日本刀の名刀と天下五剣

名刀の逸話

文字サイズ

優れた日本刀は、数百年あるいは1,000年の時を越え、現代にまで伝えられています。それは、日本刀が類まれな武器であるのと同時に、美術品としての価値も高かったためです。
しかし、そればかりではありません。多くの名刀が代々伝承された背景には、神様の依り代として尊重されてきたという一面もあるのです。名刀には神様が宿り、持ち主は加護を得ることができると信じられてきました。 名高い名刀は、どのような力を示して持ち主を守ったのでしょうか。
ここでは、神様の加護が伝説として残る名刀に焦点をあててご紹介します。

不思議な力をまとう5振の名刀

小狐丸

「小狐丸」(こぎつねまる)は、平安時代の刀工「三条宗近」(さんじょうむねちか)が手掛けた太刀です。

あるとき三条宗近は、「剣を打たせよ」という夢のお告げを聞いた「一条天皇」(いちじょうてんのう)より、守り刀を打つよう命ぜられます。

勅命(天皇からの命令)を受けた三条宗近でしたが、なかなか満足できる日本刀が打てません。そこで、京都の「合槌稲荷神社」(あいづちいなりじんじゃ)に大成を祈願。すると、稲荷明神の遣わした小狐が童子に化けて現れ、合槌(師匠の槌の合間に弟子が槌を打つこと)を務めて手助けし、太刀を仕上げることができました。太刀は、小狐が手伝って完成したことから、小狐丸と名付けられたのです。

この伝説は、能の一種である謡曲(ようきょく)「小鍛冶」(こかじ)の題材となりました。

なお、小狐丸と呼ばれる日本刀は他にもあります。藤原北家の流れを汲む九条家に伝えられた宝刀は、落雷を薙ぎ払う力があったとされますが、のちに失われてしまったため、三条宗近の小狐丸と同一であったかどうかは分かっていません。

三条宗近が打った小狐丸は、現在大阪府東大阪市にある「石切劔箭神社」(いしきりつるぎやじんじゃ)に所蔵されており、4月の春大祭と10月の秋大祭で一般公開されます。

刀剣が奉納・展示されている神社・仏閣や宝物館をご紹介!

ソハヤノツルキ

ソハヤノツルキ」の制作者は、筑後国(現在の福岡県北部)の刀工「三池典太光世」(みいけてんたみつよ)です。

銘に「妙純傳持(みょうじゅんでんじ)ソハヤノツルキ ウツスナリ」とあることから、平安時代の征夷大将軍「坂上田村麻呂」(さかのうえのたむらまろ)が佩用した「楚葉矢の剣」(そはやのつるぎ)を写した太刀と考えられています。

江戸幕府を開いた徳川初代将軍「徳川家康」は、死の間際に「この日本刀を久能山に納めよ。鋒/切先[きっさき]は、いまだ不穏な動きがある西国に向けておくように」と言い残しました。

徳川家康の遺言通り、その後、ソハヤノツルキは静岡県にある「久能山東照宮」に安置。ソハヤノツルキが神通力を発揮したためか、徳川家の治世は265年の長きに亘って続いたのです。

ソハヤノツルキ
ソハヤノツルキ
妙純伝持 ソハヤノツルキ/ウツスナリ
鑑定区分
重要文化財
刃長
69.6
所蔵・伝来
徳川家康 →
久能山東照宮

  • 徳川家康のエピソードや、関連のある刀剣・日本刀をご紹介します。

  • 歴史を動かした有名な戦国武将や戦い(合戦)をご紹介!

  • 坂上田村麻呂のエピソードや、関連のある刀剣・日本刀をご紹介します。

  • 刀剣が奉納・展示されている神社・仏閣や宝物館をご紹介!

蛍丸

「蛍丸」(ほたるまる)は、鎌倉時代に山城国(現在の京都府)を拠点とした刀工「来国俊」(らいくにとし)が制作した大太刀で、肥後国(現在の熊本県)の有力豪族にして「阿蘇神社」の大宮司を務めた阿蘇家に伝来しました。

南北朝時代、この大太刀を所持していた「阿蘇惟澄」(あそこれずみ)が、南朝方に付いて九州の北朝方と戦っていたときのこと。

戦いに疲れて眠っていた阿蘇惟澄は、激戦でぼろぼろに刃こぼれした愛刀の刀身に、無数の蛍が光を放ちながら群がっている夢を見ました。目を覚まして愛刀の大太刀を見ると、刃こぼれしたはずの刀身がすっかり直っているではありませんか。

この逸話から、大太刀は蛍丸と呼ばれるようになり、阿蘇家の重宝として伝わりました。

1931年(昭和6年)には旧国宝指定を受けましたが、第2次世界大戦後の混乱により、行方不明となっています。

蛍丸

蛍丸

物吉貞宗

鎌倉時代末期から南北朝時代にかけて相模国(現在の神奈川県)で活躍した刀工「貞宗」(さだむね)の手による短刀「物吉貞宗」(ものよしさだむね)。

徳川家康が、この短刀を帯びて出陣すると勝利を得たとされることから、縁起が良いという意味の「物吉」と名付けられ、「享保名物帳」にも所載されました。徳川家康の死後は、尾張徳川家(現在の愛知県西部)に伝えられ、代々の藩主が常日頃から懐中に帯びていたと言われています。

1953年(昭和28年)に、重要文化財に指定されました。現在は、尾張徳川家に伝わる美術品を保存・公開している「徳川美術館」(愛知県名古屋市)に所蔵され、「脇差」と表記されています。

制作者の貞宗は、「相州伝」の祖として知られる「正宗」の実子もしくは弟子とされる名刀工です。

現存する貞宗の作品にはがなく、物吉貞宗も無銘ですが、刀剣鑑定家の本阿弥家(ほんあみけ)によって、貞宗の作品であると極められました。

物吉貞宗
物吉貞宗
無銘
鑑定区分
重要文化財
刃長
33.2
所蔵・伝来
徳川家康 →
尾張徳川家

刀剣展示をしている博物館・美術館についてご紹介!

薬研藤四郎

薬研藤四郎」(やげんとうしろう)は、鎌倉時代に山城国で活躍した短刀作りの名手「粟田口吉光」(あわたぐちよしみつ)の名作短刀です。号の「藤四郎」は、粟田口吉光の通称が由来となっています。

1493年(明応2年)、「明応の政変」において、政敵である「細川政元」(ほそかわまさもと)に本陣の「正覚寺」を囲まれた室町幕府管領「畠山政長」(はたけやままさなが)は、愛用の短刀で自害しようとしましたが上手くいきません。何度試みても腹に刺さらないことに怒り、短刀を投げ付けると、「薬研」(やげん)と呼ばれる薬を調合するための鉄製の器具に突き刺さりました。

この逸話から、「鉄製の薬研を貫くほどに鋭いにもかかわらず、主人の腹は切らない」短刀として知られ、薬研藤四郎と名付けられたのです。なお、畠山政長は、別の短刀を用いて自害しました。

その後、薬研藤四郎は足利将軍家に伝わり、1565年(永禄8年)の「永禄の変」で混乱した最中、「松永久秀」(まつながひさひで)に奪われます。

松永久秀は、「織田信長」の歓心を買うためにこれを献上。以降の経緯には諸説あり、1582年(天正10年)の「本能寺の変」で織田信長が自害したとき一緒に焼け落ちたとも、豊臣家に伝わり「大坂夏の陣」で失われるも、のちに河内国(現在の大阪府東部)の農家から見付かり、徳川2代将軍「徳川秀忠」に献上されたとも言われていますが、現在は所在不明です。

薬研藤四郎
薬研藤四郎
吉光
鑑定区分
未鑑定
刃長
25
所蔵・伝来
畠山政長 →
足利将軍家

  • 足利義満のエピソードや、関連のある刀剣・日本刀をご紹介します。

  • 松永久秀のエピソードや、関連のある刀剣・日本刀をご紹介します。

  • 織田信長のエピソードや、関連のある刀剣・日本刀をご紹介します。

  • 歴史を動かした有名な戦国武将や戦い(合戦)をご紹介!

刀剣ワールド財団が所蔵する名刀の逸話

「刀剣ワールド財団」が所蔵する名刀には、不思議な伝説こそ残っていないものの、誰もが知る戦国武将が手にした名品が数多くあります。それらの名刀は、歴史の表舞台に登場し、武将達の運命を見守ってきたのです。

この章では、刀剣ワールド財団が大切にしている名刀の中から、とりわけ著名な武将の家に伝来した3振をご紹介。武将達の生き様が窺える名品揃いとなっています。

有楽来国光

「有楽来国光」(うらくらいくにみつ)は、織田信長の末弟「織田有楽斎(織田長益)」(おだうらくさい/おだながます)が、「豊臣秀頼」(とよとみひでより)から拝領した短刀です。

織田信長の長男であり、甥にあたる「織田信忠」(おだのぶただ)が元服すると、織田有楽斎は参謀として直属の軍に加わり、織田信忠軍の快進撃を支えました。

ところが、1582年(天正10年)に本能寺の変が勃発。織田信忠と共に「二条城」(京都府京都市)で戦いますが、織田信忠は自害。織田有楽斎はからくも生き延び、その後「豊臣秀吉」に仕えます。

このとき、織田有楽斎は織田信長の弟として楽な人生を歩めなかったことから、「無楽斎」(むらくさい)と名乗ろうとしました。しかし、豊臣秀吉から「あなたの人生は無楽ではない、有楽にせよ」と命じられて「有楽斎」にしたと伝えられています。

豊臣秀吉の死後は徳川家康に仕え、1600年(慶長5年)の「関ヶ原の戦い」では、東軍方として参戦。合戦後は大甥である豊臣秀頼に仕え、徳川氏との和睦の交渉を担うなどしましたが、大坂夏の陣が起こる前に隠居の身となりました。

織田有楽斎は、幼少の頃より「茶道」を身に付け、武将としてだけでなく茶人としても知られた人物です。「千利休」(せんのりきゅう)に師事した織田有楽斎は、豊臣秀吉の前で最終的な奥義である「台子の相伝」を受け、千利休の高弟「利休十哲」(りきゅうじってつ)のひとりに数えられました。

そんな織田有楽斎の愛刀・有楽来国光の制作者は、鎌倉時代末期に山城国で活躍した刀工「来国光」。身幅が広く堂々として、なおかつ小板目肌の地鉄(じがね)は流麗精細。豪壮にして覇気のある来国光の特徴が良く表れており、1930年(昭和5年)に国宝指定されています。織田有楽斎のあとは、加賀百万石の前田家へ伝来しました。

短刀 銘 来国光(名物 有楽来国光)
短刀 銘 来国光(名物 有楽来国光)
来国光
鑑定区分
国宝
刃長
27.7
所蔵・伝来
豊臣秀頼 →
織田有楽斎 →
刀剣ワールド財団
〔 東建コーポレーション 〕

歴史を動かした有名な戦国武将や戦い(合戦)をご紹介!

包永

金象嵌銘(きんぞうがんめい)で「包永」(かねなが)とある本太刀は、徳川家康の重臣で「徳川四天王」のひとり、「本多忠勝」(ほんだただかつ)の孫「本多忠刻」(ほんだただとき)の愛刀です。本多忠刻は美男子として有名で、徳川家康の孫娘「千姫」(せんひめ)と結婚しています。

千姫は、豊臣秀頼のもとへ輿入れしていましたが、大坂夏の陣の際、「大坂城」(現在の大阪城)を脱出。祖父である徳川家康に、夫の豊臣秀頼と義母「淀殿」の助命を懇願しましたが、聞き入れられませんでした。

戦によって夫を失った千姫のために、徳川家康が本多忠刻を再婚相手に選んだ理由は諸説あり、そのひとつが、千姫が本多忠刻にひと目惚れしたという説。大坂城から江戸の徳川家へ戻る途中、東海道の桑名宿(現在の三重県桑名市)から宮宿(現在の愛知県名古屋市熱田区)へ向かう海路「七里の渡し」の船中で、眉目秀麗な本多忠刻と乗り合わせ、恋に落ちてしまったのです。徳川家康は、愛する孫娘の幸せを叶えてやりたかったのだと言われています。

本多忠刻と結婚することになった千姫は、本多家居城の「桑名城」へ輿入れ。本多家が姫路藩へ転封になると、千姫も一緒に「姫路城」(兵庫県姫路市)へ移りました。

本多忠刻が結核により31歳で没したのち、千姫は実弟の「徳川家光」によって江戸城へ呼び戻されます。そのとき、太刀 包永も本多忠刻の形見として徳川将軍家へ持ち帰ったのです。以降、太刀 包永は将軍家の蔵刀となり、さらに信州上田藩松平家へ贈られ、家宝として伝えられました。

太刀 包永の作刀を手掛けた刀工は、鎌倉時代末期に大和国(現在の奈良県)を拠点とした初代「包永」。「東大寺」西北側にある転害門(てんがいもん)の門前に住んでいた「手掻派」(てがいは)の始祖であり、大和国を代表する名刀工として知られています。

太刀 銘 包永(金象嵌)本多平八郎忠為所持之
太刀 銘 包永(金象嵌)本多平八郎忠為所持之
包永(金象嵌)
本多平八郎忠為
所持之
鑑定区分
特別重要刀剣
刃長
71.8
所蔵・伝来
本多忠刻→
千姫→徳川家光→
徳川綱吉→
松平忠周→
刀剣ワールド財団
〔 東建コーポレーション 〕

歴史上の人物と刀剣にまつわるエピソードをまとめました。

丹波守吉道

薙刀「丹波守吉道」(たんばのかみよしみち)は、関ヶ原の戦いに際し、西軍の「石田三成」(いしだみつなり)が「佐竹義宣」(さたけよしのぶ)に対して、味方となってくれるよう願って贈った1振です。

佐竹義宣の従兄弟であり、家臣でもあった「宇都宮国綱」(うつのみやくにつな)が突然改易(かいえき:身分を剥奪し、領地、家禄、屋敷を没収すること)を命じられたとき、連帯責任を問われて佐竹義宣も改易の危機に直面しました。これを取り成しによって救ったのが石田三成で、佐竹義宣は恩義を感じることとなります。

そして1600年(慶長5年)、徳川家康の「会津征伐」を皮切りに関ヶ原の戦いが勃発。佐竹義宣は、徳川家康から西軍側に付いた会津(現在の福島県西部)の「上杉景勝」(うえすぎかげかつ)を討つよう命じられますが、西軍代表である石田三成への恩義もあり、動くことができません。佐竹氏内部でも、徳川家康方に付くか、石田三成方へ付くかで意見が分かれます。

このような状況を察していたのかどうか定かではありませんが、石田三成は、佐竹義宣に薙刀の名品「丹波守吉道」を贈りました。

しかし、佐竹義宣はどっち付かずの態度のまま、関ヶ原の戦いは東軍の勝利で終結。薙刀 丹波守吉道は、刀身も朱色の柄も傷付かずに残されることとなったのです。

薙刀 丹波守吉道の制作者は、美濃国関(現在の岐阜県関市)の刀工「兼道」(かねみち)の3男で、独自に簾(すだれ)のような刃文簾刃」(すだれば)を開発した「丹波守吉道」。

本薙刀は丹波守吉道の初期の作品で、刃文にはまだ簾刃が見られません。「兼房乱れ」と呼ばれる、美濃関鍛冶の特徴を備えた作風となっています。

薙刀 銘 丹波守吉道
薙刀 銘 丹波守吉道
丹波守吉道
鑑定区分
未鑑定
刃長
64.4
所蔵・伝来
石田三成→
佐竹家伝来→
刀剣ワールド財団
〔 東建コーポレーション 〕

  • 歴史を動かした有名な戦国武将や戦い(合戦)をご紹介!

  • 歴史を動かした有名な戦国武将や戦い(合戦)をご紹介!

  • 石田三成のエピソードや、関連のある刀剣・日本刀をご紹介します。

  • 日本刀の切れ味が分かる歴史についてご紹介します。

  • 戦場から消えたと言われている「最強の刀剣」についてブログでご紹介!


薙刀 無銘 片山一文字(号 大外刈)

薙刀 無銘 片山一文字」(号 大外刈)は、戦国大名「山口修弘」(やまぐちながひろ)が所持した薙刀です。山口修弘は豊臣秀吉に仕え、「薙刀の名手」と言われた人物。父「山口正弘[宗永]」と共に、武断派として「朝鮮出兵」(文禄の役、慶長の役)で活躍しました。

この武功として、1598年(慶長3年)、父が「大聖寺城」(現在の石川県加賀市)に60,000石を受領。山口修弘も「江沼郡」(現在の石川県加賀市)に13,000石を受領しています。豊臣秀吉亡きあとは、1600年(慶長5年)関ヶ原の戦いの際に、山口修弘は西軍として参戦を表明。そこで、前哨戦「大聖寺城の戦い」が起こるのです。

本薙刀は、山口修弘が豊臣秀吉から賜った1振。号は、「大外刈」(おおそとがり)です。大外刈とは、躊躇せず、思い切りよく刈る薙刀術の必殺大技のこと。山口修弘は「大聖寺城の戦い」の際、この薙刀で必殺大技を繰り広げ、何百もの兵を薙ぎ倒し大活躍したと伝えられています。

しかし、この戦の敵は加賀百万石「前田利家」の嫡男「前田利長」。前田利長軍20,000の兵に対して、山口修弘軍はわずか500兵。結局、山口修弘軍は敗れ、山口修弘は自刃しました。本薙刀は、前田利長が戦利品として持ち帰り、前田家に伝来。現在は刀剣ワールド財団が所持しています。

「片山一文字」は、備前国(現在の岡山県)の片山という土地で刀剣制作を行なった刀工一派。一文字派は、茎に天下一であることを表す「一」の文字を刻むのが特徴ですが、片山一文字の薙刀や薙刀直しは無銘が多いと言われています。

薙刀 無銘 片山一文字
薙刀 無銘 片山一文字
無銘
鑑定区分
特別重要刀剣
刃長
50.6
所蔵・伝来
豊臣秀吉→
山口修弘→前田家→
刀剣ワールド財団
〔 東建コーポレーション 〕

太刀 銘 守家

太刀 銘 守家」を制作したのは、「備前国畠田守家(初代)」です。

守家は、備前国(現在の岡山県)の備前長船に隣接する畠田の土地で刀剣制作を行ない、「畠田一派」を創始した人物。「備前長船派」を創始した「光忠」と、ほぼ同じ時期に活躍して親交も深く、「備前国住長船守家」と銘を切った刀剣も存在します。

備前国畠田守家は「家を守る」という、たいへん縁起の良い名前のため、武士の間でかなり人気がありました。特に、徳川将軍家の御世継ぎ誕生の際には、徳川御三家や大名家からお祝いの品として珍重されたと言われています。備前国畠田守家の作刀は、太刀姿、地鉄が美しいのが特徴です。

実は、備前国畠田守家は「福岡一文字派」の守近と同一人物ではないか、または守近の子ではないかなど、諸説囁かれていますが真相は不明です。

本太刀は、徳川将軍家に伝来した1振。地鉄は、板目肌に斑紋調の肌合いが交じり、細かい地景や乱れ映りが立ち、秀逸。刃文は丁子、互の目、小丁子が見られ、匂口はやわらかく、小沸。砂流しがかかり、金筋が入り、さらには足、葉がよく交じるなど、備前国畠田守家ならではの豊富な働きが見事です。

また、茎の形が雉子(きじ)の股のような「雉子股茎」(きじももなかご)と呼ばれる形状になっているのも見どころと言えます。

太刀 銘 守家(特別重要刀剣)
太刀 銘 守家(特別重要刀剣)
守家
鑑定区分
特別重要刀剣
刃長
74.2
所蔵・伝来
刀剣ワールド財団
〔 東建コーポレーション 〕

名刀の逸話

名刀の逸話をSNSでシェアする

「日本刀の名刀と天下五剣」の記事を読む


天下三作とは

天下三作とは
日本には、古くから「鍛冶屋の魂」と「匠の技」を持ち、名刀を作り上げた刀工達が各地にいました。その中でも、山城国(現在の京都府)の「粟田口吉光」(あわたぐちよしみつ)、相模国(現在の神奈川県)の「正宗」(まさむね)、越中国(現在の富山県)の「郷義弘」(ごうのよしひろ)の3刀工は、特に名刀工として挙げられる人物です。江戸時代、8代将軍「徳川吉宗」(とくがわよしむね)が「本阿弥光忠」(ほんあみこうちゅう)に命じて編纂させた「享保名物帳」(きょうほうめいぶつちょう:世に名高い名刀を収録した台帳)に、この「吉光」・「正宗」・「義弘」の3刀工とその作刀を「名物三作」として記載。吉光・正宗・義弘の3刀工と、その作刀は、名刀の熱心な収集家としても知られる天下人「豊臣秀吉」が愛したことでも知られ、「天下三作」(てんがさんさく)と呼ばれるようになったと言われています。

天下三作とは

天下三名槍

天下三名槍
数ある槍の中でも、特に名槍(めいそう)と誉れの高い3振を「天下三名槍」(てんがさんめいそう)、もしくは「天下三槍」(てんがさんそう)と呼びます。江戸時代には「日本号」(にほんごう/ひのもとごう)、「御手杵」(おてぎね)の2振が「西の日本号、東の御手杵」と並び称されていましたが、いつしかそこに「蜻蛉切」(とんぼぎり)が加わって、明治時代からはこの3振が天下三名槍と呼ばれるようになりました。

天下三名槍

正宗十哲

正宗十哲
日本刀の歴史の中でも、とりわけ名刀が多く作られたのが、鎌倉時代です。そして、その鎌倉時代後期に登場したのが、かの有名な「正宗」(まさむね)。正確な生没年も不明であり、銘入りの作品が極めて少ないことなどから、その存在自体を否定する学説が唱えられるほど、ミステリアスな存在です。 正宗の下で学び、名匠へと育った代表的な人物は10人いるとされ「正宗十哲」(まさむねじってつ)と称します。正宗に習い、全国にその技を広めていった彼らを知るためにも、まずは、正宗について追っていきましょう。

正宗十哲

新刀の代表刀匠

新刀の代表刀匠
「新刀」とは、1596年(慶長元年)から1764年(宝暦14年/明和元年)に作られた日本刀のことを言います。1721年(享保6年)に刀剣書「新刀銘尽」(あらみめいづくし)が出版されて、「新刀」(あらみ)という言葉が流行語となり定着しました。その新刀を代表する刀匠が、「長曽弥虎徹」(ながそねこてつ)、「野田繁慶」(のだはんけい)、「大和守安定」(やまとのかみやすさだ)の3人です。それぞれの人物と作風、代表作をご紹介します。

新刀の代表刀匠

新々刀の刀匠

新々刀の刀匠
「新々刀」とは、1781年(天明元年)の江戸後期から1876年(明治9年)の「廃刀令」までに作られた日本刀のことを言います。「水心子正秀」(すいしんしまさひで)が、簡素化された鍛刀法ではなく、砂鉄から玉鋼(たまはがね)を制作する復古刀を目指したことから新刀と区別されて呼ばれました。新々刀を代表する刀匠は、「源清麿」(みなもときよまろ)、「左行秀」(さのゆきひで)、「固山宗次」(こやまむねつぐ)の3人です。新々刀を作る刀匠達について、作風や代表作をご紹介します。

新々刀の刀匠

天下五剣とは

天下五剣とは
素晴らしい名刀を賛美して、「天下五剣」(てんがごけん)と呼ぶ言葉があります。具体的に、どの日本刀のことを言うのか、ご存知でしょうか?どんなところが優れているのか。なぜ「5」という数字なのかなど、詳しくご紹介します。

天下五剣とは

童子切安綱

童子切安綱
「天下五剣」(てんがごけん)の1振に数えられる、太刀「童子切安綱」(どうじぎりやすつな)を作刀したのは、平安時代の刀工「大原安綱」(おおはらやすつな)です。「童子切」という号は、「源頼光」(みなもとのよりみつ)が「酒呑童子」(しゅてんどうじ)という鬼を切った伝説に由来しています。数ある日本刀の中でも特に名刀と言われた天下五剣の中でも最も古いことから、特別な地位を確立している名刀中の名刀。今回はそんな童子切安綱について、ご紹介していきます。

童子切安綱

三日月宗近

三日月宗近
「三日月宗近」(みかづきむねちか)は、数ある日本刀の中でも特に名刀と言われている「天下五剣」(てんがごけん)の1振に数えられています。 三日月宗近の最大の特徴は、その名の由来にもなった三日月形の「打ちのけ」(刃の模様)です。天下五剣の中で最も美しいと言われている刀身の優美な太刀姿と刃の縁に沿って浮かび上がるいくつもの三日月形の文様は観る者を魅了します。 そんな三日月宗近を作刀した平安時代の刀工「三条宗近」(さんじょうむねちか)や、三日月宗近を所持していた室町幕府13代将軍「足利義輝」(あしかがよしてる)のエピソード、そして三日月宗近の独特な刀身の形状や刃文などについて詳しく解説します。 江戸時代の名刀リスト「享保名物帳」(きょうほうめいぶつちょう)にも名を連ねている三日月宗近とは、いったいどのような刀なのでしょうか。

三日月宗近

鬼丸国綱

鬼丸国綱
数ある名刀の中でも特に名刀と言われた「天下五剣」(てんがごけん)の1振に数えられる「鬼丸国綱」(おにまるくにつな)は、鎌倉時代の刀工「粟田口国綱」(あわたぐちくにつな)が作刀した太刀です。鬼丸の号(ごう:呼び名)は、かつての所持者「北条時政」(ほうじょうときまさ)を苦しめた小鬼を退治したという逸話に由来。ここでは、数々の逸話を有する「御物」(ぎょぶつ:皇室の私有財産)である鬼丸国綱をご紹介します。

鬼丸国綱

注目ワード
注目ワード