歴代天皇家と刀剣の歴史

皇族・公家の飾太刀

文字サイズ

「日本刀は武士の魂」という言葉があるように、「日本刀イコール武士」というイメージが一般的です。もっとも、日本刀を所持しているのは、武士だけではありませんでした。実は貴族も日本刀を所用していたのです。貴族が所用していた日本刀は、「飾太刀」(かざりたち)と呼ばれ、華麗な装飾が特徴。武士が所用していた日本刀とは趣を異にしています。ここでは、「貴族の日本刀」とも言える飾太刀をご紹介します。

飾太刀の歴史

貴族の太刀

平安時代、日本の歴史上で大きな転換が起こりました。律令制度が行き詰まり、地方では有力な農民が土地を開墾して領地を広げ、豪族になったのです。

彼らは、領地を中央の貴族や寺社に寄進。後ろ盾を得ることで勢力を拡大します。豪族達による勢力争いの結果、武力による領地の争奪戦が行なわれるようになりました。そこで必要となったのが、自らの領地を守る武力。そして、戦いを生業とする人達が台頭し、武士となっていきました。

このとき、日本の歴史上、類を見ない画期的な武器が誕生します。それが「日本刀」です。

一説には、東国で産声を上げたとも言われているこの武器は、従来の「直刀」(ちょくとう)とは違い、刀身に反りが付いていることが大きな特徴。武士達の間に瞬く間に広がりました。京の都も例外ではありません。宮中や行幸啓(ぎょうこうけい:天皇・皇后が同列で外出すること)の警護に当たる「六衛府」(りくえふ)の武官達は「衛府の太刀」(えふのたち)と呼ばれる太刀を佩用していました。

この衛府の太刀の(こしらえ)をさらに豪華にしたのが「飾太刀」です。高位の貴族や皇室など、ごく限られた人(文官)によって佩用されたこの儀式用の太刀は、宮中における権勢を象徴する1振だったと言えます。

正倉院宝物の飾太刀

代表的な飾太刀として知られているのが、正倉院宝物の「金銀鈿荘唐大刀」(きんぎんでんそうのからたち)、及び「金銀荘大刀」(きんぎんそうのたち)です。

どちらも豪奢の限りを尽くした「唐太刀」(からだち)と呼ばれる太刀で、以降、貴族用の刀はこの唐太刀を基礎として、様々な飾太刀が制作されました。

金銀鈿荘唐大刀

金銀鈿荘唐大刀

飾太刀の佩用

飾太刀の佩用が許されたのは高位の文官のみ。平安時代中期に編纂された「延喜式」(えんぎしき:律令制度の細則を記した古代の法典)には、飾太刀を佩くことができたのは、五位以上と記されています。

彼らは平安時代の公家の正装である「束帯」(そくたい)の腰の位置に、平緒(ひらお)と呼ばれる組紐で飾太刀を吊るして佩用しました。

使用する機会も、「大嘗会」(だいじょうえ:古代から続く天皇即位の儀)、「御禊」(ごけい:大嘗会の前月に行なわれる禊ぎの儀式)、「行幸」(ぎょうこう:天皇の外出)、「節会」(せちえ:節日に天皇が群臣を集めて行なう饗宴)などの大儀と決められていたのです。

飾太刀から細太刀へ

平安時代中期以降、貴族の暮らしがひっ迫し、経済的に困窮する者が現れ始めます。

彼らは、豪奢な飾太刀を持つことができないため、儀仗に参加するときはより質素な「細太刀」(ほそだち)を用いるようになり、やがて豪奢な飾太刀よりも細太刀が多く使われるようになりました。

時代は進み、明治時代になると新政府は礼法を改訂。細太刀・飾太刀という区分を撤廃します。飾太刀も細太刀も「儀礼ノ太刀」として統合されました。

飾太刀の構造

飾太刀の各部位

飾太刀の各部位

飾太刀の各部位

形状
刀身は全体的に細身に作られ、反りがあまり見られません。
」には「鮫皮」が巻かれ、鮫皮を固定する4個の「鋲」(びょう)は「飾目貫」(かざりめぬき)と呼ばれました。

「柄頭」(つかがしら)には「冑金」(かぶとがね)をはめ、目貫に花形の座を据えるのが一般的です。

」の制作で用いられていたのは、「梨子地」(なしじ)、もしくは「沃懸地」(いかけじ)という手法です。

梨子地は、漆を塗った上に梨子地粉をまき、乾燥させたのちに梨子地漆を塗布して表面を磨いた手法で、粉の粒が梨の表皮に似ているのにちなんで、こう呼ばれています。沃懸地は表面に漆を塗り、金銀の粉を全体に敷き詰め、この上に螺鈿(らでん)や蒔絵(まきえ)が施されました。

こうして仕上げられた鞘に付属している山型の「足金物」(あしかなもの)や「帯取韋」(おびとりがわ:腰に吊るための革製の帯)、「責」(せめ)、「石突」(いしづき)などはすべて金鍍金(金メッキ)が施された他、唐草の彫金が施され、玉がちりばめられているのが大きな特徴です。

」(つば)には、透かし彫りの「唐鍔」(からつば)が用いられました。これは刃と背の両面にある突出した形状が分銅に似ているため「分銅形鍔」とも呼ばれました。また、随所に菊や牡丹などの模様が施された豪華な造作の鍔です。
刀身
飾太刀は、儀礼用の太刀であり、実際に人や物を切る道具ではないため、刀身には焼き入れや刃付けがされていない単なる鉄の板や、竹や木に漆をかけて仕上げた「漆太刀」(うるしたち:竹光の一種)が入れられました。珍種では「鯨鬚」(くじらひげ:ヒゲクジラの顎から採取した櫛の歯状の角質板)を用いた刀身もあったと言われています。

細太刀

細太刀とは

豪華な装飾を施した飾太刀は、制作するのも容易でなかったため、通常の儀式では代用として飾金物を簡略化した「細太刀」が用いられました。

また、前述のように、経済的な理由で飾太刀を持てない貴族や、飾太刀の佩用が許されていない下位の貴族が細太刀を用いることもあったと言われています。

もっとも、細太刀が簡素だったとは言え、制作には相応の費用は必要。そのため、後世においては「飾太刀ノ代ノ代」(かざりたちのだいのだい)と呼ばれる細太刀をさらに簡略化した形式も取り入れられました。

なかには、兵仗(ひょうじょう:戦闘のこと)用太刀の鞘を改造して唐鍔を付けて細太刀に仕立てた1振も存在しています。

細太刀のルール

細太刀が普及すると、ますます太刀としての実用性は失われ、貴族の権威を示すための道具という意味が強まりました。

そこで、鞘や帯取韋などの刀装に関する規定が細かく定められるようになっていったのです。もっとも、明治時代になると、こうした規定は形骸化し、佩用者がある程度自由に制作できるようになりました。

鞘の細工
皇族 螺鈿紫檀地
公卿 螺鈿梨子地蒔絵
殿上人 梨子地蒔絵
三位以上 金梨子地または金沃懸地
四位以下 銀梨子地または銀沃懸地
六位以下 黒漆呂塗
帯取韋の色
近衛
左門
右門
忌時 白もしくは鼠色

現在の飾太刀

飾太刀は、公家が正装である束帯を着用するときに佩用することが決められていたため、江戸時代になっても、優れた作品が次々と制作されました。太平洋戦争後は、装飾された太刀を佩用する機会は稀になりましたが、現在でも宮中儀式などの特別な機会に飾太刀が用いられています。

2019年(令和元年)10月22日に行なわれた今上天皇の「即位礼正殿の儀」(そくいのれいせいでんのぎ)において、皇嗣(こうし:皇室典範における皇位継承順位第1位の皇族の呼称)である秋篠宮文仁親王が、「豊後国行平御太刀」(ぶんごのくにゆきひらおんたち)を佩用して列席した姿を記憶している読者もいらっしゃるかもしれません。

この「御剣」(ぎょけん:天皇や貴人が佩く剣の敬称)は、大正、昭和、平成における皇位継承があったときに、皇位継承順位第1位の皇太子に承継されてきた「御由緒物」(皇位と共に伝わるべき由緒ある品々のこと)。即位礼正殿の儀に先立って行なわれた「行平御剣伝進の儀」(ゆきひらぎょけんでんしんのぎ)において、現在の上皇から伝進されました。

皇族・公家の飾太刀

皇族・公家の飾太刀をSNSでシェアする

「歴代天皇家と刀剣の歴史」の記事を読む


大正天皇が手にした個性的な刀剣

大正天皇が手にした個性的な刀剣
古来、皇室と刀剣は密接なかかわりを持ち、近代では「明治天皇」が愛刀家として最もよく知られています。その跡を継いだ「大正天皇」もまた刀剣を愛してやまない人物でありましたが、生誕時より病弱であり、在位期間も短かったことから、愛刀家の一面については広く知られているとは言えません。そんな大正天皇にゆかりのある刀剣のなかでも、とりわけ個性的な特徴を備えた「流星刀」(りゅうせいとう)と、戦国武将にまつわる逸話を持つ「岡田切」(おかだぎり)を中心に掘り下げ、大正天皇と稀有な刀剣との縁にふれていきます。

大正天皇が手にした個性的な刀剣

正親町天皇

正親町天皇
第106代「正親町天皇」(おおぎまちてんのう)は、室町時代後期から衰退の一途を辿り、どん底だった朝廷の立て直しに尽力した天皇として知られています。「応仁の乱」以降、下剋上の風潮が蔓延し、全国にあった天皇直轄領は武士の侵略などによって荒廃。正親町天皇も「践祚」(せんそ:先帝の崩御または退位によって即位すること)から即位したことを対外的に示す「即位の礼」を行なうまでに3年を要するなど、朝廷は財政的に逼迫(ひっぱく)していました。そのような状況で、経済的な後ろ盾となっていたのが、ときを同じくして天下統一へとまい進していた「織田信長」。そして、「本能寺の変」で織田信長が没したあとには「豊臣秀吉」が継承します。織田信長、豊臣秀吉による天下統一路線(織豊政権)と歩みを同じくして、朝廷は危機的状況を脱し、権威も回復したのです。

正親町天皇

攘夷の筆頭 孝明天皇と刀剣

攘夷の筆頭 孝明天皇と刀剣
「孝明天皇」(こうめいてんのう)は、激動の幕末維新期、アメリカやヨーロッパ諸国が開国と通商を要求するなか、開国路線を採る徳川幕府に対して攘夷(じょうい)を唱えて譲らず、徳川幕府崩壊のきっかけを作った人物。35歳という若さで病没するまで、国民を守るために生涯を尽くしました。孝明天皇が幕末維新期に果たした役割と、孝明天皇にまつわる刀剣についてご紹介します。

攘夷の筆頭 孝明天皇と刀剣

草薙剣と皇室の刀剣

草薙剣と皇室の刀剣
日本の皇族は、「記紀神話」(ききしんわ:「古事記」と「日本書紀」の総称)に登場する「高皇産霊神」(たかみむすびのかみ)を皇祖神(こうそしん:「皇室の祖」と言われる神のこと)とする一族です。記紀神話には、多数の刀剣が登場し、その多くが皇室に伝承されています。皇位継承の証「三種の神器」のひとつ「草薙剣」(くさなぎのつるぎ:「天叢雲剣」[あめのむらくものつるぎ]とも言われる)や、皇太子に授けられる「壺切御剣」(つぼきりのみつるぎ)を代表とする数々の刀剣。皇室に伝承する刀剣の来歴や伝説をご紹介します。

草薙剣と皇室の刀剣

皇族軍人と刀剣

皇族軍人と刀剣
明治時代から太平洋戦争終結時まで、日本人男性には兵役の義務が課せられていました。この義務は皇族にも適用され、成年男子はすべて軍役に就く必要があったのです。いわゆる「皇族軍人」と呼ばれる人々。日本軍の軍人の腰には、諸外国の軍人が使用していた刀剣とは異なる日本独自の武器「軍刀」が下げられていました。皇族軍人と軍刀の関係についてご紹介します。

皇族軍人と刀剣

大正天皇が下賜した刀剣

大正天皇が下賜した刀剣
歴代の天皇は、権力の委任や功績、さらには返礼の意味を込めたりするなどの様々な目的により、臣下に刀剣を下賜していました。123代天皇である「大正天皇」も例外ではなく、大正天皇から下賜されたと伝わる刀剣が2振、現在に至るまで存在しています。ここでは、その2振がどのような刀剣であったのかについて、下賜された人物と共にその全貌をご説明します。

大正天皇が下賜した刀剣

大正天皇の逸話と刀剣

大正天皇の逸話と刀剣
近代に入ってから即位された天皇のなかでは、もっとも在位期間が短かった「大正天皇」。そのため日本史上においては、研究対象になるための史料があまりなかったこともあり俗説ばかりが独り歩きし、その真実のお姿は長い間謎に包まれていた部分が多くありました。 しかし近年、この大正天皇が持たれていた意外な一面が次第に明らかになりつつあります。そのなかのひとつが、大正天皇は刀剣を愛してやまない人物であったということ。ここでは、大正天皇と刀剣の関係について紐解きながら、両者にまつわる逸話についてご紹介します。

大正天皇の逸話と刀剣

昭和天皇による軍刀・靖国刀と菊水刀

昭和天皇による軍刀・靖国刀と菊水刀
「昭和天皇」は、国軍の総司令官にあたる「大元帥」(だいげんすい)としての天皇と、戦後の日本国憲法によって規定された「象徴」としての天皇という、2つの天皇像を担われました。25歳で即位し「第二次世界大戦」の激動期を生き抜き、62年余の在位期間を全う。また、昭和天皇は現代刀の歴史にも影響を与えます。昭和天皇と昭和時代を代表する軍刀「靖国刀」(やすくにとう)と「菊水刀」(きくすいとう)とのかかわりをご紹介しましょう。

昭和天皇による軍刀・靖国刀と菊水刀

近衛家の名刀

近衛家の名刀
古代宮廷社会にあって最大の勢力と権勢を誇った藤原北家(ふじわらほっけ)。近衛家はこの藤原北家に連なる日本の名家です。歴代の当主は、朝廷にあって常に要職にありました。明治維新の際に、近衛家は「華族令制定」に伴って公爵に列せられ、明治時代・大正時代・昭和時代前期の日本で大きな役割を果たしています。連綿たる歴史のなかで存在感を発揮してきた名門近衛家は、どのような刀剣を秘蔵していたのでしょうか。

近衛家の名刀

注目ワード
注目ワード