため養子に入ったからである。源義綱は新羅三郎義光の兄であり、源義業も武田家の祖源義清(みなもとのよしきよ)の兄である。どちらが宗家か分家かは明確で、佐竹家の手紙は無礼ではない」と返答。

この返答に武田信玄は納得して再度手紙を送ったものの、その手紙が傲慢すぎたため佐竹義重が不満に思い、その後返信をしなかったことが同盟決裂の理由と言われています。

出羽国への転封

1589年(天正17年)に佐竹義重は隠居し、家督を長男の「佐竹義宣」(さたけよしのぶ)に譲りました。しかし、佐竹義宣が19代当主となったあとも、佐竹義重は太田城北の丸に住み「北城様」と呼ばれ、実権を保持したまま内政に関与し続けました。

佐竹義重・佐竹義宣親子は、「豊臣秀吉」が北条家を滅ぼした「小田原の役」や、豊臣秀吉が東北地方を平定するために起こした戦「奥州仕置」にも参陣し、豊臣秀吉の信頼を獲得。1590年(天正18年)には佐竹義宣は豊臣秀吉から「羽柴」姓を賜り、「常州の旗頭」を命ぜられ、豊臣政権での「6大将」のひとりに数えられるほど重用されました。

しかし豊臣秀吉の死後、関ヶ原の戦いにおいて父・佐竹義重が「徳川家康」に味方するよう助言するも、豊臣家に恩顧を受けていた佐竹義宣は苦悩。太田城に徳川家の使者が複数回来たところで、佐竹義宣はようやく徳川方に付くことを決断しましたが、この態度が遠因となって、1602年(慶長7年)に出羽国秋田郡(現在の秋田県北部)への転封(所領を別の場所に移すこと)を命じられました。佐竹家は江戸時代以降、久保田藩主として同地を治めることとなります。

佐竹家ゆかりの刀剣・甲冑

佐竹家ゆかりの刀剣甲冑(鎧兜)をご紹介します。

刀剣

八文字長義(はちもんじちょうぎ)
八文字長義は、佐竹義重が使用した日本刀です。

佐竹義重が、北条氏政との戦でこの刀で騎馬武者の頭上に一太刀を浴びせると、もろとも相手を真っ二つに叩き割り、相手の身体が馬の左右に八の字に落下。そのエピソードに由来して、「八文字」の名が付くようになりました。

八文字長義

八文字長義

甲冑

黒漆塗紺糸素懸縅五枚胴具足(くろうるしぬりこんいとすがけおどしごまいどうぐそく)
黒漆塗紺糸素懸縅五枚胴具足

黒漆塗紺糸素懸縅五枚胴具足

黒漆塗紺糸素懸縅五枚胴具足は、18代当主・佐竹義重が使用していた、兜の左右に広がる毛虫を模した前立(兜の前面に付けるU字型の飾り)が特徴的な甲冑(鎧兜)です。

佐竹義重の時代、佐竹家の祖である清和源氏が「けむし」と発音されていたため、同じ発音の毛虫をモチーフにしたとされています。

現在は、秋田市立佐竹史料館(秋田県秋田市)に収蔵されています。

白韋縅十二間阿古陀形筋兜(しろかわおどしじゅうにけんあこだなりすじかぶと)
白韋縅十二間阿古陀形筋兜

白韋縅十二間阿古陀形筋兜

白韋縅十二間阿古陀形筋兜は、新羅三郎義光の曽祖父「源満仲」(みなもとのみつなか)所用の兜です。

阿古陀形」とは、植物の阿古陀瓜から取られた名前で、前後に膨らんだ独特のかたちをした兜の鉢を指しています。

現在は、秋田県指定有形文化財として秋田市立佐竹史料館に収蔵されています。

黒漆塗本小札萌黄糸縅肩白胴丸具足(くろうるしぬりほんこさねもえぎいとおどしかたしろどうまるぐそく)
黒漆塗本小札萌黄糸縅肩白胴丸具足は、27代当主「佐竹義和」(さたけよしまさ)が使用した甲冑(鎧兜)です。鮮やかな色彩で彩られた甲冑(鎧兜)で、兜には鍬形の前立が施されています。

戦闘でなく装飾を重視した、戦の無い江戸時代の時流を反映したデザインの甲冑(鎧兜)で、現在は個人が所蔵しています。

佐竹家を支えた家臣

梅津憲忠(うめづのりただ)
梅津憲忠は、戦国時代から江戸時代にかけて佐竹家に仕えた武将です。1614年(慶長19年)の大坂冬の陣では、黄色の陣羽織姿で多くの功名を立て、「佐竹の黄鬼」と勇名を轟かせました。佐竹家が久保田藩に移って以降の藩政を全面的に支えた、文武両道の忠臣でもあります。
東義久(あずまよしひさ)
東義久は、佐竹義重に仕えた武将です。佐竹東家の一族で、「佐竹義久」(さたけよしひさ)とも呼ばれます。

関ヶ原の戦いののちに、佐竹義宣の使者として徳川家康のもとを訪れ直談判した際は、東義久の忠義に感銘を受けた徳川家康が、東義久が存命の間は佐竹家の転封をしない、と言わせたとされています。しかし東義久は直後に死亡してしまい、佐竹家は出羽国へ転封となりました。

佐竹家の歴史と武具(刀剣・甲冑)

佐竹家の歴史と武具(刀剣・甲冑)をSNSでシェアする

「関東・甲信越地方の戦国大名」の記事を読む


宇都宮家の歴史と武具(刀剣・甲冑)

宇都宮家の歴史と武具(刀剣・甲冑)
足利家との対立や、従属していた芳賀家(はがけ)の裏切りなど、様々なことに揺れ動きつつも、関東屈指の勇猛な武士団をつくり上げた宇都宮家。武勇に優れた者から歌人まで存在し、多才な一族でもありました。そんな個性的な宇都宮家の歴史を、刀剣や甲冑(鎧兜)とともにご紹介します。

宇都宮家の歴史と武具(刀剣・甲冑)

真田家の歴史と武具(刀剣・甲冑)

真田家の歴史と武具(刀剣・甲冑)
東信濃(長野県の東部)から始まり、のちに沼田(ぬまた)・松代(まつしろ)に分離しながら時代を駆けた真田家。10代続いた松代藩では財政の苦しさに直面することもありましたが、各当主が試行錯誤を繰り返し乗り越えました。そんな真田家の歴史や刀剣や甲冑(鎧兜)をご紹介します。

真田家の歴史と武具(刀剣・甲冑)

武田家の歴史と武具(刀剣・甲冑)

武田家の歴史と武具(刀剣・甲冑)
武田家は、平安時代から戦国時代にかけて甲斐国(かいのくに:現在の山梨県)を中心に勢力を広げた武家で、平安時代の武将「源信義」(みなもとののぶよし)が甲斐国で「武田信義」(たけだのぶよし)と名乗ったことが始まりです。 鎌倉時代に入り武田信義が甲斐国の守護に任命されると、武田信義の子「武田信光」(たけだのぶみつ)も甲斐国と安芸国(あきのくに:現在の広島県西部)の守護に任命され武田家の基礎を築いていくことになります。さらに武田家16代当主「武田信玄」(たけだしんげん)が、信濃国(しなののくに:現在の長野県)や駿河国(するがのくに:現在の静岡県中部・東部)などにも勢力を広げ、武田家は全盛期を迎えるのです。 しかし、武田家17代当主「武田勝頼」(たけだかつより)が長篠の戦いで「織田信長」に敗れると、武田家は急速に勢力を失っていきました。 そんな武田家の歴史とゆかりの刀剣や甲冑(鎧兜)などについてご紹介します。

武田家の歴史と武具(刀剣・甲冑)

北条家の歴史と武具(刀剣・甲冑)

北条家の歴史と武具(刀剣・甲冑)
戦国時代に、全国有数の名家としてその名を轟かせた北条家(ほうじょうけ)。鎌倉時代に幕府の執権として活躍した北条家の子孫ではありませんが、同じ桓武天皇(かんむてんのう)の末裔でした。北条家の姓の由来として、鎌倉幕府を支配していた北条家の影響力を利用することが目的だったとも言われています。戦国の世にあって親兄弟争うことなく関東を治めた、歴史ある一族です。そんな北条家の歴史とともに、彼らにゆかりのある刀剣や甲冑(鎧兜)をご紹介します。

北条家の歴史と武具(刀剣・甲冑)

結城家の歴史と武具(刀剣・甲冑)

結城家の歴史と武具(刀剣・甲冑)
鎌倉時代に幕府の要職に就いていた結城家。一時は衰退の一途を辿りましたが、巧みに世を渡り生き残りました。戦国時代には、結城家が治める下総国(しもうさのくに:現在の千葉県北部と茨城県西部)を、北条家や上杉家などに侵攻されながらも勢力を維持。江戸時代以降は、松平と姓を改めました。そんな結城家の歴史とともに、彼らにゆかりのある刀剣・甲冑(鎧兜)、忠誠を尽くした武家をご紹介します。

結城家の歴史と武具(刀剣・甲冑)