武士と日本のマナー

江戸幕府から始まった上下関係を明確にする文化

文字サイズ

現在の日本では変化しつつある「年長者が偉い」という年功序列の文化。昔から日本人は上下関係を重んじており、江戸時代には、武士が最も身分が高い士農工商の身分制度がありました。上下関係を重んじる日本人の意識は、なぜ普及したのでしょうか。昔の身分制度の話題を交えて解説していきます。

年齢で上下関係がある日本

年齢での上下関係を重視する日本の社会は、国際的にも珍しい文化です。最近こそ変わりつつありますが、会社は年功序列型が基本で年齢が上の人が偉い、という意識が日本人には当たり前のようにありました。実力重視の欧米社会では年齢が上という理由だけで会社での地位が高くなり、給料も高いことに違和感を覚えると言います。

年長者を敬うのは人間として普通のことではないかと思われますが、間違ったことを言われても目上の人には反論できない傾向にあるのが日本人です。相手を敬うからこそ、間違いを指摘することで目上の人に恥をかかせてはいけないと考える風潮があります。このように上下関係を重視する文化はどこから生まれたのでしょうか。

江戸時代の封建的身分制度

日本の歴史のなかで、社会的地位の格差は古くからありました。天皇を最上位とする公家社会などは格差社会ですが、ごく一部の支配者階級における社会の格差であって、日本人全体の文化という訳ではありません。

大名行列を平伏して見送る

大名行列を平伏して見送る

上下関係を明確にして、格差を一般社会にも浸透させたのは江戸幕府です。士農工商(しのうこうしょう)で社会を構成する封建的身分制度を明確に打ち出し、序列をはっきりとさせて身分を固定化しました。武士のみが支配者階級で特権が与えられ、農工商は被支配者階級として武士の下に位置付けられます。

街中では武士が何事も優先され、武士への侮辱的態度は「切り捨て御免」などという言葉によって成敗されることもありました。

大名行列が往来を通過するときは、平伏して通り過ぎるのを待つなど、厳然たる身分格差が当たり前のように浸透していったのです。

儒教を推進した江戸幕府による政策

朱子学の創始者 朱熹(しゅき)

朱子学の創始者 朱熹(しゅき)

江戸幕府は、幕藩制社会の支配と秩序維持の合理化にふさわしい学問として儒教を、とりわけその儒教から派生した朱子学を幕府の思想・教育の基本としました。

儒教そのものは平安時代以前より日本に伝わっていましたが、当時は僧侶やごく一部の知識人に学問として取り入れられている程度。思想として日本人の精神文化に根付いたのは、江戸幕府の教育政策からです。

徳川家康は戦国時代を終わらせ、平穏な時代を築くために道徳が必要だと考えました。そこで、儒教の一派である朱子学の大家、藤原惺窩(ふじわらせいか)に教えを請います。藤原惺窩が林羅山(はやしらざん)を推薦したことにより、徳川家康は林羅山を御用学者に任命。御用学者とは、幕府に雇われて歴史の編纂など学術研究を行なう者を言います。

林羅山は朱子学を教授する私塾を創設しますが、のちに寛政異学の禁(1790年老中松平定信が寛政の改革で行なった学問の統制)により朱子学が奨励され、江戸幕府直轄の昌平坂(しょうへいざか)学問所に変わります。このように、江戸時代を通して朱子学が武士が修めるべき学問として常に主軸となっていったのです。

幕府主導で朱子学が官学(政府が認めた学問)になると、諸大名の藩校や寺子屋にまで朱子学の思想が行き渡り、朱子学が日本人の実践する学問・道徳となっていきます。

幼少の時期から朱子学を学んだ日本人

武士の家に生まれた男子は、6、7歳になると父親から学問を学びます。手本とされるのは儒教の経書(儒教において重視される文献の総称)である「論語」や「大学」などです。学問として学ぶことと同時に、躾(しつけ)として体で覚えていきました。一通り覚えると、朱子学の大家が教える学問所に入門して学者から、さらに深い朱子学を学んでいきます。

学問を身に付けるのは、武士だけではなかったのが江戸時代の特徴です。武士を人としてのお手本としていた民衆もまた、子どもに学問を身に付けさせようと寺子屋に通わせました。寺子屋は、習字を学ぶことが主体の教育機関でしたが、年齢や立場に合わせて読書や算術も教えていました。民衆の教育機関でありながら、朱子学の基礎も学ぶことができたのです。

こうして朱子学そのものが、日本人の躾となり道徳となって一般民衆にも定着していき、幕末期には10万近くの寺子屋が全国に存在していたとされ、日本人の学習意欲の高さがうかがえます。

文明開化の折に来日した外国人は、日本人の識字率の高さに驚いたと言いますが、高かったのは識字率だけではなく、朱子学によって身に付けた道徳意識も高かったのです。江戸時代250年の間に、日本人には生まれながらにして、朱子学の道徳が当たり前のように浸透していきました。

儒教とは

朱子学の大本である儒教は、中国の孔子を開祖とする思想であり教説でありますが、人間がしたがうべき道徳意識を説いています。主軸の教えとして「五倫」(ごりん)と「五常」(ごじょう)があります。

五倫とは、父子の親・君臣の義・夫婦の別・長幼の序・朋友の信の5つ。君主や家族との関係における道徳となります。五常とは、仁・義・礼・智・信の5つ。社会生活の中で、人として行なうべき道徳の基本となります。この2つが人間社会の身分秩序を支えている本来自然的なものである、という思想が儒教になります。

この道徳は、家族道徳から国家道徳をも含んだ教えであり、幕府による武士教育だけではなく、家父長制度や家元制度などに影響を与え、君子の道徳的意義をも説いています。身分制度を押し付けるのではなく、思想・道徳として日本人の精神を支える基礎として儒教が根付いていきました。社会には身分の秩序があり、それにしたがうことが正しいことであるという教えが江戸時代に確立したのです。

格式を重んじる武家制度による上下関係の絶対化

関ヶ原の戦い

関ヶ原の戦い

武家社会は格式を重んじます。個人の序列だけではなく家同士の序列が重視され、家格によって江戸幕府のもとに組み込まれています。

大名は親藩(徳川家の血を引く大名)・譜代(関ヶ原の戦い以前より徳川家に仕えていた大名)・外様(関ヶ原の戦い以降に徳川家に仕えた大名)と分類されており、殿中での待遇、衣服や江戸屋敷の門構え、行列の供揃えなど、周囲からもはっきりと分かるような格差待遇を受けます。

格差を明確にすることは、権威を振りかざす行為ではなく、儒教の教えである身分秩序を保つこと。つまり、社会の秩序を保つ行為につながるのです。また、格差待遇を多様な人の目に触れさせることで権威を示し支配体制を維持することにつながりました。

道徳という授業で今に生きる相手を敬う心

明治維新以降、江戸幕府によって構築されていた身分制度は廃止されます。武家社会も解体され、武士はこの世からいなくなりました。その後、道徳は学校で教えるべき教科として修身科と言う科目に名前を変えて教えられていきます。

明治初期には修身科は重要視されていませんでしたが、1890年(明治23年)に教育勅語が発布されると、修身科は重要科目となり、忠孝や忠君愛国などの思想が強化されます。修身科は天皇への忠孝の思想が軸とした絶対的性格を帯びていきました。江戸時代に庶民にまで愛された儒教の徳目とは程遠い、権力を伴った思想として国民を誘導していったのです。結果的には、第二次世界大戦後のGHQによって修身科は廃止されます。

では、儒教道徳も消えたのでしょうか。日本人が大事に守ってきた人を敬う思想が、戦後簡単に消えたとは考えられません。本来の人を敬う儒教道徳は道徳教科という形で、現在の日本の教育に根付いています。儒教と言う意識はなくても、人を敬う美徳を日本人は捨ててはいないでしょう。

江戸幕府から始まった上下関係を明確にする文化

江戸幕府から始まった上下関係を明確にする文化をSNSでシェアする

「武士と日本のマナー」の記事を読む


連歌の基礎知識

連歌の基礎知識
「連歌[れんが]と盗人[ぬすびと]は夜が良い」、こんなことわざを聞いたことがありますか。「連歌」とは、複数人が集まってリレー形式で和歌を詠む、日本に古くからある詩歌の様式のひとつ。そしてこのことわざは、人々が寝静まった夜に「仕事」をする盗人を引き合いに出して、連歌を詠む(よむ)のも静かで落ち着いた夜が良いということを言っています。 このように連歌を含む和歌(わか)は、どこか風流で雅なイメージを持たれることが多いため、貴族だけが嗜んでいたと思われるかもしれません。しかし実際には、戦国武将にも馴染み深い文化でした。そのなかでも連歌は、戦国武将が乱世を生き抜くために欠かせない、重要なツールでもあったのです。 ここでは、連歌に関する基礎知識をご説明すると共に、戦国武将にとっての連歌がどのような存在であったのかについて解説します。

連歌の基礎知識

握手の文化と日本

握手の文化と日本
海外の一般的な挨拶は「握手」ですが、日本の一般的な挨拶は「お辞儀」です。日本に握手の文化が入ってきたのは幕末から明治にかけてと言われていますが、なぜ日本では握手が定着していないのでしょうか?握手の歴史や現代で握手を行なうケースなどを解説し、握手の文化と日本の関係性について掘り下げていきます。

握手の文化と日本

五月人形と鯉のぼりの由来

五月人形と鯉のぼりの由来
「こどもの日」は、鯉のぼりや甲冑(鎧兜)、五月人形を飾る他、柏餅や粽(ちまき)などを食べて家族でお祝いする祝日です。しかし、元々こどもの日は宮中行事でした。宮中行事が一般にも知れ渡り、時代とともに変化して現在の形となったのです。そんなこどもの日がたどってきた変遷について解説していきます。

五月人形と鯉のぼりの由来

元服とは

元服とは
日本に古くから伝わる様々な儀式や習慣は、時代の移り変わりとともに形を変えながら受け継がれているものが多くあります。 なかでも「成人式」は、年齢的にも社会的にも一人前の大人として認められる人生の節目のひとつ。成人年齢が20歳と定められたのは明治時代のことですが、それ以前から日本では「元服」(げんぷく)と呼ばれる成人の儀式が行なわれていました。 現代の成人式にあたる元服とはどのような儀式だったのでしょうか。

元服とは

10大家紋とは

10大家紋とは
家紋とは、家の格式や権威を表す印のことです。武士が合戦に使った甲冑(鎧兜)や刀、幟(のぼり)などに刻印されていました。徳川家の「三つ葉葵」や真田家の「六文銭」は、歴史好きにとってお馴染みの家紋なのではないでしょうか。そんな家紋の起源や「10大家紋」についてご紹介していきます。

10大家紋とは

座布団のマナーは武士の名残

座布団のマナーは武士の名残
客人として招かれた際、座布団は家の人に勧められてから座るのがマナーなのはご存知でしたか。勧められる前に座ってしまうと、「家の人よりも自分の方が格上」という意志表示になり失礼にあたるためです。そんな座布団のマナーの根底にあるのが、格を重んじる武士道の精神。ここでは座布団と武士の関係性についてご紹介していきます。

座布団のマナーは武士の名残

畳の縁を踏んではいけない理由

畳の縁を踏んではいけない理由
畳の長辺に縫い込まれた布の部分を「縁」(へり)と言います。畳の上を歩くとき、縁を踏むことは昔から御法度とされてきました。「縁を踏むと畳が傷みやすい」というのも理由のひとつですが、実は他にも様々な理由があるのです。なぜ畳の縁を踏んではいけないのか、畳のマナーについて解説していきます。

畳の縁を踏んではいけない理由

髭と日本の文化

髭と日本の文化
戦国時代、髭は勇猛さの象徴とされ、戦国武将はこぞって立派な髭を蓄えました。しかし、現代では髭を剃ることがマナーとされています。髭は時代の流れと共に良い物とされたり、悪い物とされたり立場を変えてきたのです。そんな髭にまつわる文化がどのような変遷をたどってきたのか、また現代社会の髭事情なども解説しています。

髭と日本の文化

武家茶道とは

武家茶道とは
武将によって開かれた「武家茶道」という茶道の流派があり、「大名茶」とも呼ばれています。武家茶道の所作には、武士の文化の影響を受けたものが少なくありません。例えば、武家茶道の流派「上田宗箇流」(うえだそうこりゅう)では、柄杓(ひしゃく)や袱紗(ふくさ)の扱い方に、武士の嗜んだ弓術の名残があるのです。そんな武士の文化を受け継ぐ武家茶道についてご紹介していきます。

武家茶道とは

注目ワード
注目ワード