武家屋敷と日本の建築文化
天井の造りと武家屋敷
武家屋敷と日本の建築文化
天井の造りと武家屋敷

文字サイズ

元々日本の建物には、天井がありませんでした(仏堂などの例外は除く)。天井を張る文化が発祥したのは、武士達に書院造の屋敷が普及した室町時代です。それから長いときを経た現在、天井は日本人の生活には欠かせない家屋の一部となりました。そんな天井の歴史を武士とのかかわりと合わせてご紹介していきます。

寝殿造に天井はなかった!?

厳島神社

寝殿造で建てられている厳島神社

日本古来の家の造りには天井がないことが多く、古い時代に建てられた建築物には天井が見当たりません。そもそも現代の家に当たり前のようにある天井は、存在しなかったのです。

一部の仏堂などに天井が張られている例が見受けられますが、それは上からの埃を避けるためでした。

「源氏物語絵巻」に描かれている平安時代の寝殿造の構造を見ると、部屋の間仕切りがなく、屋根裏が露出している様子が見られます。寝殿造の天井は、屋根の傾きがそのまま見える化粧屋根裏という建築方法です。空間を高く取るため広さや開放感があります。

寝殿造の特徴は、衝立障子や屏風などで空間に仕切りを作る構造です。また、寝殿造では広い床の上に必要な部分のみ畳を敷いていました。広い空間を可動式の間仕切りで自在に使用していたため天井を張る必要がなかったのです。どの場所にいても開放的な空間を共有することができました。

書院造から発展した天井

天井自体は、奈良時代や鎌倉時代の仏堂に見ることができますが、住居に天井を用いることは稀でした。日本建築に天井を張るようになったのは、書院造が関係しています。書院造が武家の屋敷となったのは、書院という部屋での来客との交渉や、対面に重きを置いたからです。

そのため、個室にする必要性もありました。畳を敷き詰める部屋になったのも、書院造の特徴です。また、柱も角柱になり、貼付壁・襖障子・腰障子・小壁・欄間等が間仕切りとして誕生し、書院造の重要な要素になっていきます。こうして仕切りができるとともに、天井が張られるようになりました。

武家政権の権威が大きくなっていくにしたがい、書院造において格式へのこだわりが生まれてきます。そのこだわりは床の間・違棚・付書院を代表する座敷飾りや、襖や壁などへの金碧障壁画に代表されますが、天井にもありました。

天井による格差へのアプローチ

書院は少なくとも、2間以上の座敷をつなげています。そして上段の間という座敷飾りがある座敷に、一番格の高い人が座ります。その家の主人であることが多いでしょう。そして、格下の人間は次の間に座らなければなりませんでした。例え少人数であっても格下の人間は同じ部屋で対面はできなかったのです。

対面するときは、お互いの立場を明確にする必要があります。格式を誰にでも分かる方法で決めておくと、主従関係をはっきりさせることができます。また、序列を厳格に設けることで秩序を保つことにもつながります。

その格差を表すために、部屋の間に黒漆を塗った床框(とこかまち)によって段差を付けました。格下の者ほど段が下がっていくのです。段差で格差を表したのは床だけではなく、天井もまた同じように格差を表す造りをしていました。上段の間から一段床が下がれば、天井もまた下がっていく構造です。また、天井の仕切りの間に垂れ壁を下げたり欄間を付けて、厳然とした格差を表しました。

二重折上天井

二重折上天井

天井にも様式がたくさんありますが、平面の天井だけではなく、支輪(しりん)と言う彎曲(わんきょく)した木材で持ち上げて天井を高くし、もう一段上の格式を表すこともできました。

その手法を「折上天井」(おりあげてんじょう)と言い、さらに二重に折り上げて上段の間を飾ることを、「二重折上天井」と言います。

この二重折上天井は、上段の間に座る将軍の真上だけに設えられています。そこに座る人物が、最も格式が高いことを示すのです。床の段差に加えて、天井も一段折り上げることで、より格の高さを表現することができました。

格天井(ごうてんじょう)

格天井とは、格縁(ごうぶち)という角材を格子状に組んだ物を梁から吊り下げ、格子の間に板を張る構造です。吊り下がった格縁の上から板を貼るので、構造材が見えない仕組みです。

格天井は様々な天井の造りの中で最も格の高い天井と言われており、二条城二の丸御殿大広間が代表的な格天井です。大広間の上段の間が「二重折上格天井」という最上級の格を表す造りになっています。

ちなみに壁は、狩野探幽(かのうたんゆう)による金碧障壁画になっており、絢爛豪華な書院です。二の間が「折上格天井」、三の間以降は格天井で、いずれも鮮やかな障壁画としても際立っています。

さらに格子を白木のまま使うのではなく、漆で黒く塗ることで全体の格調の高さを表しています。この造りは、今に残る江戸城の設計図を見ても同じ造りであったとされ、書院造の最も権威ある造りであったことが分かります。

小組格天井(こぐみごうてんじょう)

小組格天井

小組格天井

小組格天井と言われる天井も格式の高い天井です。ひとつの格縁の中に、細い組子を密に編んだ構造になっています。

太平洋戦争中の1945年(昭和20年)に消失してしまった名古屋城の本丸御殿表書院が、2018年(平成30年)に完全復元され、当時の小組格天井を実際に観ることができます。

さらに上段の間は「折上小組格天井」も見てとれ、格式の高さを伺い知れます。

竿縁天井(さおぶちてんじょう)

竿縁を等間隔に一方向に通し、その上に薄い板(天井)を乗せます。竿縁と薄い板は直角になるように乗せていきます。そのため下から見ると竿縁と天井の合わせ目が、格子状に連なっているように見えます。二条城二の丸御殿では物置で竿縁天井が使われており、書院造の天井としては格が低い天井になります。

竿縁天井を張る際には竿縁の向きに気を付けなくてはなりません。竿縁は、一方向に向かって並んでいる様子がとても目立つ天井です。そのため、床の間に向けて竿縁を通すと、床の間に座る人物に向けて突き刺すように見えてしまいます。

このような天井の張り方を「床挿し」(とこざし、とこさし)と言い、武士には忌み嫌われました。よって、武家屋敷では竿縁が床の間と平行になるように通すのが決まりになっていました。現在でも、床刺しは良くない風習として残っています。

現代の天井

和室が減った現代において格天井を張る家は少なくなり、数寄屋造り(茶室建築の手法を取り入れた住宅様式)に多かった竿縁天井などが多く見受けられるようになりました。しかし、和室にこだわりたい人が一室しか造らない場合、格天井を希望することもあり、現代においても書院造の格式の高さは、憧れと共に日本文化の伝統として受け継がれています。

現在の史跡として残っている武家屋敷の天井や竿縁天井であれば、竿縁の向きに注目して見るのも良いでしょう。格天井や小組格天井であれば、その家の格式が見えてきます。また、武家屋敷のなかでも格が高い部屋がどこなのか天井で分かってきます。武家屋敷の天井の格付けが分かるようになったら、歴的建造物へ訪れるのがより楽しくなるかもしれません。

天井の造りと武家屋敷

天井の造りと武家屋敷をSNSでシェアする

このエントリーをはてなブックマークに追加
このエントリーをはてなブックマークに追加

「武家屋敷と日本の建築文化」の記事を読む


書院造と武士の関係

書院造と武士の関係
室町時代、武士は書院造の屋敷に住むようになりました。書院造とは、床の間、違棚(ちがいだな)などの座敷飾りを備えた住宅様式のこと。書院造の建物として有名なのは、徳川家康が築いた京都の「二条城二の丸御殿」です。大名は豪勢な書院造の建物を築いて権勢を示しました。そんな武士と大名が愛した書院造についてご紹介します。

書院造と武士の関係

畳の並び方と縁起

畳の並び方と縁起
和の文化を象徴する畳。日本人にはお馴染みの畳ですが、実は並び方によって部屋の意味が変わるのはご存知でしたか?例えば、「卍敷き」と呼ばれる並び方があります。この敷き方は「武士が切腹する部屋」という意味になるのです。並び方で変わる部屋の縁起や畳部屋のはじまりについてご紹介していきます。

畳の並び方と縁起

襖障子へのこだわり

襖障子へのこだわり
部屋の仕切りとしての役割を持つ「襖障子」。実は武士にとって、権力の象徴としての役割も持っていたのはご存知でしたか?織田信長や徳川家康などの武将は、城の襖障子に豪華な装飾を施して、権勢を示していたのです。そんな権力の象徴であった襖障子の歴史や描かれていた障壁画についてご紹介していきます。

襖障子へのこだわり

床の間に関するこだわり

床の間に関するこだわり
床より一段高くなっている和室の一角「床の間」。一般的には、花瓶や掛け軸を飾る場所ですが、武士の間では、格の高い者が座る場所とされていました。そんな床の間の今と昔の違いや武家との関係を、床の間の歴史と共にご紹介していきます。

床の間に関するこだわり

注目ワード

ページトップへ戻る