武士に関する言葉の語源

武士が含まれることわざ

文字サイズ

痩せ我慢を意味することわざ「武士は食わねど高楊枝」。その由来は、「誇り高い武士はどんなに貧しくても、腹いっぱい食べたかのように楊枝を使って見栄を張らなければいけなかった」ことにあります。このように、武士に関連することわざのなかには、武士の苦労話を由来にしているものが少なくないのです。そんな武士が含まれることわざについてご紹介します。

武士は食わねど高楊枝

このことわざの意味は、武士が貧しい境遇にあってお腹がすいていても、まるでお腹がいっぱいのように楊枝を高々とくわえて見せておかなければいけない、といった武士の清貧や高潔さをあらわしています。現代では気位が高いことや、やせ我慢をすることに用いられることがあります。

武士の清貧は、実は江戸時代において珍しいことではありません。江戸時代は徳川幕府の興りから始まりますが、このときに決められた家禄(その家に代々支給される給料)はこのあと、変わることがありませんでした。250年ほど続く江戸幕府のもと、物価が上昇しても武士の家禄に変化は無かったのです。時代が幕末に近づくほど、武士の生活は困窮していきました。武士は戦での功績があってこそ、昇進や禄高増に結びつくのであり、平穏な江戸時代に武士が昇給にありつけることは、ほとんど無かったのです。

特に幕府直轄の家臣団に属する小普請組(こぶしんぐみ)と言われる無役の御家人の生活は苦しかったと言われています。普請ですから、江戸城のちょっとした修理などに駆り出される役目ですが、ほとんど仕事はないも同然で、手当もなく元々の家禄しかありませんでした。いざ、江戸幕府に何事かがおこれば、武士として馳せ参じる待機の役割もありましたが、江戸幕府の安泰は長く続きます。

しかし、士農工商の江戸時代において武士は気高くなくてはいけません。そして、武士であることを自ら辞めることもできなかったのです。生活の苦しいなか、屋敷の一部を貸したり、中庭で野菜を育てたりなど家計が少しでも助かるような工夫をしていました。

礼儀作法や武術に心得があれば、指導をすることによって月謝を貰う形で収入を得ることができましたが、決して商売であってはいけませんでした。それは士農工商の一番下に身分を貶めることになってしまうからです。

幕末にはいよいよ困窮していく武士が多くいました。封建制度が完全に行き詰まっていたのです。しかし、困窮しているところを見せないというプライドが武士にはありました。収入の少ないことを悟られないように、お腹がすいても楊枝をくわえて満足している様子を見せていたのです。とは言え、このようなことわざが生まれていることは、武士の困窮ぶりが庶民に露見していたということになります。庶民からは、憐憫の眼差しで見られていたことでしょう。

一方、いくら困窮しているように見えても、名字帯刀は江戸時代のステータスでした。それは、幕藩体制が終焉を迎えつつあっても、変わらなかったのです。ゆえに、裕福な町人や農民が御家人から御家人株を買って、その家の家格や家禄を受け継ぎます。そして、堂々と市中で姓を名乗り、帯刀していたのです。

勝海舟

勝海舟

実際に御家人株を買い、幕末に武士となって活躍した歴史上の人物がいます。

勝海舟がその代表とされています。勝海舟は祖父が御家人株を購入したので、勝海舟は武士になって3代目でした。幕末に御家人株を購入したにもかかわらず、すぐに明治維新が起こり、せっかくのステータスの意味がなくなってしまったにわか元武士が多くいました。

そのなかでも、勝海舟は御家人株を買っていたからこそ活躍できた稀な例です。ただし勝家は無益の小普請組であったため、勝海舟もまた、武士は食わねど高楊枝と言われる困窮した生活のなかで育ったのでした。

武士である以上、体面を保ちながら苦しい生活を余儀なくされている状況が多くあったことから、武士は食わねど高楊枝などと言うことわざができたのでしょう。

士族の商法

武士は食わねど高楊枝と言われる気位の高さが、明治維新後は足かせになります。金銭に対して執着を見せてはいけない育ち方をした武士にとっては、明治維新後にお金の計算をしなければ生活できない日々に大変苦労したのです。

特権を失った士族が、町民を上から見下していた封建制度の意識のまま商売をしていたため、客からは居心地が悪い、態度が悪いという良くない評判が伴います。

それとともに、武士であるときは数字の計算や経済観念を持つことを忌み嫌っていたため、商売に必要な原価の計算や会計処理ができず、最終的には赤字に陥って商売をたたむ元士族がたくさんいました。そのため、現在でも、専門外の商売に手を出して、経営に失敗することを「士族の商法で失敗した」と表現します。

「算術から身分制度が崩れる」という歴史のターニングポイントは、世界史のなかでも往々にしてあります。日本では、明治維新がこのときだったのです。身分の世襲が国家を支えていた時代が崩れると、個人の能力を活かせる時代が到来します。個人の能力がもっとも活かせたのは、算術であり算術にかかわる職種にかかわった人々でした。武士が嫌ったお金の計算能力が、明治以降は重宝される現象が起き、士族は淘汰されていったのです。

武士に二言はない

このことわざの意味は、武士ははじめに言った言葉を翻してはいけない、転じて約束を守るという意味と、嘘をついてはいけないという意味があります。

新渡戸稲造(にとべいなぞう)の「武士道」という名著があります。新渡戸稲造が武士道をあらわす項目として、「義・勇・仁・礼・誠・名誉・忠義」の7つを挙げています。そのなかで、誠について真実と誠実なくして礼儀はありえないと説いています。士農工商の一番上である武士の社会的地位は高いものであり、「武士の一言」は真実性が高かったと説明しています。

江戸時代の武士の言葉は大変重いものであったのです。そして、「二言」「二枚舌」は死によって償われていたとされています。いかに武士の二言というものが嫌悪され、忌み嫌われていたかが分かります。

また、「士族の商法」という言葉が明治維新後に盛んに言われました。新渡戸稲造は、高飛車な武士の態度による商売という意味ではなく、異なる見解を示しています。武士に二言はなく、高潔で正直すぎる武士は、商売の駆け引きができなかったため、狡猾な民衆には太刀打ちできなかったと述べています。

契約という行為も武士の習慣として存在せず、武士は一度承諾したことを命に替えて実行していました。よって「口約束」だけで十分にこと足り、武士のする約束は証文なしで行なわれ、かつ守られていました。しかし士農工商の制度が崩れた明治維新以降、武士であったことに突然何の信頼もなくなり、契約や、保証書などという物で商売をしなくてはいけなくなりました。気持ちの切り替えが大変な難事であったようです。

しかし、江戸時代に培われた「武士に二言はない」という精神は今もって日本人の道徳心と共に受け継がれています。日本人の道徳心は武士道からもたらされている、と言う新渡戸稲造の言葉は、現代においても日本人の精神性にあらわれていると言えるでしょう。

武士の三忘

武士の三忘(さんぼう)というこのことわざの意味は、武士が戦へ赴くときは自分にとって家、家族、我が身の3つのことを忘れなさいという故事ことわざです。現代社会に置き換えると、与えられた務めを果たすためには、自分の大切なことも忘れるくらいの覚悟を持って臨まなければならないことを意味しています。

人形浄瑠璃の演目のひとつ「弁慶上使」(べんけいじょうし)はまさに、「武士の三忘」を表しています。弁慶上使は「御所桜堀川夜討」(ごしょざくらほりかわようち)の中で取り上げられる物語のひとつです。

武蔵坊弁慶

武蔵坊弁慶

鎌倉時代、源義経の家臣である武蔵坊弁慶が源頼朝の使者として侍従太郎(じじゅうたろう)の館にやってくるところから物語は始まります。館では主の侍従太郎と奥方の「花の井」の他に、源義経の正室「卿の君」が身重であるため静養に来ていました。

侍従夫婦は武蔵坊弁慶より内密の話として源頼朝から「平時忠の娘である卿の君の首を差し出すなら、反逆の疑いを晴らす」と難題を突き付けられたことを伝えられます。侍従夫婦と武蔵坊弁慶は、卿の君の首を差し出すことはできないため、館に仕える若い腰元のしのぶに「命をくれ」と頼むのです。しのぶは主人の身代わりになるならと承諾するも、久しぶりに会いに来ていた母親の「おわさ」は拒みます。

母親が拒む理由は、しのぶの出生に秘密がありました。しのぶは、本陣(身分の高い人のための宿場)の娘だったおわさが、18年前に若い稚児姿(剃髪しない12~18歳くらいの少年修行僧)の泊まり客と肌を合わせてできた子ども。相手の振袖が片方ちぎれて手に残っていたため、一目でもしのぶが父親と会えるまでは生きて欲しいとの思いがあったのです。

しかし侍従夫婦とおわさ母娘の話し合いの途中で、ふすま越しに武蔵坊弁慶は、しのぶを刺してしまいます。泣き叫ぶおわさを制し、武蔵坊弁慶が片肌を脱ぐと、おわさが持つ片袖と同じ振袖に驚きます。再び出会えた喜びと瀕死の娘の姿に悲しみが深まります。しのぶは母親の手の中で息を引き取りました。非常に冷徹な武蔵坊弁慶ですが、我が子を自分の手で殺した因果に涙します。

一方で武蔵坊弁慶は、主人である源義経の窮地を救う使命がありました。与えられた務めを全うするために、侍従太郎に「卿の君の首討って渡されよ」と言います。侍従太郎は弁慶の娘であるしのぶの首を斬り落とし、その刀剣・日本刀で自分の腹を刺します。これは偽首(にせくび)と言われないように、自分の首も差し出せという侍従太郎の気遣いでした。悲しみに打ちひしがれた母親おわさと奥方の花の井を残し、武蔵坊弁慶は2つの首を持ち館を出て堀川御所の源義経の元へ帰っていく物語です。武士は家や家族、我が身を忘れ、主を支えて与えられた仕事をやり遂げることが忠義と考えられていました。

武士は相身互い

武士は相身互い(ぶしはあいみたがい)ということわざは、同じ立場である者同士、お互いに思いやり、助け合うことが良いことを意味しています。武士は相身互いの言葉は、幾度となく映画やドラマなど映像化されている「忠臣蔵」の中で大石内蔵助が使っていることわざです。

忠臣蔵の話は、江戸時代に起こった赤穂事件にさかのぼります。赤穂事件とは、浅野内匠頭(あさのたくみのかみ)が江戸城松之大廊下で高家(家格の高い旗本)の吉良上野介(きらこうずけのすけ)に斬り付けたとして切腹を命じられた事件です。

この事件の罪を問われた浅野内匠頭には、切腹と改易(藩の取り潰し)が幕府から言い渡されます。しかし喧嘩両成敗と言われる時代の中、吉良上野介は罪を問われませんでした。主君と藩の両方を失った浅野内匠頭の家臣は不公平な幕府の裁きに不満が高まります。

吉良邸討ち入り

吉良邸討ち入り

赤穂藩の老中であった大石内蔵助を中心とした47人(赤穂浪士)が仇討ちを計画。藩主である浅野内匠頭が切腹させられた翌年12月14日、吉良邸へ侵入し、「火事だ」と騒ぐことで吉良の家臣達を混乱させ、吉良上野介を討ち取ります。

このとき討ち入りに参加した大石内蔵助ら47人は浅野内匠頭が埋葬されている泉岳寺へ向かい、墓前で仇討ちを報告し自らも幕府から切腹を命じられた、と語り継がれています。

武士は相身互いというセリフは、仇討ちのため、日野家の垣見五郎兵衛(かきみごろべえ)を名乗って江戸に下っている大石内蔵助が本人と遭遇し、絶体絶命の場面になったが、垣見五郎兵衛は大石内蔵助が赤穂藩の浪士であることに気付き、「分かり申した」と言って本物の道中手形を差し出します。大石内蔵助は、言葉を発せばどこで誰が話を聞いているか分からず、仇討ちの計画が漏れてしまう恐れがあるため、言えませんでした。そこで発した言葉が「武士は相身互い。ご事情があってのこととお察し申す。苦しき境遇にあればこそ、人の情けは身に染みてありがたきもの」と胸の内が語られています。

一合取っても武士は武士

このことわざの意味は、わずか禄高が一合でもあっても、持っていれば武士は武士であり農工商の上に立つ身分であることに変わりはなく、給与はごくわずかでも武士であり、誇りや気位の高さは同じであることを意味しています。

冒頭でご紹介した、武士は食わねど高楊枝ということわざもあるように、武士は貧しくお腹が空いていても、満腹を装って楊枝を高々とくわえて見せておかなければいけない、というのは有名な話です。

江戸時代の武士は、給与を貰って生計を立てていました。戦国時代のように戦で手柄を立てることが少なくなったため、裕福な武士は少なくなり、貧しい武士ばかりだったのです。当時、武士への給与の支払い方法は、「知行」「蔵米」「給金」の3つに分類されていました。

知行とは、給与を領地で受け取ることです。よく例えられるのが「100石の知行」です。つまり、受け取った領地は、1年間に100石の米が収穫できる土地であることを意味しています。知行一万石以上の領地を所有している武士は大名と呼ばれていました。

しかし領地で採れた米がすべて武士の物になる訳ではありません。米を作る農民に給与として収穫した米の一部が支払われます。米の取り分は、基本的に「四公六民」の割合で分けられました。武士は農民から税として米を納めさせていました。具体的には、武士は収穫量の40%、農民は収穫量の60%。一方で、地域によっては「五公五民」で武士、農民ともに収穫量を50%ずつに分けている地域もありました。

次に蔵米とは、知行の領地を持たない旗本や御家人が幕府や藩の米蔵から給与として米を受け取ることです。身分によって米の量が異なり、30俵から400俵くらいと言われていますが、1年分がまとめて支給されるのではなく、数回に分けて現物支給されていました。そのため、「切米」とも呼ばれていました。

傘張りの内職

傘張りの内職

最後に給金とは、給与を現金で貰うことです。しかし身分の一番低い侍でもらえる1年の給金は3両1分と言われていました。

現在のお金に換算すると25~30万円程度。内職や別に収入を得る方法を考えなければ生活が苦しかったことがうかがえます。

このように江戸時代は給与のほとんどを米で賄われていました。しかし米だけでは生活していくことは困難なため、米を「蔵前」という換金所で現金化する必要があります。現金化には手間がかかるため、札差(ふださし)という職業ができ、少ない手数料で代行をしていました。

札差は代行以外にも、翌年以降に貰う予定の蔵米を担保に金を貸すなど金融業を行なうようになります。金に困って毎年のように借金をする旗本や御家人は大勢いたため、利子を返すことに苦労する武士も多かったようです。

稀に恵まれた待遇で高給を取っていた侍としては、時代劇になって語り継がれている「遠山の金さん」などがいますが、多くの武士は困窮していました。しかし、困窮していても農工商より高い身分であることに誇りを持ち、武士を全うしていくことが、このことわざの根源と言えるでしょう。

武術の歴史 古武道と現代武道刀剣ことわざ集
刀剣に関することわざもご紹介しています。

武士が含まれることわざ

武士が含まれることわざをSNSでシェアする

「武士に関する言葉の語源」の記事を読む


戦国武将が生み出した名言

戦国武将が生み出した名言
戦国武将が残した名言は、現在でも人々の胸を打ちます。例えば、「人は城、人は石垣、人は掘り、情けは味方、仇は敵なり」という武田信玄の名言。これは「民こそ国の宝である」という武田信玄の思想をよく表した言葉です。そんな戦国武将の残した数々の名言と、名言から読み取れる武将達の思想をご紹介します。

戦国武将が生み出した名言

武士文化から生まれた昔話

武士文化から生まれた昔話
室町時代、「御伽草子」と呼ばれる短編物語の数々が流行しました。例えば、源頼光の鬼退治を描いた「酒呑童子」や藤原秀郷の武勇伝「俵藤太物語」などです。啓蒙的な物語を含む御伽草子は、武士を教育する役割を持っていました。そんな御伽草子をはじめとした昔の文学についてご紹介していきます。

武士文化から生まれた昔話

大盤振舞の語源

大盤振舞の語源
気前よくご馳走したり、高価な物を与えたりするという意味の「大盤振舞」。実はもともと「椀飯振舞」という語源から生まれたのはご存知でしたか?「椀飯」とは、ご飯と副食物にお酒を添えた簡単な食事のことや、御家人が太刀や馬を献上して将軍をもてなすことを指します。どのような歴史を経て、椀飯振舞が大盤振舞となったのか。大盤振舞という言葉について、掘り下げていきます。

大盤振舞の語源

頭を丸めるの由来

頭を丸めるの由来
丸坊主にすることを「頭を丸める」と言います。現在、頭を丸めるという言い回しには、丸坊主にして反省の意を示すという意味が含まれていますが、昔は違いました。頭を丸めるとは、剃髪して出家することを指していたのです。頭を丸めるという言い回しに込められた複数の意味を解説します。

頭を丸めるの由来

注目ワード

注目ワード