武士と日本のマナー

五月人形と鯉のぼりの由来

文字サイズ

「こどもの日」は、鯉のぼりや甲冑(鎧兜)、五月人形を飾る他、柏餅や粽(ちまき)などを食べて家族でお祝いする祝日です。しかし、元々こどもの日は宮中行事でした。宮中行事が一般にも知れ渡り、時代とともに変化して現在の形となったのです。そんなこどもの日がたどってきた変遷について解説していきます。

宮中行事だった端午の節会

平安時代の年中行事であった端午の節会(せちえ)は、5月は悪い月であるという中国の思想に基づいた行事。中国で5月は古来、「五月、俗に悪月[あくげつ]と称し、禁忌多し」とされていました。旧暦の5月は、歴史的にも天災や戦乱などの凶事が多く重なったようで、忌み慎む月だったのです。

そのため、菖蒲(しょうぶ)の薬効にあやかった、「魔除け」の意味を込めた行事(節会)でした。中国では菖蒲の持つ芳香が魔除けになると信じられており、この風習が平安時代の朝廷に取り入れられていたのです。

宮中の年中行事としての公式の宴である場合は節会と言われていましたが、節日(せちにち:1月7日・3月3日・5月5日・7月7日・9月9日を特に五節句[ごせっく]という)のお祝いとして行なう一般的な季節ごとのお祝いを節句または節供(せっく)と言うようになりました。

菖蒲湯

菖蒲湯

端午の節会とは、公家達が髪に菖蒲を付け、菖蒲や薬玉(香りの良い薬物を袋に包み、これに菖蒲などを結び付けて5色の糸を長く垂れ下げた物)を贈り合う行事。粽(ちまき)を食べる習慣も平安時代からあります。

菖蒲の根には強い薬効があり、菖蒲の根を干した物を煎じて飲んでいました。滋養強壮のために端午の節句の時期に飲むべき物だったのです。

現在のように、菖蒲を入浴の際に浴槽に入れるようになったのは、江戸時代に入ってからだと言われています。

本来は女の節句

端午の意味は、端っこ(月の初め)の午(うま)の日ということで、5月とは限っていませんでした。中国から日本に伝わった頃には、午の字と五の字の音が同じことから、5月5日を端午と言うようになったのです。

本来は菖蒲で屋根を葺(ふ)いて家を清め、女性が身体を休める日とされていました。端午の節句には、由来にも行事の内容にも男の子の節句と言う意味はまったくなかったのです。

菖蒲が尚武になり男児の節句に

端午の節句が男の子の節句になったのは、菖蒲にあやかったためです。菖蒲の葉は状になっており、武士にとって縁起の良い形でした。

また、「しょうぶ」の発音が「武事を重んずる」と言う意味を持つ、武士にとって縁起の良い「尚武」と同じことから男児の節句となったのです。

このような変化があったのは、武家が社会的地位を確立してきた鎌倉時代からと言われています。菖蒲で屋根を葺く、菖蒲湯に入る、菖蒲の根を煎じて飲むなど菖蒲の薬効にあやかったり、菖蒲で日本刀を作り魔除けとしたりするなど多いに活用されました。

武家の幟を立てた端午の節句

武家の幟

武家の幟

端午の節句が武家の男児の節句となってから、江戸時代には武家屋敷内の屋外で家紋(のぼり)、吹貫(ふきぬき)、鍾馗(しょうき)と言う中国伝説上の疫病を払う神様を描いた幟を立てるようになりました。

古来より日本では、幟は神様を迎える祭礼の際に使われていましたが、武家が軍事用に使い始めてからは、家紋を表す重要な役目を持つようになります。

戦のときに敵味方を明確にするため、武士が幟を利用しはじめたのです。これは指物(はたさしもの)とも言い、家紋ばかりではなく主君の思想的な物や、趣味が反映されている物が多くあります。

戦のときに武将の馬側にいる家臣に持たせた幟を馬印と言い、集団戦の中でより目立つような工夫がされています。敵から目立つための物ではなく、味方同士が区別をできるようにと言う配慮から生まれたのが戦国時代の旗指物でした。

武田信玄(たけだしんげん)の風林火山・豊臣秀吉(とよとみひでよし)の金の逆さ瓢箪・柴田勝家(しばたかついえ)の金の御幣(ごへい)・徳川家康(とくがわいえやす)の金の開き扇などが有名です。この馬印を持つ役目は、戦乱の世が終わった江戸幕府にも引き継がれ、馬印持(うまじるしもち)という役職となりました。主人の傍らを離れずに仕える大事な役目を意味します。

この馬印が、武家の家格を表す大事な家紋となり一族のルーツや家格など、武家の威厳を表していました。そして武家の跡取りである男の子を祝うことから、幟を立てていたのです。

それと一緒に吹貫という標識具がありました。幅広の布を切り裂いて鯨の髭や竹を芯にし、円形に合わせた物を竿の横に取り付け、風になびくように作っています。豊臣秀吉の朱の吹貫や、豊臣秀次(とよとみひでつぐ)の白の吹貫がその代表です。吹貫もまた、江戸時代に家紋の幟と共に武家に引き継がれていきます。

五月人形が飾られるようになった背景

鎌倉から室町にかけての時代、武士の家では5月頃、家の中へ甲冑(鎧兜)や日本刀などを飾る習慣があったと言われています。

元々は、梅雨時期を前に風を通し、手入れをすることが目的でした。飾る時期が端午の節句の時期と重なることから武将にとってや甲冑、日本刀は身を守る大切な道具であるため、「子どもの身を守る」願いを込めて端午の節句で飾られるようになったのが始まりです。

江戸時代になると幕府では5月5日に重要な式典が行なわれるようになります。また大名や旗本が参上するなか、江戸城では男の子が生まれると城内に兜や鎧などが飾られました。

江戸時代後期には、武士の家々では、端午の節句も豪華になり、甲冑(鎧兜)だけでなく有名な武将の武者人形などが作られるようになりました。一方、武士だけでなく商人や百姓など市井の人々の間でも飾りを真似て、紙で作った兜など飾ることが広まり、現在に至ります。

五月人形の持つ意味

五月人形を飾る意味や風習は戦国時代から受け継がれていますが、現代において戦いはないため、子どもの身を守るという願いから、「子どもの健康や成長」を願って飾られる物へと変化してきました。

一方で端午の節句は、古代中国において歴史的に天災や戦乱など災いが多く、災いから子供を守るため菖蒲にあやかった魔除けの意味を込めた行事を行なっていた背景から「子どもの厄除け、子孫繁栄」を願う意味も込められています。その他、お祝いや成長祈願も含まれています。

五月人形や道具に込められた思い

兜や甲冑(鎧兜)以外に飾る道具は同じ物であっても絵柄種が異なる物があります。武家の習慣に由来されている飾りですが、道具それぞれに意味があり、役割を持っています。

甲冑や兜

戦国武将にとって甲冑(鎧兜)や兜は「自分の身を守る大切な道具」でした。そのため、甲冑(鎧兜)や兜は「命を守る」という意味があります。

ただし現代社会では戦国時代のような戦はないため、「子どもを病気や怪我など命の危険から守って貰いたい」と願う思いが込められています。

弓矢と太刀

弓矢や太刀は、魔除けの意味があります。太刀は実戦で使う日本刀とは異なり主に儀式で魔除けとして用いられます。弓は中国の武神である鍾馗に由来しています。

そして破魔矢は鎌倉時代に縁起の良い物やお祝いの品として使われていました。そのため、子どもの成長を祝う儀式の魔除けとして五月人形の両側に飾られるようになりました。

屏風

五月人形の後ろに飾られる調度品である金屏風は色々な図柄があり、意味も異なりますが、どれも子どもの成長を願っています。

図柄 意味
風神雷神 邪気から身を守る
福を招く
すこやかな成長
元気に生きる
赤富士 縁起が良い

三品

五月人形の前飾りであり、軍扇(ぐんせん)、陣笠(じんがさ)、陣太鼓(じんだいこ)の3つになります。戦いに欠かせない物とされています。

前飾り 用具の用途
軍扇 武将が自分の軍を指揮するために使う扇
陣笠 足軽などが兜の代わりにかぶった笠
縁が反り返っている物は武士が外出用として使用
陣太鼓 自分の軍に合図を送るために使う太鼓

三宝(三台)

三台とも呼ばれ、端午の節句にお供えする飾りです。瓶子(へいし)、柏餅、粽を飾ります。

飾り 意味
瓶子 口縁部が細く窄まる(すぼまる)器形で、武士の間ではまつりごとなど行事に使用
柏餅 柏の葉で包まれた和菓子
柏の葉は新しい葉が出るまで古い葉が落ちない木とされ、子孫繁栄を表す縁起物とされている
もち米などで作られた餅
古代中国の故事に由来、災いを避ける意味が込められている

武者人形

端午の節句に飾る武者人形があります。この武者人形を飾るようになったのは江戸時代前期が始まりと言われています。男の子が生まれると端午の節句の時期、玄関前に大きな人形を飾りました。

江戸時代中期には、縁側など室内でも外から見える位置に飾られました。その後、江戸時代後期になり、家の中で飾れるぐらいの小さな人形になりました。武者人形は歴史上の英雄がモデルになっていることが多くあります。

例えば、坂田金時(さかたのきんとき:幼名 金太郎)、源義経(みなもとのよしつね:幼名 牛若丸)などが有名です。昔話に出てくる桃太郎や武神の鍾馗も人形になっています。歴史上に名を残す人物が象徴する思いや願いを込めて現代も飾られています。

端午の節句に武士が幟を飾る風習

武家の端午の節句に、家紋を染め抜いた幟と吹貫(吹き流し)を庭先に飾るようになったのは、江戸時代になってからです。

幟と吹貫と共に江戸時代後期には鯉も飾られるようになりました。勢いよく滝を上る鯉が、男児の勢いある健やかな成長の願いとなって、吹貫のように飾られるようになったのです。

なぜ鯉なのか

鯉が使われた由来は、中国の「後漢書」(ごかんじょ)からきています。中国黄河にある竜門と言う急流を登った鯉は龍になると言われたことから、立身出世の象徴となりました。この竜門は、突破すれば立身出世が約束される意味で登竜門という慣用句にもなっています。

鯉は現在において気軽に食卓に上る食材ではありません。地方の名産として食することはあっても、日常食として口にすることはなくなりました。しかし、古来鯉は日本人にとってのご馳走でした。鯉は大きさ、形の良さ、味の良さなどで人気が高く、魚のなかでも最上とされており、慶賀の場では必ず供されたご馳走でした。海から遠い地域の人々にとって、淡水魚である鯉は新鮮なうちに食べられる貴重な動物性のたんぱく源だったのです。

室町時代以降は、鯛が魚の最高位の座を奪います。現在の私達が慶賀の席で目にする鯛の尾頭付きは、室町時代以降に始まった風習なのです。それでも、鯉は慶賀の食材として愛され、16世紀末には養殖が始まっていたとされています。それだけ鯉は日本人に愛されていました。現在よりも身近な存在だったのです。

現在の鯉のぼり

鯉のぼり

鯉のぼり

鯉のぼりは「のぼり」という言葉が使われていますが、形は幟ではなく吹貫の形態を取っています。

鯉を飾るようになった当初は、手すき和紙に描いた鯉だけを飾っていました。吹き流しの鯉のぼりの形になったのがいつからなのかは、分かっていません。

江戸時代の文化のなかで、幟と吹貫両方の意味が混在していき、鯉のぼりという物ができあがっていったのでしょう。ちなみに、江戸の風習であったとされ、西の文化にはありませんでした。

色鮮やかな錦鯉が養殖されるようになったのは、19世紀初頭とされていますが、庶民が目にすることはあまりありませんでした。現代のようなカラフルな鯉のぼりになり、庶民が飾るようになったのは、19世紀後半の明治以降と言われています。四民平等の世になり、武家身分が廃止されたことによって普及したのです。

五月人形と鯉のぼりに込められたそれぞれの思い

端午の節句で飾られる五月人形と鯉のぼりには、歴史的背景を踏まえた意味や思いが込められています。

五月人形は「子どもの健康と成長」や「子どもの代わりに災いを引き受ける、子孫繁栄の願い」が込められています。一方、鯉のぼりは、鯉は生きる力がたくましい、強い、縁起が良いとされ、「元気に育って欲しい」という願いが込められています。

どちらも子どもの成長を願う気持ちは同じです。端午の節句で五月人形や鯉のぼりを飾ることは、江戸時代から続いている習わしであり、祝いごとのやり方は時代とともに移り変わりがあっても、子どもを持つ親の思いはいつの時代も同じと言えます。

五月人形と鯉のぼりの由来

五月人形と鯉のぼりの由来をSNSでシェアする

「武士と日本のマナー」の記事を読む


連歌の基礎知識

連歌の基礎知識
「連歌[れんが]と盗人[ぬすびと]は夜が良い」、こんなことわざを聞いたことがありますか。「連歌」とは、複数人が集まってリレー形式で和歌を詠む、日本に古くからある詩歌の様式のひとつ。そしてこのことわざは、人々が寝静まった夜に「仕事」をする盗人を引き合いに出して、連歌を詠む(よむ)のも静かで落ち着いた夜が良いということを言っています。 このように連歌を含む和歌(わか)は、どこか風流で雅なイメージを持たれることが多いため、貴族だけが嗜んでいたと思われるかもしれません。しかし実際には、戦国武将にも馴染み深い文化でした。そのなかでも連歌は、戦国武将が乱世を生き抜くために欠かせない、重要なツールでもあったのです。 ここでは、連歌に関する基礎知識をご説明すると共に、戦国武将にとっての連歌がどのような存在であったのかについて解説します。

連歌の基礎知識

握手の文化と日本

握手の文化と日本
海外の一般的な挨拶は「握手」ですが、日本の一般的な挨拶は「お辞儀」です。日本に握手の文化が入ってきたのは幕末から明治にかけてと言われていますが、なぜ日本では握手が定着していないのでしょうか?握手の歴史や現代で握手を行なうケースなどを解説し、握手の文化と日本の関係性について掘り下げていきます。

握手の文化と日本

江戸幕府から始まった上下関係を明確にする文化

江戸幕府から始まった上下関係を明確にする文化
現在の日本では変化しつつある「年長者が偉い」という年功序列の文化。昔から日本人は上下関係を重んじており、江戸時代には、武士が最も身分が高い士農工商の身分制度がありました。上下関係を重んじる日本人の意識は、なぜ普及したのでしょうか。昔の身分制度の話題を交えて解説していきます。

江戸幕府から始まった上下関係を明確にする文化

元服とは

元服とは
日本に古くから伝わる様々な儀式や習慣は、時代の移り変わりとともに形を変えながら受け継がれているものが多くあります。 なかでも「成人式」は、年齢的にも社会的にも一人前の大人として認められる人生の節目のひとつ。成人年齢が20歳と定められたのは明治時代のことですが、それ以前から日本では「元服」(げんぷく)と呼ばれる成人の儀式が行なわれていました。 現代の成人式にあたる元服とはどのような儀式だったのでしょうか。

元服とは

10大家紋とは

10大家紋とは
家紋とは、家の格式や権威を表す印のことです。武士が合戦に使った甲冑(鎧兜)や刀、幟(のぼり)などに刻印されていました。徳川家の「三つ葉葵」や真田家の「六文銭」は、歴史好きにとってお馴染みの家紋なのではないでしょうか。そんな家紋の起源や「10大家紋」についてご紹介していきます。

10大家紋とは

座布団のマナーは武士の名残

座布団のマナーは武士の名残
客人として招かれた際、座布団は家の人に勧められてから座るのがマナーなのはご存知でしたか。勧められる前に座ってしまうと、「家の人よりも自分の方が格上」という意志表示になり失礼にあたるためです。そんな座布団のマナーの根底にあるのが、格を重んじる武士道の精神。ここでは座布団と武士の関係性についてご紹介していきます。

座布団のマナーは武士の名残

畳の縁を踏んではいけない理由

畳の縁を踏んではいけない理由
畳の長辺に縫い込まれた布の部分を「縁」(へり)と言います。畳の上を歩くとき、縁を踏むことは昔から御法度とされてきました。「縁を踏むと畳が傷みやすい」というのも理由のひとつですが、実は他にも様々な理由があるのです。なぜ畳の縁を踏んではいけないのか、畳のマナーについて解説していきます。

畳の縁を踏んではいけない理由

髭と日本の文化

髭と日本の文化
戦国時代、髭は勇猛さの象徴とされ、戦国武将はこぞって立派な髭を蓄えました。しかし、現代では髭を剃ることがマナーとされています。髭は時代の流れと共に良い物とされたり、悪い物とされたり立場を変えてきたのです。そんな髭にまつわる文化がどのような変遷をたどってきたのか、また現代社会の髭事情なども解説しています。

髭と日本の文化

武家茶道とは

武家茶道とは
武将によって開かれた「武家茶道」という茶道の流派があり、「大名茶」とも呼ばれています。武家茶道の所作には、武士の文化の影響を受けたものが少なくありません。例えば、武家茶道の流派「上田宗箇流」(うえだそうこりゅう)では、柄杓(ひしゃく)や袱紗(ふくさ)の扱い方に、武士の嗜んだ弓術の名残があるのです。そんな武士の文化を受け継ぐ武家茶道についてご紹介していきます。

武家茶道とは

注目ワード
注目ワード