武士と日本のマナー

10大家紋とは

文字サイズ

家紋とは、家の格式や権威を表す印のことです。武士が合戦に使った甲冑(鎧兜)や刀、幟(のぼり)などに刻印されていました。徳川家の「三つ葉葵」や真田家の「六文銭」は、歴史好きにとってお馴染みの家紋なのではないでしょうか。そんな家紋の起源や「10大家紋」についてご紹介していきます。

武家紋の誕生

家紋が用いられるようになったのは平安時代末期からで、公家が自分の持ち物を区別できるように、紋様として調度品や衣服などに使用。また、おしゃれのひとつとして使用したり、自分の牛車を見分ける印としても使いました。

旗

個人を識別する目的で武家が家紋を使いだしたのは、平安時代後期。戦場において敵や味方を区別するためや、自己主張のため、旗指物(はたさしもの)と言われる幟(のぼり)に家紋を染め抜きしたものです。

武家が家紋を使い始めた頃は、武将の好みの図柄が用いられました。そして武将の一族が同門であることを示すために家紋を使うことを許されますが、徐々に最初の図案から変形したり、図柄を加えたりと変化していきます。同じ一族であることが分かるように、特徴ある家紋を使うようになりました。

江戸時代に入り戦乱の世が終わると戦場での旗指物としての活用が無くなり、家紋は家の格式や権威を表す印として使われるようになります。また、家紋を入れた紋付きの服装が武家の正装となります。その頃からデザインとしても洗練されていき、図案も整えられていきました。

家臣は300種以上もある家紋を覚え、屋敷の外で他の武家と出会ったときや、行事の際に格の上下を瞬時に判断し、主君に恥をかかせないように対処する大事な役目がありました。

10大家紋

10大家紋

10大家紋

家紋の数は現代において5,000~10,000とも言われており、すべてを把握できないのが現状です。

しかし、古来使われている家紋をもとに分離・変形・追加された物が多く、原形が分かる家紋が大半です。

そのうちの特に多く使われている原形を10大家紋としています。

藤(ふじ)

下がり藤

下がり藤

祖先は藤原秀郷(ふじわらのひでさと)としています。日本に多い姓、佐藤・伊藤・近藤など藤の付く家が藤紋を用いている場合が多いです。藤の花と枝からできている図案であり、花だけのもの、花と枝葉が描かれたもの、上向き、下向きなどがあります。

ほとんどが丸い形にデザインされていて「藤丸」と言う通称があります。花房の数もひとつから8つまであり、バラエティに富んだ代表的な家紋です。

桐(きり)

五三の桐・五七の桐

五三の桐・五七の桐

桐紋は皇室の紋様でしたが、豊臣秀吉に下賜されたことによって桐紋が有名になり、一般的に使われるようになりました。五三の桐、五七の桐、太閤桐などがあります。

豊臣秀吉は権力を誇示したかったため、所持する物すべてに桐紋を入れ込みました。豊臣秀吉が築いた城や寺院には、至るところに桐紋がちりばめられています。

百姓から天下人になった豊臣秀吉にあやかり、桐紋が庶民に多く使われるようになりました。今でも、着物をレンタルすると、一般的に多いと言われている五三の桐が入っています。

現在の総理大臣官邸では五七の桐がよく見受けられます。晩餐会の招待状から来賓用の食器、記者会見の演台に至るまで五七の桐が使われています。明治になって、天皇が任命した官吏には五七の桐紋を入れた上着の使用を許可していました。その由来から、今でも総理大臣官邸では五七の桐が使われているのです。

鷹の羽(たかのはね)

丸に違い鷹の羽

丸に違い鷹の羽

鷹は武士が好んだ図柄で、武家紋としての人気がありました。鷹狩が好きで勇猛な鷹を飼いならすことを誇りとしていた武士には、勇猛さがあこがれの存在だったのです。

ただし、鷹本体をデザインしたのではなく、鷹の羽を利用したデザインになります。有名なのは赤穂城主浅野内匠頭長矩の鷹の羽を2枚交差させた家紋です。鷹の羽は矢羽として最高級の品でもありました。鷹の羽は武士を象徴する図案であると言えるでしょう。

木瓜(もっこう)

丸に木瓜

丸に木瓜

中国から渡ってきた図案がもとで唐花(からはな)の紋様が原形ですが、実は何をもとにデザインされたのかは分かってはいません。キュウリ(胡瓜・木瓜)の切り口に似ていることから、木瓜紋と言われるようになりました。

唐花菱を中心に添えて花びらで囲っており、デザイン的にはシンメトリーで大変優美な図案です。越前の朝倉氏、織田信長の木瓜紋が有名です。

片喰(かたばみ)

片喰

片喰

片喰は日本中どこにでもある雑草で、強い繁殖力を持つことから家紋として使われたと言われています。身近な存在として武家紋としても多用されており、剣を組み入れた武張った図案が武家に好まれました。

単純化された3つの弁が美しく、洗練されたデザインとして好まれています。片喰を裏から見た図案や、ひねりを入れてある図案、三盛にしてある図案などアレンジした家紋がたくさん作られました。

蔦(つた)

蔦

蔦は地面や壁、周囲に絡みつく習性があり、たくましくはびこる様子が子孫繁栄につながるという理由で、蔦紋は武家にも庶民にも好まれました。古くは「源氏物語」「枕草子」などにも公家の衣服に紋様として使われていたことが分かっています。

江戸時代にも上は将軍から、下は庶民まで愛された図案で、江戸時代を通して人気がありました。1枚の葉が5分割されたバランスの良い美しい図案です。

8代将軍徳川吉宗が替え紋(本来の家を示す公式的な家紋である定紋以外の家紋)として好んだことも知られていますが、松平家の家紋としても有名です。

茗荷(みょうが)

抱き茗荷

抱き茗荷

茗荷は現代にも使われる夏に薬味として食べられる野菜です。語源は「冥加」とされていて、神や仏の加護があるという意味になります。勝敗に重きを置く武家から特に好まれました。

一見すると筍のようですが、茗荷をくるりと内巻きに描かれた図柄がほとんどです。一つ茗荷から、三つ茗荷など様々な組み合わせで構成されています。藤原氏を源流とする家系の家紋に多く使われました。清和源氏の流れを汲む一族の家紋にもなっています。

沢瀉(おもだか)

立ち沢瀉

立ち沢瀉

池や沢に自生し、人の顔型に似た葉が高く伸びるところから、面高(おもだか)と言われました。矢を立てて並べたように見えるために、別名を勝ち草と言って武将に好まれました。

毛利元就が戦の最中にトンボ(別名:勝ち虫)が沢瀉に止まったことから縁起が良いとして家紋にしたと言われています。3つの花弁をデフォルメして、葉を1枚から9枚まで組み合わせるなど、たくさんの種類があります。

橘(たちばな)

橘

ひな飾りの「左近の桜、右近の橘」として有名なように、公家の家紋として橘姓の家系でよく使われていました。奈良時代には好んで庭に植えられた庭木でもありました。1本5葉の立ち木に実がなっているデザインで、形が良く愛らしいデザインです。

武家では井伊家や黒田家の家紋として用いていました。また、井伊直弼の家紋としてよく知られています。

柏(かしわ)

三つ柏

三つ柏

柏は、新芽が育ったあとに古い葉が落ちることから子孫繁栄の象徴として武家に好まれており、端午の節句の柏餅も同じ子孫繁栄の願いが込められています。

神が宿る神木とも考えられていたので、神職に携わる家系にも多く使われています。

柏の葉を1枚から9枚まで組み合わせる図柄ですが、三つ柏が基本となります。

武将の家紋一覧検索武将の家紋一覧検索
有名武将や偉人の他、「主な江戸100藩」に掲載している、各藩(最終藩主)が使用していた家紋を一覧で掲載しております。

10大家紋とは

10大家紋とはをSNSでシェアする

「武士と日本のマナー」の記事を読む


連歌の基礎知識

連歌の基礎知識
「連歌[れんが]と盗人[ぬすびと]は夜が良い」、こんなことわざを聞いたことがありますか。「連歌」とは、複数人が集まってリレー形式で和歌を詠む、日本に古くからある詩歌の様式のひとつ。そしてこのことわざは、人々が寝静まった夜に「仕事」をする盗人を引き合いに出して、連歌を詠む(よむ)のも静かで落ち着いた夜が良いということを言っています。 このように連歌を含む和歌(わか)は、どこか風流で雅なイメージを持たれることが多いため、貴族だけが嗜んでいたと思われるかもしれません。しかし実際には、戦国武将にも馴染み深い文化でした。そのなかでも連歌は、戦国武将が乱世を生き抜くために欠かせない、重要なツールでもあったのです。 ここでは、連歌に関する基礎知識をご説明すると共に、戦国武将にとっての連歌がどのような存在であったのかについて解説します。

連歌の基礎知識

握手の文化と日本

握手の文化と日本
海外の一般的な挨拶は「握手」ですが、日本の一般的な挨拶は「お辞儀」です。日本に握手の文化が入ってきたのは幕末から明治にかけてと言われていますが、なぜ日本では握手が定着していないのでしょうか?握手の歴史や現代で握手を行なうケースなどを解説し、握手の文化と日本の関係性について掘り下げていきます。

握手の文化と日本

五月人形と鯉のぼりの由来

五月人形と鯉のぼりの由来
「こどもの日」は、鯉のぼりや甲冑(鎧兜)、五月人形を飾る他、柏餅や粽(ちまき)などを食べて家族でお祝いする祝日です。しかし、元々こどもの日は宮中行事でした。宮中行事が一般にも知れ渡り、時代とともに変化して現在の形となったのです。そんなこどもの日がたどってきた変遷について解説していきます。

五月人形と鯉のぼりの由来

江戸幕府から始まった上下関係を明確にする文化

江戸幕府から始まった上下関係を明確にする文化
現在の日本では変化しつつある「年長者が偉い」という年功序列の文化。昔から日本人は上下関係を重んじており、江戸時代には、武士が最も身分が高い士農工商の身分制度がありました。上下関係を重んじる日本人の意識は、なぜ普及したのでしょうか。昔の身分制度の話題を交えて解説していきます。

江戸幕府から始まった上下関係を明確にする文化

元服とは

元服とは
日本に古くから伝わる様々な儀式や習慣は、時代の移り変わりとともに形を変えながら受け継がれているものが多くあります。 なかでも「成人式」は、年齢的にも社会的にも一人前の大人として認められる人生の節目のひとつ。成人年齢が20歳と定められたのは明治時代のことですが、それ以前から日本では「元服」(げんぷく)と呼ばれる成人の儀式が行なわれていました。 現代の成人式にあたる元服とはどのような儀式だったのでしょうか。

元服とは

座布団のマナーは武士の名残

座布団のマナーは武士の名残
客人として招かれた際、座布団は家の人に勧められてから座るのがマナーなのはご存知でしたか。勧められる前に座ってしまうと、「家の人よりも自分の方が格上」という意志表示になり失礼にあたるためです。そんな座布団のマナーの根底にあるのが、格を重んじる武士道の精神。ここでは座布団と武士の関係性についてご紹介していきます。

座布団のマナーは武士の名残

畳の縁を踏んではいけない理由

畳の縁を踏んではいけない理由
畳の長辺に縫い込まれた布の部分を「縁」(へり)と言います。畳の上を歩くとき、縁を踏むことは昔から御法度とされてきました。「縁を踏むと畳が傷みやすい」というのも理由のひとつですが、実は他にも様々な理由があるのです。なぜ畳の縁を踏んではいけないのか、畳のマナーについて解説していきます。

畳の縁を踏んではいけない理由

髭と日本の文化

髭と日本の文化
戦国時代、髭は勇猛さの象徴とされ、戦国武将はこぞって立派な髭を蓄えました。しかし、現代では髭を剃ることがマナーとされています。髭は時代の流れと共に良い物とされたり、悪い物とされたり立場を変えてきたのです。そんな髭にまつわる文化がどのような変遷をたどってきたのか、また現代社会の髭事情なども解説しています。

髭と日本の文化

武家茶道とは

武家茶道とは
武将によって開かれた「武家茶道」という茶道の流派があり、「大名茶」とも呼ばれています。武家茶道の所作には、武士の文化の影響を受けたものが少なくありません。例えば、武家茶道の流派「上田宗箇流」(うえだそうこりゅう)では、柄杓(ひしゃく)や袱紗(ふくさ)の扱い方に、武士の嗜んだ弓術の名残があるのです。そんな武士の文化を受け継ぐ武家茶道についてご紹介していきます。

武家茶道とは

注目ワード
注目ワード